Tag Archives: ネイト・スミス

2017 Top 20 Prospects:ロサンゼルス・エンゼルス

18691508085_c5ffc374a8_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. マット・タイス:1B
16年ドラフト全体16位指名。自分の打てるボールを見極め確実に捉えることができるヒッティングスキルの高さが魅力。アプローチもよく三振は少なく、四球は多い。パワーは若干平均を下回るがそれでもシーズン15HRほどはマークすることができるだろう。大学時代はCだったが、あまりにも下手なためプロ入り後は1Bに専念。その1Bも満足に守れるかは疑問符がつく。

2. ジャーメイ・ジョーンズ:OF
身体能力の高さが光るアスリート。スイングは若干大回りをしているが、バットスピードが速くラインドライブの打球を量産することができる。アプローチでも成長を見せ三振を減らしつつ四球を増やすことに成功した。平均以下と言われていたパワーも徐々に筋肉をつけているため、シーズン2桁HRをマークすることも不可能ではなくなってきている。スピードは平均以上で盗塁も上手い。肩が強いためCFを守ることができる。

3. アレックス・メイヤー:RHP
なかなかメジャーで結果が残せないでいる大型投手。90マイル後半の速球にスライダー、チェンジアップのコンビネーションはマイナーでは敵なしだが、デリバリーが不安定でストライクを取ることに苦労する場面が多い。細かいコマンドがなくてもコンスタントにストライクを取れればフロントスターターになることができるだろう。

4. ブランドン・マーシュ:OF
16年ドラフト2巡目指名。高校時代はアメリカンフットボールのワイドレーシーバーとしてもトップクラスの選手だったアスリート。純粋な身体能力の高さだけなら昨年のドラフトクラスの選手の中でも有数のもの。打撃では平均以上のパワーを見せ、守備ではスピードと強肩を活かしたCF守備を披露する。まだ、ところどころが粗っぽいタレントだが洗練されればスター選手になれる素質を有している。

5. グレイソン・ロング:RHP
90マイル前半の沈む速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーション。スライダーのクオリティは平均程度だが、速球と同じアームスピードで投げられるチェンジアップの評価は高い。マウンドの傾斜を上手く使ったデリバリーはスムーズで力感もなく、コントロールも悪くないが、たまにストライクゾーンにボールを集めることができなくなる場面がある。

6. ノーニー・ウィリアムズ:SS
16年ドラフト3巡目指名。身体能力が高くSSとして必要なレンジ、肩の強さを有しているが大柄な体格のため将来は2B/3Bに移るものと見られている。他のポジションに移ったとしても平均以上には守れるだろう。打撃ではパワーポテンシャルの高さが光るが、スイングの時に上体だけが突っ込んでいくクセがあり上手くコンタクトできない原因となっている。

7. テイラー・ワード:C
昨シーズンは前半はインサイドの速球への対応に苦しみ、絶不調に陥ったが後半は対応して持ち直すことができた。アプローチに優れており、四球を多く選ぶ割には三振が少ない。守備では強肩が盗塁阻止が持ち味。キャッチングやブロッキングなども平均レベルにはこなすことができる。

8. ビンセンテ・カンポス:RHP
90マイル中盤の速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーション。スライダー、チェンジアップ共に平均レベルのクオリティにある。デリバリーは下半身を上手く使えておらず、アームスピードに頼る形となっている。また、腕のアングルが安定しないため細かいコマンドがつけられない要因となっている。耐久性に問題があり、頻繁に故障し戦列を離れる。

9. トロイ・モンゴメリー:OF
16年ドラフト8巡目指名。小柄な体格ながら筋肉質な体の持ち主でパワーは他の選手と見劣りすることはない。スイングもしっかりと振りぬき、当てるだけのスイングではない。アプローチもよく、低身長でストライクゾーンが狭いことも相まって四球を多く選ぶことができる。スピードは平均以上で肩も強く、CF/RF共に平均以上に守ることができる。

10. ハイメ・バリア:RHP
90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。20歳という年齢の割にはコマンドに優れており、四球を出すことは滅多にない。どの球種でもストライクゾーンに集めることができる。どの球種も空振りを奪えるボールではなく、三振が少ない。将来像はのらりくらりと抑えるイニングイーターか。

11. クリス・ロドリゲス:RHP
16年ドラフト4巡目指名。90マイル中盤の速球とカッター/スライダーのコンビネーションで三振を多く奪うピッチングスタイル。球速を維持し続けることができるスタミナは先発向きだが、デリバリーは力感が強く、故障を心配する声もある。また、変化球のレパートリーも少ないためチェンジアップなどを習得する必要がある。

12. ネイト・スミス:LHP
力感の少ないデリバリーでボールをストライクゾーンに集めるハイフロアーなタレント。速球、カーブ、スライダー、チェンジアップはいずれも平均レベルのボール。速球は常時80マイル後半で最速でも91マイルと球威に欠け、マイナーでも被本塁打が多く、メジャーでも同じような傾向になるだろう。

13. ハットン・モイヤー:2B
コンパクトなスイングでラインドライブの打球を量産する。パワーは平均以下だが、ギャップを抜くパワーはあるので二塁打を多く打つことができるだろう。アプローチが拙いため四球は少ないが三振は多く、このままだと上のレベルでは通用しなくなるだろう。守備はレンジは平凡だが、ミスは少なく2Bとしてなら問題なく守れるだろう。

14. キーナン・ミドルトン:RHP
最速102マイルの速球を投げるリリーフプロスペクト。速球はフォーシームで浮き上がるようなアクションを見せ、高めに投げて空振りを奪うことができる。アウトピッチとして使うスライダーも速球もキレがよく、空振りを奪うことができる。コントロールはよくはないが、リリーフとして使うなら許容範囲。セットアッパークラスの投手になれるだろう。

15. ヘスス・カスティーヨ:RHP
90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。カーブは不安定だが、チェンジアップの評価は悪くない。デリバリーは力感がなく、スムーズなため試合の途中で崩れることも少なく、コントロールもいい。故障が多く、耐久性の面で不安がつきまとう。

16. デビッド・フレッチャー:SS
コンタクトスキルに優れた小兵。コンパクトなスイングでフィールド全体を使った打撃をすることができる。パワーは皆無のため、ギャップを抜くパワーもない。守備ではSSとして守ることができるレベルのレンジ、肩の強さだが、2Bに入ると平均以上に守れるため将来は2Bに転向する可能性もある。スピードは平均だが、ベースランニングが上手く盗塁技術も高い。

17. コール・ダンシング:RHP
16年ドラフト6巡目指名。身長は6-4と非常に高いが、まだ筋肉をつける余地があり、現在90マイル前半程度の球速は今後さらに上昇する可能性があるだろう。速球はフラットな軌道なため、今後ツーシームやカッターなどを習得する必要がある。また、変化球のクオリティも低いため向上が必要。現時点ではマイナスの面が目立つが、上手く育成できれば先発2番手クラスの投手になれる素材。

18. ブルックス・パウンダース:RHP
昨年の12月にKCからトレードで加入。速球は常時90マイル前半程度だが最速で97マイルをマークすることもある。カーブ、スライダー、チェンジアップといったブレーキングボールを投げるがどれも平均レベル。体重過多気味で、その分安定したデリバリーで投げられるためコントロールは悪くないが、先発として使うには体力が持つかが懸念材料。リリーフとして使うのが無難か。

19. コナー・ジャスタス:SS
16年ドラフト6巡目指名選手。守備に高い評価を得ており、レンジの広さ、ハンドリング、肩の強さは全てSSとして平均以上のものを持っている。打撃ではコンタクトスキルに優れるが、小柄なためパワーは皆無。将来は守備固めの選手としてメジャーに昇格するだろう。

20. アベル・デロスサントス:RHP
最速97マイルの速球が武器のリリーフプロスペクト。アウトピッチはカーブで速球と緩急をつけて空振りを奪うことができる。大量に三振を奪うことができる反面、コントロールが非常に悪く、メジャーに定着できない理由となっている。今シーズンはおそらく開幕からメジャーで投げることになるだろう。

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/utGS9M

2016 Futures Game Preview:アメリカ代表

25185956351_95a6fd9903_z

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカでは現地時間10日にプロスペクトの祭典『フューチャーズゲーム』が開催される。今回はそれに先立ってロースター及び予想オーダーを紹介する。これを読んでおけば『フューチャーズゲーム』がより楽しめるはずだ。さらに観戦時に選手名鑑の代わりに使ってもらえれば幸いだ。

  • 予想オーダー

 

1.クリント・フレーザー(CLE):LF
随所に高いポテンシャルを見せる外野手。 昨シーズンはA+のリーグで最多安打と最多二塁打をマーク。16本塁打も2番目に多い数字だった。素晴らしいバットスピードにより長打を量産することが可能でまだまだパワーは伸びる余地を残している。ストライクゾーンをコントロールする能力が高く、高出塁率を残せるが、ブレーキングボールを空振りする場面が多く三振数は非常に多い。スピードツールも平均以上で年間20盗塁を狙えるレベル。CFを守れる能力を有しているがチームメートのブラッドリー・ジマーにCFを譲っているためRFとしての出場が多い。

2.デビッド・ダール(COL):CF
 将来の5ツールプレイヤー。内角も上手くさばけるヒッティングスキルは卓越しており、広角にラインドライブの打球を打つことができる。パワーもプラス評価を得ておりメジャーで20~25本塁打をマークすることが可能とも。積極的すぎて四球が少なく低出塁率なのがもったいない。スピードも平均以上で広いレンジをカバーすることができ、肩も強く、送球も正確なCF守備はゴールドグラブを狙えるレベル。如何に健康を保つかがカギ。

3.アレックス・ブレグマン(HOU):2B
昨ドラフト全体2位指名の攻撃型内野手。小柄ながらも力強いスイングでスタンドインの打球を量産する姿はダスティン・ペドロイア(BOS)を彷彿とさせる。かといって打撃は荒くなくBB/K=44/33をマークしアプローチにも優れている。 高校時代からアメリカ代表に選ばれ続けていることもあってメークアップの評価も高い。あえて不安を述べるとするなら守備位置をどうするかだけだが、それでも2B/SS/3Bいずれも平均程度に守れる能力を有している。

4.ハンター・レンフロー(SD):RF
不振から立ち直ったスラッガー。AA昇格以降不振が続いていたが左足を上げる動作を小さくすることでボールを最短距離で捉えられるようになり、打率を上げることに成功した。その犠牲としてパワーを全力で発揮することは難しくなったがそれでも平均以上のパワーを有しており今シーズンもここまで84試合で21本塁打をマークしている。昨シーズン16個、今シーズンもここまで13個アシストをマークしている肩にも注目したい。

5.ハンター・ドージャー(KC):3B
どん底から這い上がった2013年全体8位指名選手。2014年のAA昇格後 さっぱりと打てなくなり昨シーズンはAAで.213/.281/.349、12本塁打と周囲をがっかりさせる成績に終わり、かつてのトッププロスペクトもここまでと思われていた。しかし、今シーズン難所だったAAで.305/.400/.642と打ちまくり1ヶ月程度でAAAに昇格。AAAでも打棒は止まらずこれまでにないほどの好調を見せている。

6.ライオン・ヒーリー(OAK):1B
今シーズン絶好調のヒッティングプロスペクト。以前からヒッティングの評価は高かったが、昨シーズンまで長打の少なさと粗いアプローチによる低出塁率がネックとなっていた。しかし、今シーズンは長打が増え相手から怖がられるようになったため、それに伴い四球も微増し出塁率も若干改善された。225ポンド(102kg)の大男であるためスピードツールは皆無だが毎年三塁打を記録している。

7.ディラン・カズンズ(PHI):DH
高校時にアメリカン・フットボールでディフェンシブエンドを務めていたパワーモンスター。今シーズンAAで84試合に出場し23本塁打を放っており今回のアメリカ代表の中でトップのパワーポテンシャルを持っていると言ってもいいだろう。昨シーズンからアプローチを変更し四球が増えたがそれに伴い三振も激増した。235ポンド(106kg)の体格と肩の弱さから守備位置はLFに限られている。

8.チャンス・シスコ(BAL):C
守備での成長が著しい攻撃型捕手。2桁本塁打を打つパワーはないが野手のいない場所へと打球を落とすヒッティングスキルは本物。 選球眼もよく四球を数多く選べるためマイナー通算での出塁率は.400を超える。ドラフト時は評価の低かった守備だが年々改善してきており、送球は平均レベルにこなせるようになっている。平均以上は望めないが捕手を諦めなければいけないほど下手ではない。

9.ダンスビー・スワンソン(ATL):SS
昨年のドラフトで全体1位指名を受けた走攻守そろった将来のオールスター常連選手。パワーは平均以下だが無駄のないスイングと投球に対する理解の深さからヒットを量産する。将来は高打率、高出塁率が望めるだろう。スピードも20盗塁を狙えるレベル。SS守備ではレンジ、ハンドリング共にハイレベルで、肩も強いため長くSSに留まることができる。

P.ジェフ・ホフマン(COL):RHP
ドラフトイヤーにトミー・ジョン手術を受け長くリハビリを行っていたが昨シーズン途中に復帰。手術前に比べると3マイルほど球速が落ちたがそれでも90マイル中盤を出すことができる。バットを粉砕する威力を持つツーシームが最大の武器で、このボールを使ってゴロを打たせるピッチングスタイル。 カーブ、チェンジアップもクオリティが高くタイミングを外し空振りを奪うことができる。細かいコマンドには欠けるがストライクを取ることに苦労はしない。昨シーズン奪三振の少なさが不安視されていたが今シーズンはここまでイニング以上の奪三振数をマークしている。

 

2016 Top 20 Prospects:ロサンゼルス・エンゼルス

191432192_3ae7b12a5d_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. テイラー・ワード:C
15年ドラフト全体26位指名。高い守備能力が絶賛されており、プラスプラスの肩を土台に高い盗塁阻止能力を誇る。ブロッキングなどは磨く余地があるが、平均レベルのバッティングと合わせて十分未来の正捕手として計算できるだろう。R&1Aでは打率.348と好調だった。

2. ヤメイ・ジョーンズ:OF
父と兄はフットボール選手。自身も高校でフットボールをプレーしたアスリート。プラスのスピードを生かしたダイナミックな攻守に注目が集まる。打撃では滑らかなかつ力強いスイングからライナー性の打球を量産。Rでは40試合プレーし2ホーマー&16盗塁。CFの守備も平均以上。 

3. ジェーク・ジェウェル:RHP
最速99マイルのパワフルなストレートを武器に1AではK/9=8.9をマーク。セカンドピッチのスライダーは不安定ながら時折光るモノを感じさせる。BB/9=2.5とストライクゾーンに集めることはできるも、コマンドの粗さ&不出来なチェンジアップからリリーフ向きとも。

4. ジョー・ガトー:RHP
6-3/204たる大柄な体格からハイレベルなピッチャーになる可能性を秘める。また、その大柄な体格をコントロールできる身体能力&デリバリーの評価も高く、まさしく先発投手向きだ。ストレートは95マイルに達し、カーブも落差がある。Rでは12先発して防御率4.31&被打率.340と平凡な内容。 

5. カイル・クビッツァ:3B
ハイレベルなアプローチに支えられたミドルヒッター。慎重にボールを見極め、ギャップを破るバッティングスタイルで3AではOPS.791&二塁打43をマーク。6-3/210たる大柄な体格に似合わずパワーは平凡だが、マイナー通算.376を誇る高い出塁率&ソリッドな3B守備を武器にアピールしていきたい。

6. ビクター・アルカンタラ:RHP
90マイル後半のストレートを軸にパワーでねじ伏せるピッチングスタイル。コマンドの粗さから防御率5.63&被打率.282と痛打されるシーンが目立った。また目一杯投げるメカニックから長いイニングを投げるのは厳しいと見られており、将来的にはリリーフに回ることになりそうだ。

7. ロベルト・バルドゥキン:SS
キューバから亡命し契約金$8MでLAA入り。アスリート性に富んだプレーヤーで優れた守備センスを示し、スローイングも正確だ。打撃ではパンチ力を秘めるも選球眼に難があり、A+で77試合プレーして打率.235、本塁打1、OPS.560、70K/9BBと対応に苦しんだ。 

8. グレッグ・マーレ:LHP
オーバースローとサイドスローを巧みに使い分ける即戦力リリーバー。90マイル前半のストレート&スライダー&カーブ&チェンジアップ。A+&2Aでは52試合リリーフして防御率3.26、K/9=10.4。BB/9=2.2。来季にもメジャー昇格か。将来像はトニー・ワトソン(PIT)。

9. ネイト・スミス:LHP
ストレートは90マイル前後と球威には欠けるが、巧みな投球でゲームを作り上げる。2Aでは17先発/防御率2.48も、3Aでは7先発/防御率7.75と打ち込まれた。キャリア3年でBB/9=2.8と制球はまとまっており、カーブ&チェンジアップのクオリティも悪くない。 

10. チャド・ヒンショウ:OF
アグレッシブな走塁を武器にチーム傘下トップの30盗塁をマーク。コンパクトなスイングでラインドライブを生み出し、A+&2Aで打率.291。三振数は2年続けて試合数を上回ったが、四球率は7.9%→12.3%。親指の負傷により79試合の出場にとどまったが、AFLではリーグ4位の打率.349をマーク。

11. ジーマン・チェ:1B
『ルール5ドラフト』でSEA→LAA。韓国出身のヒッティングプロスペクト。アプローチのよいミドルヒッターも故障の多さがネック。マイナーでは通算335試合出場して打率.302、出塁率.404、本塁打35。マイナーでは本職の1Bの他にLFでの出場もあり。 

12. ケイレブ・カワート:3B
2010年ドラフト全体18位。2年のスランプを経て今季は2A&3Aで打率.285、本塁打8、OPS.805と復活。メジャーデビューも果たした。ヒット&パワーツールは20-80スケールで40にとどまるが、強肩を生かした3B守備はプラス評価。ジャック・ハナハン(元CIN)と比較される。

13. ジェット・バンディ:C
ドラフト31巡目指名ながらマイナーで毎年安定した成績を積み重ね、今年はメジャーデビューも果たした。マイナー通算盗塁阻止率33%の肩、安定したブロッキング&レシービングと総合力は高い。打撃ではパンチ力を秘めており3Aで打率.291、本塁打11。 

14. ジェレミー・ローズ:RHP
90マイル前半のストレート&プラスのスライダー。1Aでは87回/防御率2.69もA+昇格後は50.2回/防御率8.35と歯が立たなかった。力の入ったフォームのためスタミナ面に不安があり、またチェンジアップ&コマンドのクオリティが平凡なことからリリーフ向きか。

15. ブレンドン・サンガー:OF
素晴らしい選球眼の持ち主で、Rでは60試合で45四球を選んだ。ボールに逆らわず広角に打ち分けるバッティングスタイルで、残したスラッシュラインは.300/.420/.456。守備ではRFを守るには肩が弱く、CFを守るにはスピードが足らないため、LFが適任か。

16. カイル・サーバンス:OF
大学3年間で通算82盗塁を記録したプラスのスピードが最大の武器。パワーレスながらRでは29試合で17盗塁&打率.363。大学ではLF/RFも、プロでは俊足を買われCFにコンバート。打球判断やルート取りなど改善が必要とされるが、上手く適応できれば理想の4番手外野手に育つだろう。 

17. カイル・マゴウィン:RHP
ソリッドなスリーピッチをゾーンに集める。90-93マイルのストレート&平均レベルのスライダー&チェンジアップ。ツーシームを有効に織り交ぜゴロを打たせるクレバーさも披露。154イニングを投げ、肘のコンディションの不安を払拭。 

18. ケイレブ・アダムス:OF
オフェンスの評価が高い外野手。5-10と体格には恵まれていが、コンパクトで力強いスイングからギャップを破るバッティング。A&A+では打率.298、本塁打7、OPS.828。三振率28%と打席でのアプローチを学んでいく必要がある。守備走塁は平均的。

19. エドゥアルド・パレイデス:RHP
20歳にして1A&A+で48試合リリーフして防御率2.44、K/9=11.7、BB/9=1.6と支配的な投球。97マイルのツーシーム&95マイルのシンカーのコンビネーションで積極的に攻める。カーブが不安定なため、低めのシンカーを決め球として使っている。

20. オースティン・ロービショウ:RHP
14年ドラフト18巡目。ボールは平凡も全体的にまとまっているローテーション下位タイプ。 90マイル前半のシンカーを軸にカーブ&チェンジアップを有効に織り交ぜる。1Aでは28先発して防御率3.74。耐久性に不安があり、将来的にはブルペンに回ることになるかもしれない。

Plus One Prospect
デビッド・フレッチャー:SS 
そつのないカレッジ出身プレーヤー。安定したコンタクト能力とアプローチに支えられたバッティングでR&1Aでは69試合出場して打率.311、22K/28BB。決して足が速いわけではないが限られた試合数で17盗塁を決めた。守備は堅実も、肩の弱さから2B向きとも。

 

 Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/hV983