Tag Archives: トレバー・ハイデンバーガー

Weekly Report :Week4,5

4495170728_889bc4cbb1_z

 

 

 

 

 

 

 

4つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-4,5のキーワードは「ショーン・マネイア」「プエルトリコ」「ダイアオンド・バックス」「ロナルド・アクーニャ」だ。

 

 ・ショーン・マネイア

現地時間4月21日にOAKの左腕ショーン・マナエアがBOS戦で今季MLB初となるノーヒットノーランを達成した。ノーヒットノーランは昨年のMIAエディンソン・ボルケス以来、ア・リーグに限定すると2015年の当時HOUに在籍していたマイク・ファイヤーズ以来となる偉業であった。

 

試合は初回、先頭のムーキー・ベッツを歩かせるも2者連続三振を含め3人で抑えると5回2死まで1人のランナーも許さない快投を披露する。5回2死からエラーと暴投でこの試合初めて得点圏にランナーを進めるもジャッキー・ブラッドリーJr.をチェンジアップで三振に切って取り危なげなく抑える。打線もメジャーを代表する左腕クリス・セールから2本のタイムリーツーベースと5回にエラーをしたマーカス・セミエンのソロホームランで小刻みに援護をする。9回には2死からこの日2つ目のフォアボールを与えるもハンリー・ラミレスをショートゴロに打ち取り自身初の完投、完封をノーヒットノーランのおまけつきでやってのけた。

 

この日、マナエアが対峙したBOS打線は打率メジャー全体1位、得点は同2位、OPSも同3位であり、規定打席到達者7人のうち6人がOPS.750超え(.800以上は4人)というBOSの開幕ダッシュ(この試合開始前時点で17勝2敗)の大きな要因の1つであるメジャー屈指の強力打線だった。

 

マナエアはメジャー3年目で昨年はキャリアハイの158.2イニング、12勝を挙げたがWHIP1.40やERA4.37、QS%=48.3%が示すように安定感に欠けていたが、今季は5試合で3勝2敗ながらERA1.23、QS%=80.0%と運に恵まれている側面はあるもののブレイクアウトする気配を漂わせており、開幕してからこれまでのピッチングが決してフロックではないということを今後のピッチングで見せてくれることを期待したい。

Sleeper Prospects AL Central

9497102913_e6095ab461_z

 

 

 

 

 

 

 

現段階では名の知れていないプロスペクトである『スリーパー』を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。また、選出基準はMLB.comのチームトップ30及びFEDのチームトップ20圏外の選手とした。

  • シカゴ・ホワイトソックス

 

 

ダニー・ヘイズ:1B
15年に傘下最多の98四球を選んだ眠れる大砲候補。4月は2Aのレベルに適応できず打率.167&0ホーマーと苦しんだが、その後は打率.261&7ホーマーと適応。7ホーマーながら20-80スケールで60相当のパワーを秘めると言われている。リーグのベストディフェンシブ1Bに選ばれるなど守備も堅い。

ザック・フィッシャー:C
ドラフト11巡目ながらパワーの評価は傘下でもトップクラス。スイングスピードと筋肉量を兼ね備えており、平均以上のパワーを生み出すことができる。R&1Aでは11ホーマー&OPS.728と持ち味を発揮。一方捕手の守備は未発達で46試合/17捕逸。

ジェームス・ダイクストラ:RHP
球速は88-92マイルで、変化球も特別良くもないが、マイナー通算BB/9=1.2&K/BB=5.56のコマンドが武器。『BA』の傘下「ベストコントロール」投手にも選出された。A+では128.1回投げて防御率3.51とまずまずの内容。HR/9=0.3と被本塁打の少なさも特徴。