Tag Archives: ノマー・マザーラ

2018 Team Preview :テキサス・レンジャース

471782819_1241ec127d_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本拠地:グローブライフパークインアーリントン

 

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml01/

 

広さ
レフト 101.2m
センター 121.9m
ライト 99.1m
フェンス高さ

2.4~4.3m

パークファクター *平均100
安打 110.0
ツーベース 105.2
スリーベース 181.3
HR 104.9
得点 115.6

 

1, デライノ・デシールズ(CF)

高い走力を武器に昨シーズンも29盗塁を記録。16年は打率.209、OPS=.588と大不振に苦しんだが、昨シーズンは打率.269、OPS=.714と復活を果たした。俊足を活かしたセンター守備でも高い評価を得ており、打撃で更に成長し、1番に定着したい。

2, エルビス・アンドルス(SS)

昨シーズン長打力が大幅開花し、デビューから8年間で35本塁打しか放っていなかったが、昨シーズンだけで20本塁打を放った。打点、OPSなどでも自己ベストを更新し、キャリア最高のシーズンとなった。9年連続で20盗塁をクリアしている俊足も相変わらずで今シーズンも主軸として期待。

3, ノマー・マザーラ(RF)

メジャーデビューから2年連続で20本塁打、昨シーズンは100打点もクリアするなど成長を続けている22歳。スピードが皆無で守備の評価が低いことや左投手を大の苦手としているなど課題ははっきりしているが、まだまだ若く改善に期待したい。

4, エイドリアン・ベルトレ(3B)

4月で39歳を迎える大ベテラン。しかし衰えはまだまだ見えず、故障こそあったが昨シーズンも打率3割をクリア、OPSも.915と一流であり続けている。3000本安打も達成するなど将来の殿堂入りの可能性は非常に高い。

5, ジョーイ・ギャロ(1B)

遂にベールを脱いだパワーモンスター。三振の多さも評判通りで、昨シーズンの196三振はアーロン・ジャッジ(NYY)の208三振に次いでメジャー2位の多さ。今後も昨シーズンのような成績を残し続け、アダム・ダンのようなキャリアを送っていくだろう。

6, 秋信守(DH)

故障に苦しんだ16年から復活し、149試合に出場。22本塁打に、13年以来となる二桁盗塁を記録するなどまだまだやれることを証明した。35歳を迎えたベテランだが、選球眼の良さパンチ力などに衰えは見えず、今シーズンも一定の成績は期待できる。一方で守備は心配な点だらけで主にDHとしての起用となるだろう。

7, ルーグネット・オドーア(2B)

今シーズンでメジャー5年目を迎えるがまだ24歳と非常に若い。昨シーズンは2年連続となる30本塁打越えを果たしたが、低打率&選球眼の無さから出塁率はわずか.252と苦しみ、OPSも.649とレギュラー失格クラス。今シーズンはその粗っぽい打撃を少しでも改善させたい。

8, ロビンソン・チリーノス(C)

年々打撃成績を伸ばしている捕手。昨シーズンはわずか88試合の出場ながら17本塁打、打率.255に対し、出塁率.360と選球眼の良さも見せた。盗塁阻止率は25%と高くはないが14年には40%を記録しており、今シーズンは数字の向上に期待したい。

9, ライアン・ルア(LF)

ブレイクした16年から一転、昨シーズンは打撃成績を大きく落とし、レギュラー獲得には至らなかった。今シーズンも主にバックアップとしての起用が予想されるが少ないチャンスを活かしてレギュラー獲得に近づきたい。マイナーでは30本塁打越えを記録した事があるなどパンチ力はある。

MLBオールスター大予想。FEDライターが決める球界のスターは誰?

253114254_5443b0f88c_z

 

 

 

 

 

 

 

現地時間7月12日、メジャーリーグで活躍する選ばれたスターたちが集結する祭典が行われる。「All Star Game」と題されるその試合は、野球選手にとって特別な舞台であり、そこへ選出されることは大きな意味を持ち合わせているのだ。

我らがFar East Divisionでは、「そのお祭りに選ばれるべき『球界を代表するスター』は誰なのか?という疑問に対し、アメリカン・リーグ8名、ナショナル・リーグ9名のライターにアンケートを実施。「FEDが決めるオールスター」を決定した。

 

  • アメリカン・リーグ

 

今回の企画で両リーグ通じて最多の8票を集めたのは、マニー・マチャド(BAL)。今シーズンは昨シーズンを上回るペースである好調な打撃に加え、3B/SSの2つのポジションを守っていることから、3Bとして6票、SSとしても2票が入ったことが多くの得票を集めた理由となった。

そのマチャドが選ばれた3Bでは他には今シーズン打撃が開花したニック・カステヤノス(DET)、レイズの主砲エバン・ロンゴリア(TB)がそれぞれ1票を集めた。

SSでは8票のうち2票はマチャドだったが、残りの6票は全てザンダー・ボガーツ(BOS)に集まった。首位打者を争うほどのハイアベレージを残し、強力レッドソックス打線を引っ張る23歳はオールスターに相応しい選手だろう。

この他に1人が多くの支持を集めたポジションは、Cだ。昨シーズンのワールドチャンピオン、ロイヤルズの正捕手サルバドール・ペレス(KC)が7票を獲得。マット・ウィータース(BAL)に1票入った以外は全員がペレスを支持する結果となった。

1Bではミゲル・カブレラ(DET)とエリック・ホズマー(KC)、2Bではロビンソン・カノー(SEA)とホセ・アルトゥーベと、どちらも実力者同士の一騎打ちとなったが、それぞれ1Bはカブレラ(DET)、2Bはカノー(SEA)が選ばれた。

ア・リーグで混戦を極めたのがOFの外野3枠の争いだ。4年連続オールスターに出場し、今シーズンも安定してハイレベルな成績を残すマイク・トラウト(LAA)が7票を獲得して1枠は決まったものの、残り2枠を巡って3人が5票で並ぶ波乱の結果となった。

その3人のうち2人はレッドソックス所属で、切り込み隊長ムーキー・ベッツ(BOS)と、課題の打撃が急成長し29試合連続安打など印象にも残ったジャッキー・ブラッドリーJr(BOS)。もう1人は開幕から好調をキープし、キャリアハイペースでホームランを量産し続けているマーク・トランボ(BAL)だった。

他には遂に打撃覚醒の兆しを見せるマイケル・ソーンダース(TOR)や、西地区首位を独走するレンジャーズで躍動するルーキーのノマー・マザーラ(TEX)などが少ないながらも票を集めた。

DH制のあるア・リーグ。言わずもがな、ラストイヤーとなるビッグ・パピことデビット・オルティズ(BOS)が選ばれた。もちろん人気や最後だからという理由だけで選ばれているわけではなく、今季で引退する40歳とは思えない程の成績を残している。ビクター・マルティネス(DET)にも票が入ったが、今シーズンはオルティズで文句はないだろう。

 

Weekly Report:Week-7

2485715670_62ebf86069_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-6のキーワードは「逆転サヨナラ満塁本塁打」「ジャイアンツ」「リンスカム」だ。

 

  • 逆転サヨナラ満塁本塁打

野球の醍醐味はなんといっても一発逆転を決める本塁打だろう。それが満塁本塁打ならなおよく、さらにそれがサヨナラを決める本塁打ならこれ以上のものはない。

この逆転サヨナラ満塁本塁打が、米国時間の5月17日、テキサス・レンジャーズ対オークランド・アスレチックスの試合で飛び出た。

この日のレンジャーズの先発はエースのコール・ハメルズだったが、コントロールがなかなか定まらず2回には、ダニー・バレンシア、クリス・デービスに2者連続本塁打を喫してしまう。味方が4回にノマー・マザーラ、エイドリアン・ベルトレーの2者連続本塁打を含む3点を取るが、6回には再びクリス・デービスにこの日2本目となる本塁打を打たれ同点にされてしまう。

さらには7回にピンチを招くとバレンシアにあっさりとタイムリーを打たれアスレチックスに勝ち越しを許した。試合は9回の表2アウトまで動きのないまま進み、これで勝負あったかと思われたが、ルーネッド・オドアーがヒットで出塁すると、続くイアン・デズモンドが本塁打を放ち一気に形勢逆転。これまでセーブ失敗0個だったアスレチックスのクローザー、ライアン・マドソンに今シーズン初のセーブ失敗をつけ試合は9回の裏へともつれ込んだ。

9回裏のマウンドを任されたのは、レンジャーズのクローザー、ショーン・トールソン。しかし、このトールソンも直近5試合のうち3試合で失点しており安心して見ていられるというわけではなかった。案の定、先頭のスティーブン・ボートに内野安打を打たれると、続くココ・クリスプには二塁打を打たれ無死2、3塁と大ピンチを迎える。ビリー・バーンズをポップフライに打ち取った後、ジョシュ・レディックは敬遠で歩かせ1死満塁。この日、本塁打を打っているバレンシアを迎えるがここもポップフライで切り抜け何とか2アウトまでこぎつける。

9回裏2アウト1点差、満塁の場面で打席に入ったのはデービス、この日2本塁打と絶好調だったが、あっさりと追い込まれる。万事休すかと思われたが、カウント2-2からトールソンが投じた93マイルのストレートをデービスが振りぬくと、打球はぐんぐん伸びていきレフトスタンド中段に飛び込む逆転サヨナラ満塁本塁打となった。

 

 

デービスはこの試合、1試合3本塁打、満塁本塁打、サヨナラ本塁打と3つのキャリア初をマーク。ダイヤモンドを1周してホームへ帰る直前にヘルメットをバスケットボールに見立てシュートを打つというセレブレーションも披露した。

1試合3本塁打とサヨナラ満塁本塁打を同じ試合でマークしたのは長いMLBの歴史でもデービスが2人目。デービスの試合終了後のインタビュー中にくらったパイの味は何とも甘美なものだっただろう。