Tag Archives: トニー・ワトソン

Playoff Preview:ロサンゼルス・ドジャース

126232470_838107666b_z

 

 

 

 

 

 

 

 

NL西地区5連覇を達成したドジャースは最終的に103勝58敗という成績でレギュラーシーズンを終えた。103勝という数字は今シーズンメジャー最多、そしてロサンゼルス移転後最多の数字となった。本稿では素晴らしいシーズンを送ったドジャースのプレーオフ展望を行っていく。

ドジャースはトレード市場において積極的に戦力強化を行った。ざっくりと振り返ると、レッズからトニー・シングラーニ(LHP)、パイレーツからトニー・ワトソン(LHP)、そしてレンジャーズからトレード市場最大の目玉であったダルビッシュ有(RHP)を獲得した。また、8月にはメッツからカーティス・グランダーソン(LF)を獲得。投打に実績のある選手を補強した形となった。

 

これらの補強を踏まえ、ドジャースのプレーオフ展望を投打に分けて考察していく。投手陣は今シーズン防御率3.38でメジャー全体2位(先発防御率3.39、リリーフ防御率3.38)、奪三振は1549個でメジャー5位、WHIP1.15はメジャー1位と申し分ない成績を残した。プレーオフではクレイトン・カーショー、アレックス・ウッド、ダルビッシュ、リッチ・ヒルの4人でローテーションを編成し、前田健太や柳賢振らはリリーフに回すのが良いだろう。ここで、キーポイントはクローザーのケンリー・ジャンセンまで繋ぐリリーフ陣になってくるだろう。カーショーはポストシーズンの成績が芳しくないとはいえ、十分計算は出来る。ダルビッシュは上り調子、ウッドやヒルもいつも通り投げられればそう簡単に打たれるようなピッチングはしないだろう。一方でリリーフ陣は昨年同様好成績を残したが、昨年のプレーオフではランナーを溜めてしまう場面が多く、7回からジャンセンを投入しなければならないというような状況を作ってしまった。今シーズンはペドロ・バイエス、ブランドン・モロー、ジョシュ・フィールズらに加え、ワトソン、シングラーニを補強したことから層は厚くなったと言える。このような状況の中でもジャンセンの前倒しが増えてしまうようであれば、優勝は厳しいものになる。

2017 Team Preview:ピッツバーグ・パイレーツ

7377229898_df336c8a8e_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

 

  • 本拠地:PNCパーク
他の野球場と比較する→http://yakyujo.com/ml24

 

広さ
レフト 99.1M
センター 121.6M
ライト 97.5M
フェンス高さ 1.8~6.4M
パークファクター平均*100
安打 101.3
ツーベース 103.4
スリーベース 176.9
HR 80.0
得点 100.7
  • 予想オーダー
 2013年まではユーティリティープレーヤーだったが、2014年にブレークし、昨年は131試合に出場した。積極的打法が特徴で、昨年は四球は18個であった。2011年には9回にジャスティン・バーランダーのノーヒットノーランを9回に崩した。野球家族で、叔父はアトランタ・ブレーブスのマイナーリーグコーチで、弟も元マイナーリーガー。
 
2015年シーズンにデビューした球団期待の若手有望株。飛躍の年として期待がかかったが、オフシーズンに膝の手術を行い、開幕に間に合うかは怪しいところだ。選球眼が素晴らしく、打率は.273ながら出塁率は.368をマーク。ファーストのほかにもライトも守れ、これからパイレーツの中心選手になっていくことは間違いないだろう。
 
2015年まではオールスター級の成績を残していたが、昨年は怪我もあり若干低迷、5年連続オールスター出場も去年で途絶えた。しかし、24本塁打を打つなど、スターとしての風格は保った。トレードの噂も絶えないが、一昨年までのような輝きを取り戻せるか注目である。ちなみに、今までのトレードマークだったドレッドヘアは2015年3月にオークションのためきりとった。
 
昨年までは主にLFを務めていたが、今年からはCFを守ると思われている。129試合出場にとどまったせいもあってか、2015年シーズンの19ホームランから昨年は9ホーマーとホームラン数自体は減ったが、打率・OPSともに成績は向上し、初めてオールスターにも選出された。二年連続ゴールデングラブ賞にも輝いており、守備位置が変わった今年も素晴らしい守備に注目していきたい。
 
13年までのマイナー時代は、パイレーツのマイナー組織随一のプロスペクトとされていた。14年からメジャーに昇格し、なかなか結果が出なかったが昨年は144試合に出場、22HR、打率.258、OPS.786と自己ベストの成績を残した。25歳とまだまだ成長の余地があり、これからの進歩に期待したい。
 
本来であればパイレーツの開幕三塁を守るのは韓国出身のカン・ジャンホであったが、12月に起こした飲酒運転の影響により、アメリカでのビザがおりず、フリーズが開幕サードを務める。フリーズといえば、カージナルス時代の2011年、プレーオフでの活躍が頭に残っている人も多いであろう。一塁も守れるということから、重宝されるかもしれない。
 
14年まではニューヨーク・ヤンキースの控えキャッチャーであったが、15年シーズンにパイレーツに移籍すると、正捕手の座をつかみ、昨年は101試合に出場、打率は.264ながら出塁率は.377と優れた選球眼を発揮した。左投手を非常に得意としており。昨年は打率.385、OPS.888をマーク。ちなみに控えキャッチャーであるクリス・スチュワートも元ヤンキース。
 
もともとは守備の人であったが、守備の指標となるDRSは毎年低下していっており、昨年は-9をマーク。オクラホマ大学では今の本職であるショートストップの他にもチームのクローザーを務めていた経験もある。打撃での貢献があまり期待できないために、守備力の復活が求められる。
 
 

2016 Team Review:ピッツバーグ・パイレーツ

24732334465_0a162ef93a_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

 

  • 本拠地:PNCパーク

他の野球場と比較する→http://yakyujo.com/ml24

 

広さ
レフト 99.1M
センター 121.6M
ライト 97.5M
フェンス高さ 1.8~6.4M
パークファクター平均*100
安打 96.2
ツーベース 87.4
スリーベース 82.1
HR 108.3
得点 93.3
  • 予想オーダー

1.グレゴリー・ポランコ:RF
2013年にはMLB.comのプロスペクトランキングで13位にランクインしていたが、前評判通りの結果を残せていない。しかし、期待が高かっただけで、平均レベルの選手としては充分な成績を残せている。中でも武器なのが肩の強さでライトから矢のような送球を度々披露している。課題は左投手にで、昨シーズン左投手に対しての成績は、打率.190、OPS.598とさっぱりだった。

2.ジョシュ・ハリソン:3B
14年にブレークした内外野守れるユーティリティー。昨シーズンは怪我により114試合の出場にとどまり、打率も低下(.315→.287)と低下したが、BABIPはほぼ同じ(353336)だったので、今年も健康体であれば活躍が期待できるといっていいだろう。伯父にはブリュワーズのコーチを務めているジョン・シェルビーがいる。

3.アンドリュー・マカッチェン:CF
MVP投票の常連。毎年非常に安定した成績を残すハイレベルな5ツールプレイヤー。29歳と一番脂がのった年頃であるが、盗塁数が13年から27→18→11と低下しているのが気になる。しかし、打撃成績は申し分なく、2012年から4年連続でOPS.900近い成績を残している。今年もパイレーツ打線の主軸を担うことは間違いないだろう。

4.スターリング・マーティー:LF
走攻守そろった万能型プレーヤー。去年は19HR30盗塁をマーク。守備ではDRS+24をマークするなど、チームのプレーオフ進出に大きく貢献した。一方、三振率は24%から19.4%へと改善したが、コンタクト率はあまり変わっておらず、打席での選球眼などの改善が求められる。

5.ジョン・ジェイソ:1B
オフにTBからFA2年8Mで移籍。最後に100試合以上出場したシーズンが12年と、健康面に不安がある。選球眼は抜群で、去年の四球率は13%。左投手に弱く、通算打率は.178と苦しんでいる。今シーズンは通算2試合しか守ったことのないファーストを守ることになり、不安が残る。場合によっては3Aからプロスペクトのジョシュ・ベルが昇格してくることも考えられるだろう。

6.フランシスコ・セルべリ:C
長年NYYで控えキャッチャーであったが、昨年PITで130試合に出場、.295/.370/.401fWAR3.8と立派な成績を残した。昨シーズンの成績がまぐれでないことを証明できるか、注目のシーズンである。彼が昨シーズンと同じ活躍をすれば、パイレーツのプレーオフ出場もぐっと近づいてくるだろう。

7.ジョルディー・マーサー:SS
守備型のプレーヤー。ミドルネームはJoe。14年から打撃の成績は低下したが、堅実な守備は健在で986.1イニングで失策7であった。怪我からカン・ジョンホが復帰したら出場イニング数が減るとみられており、復帰するまでにどれだけアピールできるかが勝負となる。

8.アレン・ハンソン:2B
MLB.comのプロスペクトランキングでチーム10位。セカンドの定位置確保を狙うが、カン・ジョンホが戻ってきたら出場機会が減る可能性は高い。スピードが持ち味で、153Aでは117試合の出場で35盗塁をマークしている。マーサーと同じく、少ない出場機会で最大限のアピールができるか注目である。

9.投手