Tag Archives: トラビス・ウッド

2017 Team Preview:カンザスシティ・ロイヤルズ

7284345418_c260e95854_z

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:カウフマン・スタジアム
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml03/

 

広さ
レフト 100.6M

センター

125M
ライト 100.6M
フェンス高さ 2.4M
パークファクター平均*100
安打 109.2
ツーベース 125.6
スリーベース 157.1
HR 78.3
得点 117.1

・予想オーダー 
 
1.アレックス・ゴードン:LF 
4年 7200M の大型契約を結んで迎えた昨シーズンは打率.220、OPS.692 と大不振。近年はかつて名手と呼ばれ、ゴールドグラブ賞を4度受賞した程の外野守備能力に関しても低下が心配されており、今シーズンは打撃、守備共に復活の年にしたい。 
 
2.マイク・ムスタカス:3B
 昨シーズンは 4 月だけで 7 本塁打を記録するなど好調なスタートを切ったが、5月下旬、守備の際にゴードンと交錯、右膝を故障しそのままシーズンアウトと不本意なシーズンとなった。15年以降打撃は好成績が続いているため今シーズンの復活に期待が高まる。 
  
 
3.ロレンゾ・ケイン:CF
 故障の影響もあり、打率3割を残した 14,15 年からは少し成績は落としたが、まずまずの成績。左投手を得意としており、昨シーズンは打率.371 と打ちまくった。今シーズンは 2年契約の最終年であり成績を残してアピールしたいところ。 
  
 
4.エリック・ホズマー:1B
 本塁打、打点はキャリアベスト、オールスターに初出場し MVP 獲得、さらには WBC アメリカ代表として優勝を経験と最高の年を送った。しかし、一塁守備で DRS-6 を記録した影響もあり、WAR はマイナスだった。 
  
 
5.サルバドール・ペレス:C
 昨シーズンは 4 年連続のオールスター出場、ゴールドグラブ獲得、更に 2 年連続で 20 本塁打を記録するなど例年通りの活躍。しかし四球を選ばないのも例年通りで出塁率は三年連続で 2 割だとかなり低め。オフには WBC にベネズエラ代表として出場したが怪我で途中離脱。 
  
 
6.ブランドン・モス:DH
 2 年 1200Mで加入した左の大砲。 昨シーズンの打率.225、出塁率.300 はキャリアワーストクラスだったが、28 本塁打を放つなどまずまずの成績。右投手に対して圧倒的な長打力を発揮し、キャリアで放った 138 本の本塁打の内、119 本は右投手から。  
 
7.アルシデス・エスコバー:SS
7 年連続で 145 試合以上に出場しており、昨シーズン全試合出場は彼以外に 2 人だけ。しかし、ここ 2 年連続で出塁率 3 割以下、盗塁も 20 を下回るなどリードオフマンとしては不満の残る成績。  
 
8.ウィット・メリフィールド:RF
 昨シーズンメジャーデビューを果たした 28 歳。打撃では打率.283 と奮闘したが三振の多さが気になるところ。守備では内外野5つのポジションを守るなど器用さを見せた。マイナーでは 30 盗塁以上を記録した年もあり、足でもアピールしたい。 
 
9.ラウル・モンデシ:2B
 15 年のワールドシリーズでメジャーデビューを果たしたロイヤルズ期待のプロスペクト。高い身体能力と強肩を武器とした守備は一級品だが、打撃は課題が山積み。しかしまだ 21歳と若いためこれからの改善に期待したいところ。
 
 

2016 World Series Review:Game-6

30632990581_1c7d0c00bb_z

 

 

 

 

 

 

 

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可

Game6: CHC9-CLE3
勝:ジェイク・アリエッタ(2-0) 負:ジョシュ・トムリン(0-1)

インディアンスが3勝2敗と王手をかけた状態でクリーブランドに戻って行われた第6戦。再びDH制が採用できることとなり、両チームともよりベストメンバーで戦うことができる。カブスは第2戦で好投したジェイク・アリエッタ、インディアンスは第3戦で好投したジョシュ・トムリンの先発で幕を開けた。

試合は初回から動く。1回表、カブスは2アウトから3番クリス・ブライアントがレフトスタンドへソロホームラン。主砲の一発で先制すると、さらにアンソニー・リゾ、ベン・ゾブリストの連続ヒットで2アウト1、3塁。

この場面で6番アディソン・ラッセルの放った打球は右中間へのフライ。3アウトチェンジかと思われたが、これをライトのロニー・チゼンホールとセンターのテイラー・ネークインがお見合いしてしまう。この間にランナー2人がホームインし、ラッセルは3塁へ。記録はヒットとなるものの、まずい守備でカブスが3点を先制した。

さらに3回表、カブスは四球とヒット2本で1アウト満塁のチャンスを作る。この場面でインディアンスベンチはトムリンを諦め、ダン・オテロをマウンドへ送る。迎えるは先ほどラッキーなタイムリーヒットを放ったラッセル。2ボールからの3球目、真ん中に入ってきたシンカーを完璧にとらえた打球はぐんぐん伸び、バックスクリーン左へのグランドスラム。カブスが7-0と大量リードを奪う。ラッセルはこれで6打点となりワールドシリーズ記録に並んだ。

大量リードを奪われたインディアンスは4回裏、ここまで無安打に抑えられてきたアリエッタから2番ジェイソン・キプニスが左中間を破る2ベースを放つと、1アウトの後マイク・ナポリがセンター前へタイムリーヒット。1点を返し、反撃ののろしを上げる。この後2つの四死球で2アウト満塁とするも、8番ネークインは三振に倒れ、1点どまり。続く5回裏には、キプニスにソロホームランが飛び出すも、7-2と以前カブス大量リードのまま後半を迎えた。

 

2016 NLDS Review:CHC vs SF

21871322994_20b6bd62b4_z

 

 

 

 

 

 

 

NLDS:CHC 3-1 SF

 *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 CHC 1-0 SF
勝:ジョン・レスター(1-0) 負:ジョニー・クエト(0-1) S:アロルディス・チャップマン(1)

Game2 CHC 5-2 SF
勝:トラビス・ウッド(1-0) 負:ジェフ・サマージャ(0-1) S:チャップマン(2)

Game3 CHC 5-6 SF
勝:タイ・ブラック(1-0) 負マイク・:モンゴメリー(0-1)

Game4 CHC 6-5 SF
勝:ヘクター・ロンドン(1-0) 負:ウィル・スミス(0-1) S:チャップマン(3)

 

108年ぶりのワールドチャンピオンを目指すシカゴ・カブスと、2010年以降12年、14年と偶数年には必ずワールドチャンピオンになってきたサンフランシスコ・ジャイアンツとのナショナルリーグ・ディビジョンシリーズ。レギュラーシーズンでシーズン30球団最多のシーズン103勝を挙げたカブスと、短期決戦の戦い方を熟知しワイルドカードを勝ち抜いてきたジャイアンツ。ジョー・マッドンとブルース・ボウチーという稀代の名将対決となったこのシリーズは4試合中3試合が1点差ゲームという緊迫したシリーズとなった。

 

このシリーズの注目点とシリーズを通して活躍した選手をピックアップしていく。

 

注目点→「終盤での得点」と「ブルペンの層の厚さ」

カブスがシリーズを制することができた原因はこの2つが大きかったと言えるだろう。第1戦ではジョン・レスターとジョニー・クエトが壮絶な投手戦を繰り広げ、8回裏のハビアー・バイエズのホームランの1点を守りきったカブスが勝利。終盤での一撃で勝利を決めた。

第2戦ではカブス先発ヘンドリクスが3回途中で打球を右腕に受けるアクシデントで緊急降板したものの、5人の投手リレーでリードを守りきり、ブルペンの層の厚さを見せつけた。

第3戦ではホームに戻ったジャイアンツが勝利。8回裏に3点を取って逆転するも、9回にリードを守りきれずに延長に突入。13回裏にサヨナラ勝利で勝利するも、9回を投げるセルジオ・ロモに不安を抱く勝利となってしまった。この不安が第4戦の勝負を分けたと言っても良いかもしれない。

そしてカブス2勝、ジャイアンツ1勝で迎えた第4戦。カブスはジャイアンツ先発マット・ムーアに苦戦し8回が終わって2-5と3点のビハインド。ジャイアンツが2勝2敗に持ち込むかと思われたが、継投に入った9回、前日に不安を露呈したブルペンにカブス打線が襲いかかった。

昨日の乱調で32球を投げたロモを回の頭から使うのをためらったジャイアンツは調子の良かったルーキーのデレク・ロウがマウンドに上がるも、ブライアントにヒットを浴びる。すかさず左のリゾに対して左投手のハビアー・ロペスを送るもフォアボール。我慢できずにロモを投入するもベン・ゾブリストにツーベースを許し2点差。またも投手交代でこの回4人目となるウィル・スミスが登板するも、代打ウィルソン・コントレラスに同点タイムリーを献上。守備のミスも重なり5人目ハンター・ストリックランドがバイエズに勝ち越しタイムリーヒットを打たれて勝負あり。

9回裏は前日に打たれたカブスの守護神、チャップマンが三者連続三振で締め、カブスが6-5で勝利しNLCSへと駒を進めた。

やはり勝負を分けたのは、9回のジャイアンツリリーフ陣だろう。ワンアウト取るまでに3点を失い、この間に投げた投手は4人。細かい継投も実らず最後までクローザーに泣かされるシーズンとなった。

 


 

 

最後にシリーズで活躍した選手について取り上げる。

カブスでは攻守にわたってラッキーボーイ的な活躍をしたバイエズだろう。初戦の劇的なホームランから始まり、第4戦の9回での決勝点となるタイムリーヒットまで、全試合で安打を記録しカブス打線を引っ張った。守備面でもランナーへのタッチの速さで盗塁阻止に貢献。攻守共に中心となった。

一方のジャイアンツではコナー・ギレスピーとジョー・パニックの二人を推したい。第3戦ではギレスピーが難攻不落と思われたカブスのクローザー、チャップマンから逆転となるスリーベースで2打点をあげれば、パニックは13回裏のサヨナラツーベース含む3安打。第4戦でもギレスピーが4打数4安打、パニックが3打数1安打で共に1打点と、第1戦、第2戦と抑えこまれたジャイアンツ打線の火付け役となった。

 

Text by Kazuki Shirai
写真: https://flic.kr/p/zjGfkL

2016 Team Preview:シカゴ・カブス

7713719982_0015ac2e55_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:リグレー・フィールド

 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml13/

 

広さ
レフト 108.2M
センター 121.9M
ライト 107.6M
フェンス高さ 3.5~4.6M
パークファクター平均*100
安打 93.4
ツーベース 79.4
スリーベース 109.4
HR 127.6
得点 95
  • 予想オーダー

1.デクスター・ファウラー:CF
昨シーズン152試合に出場したCHCの切り込み隊長。オフにFAとなるも、結局1年13Mで再契約。昨年は打率こそ.250と低調だったものの、2009年以来となる20盗塁をマークし、キャリアハイとなる17HRを記録した。キャリア8年間で1イニングRFを守った以外全てCFとして出場しているが、昨シーズンもDRS-12と守備は上手くない。スイッチヒッターだが基本的に右打席の方が成績が良い。

2. ジェイソン・ヘイワード:RF
同地区のライバル、STLから8年184Mで加入。26歳にしてゴールドグラブ3度の球界屈指のRFであるが、シュワーバー、ソレアに加えファウラーが残留したこともありCFを務める機会が増える可能性ある。どこを守るにしても他の外野手は守備に不安を残す選手ばかりで、DRS+22、UZR+20.2をマークしたヘイワードの存在は非常に大きいだろう。本拠地となるリグレーフィールドではキャリア通算25試合で.311/.376/.522、4HRと相性が良く、打撃成績の向上にも期待がかかる。

3.アンソニー・リゾ:1B
昨シーズンは.278/.387/.512&31HR&101RBIの成績で主軸の役割を果たした。加えてDRS+10、17SBと走攻守揃った若き主砲としてチームを引っ張り、NLのMVP投票4位にランクイン。MLB史上2人目となる30HR&30死球という珍記録も達成した。死球が多い中で160試合に出場する強靭さを見せたが、怪我にだけは気をつけたい。

4.クリス・ブライアント:3B
満を持してメジャーデビューを果たした昨シーズンは周囲からのプレッシャーをはねのけ、.274/.368/.485&26HR&99RBIで新人王を獲得。一方でリーグワーストの199三振を喫したようにまだまだ粗さも残る点が課題だ。野球の実力に加えてイケメンということもありシカゴでの人気は絶大。2015年のMLB全体の公式レプリカユニフォーム売り上げランキングでルーキーでは初となる1位に輝き、その人気はもはやシカゴだけに留まらない。

5.カイル・シュワーバー:LF
ブライアントと同じく昨シーズンメジャーデビュー。打撃では69試合で.246/.355/.487&16HR。ポストシーズンでは9試合でOPS1.308、PNCパークでの場外弾含む5HRと大暴れし、新人離れしたパワーを見せつけた。一方で守備には多く課題を残す。Cとしてはメジャーのレベルに達しておらずLFにコンバートされるも、LFに打球が飛ぶたびにカブスファンはハラハラしなければならない。対左投手への対応なども含め、まだまだ課題は多い。

6.ベン・ゾブリスト:2B
KCから4年56Mで加入した球界屈指の便利屋。昨シーズンはOPS.809&8年連続2桁本塁打となる13HRをマーク。TBでのデビュー以来9年間ジョー・マドン監督の下でプレーしており、2球団を経て今シーズン再びマドン監督の下でプレーすることを選んだ。2B/SS/LF/RFの4ポジションでの出場が多いが、本人は2Bでのプレーを希望し、チームとしても2Bを任せる模様。

7.ミゲル・モンテロ:C
移籍初年度だった昨年は248/.345/.409&15HRと打撃では最低限の成績を残したものの、DRS-2、かつて2年連続で40%以上を記録した盗塁阻止率はキャリアワーストとなる20%と精彩を欠いた。32歳とまだまだ老け込む歳ではないが、盗塁阻止率は2012年をピークに下降。若い選手の多いチームの中で経験豊富な捕手として攻守に存在感を発揮したい。

8.アディソン・ラッセル:SS
昨シーズンはルーキーながらSSでも2Bでも好守を披露。打撃でも142試合で.242/.307/.389&13HRとルーキーのSSとしては合格点だろう。149三振を喫した粗さが改善点。同じポジションだったスターリン・カストロがNYYにトレードされ、SSのレギュラーとして開幕から活躍が期待される。ヘイワード加入に伴い、今季から背番号22→27。

9.投手