Tag Archives: ノア・シンダーガード

2017 Team Preview:ニューヨーク・メッツ

20697486276_87391afa84_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

 

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

 本拠地:シティー・フィールド

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml20/

 

広さ
レフト 102.1m
センター 124.4m
ライト 100.6m
フェンス高さ 2.4m
パークファクター平均*100
安打 88.7
ツーベース 83.8
スリーベース 45.5
HR 109.0
得点 98.8

 

・予想オーダー

 

1. ホセ・レイエス:3B

オールスタ−4度、通算488盗塁の俊足スイッチヒッターも、33歳になり全盛期のスピードやパワーはなくなった。それでも昨季は慣れ親しんだ古巣NYMに復帰するとまだまだ戦力になれることを示した。開幕はデビット・ライトの故障で空いた3Bのポジションで。

 

2. カーティス・グランダーソン:CF

昨季は30HRを記録したものの、打点が59止まり。30HRを放った選手の中でMLB史上最も少ない打点という不名誉な記録を、ジェド・ジョーコ(STL)とともに達成した。昨季.152だった得点圏での打率の向上に期待。

 

3. ヨエニス・セスペデス:LF

オフにFAとなるも4年1億1000万ドルの大型契約で再契約したキューバ出身の主砲。MLBデビューから5年連続20HR以上、特にここ2年はOPS.870&31HR以上と安定した活躍が期待できる点も魅力。球界屈指の強肩で守備でも魅せる。WBC終了後には元同僚イアン・キンズラー(DET)のアメリカとラテンの試合中の感情表現についての意見に反論し話題になった。

 

4. ジェイ・ブルース:RF

昨季途中にCINから移籍。移籍前は97試合でOPS.875&25HR&80打点で打点王と、自己最高ペースの好成績を残していたものの、移籍後は嘘のように不振に。50試合でOPS.685&8HR&19打点とチームに勢いをつける補強のはずが逆に足を引っ張ってしまった。打撃では左投手が苦手で、守備でもあまり貢献できないが、4番の働きができるか。

 

5. ニール・ウォーカー:2B

FAとなるもクオリファイング・オファーを受け入れ1年1720万ドルで残留。OPS.823&23HRと好成績。スイッチヒッターで右打席の方が好成績だが左打席でも十分な成績を残す。怪我さえなければ安定した成績を残せる好選手。

 

6. アズドルバル・カブレラ:SS

二遊間を組む5番のウォーカーと同じくスイッチヒッターのベネズエラ出身SS。昨季はNYM1年目だったが自己最高クラスの打撃成績を残した。左右どちらも苦にはしないが、左打席はパワー、右打席は確実性を重視したスタイル。

 

7. ルーカス・デューダ:1B

パワーと、打率より1割ほど高い数値を記録する出塁率が売りの長距離砲。昨季は怪我に苦しみ満足にプレーできなかった。ドラフト時からNYM一筋。怪我に気をつけ、ホームランの量産を求められる。

 

8. トラビス・ダーノー:C

正捕手の素質は十分ながら、正捕手の座を掴みかけるたびに故障に邪魔される。MLBで4年を過ごすがフルシーズンで出場したことはない。もう28歳と若くはなく、そろそろ1年健康に出場して実力があることを示したい。ルックスも性格も良く、信頼される選手であるという点では、同じく常に故障に悩むNYMの顔デビット・ライトと被る。

 

9. 投手

 

2016 NLWC Review

29544375143_251de4e62a_z

 

 

 

 

 

 

 

現地時間105日。アメリカンリーグに続いてナショナルリーグでもプレーオフの幕が開けた。ナ・リーグワイルドカードゲームの対戦カードはニューヨーク・メッツ対サンフランシスコ・ジャイアンツだ。シーズン最終盤まで繰り広げられた三つ巴のワイルドカード争いを制した2チームによるディビジョンシリーズを賭けた一戦であるため熱戦が予想された。それでは試合を振り返る前にメッツとジャイアンツがどのようなチームであったかをおさらいしておきたい。

 

  • ニューヨーク・メッツ

メッツの強みは投手陣にあると言えるだろう。先発陣、救援陣ともにリーグ3位のチーム防御率を記録(それぞれ3.613.53)。先発陣に関しては開幕当初にローテーションの柱として期待されたマット・ハービー、ジェイコブ・デグロムをはじめとしてスティーブン・マッツ、ザック・ウィーラーが離脱したもののマイナーから昇格してきたセス・ルーゴ(8先発で防御率2.68)、ロバート・グセルマン(7先発で防御率2.63)といった新人の奮闘やバートロ・コローン、ノア・シンダーガードが昨年以上の活躍を見せ高い水準を維持していた。

リリーフ陣はジェリース・ファミリアが51セーブ(セーブ成功率91.1)と守護神の役割を果たすと、アディソン・リードは80試合で防御率1.97、フェルナンド・サラスは移籍後17試合で2.08、他にも左殺しのジェリー・ブレビンスやハンセル・ロブレスらを揃え強力なリリーフ陣を形成していた。

野手陣はホームラン数がリーグ2位でヨエニス・セスペデスとカーティス・グランダーソンが30本塁打に到達したが、盗塁数42は同14位で機動力は使えず、出塁率.316は同12位、671得点は同11位と粗い打線であったことは否めない。

また、野手陣にも怪我人が続出した。正二塁手として23本塁打を放ったニール・ウォーカーのみならずデビッド・ライト、ルーカス・デューダ、トラビス・ダーノウ、ウィルマー・フローレスらが離脱。彼らはワイルドカードゲームの舞台に立つことができなかった。その上、今季途中に移籍してきたジェイ・ブルースはメッツ移籍後に極度の不振に陥った。T.J.とレネの2人のリベラやホセ・レイエスらが代役として奮闘したものの戦力ダウンとなってしまったのは仕方のないことだろう。

 

  • サンフランシスコ・ジャイアンツ

ジャイアンツの最大の強みは何といってもポストシーズンでの経験値の豊富さだ。レギュラーシーズンで好成績を残していてもポストシーズンでは力を発揮できないというのは決して珍しいことではない。メッツは昨シーズンのリーグ覇者とはいえ経験値の面では過去6年でワールドチャンピオン3回のジャイアンツに軍配が上がるだろう。

特にエースのマディソン・バムガーナーは2年前のワイルドカードゲームにおいて敵地で4安打完封勝利を挙げており今回もその再現が期待された。野手陣に目を向けても過去3度のポストシーズンで全試合スタメンマスクをかぶっているチームリーダーのバスター・ポージー、2年前のワイルドカードゲームで先制のグランドスラムを放っているブランドン・クロフォードら経験豊富な選手が多い。

また、ジャイアンツはチーム防御率がリーグ4位とメッツ投手陣にも引けを取らない成績を残している。先発陣は先ほど述べたバムガーナー、昨シーズン、カンザスシティ・ロイヤルズで世界一を経験し、自身もワールドシリーズで完投勝利を挙げたジョニー・クエト、ジェフ・サマージャの三本柱は強力だ。救援陣は、レギュラーシーズンでは9度のセーブ失敗を数え不安定だったもののポストシーズン通算防御率0.95とポストシーズンで抜群の安定感を見せるサンティアゴ・カシーヤをはじめセルジオ・ロモや左殺しのハビアー・ロペス、ハンター・ストリックランド、新人のデレク・ロウ、ジャイアンツ移籍後に防御率2.95と好投を見せるウィル・スミスとこちらも役者は揃っている。

打線はブランドン・ベルトがキャリアハイとなる成績を残すとクロフォードはナリーグのショートとして2位となる打点84を挙げ、ポージーはOPS.796を記録したが、長打率リーグ10位と迫力に欠ける。得点力は決して突出しているとは言えないが、出塁率.329はリーグ4位と打線はつながりメッツよりも多くの得点を記録した。

 

Weekly Report:Week-5

16438046603_bb18a74c65_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-5のキーワードは「ホセ・ベリオス」「バートロ・コローン」「シカゴ」だ。

 

  • ホセ・べリオス

界を代表するトップ・プロスペクトがまたスター街道を歩み始めたのかもしれない。

米国時間5月2日、ミネソタ・ツインズのルーキーであるホセ・ベリオスがキャリア初勝利を挙げた。
この日、敵地でのヒューストン・アストロズ戦に登板したベリオスは、2回にプレストン・タッカーに一発を浴び先制されると、続く3回も2四球で一死一・二塁のピンチを招く。しかしここはエバン・ギャティスをダブルプレーに打ち取り切り抜けることに成功。

するとこの粘りのピッチングに打線が応えて3点を取り逆転に成功する。この日のベリオスは2被本塁打、5四球と不安定さをのぞかせるものの毎回の8奪三振(うち7つが空振り三振)を奪うなど5.1回2失点と粘りのピッチングを見せ中継ぎにバトンタッチ。その後、中継ぎ陣は零封リレーでツインズは6-2で勝利。ベリオスは見事に初勝利を挙げたのだった。昨シーズンのサイヤング賞投手であるダラス・カイケルに投げ勝ったことは彼にとっても大きな自信となったことだろう。

 

 

ここで彼の経歴を振り返っていきたい。彼は1994年生まれの21歳(5月27日に誕生日を迎え22歳に)。2012年のドラフトでプエルトリコ出身の投手としては史上最高となる1巡目、全体32位でツインズに入団。13年の第3回WBCではチーム最年少でプエルトリコ代表入り。また14、15年と2年連続でフューチャーズゲームのスターターを務めあげ、マイナーで2年連続2桁勝利、防御率2点台の好成績を残すなど輝かしい実績を残してきた。今シーズンは新人王候補に挙げられるも、デビュー戦のクリーブランド・インディアンズ戦は4回5失点で敗戦。今回、見事に前回登板の雪辱を果たす勝利となったわけだ。

彼は常時90マイル半ばを計測するフォーシーム、カーブ、チェンジアップのコンビネーションで打者を抑える術を心得ている。そして2年連続でBB/9が2.5を切るなど本来は非常に優れたコントロールも兼ね備えている。

昨年、地区2位と健闘し、今季の躍進が期待されるも5月8日現在で地区最下位に沈むツインズ。そんなチームを救うには、この男のさらなる成長が不可欠だ。