Tag Archives: ニック・マドリガル

MLBの未来予測

43957053501_52f841cb8d_c

 

 

 

 

 

 

 今回がFar East Divisionでの最後の投稿となるので、今回は私が在籍した4年間におけるMLBに関して振り返りながらMLBの未来を考察したい。

 

 4年間を通じて最も印象的だったのは、やはり2017年に広く知られるようになったフライボール革命だ。バレルゾーンを意識することで打席でのヒットやHRが出る確率を高くするという考え方で、これはMLBを席巻し2019年は史上最多のHRが飛び出した年となった。私もフライボール革命という言葉を毎回のように記事に含めていた事を覚えている。

 フライボール革命から良い影響を受けた選手もいた一方で、その餌食になった選手もいた。例えばシンカーを主な球種にしていた投手やソフトコンタクトに秀でた打者がそれに該当するだろう。

 

 しかし2020年はそのフライボール革命による”負け組”が盛り返したシーズンとなった。シンカーに関してはMLB全体での投球比率が2017年から19年は10%を大きく下回っていたが、昨年は一気に15%を超えた。

 また昨年はコンタクト能力が抜群の選手がMLBデビューを果たした。ホワイトソックスのニック・マドリガル(2B)である。マドリガルは2018年のドラフト全体4位指名で入団した選手で、2019年はマイナー全体で120試合に出場して16しか三振しなかった。

 三振を「フィールド上で最も恥ずかしい行為の一つ」とも語るマドリガルは、ここ数年の中でも最もコンタクト能力の高い選手だろう。彼の活躍は今後のコンタクト能力を売りにする選手の将来をも左右しかねない。その意味で彼は今最も重要な選手かもしれない。

 新たな打撃法だけでなく、ドライブラインに代表されるような球団に所属していない指導者が多く台頭して知名度を高めたのもこの4年間であった。彼らの一部は現在MLB球団と契約して役職を得る者も出てきた。またD・ジョンソン(CIN)やC・フェッター(DET)といった大学野球で実績を積んだコーチがMLBでコーチになる例も相次いでいる。

 ※編集者注

 Sportsnaviに2020年1月27日に掲載された下記の記事を紹介する。

 NPBの投手が自費で訪れるドライブライン最初は倉庫を間借り、粗末な施設だった

 

 当初は球団の指導方針と異なる場合もあるため敬遠されていた場面もあった。だが2020年にドライブラインの最も有名な顧客であるトレバー・バウアー(LAD)がサイ・ヤング賞を受賞するなど彼らの指導力の高さは誰の目にも明らかであり、MLB球団もそのノウハウを欲するまでになった。現在のドライブラインの顧客にはクレイトン・カーショウ(LAD)等の大物選手も複数おり、このオフには大谷翔平(LAA)も通っていたようである。

 データ分析が進み指導方法やプレーに球団間の差がなくなりつつある時代だからこそ、他球団との差をつけるためにもこれらの新時代の指導者の存在感は今後ますます高まっていくと筆者は考えている。

 だが、どれだけ最先端の指導法を持っていてもそれが選手に受け入れられなければ意味がない。ブライス・ハーパー(RF)を獲得して期待を集めた2018年のフィリーズ内部で、当時の投手コーチC・ヤング(現カブスブルペンコーチ)に対して複数の投手が反発したことからも分かるように、コミュニケーションは指導に際してとても重要である。

 最終的に、プレーする選手は生身の人間でありロボットではない。だからこそコミュニケーションが必須となってくる。そしてこの指導者に求められるコミュケーション能力ひいては野球の魅力を分かりやすい形で伝える能力は、選手にも今後野球界では求められるのではないだろうか。日本でもアメリカでも野球人口の減少が叫ばれるようになって久しい。そして一旦減少に転じるとなかなかそれを再び増加させるのも難しいだろう。だからこそより野球の魅力を発信する力が求められるとも言える。

 

 最近大型契約に合意したフェルナンド・タティスJr.(SD)やロナルド・アクーニャJr.(ATL)、フアン・ソト(WSH)らはプレー中も感情を露わにする事が多い。そのような振る舞いに関して苦言を呈する指導者やOBもいるが、ファンにも興奮が伝わる点で感情を表に出す事は決して悪い事ではない。むしろこれまで抑えられていた人間的な側面を出す事が今後はもっと求められるようになるのではないだろうか。マネーボール以降野球界で常に課題とされたプレーや選手育成の効率化の末に求められるものが選手の感情であるとすれば皮肉な感じもするが、それもまた新たな野球の進化と言えるだろう。

 

 Photo link https://flic.kr/p/29YkoyM

 Written by Yuichi Ando

2019年MLBオールスター

Hyun-Jin Ryu

 

 

 

 

 

 

 

 今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィールドで行われる。クリーブランドでオールスターが開催されるのは史上最多の6回目であり、プログレッシブ・フィールドでは1997年以来2度目、球場開設25周年とこちらも節目である。

  All-Stars Starters
  American League National League
C ゲイリー・サンチェス(NYY) ウィルソン・コントレラス(CHC)
1B カルロス・サンタナ(CLE) フレディー・フリーマン(ATL)
2B DJ ルメイヒュー(NYY) ケーテル・マルテ(ARI)
3B アレックス・ブレグマン(HOU) ノーラン・アレナド(COL)
SS ホルヘ・ポランコ(MIN) ハビアー・バイエス(CHC)
OF マイク・トラウト(LAA) クリスチャン・イエリッチ(MIL)
OF ジョージ・スプリンガー(HOU) コディ・ベリンジャー(LAD)
OF マイケル・ブラントリー(HOU) ロナルド・アクーニャ Jr.(ATL)
DH J.D. マルティネス(BOS)  

 

 本コラムでは、「アメリカン・リーグ」、「ナショナル・リーグ」、「ホームランダービー」、「SiriusXM All-Star Futures Game 要注目選手」について触れている。

Written by Tsubasa Komiyama and Yu Ohkura

Photo link https://flic.kr/p/ecTugh

 

2019 TOP10 Prospects シカゴ・ホワイトソックス

2933461644_4eee1995f5_z

 

 

 

 

 

 

 

 書籍販売に先駆けて、シカゴ・ホワイトソックス、シアトル・マリナーズ、サンディエゴ・パドレスの3球団のTOP10 Prospectsのスカウティング・レポートを公開する。(書籍では先行公開分にくわえ11位から20位まで掲載)

 第2回はイロイ・ヒメネスが控えているシカゴ・ホワイトソックスだ。尚、各選手名をクリックするとBaseball Referenceで各種成績を確認することが出来る。

2018年 Draft Review:シカゴ・ホワイトソックス

27005092545_71b1a7b8fa_z

 

 

 

 

 

 

いよいよ2019年が始まった。今年は日本での開幕戦や初めてのロンドンでの試合開催等楽しみな出来事がある。また当サイトFar East Divisionでは今年も3月にプロスペクトハンドブックの発売を予定している。

ハンドブックは各球団のトップ選手を紹介しているが、それとは別に昨年2018年のドラフトで上位指名を受けた選手のプロ1年目を終えた現段階での評価を見ていきたい。

 

そこで2018年MLBドラフトから各球団の上位指名選手10名+上位10名以降のうちから1人についてのスカウティングレポートを作成した(一部チームは10名を紹介していない)。プロスペクトハンドブックに掲載されていない選手も多いので、是非チェックしていただきたいと思う。

 

今回はホワイトソックスのドラフトを振り返る。年齢は2019年4月1日時点で掲載している。また選手の名前の所にBaseball referenceのリンクが貼ってあるので成績確認等の参考にして頂きたい。

2018 Draft TOP1~20 Prospects

460704464_38e958e5e2_z

 

 

 

 

 

 

 

1.ケーシー・マイズ:RHP

アラバマ出身で高校時代はドラフトで指名されなかった。しかしソフモアの年に大きく飛躍して一躍トップクラスのプロスペクトと見なされるようになった。球種は主に4つである。速球は最速96マイル常時92-96マイル。変化球ではカッター、カーブ(スライダー)も投げるが、最も評価されているのはスプリッターだ。またコントロール及びコマンドが素晴らしく、2017年から2年連続でBB/9が1を割っている。昨年は肩の故障で早めにシーズンを切り上げたが、今季は大きな故障には苦しんでいない。速球、スプリッター、スライダーの上質な3球種を持っているので、MLBでもエースとして長く活躍できる可能性を秘めている。

 

2.ブレイディ・シンガー:RHP

2月のシーズン開幕前は全体1位の可能性も噂されたプロスペクト。しかし支配的な投球を続けるケーシー・マイズに立場を逆転されている。投球は速球及びスライダー、チェンジアップの3球種から構成される。速球は最速95-96マイルを記録しているが、この春は球速低下を指摘している媒体もある。スライダーの評価も高いが、チェンジアップは現在向上中だ。また投球のデリバリーが安定していないことを問題視されていることもある。チェンジアップが成長しなければ、リリーバーに収まる可能性も高くそこも評価を難しくさせている。4月末の対戦ではマイズに投げ勝った。

 

3.ニック・マドリガル:2B

今年のドラフトの野手No1候補の選手だ。小柄でスピードと打撃センスに定評があり、ホセ・アルテューべ(現HOU)と比較できる。盗塁数が傑出して多いわけではないが、ベースランニングのセンスがいい。また打撃でもコンタクト能力とアプローチに優れていて2017年シーズンは三振を四球が上回っていた。今季は手首の故障で開幕から数週間欠場したが、復帰後はしっかりと打てていて大きな問題は見つからない。また現在は2Bと目されているが、ショートでもプレイ可能と見られることもあり、実際にショートに転向すればさらに価値が向上するだろう。

 

4.ジャレッド・ケレニック:OF

美しい打撃フォームから強烈な打球を飛ばすヒッター。昨年のU18W杯でも活躍した。現在最も評価されているツールはヒッティングだが、体格がさらに成長すればパワー面も期待できそうである。スピードでもチームに貢献できる選手である。守備に関してはセンターに残ることができるかを疑問視する声もある。ただし肩の強さは高く評価されていて、ライトを十分務めることができるはずだ。打撃フォームの美しさは2015年フィリーズ1巡目のミッキー・モニアクを想起させるが、ケレニックが全体何位で指名されるかは大いに注目である。