Tag Archives: トレバー・ストーリー

2019年MLBオールスター

Hyun-Jin Ryu

 

 

 

 

 

 

 

 今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィールドで行われる。クリーブランドでオールスターが開催されるのは史上最多の6回目であり、プログレッシブ・フィールドでは1997年以来2度目、球場開設25周年とこちらも節目である。

  All-Stars Starters
  American League National League
C ゲイリー・サンチェス(NYY) ウィルソン・コントレラス(CHC)
1B カルロス・サンタナ(CLE) フレディー・フリーマン(ATL)
2B DJ ルメイヒュー(NYY) ケーテル・マルテ(ARI)
3B アレックス・ブレグマン(HOU) ノーラン・アレナド(COL)
SS ホルヘ・ポランコ(MIN) ハビアー・バイエス(CHC)
OF マイク・トラウト(LAA) クリスチャン・イエリッチ(MIL)
OF ジョージ・スプリンガー(HOU) コディ・ベリンジャー(LAD)
OF マイケル・ブラントリー(HOU) ロナルド・アクーニャ Jr.(ATL)
DH J.D. マルティネス(BOS)  

 

 本コラムでは、「アメリカン・リーグ」、「ナショナル・リーグ」、「ホームランダービー」、「SiriusXM All-Star Futures Game 要注目選手」について触れている。

Written by Tsubasa Komiyama and Yu Ohkura

Photo link https://flic.kr/p/ecTugh

 

2018 NLDS Review : MIL vs COL

42645814302_24a79c09a9_z

 

 

 

 

 

 

NLDS : MIL 3-0 COL

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game 1 COL 2-3 MIL

勝:ホアキム・ソリア(1-0) 負:アダム・オッタビーノ(0-1)

Game 2 COL 0-4 MIL

勝:ヨーリス・チャシン(1-0) 負: タイラー・アンダーソン(0-1)

Game 3 MIL 6-0 COL

 勝:コービン・バーンズ(1-0) 負:ヘルマン・マーケス(0-1)

 

162試合では決着が付かず、コロラド・ロッキーズはロサンゼルス・ドジャースと163試合目を戦い敗北し、WCからPO進出をすることになった。一方、同じく決着が付かず163試合目を戦い勝利したミルウォーキー・ブリュワーズは、2011年以来となる地区優勝を果たした。対照的な両チームの対決は、ブリュワーズがロッキーズをスウィープするという衝撃的な幕切れであった。

ここからはこのシリーズの注目点とシリーズを通して活躍した選手をピックアップしていく。

 

注目点1→打線

 ロッキーズはリーグトップクラスの打線を誇るチームである。ホーム球場であるクアーズ・フィールドは打者天国として有名ではある。しかしながら、アウェーであってもロッキーズ打線は長打力を遺憾無く発揮してきた。その打線を牽引するのは、38本塁打をマークしたノーラン・アレナド(3B)と、37本塁打27盗塁をマークしたトレバー・ストーリー(SS)だ。だが、シーズンOPS.935をマークしたアレナドはOPS.354、シーズンOPS.914をマークしたストーリーはOPS.667とそれぞれ不振を極めた。ロッキーズに戻ってきたマット・ホリデイ(LF)はOPS.708と最低限の成績を収めたが、ロッキーズ打線は3戦で2得点と封じ込められた。

 一方、ブリュワーズは、オフシーズンに獲得したロレンゾ・ケイン(CF)とクリスチャン・イエリッチ(LF)が地区優勝の原動力となった。イエリッチ(LF)はシーズンOPS1.000の勢いそのままにOPS1.196と活躍してみせた。また、シーズン途中に獲得したマイク・ムスタカス(3B)はOPS.916とシーズン中以上の活躍を見せた。それから、ベテランのエリック・クラッツ(C)が打撃でもチームに貢献を果たし、ケインはOPS.298と不調だったが、キーオン・ブロクストン(CF)が充分過ぎる穴埋めをする活躍で、層の厚さが際立った。

 

注目点2→投手陣

 Game1において、ロッキーズの先発であるアントニオ・センザテラ(RHP)は5回を投げた。一方、ブリュワーズの先発であるブランドン・ウッドルフ(RHP)は、無安打1与四球にも関わらず3回を投げ切ってマウンドを降りた。そのような先発投手の起用はシリーズ一貫して行われ、3戦で13得点2失点と終始優位な状況をキープしたものの、ブリュワーズの先発が6回を投げきることは1度もなかった。(NLDSでの最長は5回だった)

 可能にしたのは、ブリュワーズの投手陣の層の厚さと、クレイグ・カウンセル監督による(リリーフ投手の酷使と言えなくもないが)時代や試合状況に応じた柔軟なプルペン運用だろう。ブリュワーズは4人のリリーフに3連投させた。シーズン55登板81.1回のジョシュ・ヘイダー(LHP)は、3登板し7人の打者と対決。1人として出塁を許さず無失点で抑えた。4人の投手に回跨ぎさせたりワンポイントリリーフとして起用し、ロッキーズ打線を沈黙させることに成功した。

2018年MLBオールスター予想 FED部員が決める現在のMLBで熱い選手は誰なのか?

42211101074_49af0d6118_z

 

 

 

 

 

 

 

現地時間7月17日に第89回「MLBオールスターゲーム」が開催される。開催地は、ワシントン・ナショナルズの本拠地であるナショナルズ・パーク。2008年に開場された同球場での開催は初であり、1962年以来となるワシントンD. C. での開催である。今年もFarEastDivision内でオールスター投票を実施し、FED部員によるオールスターを選出した。

 

•ナショナル・リーグ

それでは、ホームであるナショナル・リーグの選手から紹介をする。

C:J. T. リアルミュート(MIA)

1B:フレディ・フリーマン(ATL)

2B:スクーター・ジェネット(CIN)

SS:ブランドン・クロフォード(SF)

3B:ノーラン・アレナド(COL)

OF:マット・ケンプ(LAD)

OF:オドゥベル・ヘレーラ(PHI)

OF:ニック・マーケイキス(ATL)

 

キャッチャー、ファースト、セカンドは、ほぼ満票でそれぞれリアルミュート(MIA)とフリーマン(ATL)、ジェネット(CIN)に決定。サードはエウヘニオ・スアレス(CIN)に若干票が流れたもののアレナド(COL)に決定。ショートはトレバー・ストーリー(COL)と票が割れ、僅差でクロフォード(SF)に決定。

アウトフィルダーは、最多の8票を集めたケンプ(LAD)、ヘレーラ(PHI)、マーケイキス(ATL)に決定。昨年、FED部員による投票で唯一の満票選出となったブライス・ハーパー(WSH)は、今年は僅か2票に終わった。他、クリスチャン・イエリッチ(MIL)が3票を集めた。

余談だが、昨年FED部員が選出した選手の中で、今年も連続選出された選手は1人もいなかった。

 

キャッチャーは、実際のオールスターゲームではウィルソン・コントレラス(CHC)が先発出場することになっている。尚、身長・体重はリアルミュート(MIA)と同じである。

セカンドは、実際のオールスターゲームではハビアー・バイエズ(CHC)が先発出場することになっている。今季20-20を視野に入れているバイエズだが、FED部員はほぼ票を入れなかった。ただ、データで見ればジェネットが優れているというわけではなく、バイエズの方がfWARは高い。

アウトフィルダーは、実際のオールスターゲームでは、ヘレーラに代わりハーパーが先発出場することになっている。fWARは、ハーパーとヘレーラで大差ないものの、今季のハーパーは低打率に苦しんでおり、FED部員による投票では、長打力が伸びたヘレーラに軍配が上がった。

 

FED部員によるナショナル・リーグのオールスター選出では、ハーパーに票があまり入らなかった。今季のハーパーの成績は正直見栄えが悪い。しかしながら、長打力があることは事実であり実際のオールスターでは先発メンバーに名を連ねている。にも関わらず、ハーパー(2票)よりもイェリッチ(3票)やヘレーラ(7票)が票を集めることが出来たのは、よりインパクトのある選手―ヘレーラは今季、キャリアハイを大幅に塗り替える勢いで本塁打を量産している―に投票をしたからではないかと思われる。

 

Weekly Report:Week-2

17383319071_e25bc17823_z

 

 

 

 

 

 

 

 

つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-2のキーワードは「スターリング・マーテ」「イチロー」「2本のHR」だ。

 

・スターリング・マーテ

く薬物使用問題に悩まされるMLBに、またひとり薬物に手を染めていた選手が見つかってしまった。4月19日、ピッツバーグ・パイレーツのスターリング・マーテが禁止薬物のナンドロロンに陽性反応が出たとして、80試合の出場停止が課された。

マーテは走攻守三拍子揃った外野手として、アンドリュー・マカッチェン、グレゴリー・ポランコらと共にパイレーツが誇る球界屈指の外野陣の一人としてチームを支える中心選手だった。2015年にはキャリアハイの19HR&81打点、2016年には打率.311、キャリアハイとなる47盗塁をマークし初のオールスターにも出場、さらに2年連続でゴールドグラブ賞を獲得するなど、まさに走攻守揃ったチームには欠かせない存在となっていた。28歳と選手として脂の乗ってくる時期でもあり、オフにはドミニカ代表としてWBCにも出場。パイレーツとしても2014年に6年契約を結び、今後数年のチームの核として考えていただけにこの知らせはショックだろう。2016年のWAR4.0がチームトップだったことを考えても、やはりこの穴は大きすぎるだろう。

MLB側も必死に根絶しようとしているものの、いまだ後を絶たない禁止薬物使用。一昔前は禁止薬物使用に対してのイメージといえば、筋肉が肥大しホームランを量産できるといったものだったが、昨年のディー・ゴードンや今回のマーテなど一昔前のイメージとは違ったタイプの選手の禁止薬物使用が発覚している。スポーツの公平性や信頼性を損なう禁止薬物使用、一刻も早い根絶を願う。

 

MLBオールスター大予想。FEDライターが決める球界のスターは誰?

253114254_5443b0f88c_z

 

 

 

 

 

 

 

現地時間7月12日、メジャーリーグで活躍する選ばれたスターたちが集結する祭典が行われる。「All Star Game」と題されるその試合は、野球選手にとって特別な舞台であり、そこへ選出されることは大きな意味を持ち合わせているのだ。

我らがFar East Divisionでは、「そのお祭りに選ばれるべき『球界を代表するスター』は誰なのか?という疑問に対し、アメリカン・リーグ8名、ナショナル・リーグ9名のライターにアンケートを実施。「FEDが決めるオールスター」を決定した。

 

  • アメリカン・リーグ

 

今回の企画で両リーグ通じて最多の8票を集めたのは、マニー・マチャド(BAL)。今シーズンは昨シーズンを上回るペースである好調な打撃に加え、3B/SSの2つのポジションを守っていることから、3Bとして6票、SSとしても2票が入ったことが多くの得票を集めた理由となった。

そのマチャドが選ばれた3Bでは他には今シーズン打撃が開花したニック・カステヤノス(DET)、レイズの主砲エバン・ロンゴリア(TB)がそれぞれ1票を集めた。

SSでは8票のうち2票はマチャドだったが、残りの6票は全てザンダー・ボガーツ(BOS)に集まった。首位打者を争うほどのハイアベレージを残し、強力レッドソックス打線を引っ張る23歳はオールスターに相応しい選手だろう。

この他に1人が多くの支持を集めたポジションは、Cだ。昨シーズンのワールドチャンピオン、ロイヤルズの正捕手サルバドール・ペレス(KC)が7票を獲得。マット・ウィータース(BAL)に1票入った以外は全員がペレスを支持する結果となった。

1Bではミゲル・カブレラ(DET)とエリック・ホズマー(KC)、2Bではロビンソン・カノー(SEA)とホセ・アルトゥーベと、どちらも実力者同士の一騎打ちとなったが、それぞれ1Bはカブレラ(DET)、2Bはカノー(SEA)が選ばれた。

ア・リーグで混戦を極めたのがOFの外野3枠の争いだ。4年連続オールスターに出場し、今シーズンも安定してハイレベルな成績を残すマイク・トラウト(LAA)が7票を獲得して1枠は決まったものの、残り2枠を巡って3人が5票で並ぶ波乱の結果となった。

その3人のうち2人はレッドソックス所属で、切り込み隊長ムーキー・ベッツ(BOS)と、課題の打撃が急成長し29試合連続安打など印象にも残ったジャッキー・ブラッドリーJr(BOS)。もう1人は開幕から好調をキープし、キャリアハイペースでホームランを量産し続けているマーク・トランボ(BAL)だった。

他には遂に打撃覚醒の兆しを見せるマイケル・ソーンダース(TOR)や、西地区首位を独走するレンジャーズで躍動するルーキーのノマー・マザーラ(TEX)などが少ないながらも票を集めた。

DH制のあるア・リーグ。言わずもがな、ラストイヤーとなるビッグ・パピことデビット・オルティズ(BOS)が選ばれた。もちろん人気や最後だからという理由だけで選ばれているわけではなく、今季で引退する40歳とは思えない程の成績を残している。ビクター・マルティネス(DET)にも票が入ったが、今シーズンはオルティズで文句はないだろう。