Tag Archives: ハイメ・ガルシア

2018 Team Preview:トロント・ブルージェイズ

tor

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

  • 本拠地:ロジャース・センター

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml19/

 

広さ
レフト 100.0m
センター 121.9m
ライト 100.0m
フェンス高さ 3.0m
パークファクター平均*100
安打 97.4
ツーベース 107.5
スリーベース 93.7
HR 92.3
得点 94.6

 

  • 予想オーダー

1.デボン・トラビス:2B

デビューイヤーから2年連続打率.300を記録するも、17年はキャリアワーストの185打数、打率.259。2B通算DRS=6、UZR=5.4と守備は良いが、GMはそもそも守備指標に懐疑的。18年も離脱が長ければ、新加入のヤンガービス・ソラーテに2Bの座を奪われるかもしれない。

2.ジョシュ・ドナルドソン:3B

4年連続となるAS選出は逃したものの、3年連続30本塁打、OPS+=140を記録した。通算BB/K=0.63とアプローチに定評があり、3B通算DRS=52、UZR=43.2と守備も良い。ただし17年はUZR=-0.9を記録。年俸23MでFA間近のドナルドソンの去就は気になるところだ。

3.ジャスティン・スモーク:1B

17年は打率.270/OPS.883/38(対左7本)本塁打のキャリアハイでAS初出場を果たした。左投手を苦手としていたが、17年は左投手からも打つことが出来た。プルヒッターでありフライボールヒッター。積極的アプローチだが、通算打率.232/.出塁率.317と四球は平均以上に選べている。スティーブ・ピアースと1Bの座を争う。

4.カーティス・グランダーソン:LF

予想オーダー唯一の左打者。37歳とピークは過ぎているものの、17年はメッツで19本、ドジャースで7本の本塁打を放ち、4年連続20本塁打を継続させると共に、通算300本塁打を達成した。極端に慎重なアプローチでハードコンタクトの多いバッター。左打者が不足していることもあって、一定の出場機会が得られるため5年連続20本塁打に期待したい。

5.ケンドリス・モラレス:DH

スモークと同じくスイッチヒッターで、左投手を苦手としていない。17年はOPS+=94だった一方で28本塁打を記録。しかし、エドウィン・エンカーナシオンの穴を埋めたとは言えず、再び30本塁打の大台に乗せたい。BB%が低下する一方でK%が増加しているのは気がかり。

6.トロイ・トゥロウィツキ:SS

故障が多いSSで、18年は既に4月末まで離脱することが決まっている。17年はSS守備でDRS=0、UZR/150=-2.4と、移籍後振るわない打撃成績だけでなく、守備成績でも陰りが見えた。故障さえしなければ好成績を収められる選手だっただけに、復帰後は好成績を収めたい。契約は最短でも35歳となる20年(20→20→14→15*)まで続くことになっている。

7.ランダル・グリチック:RF

17年のオフにカージナルスからトレードで加入した。パワーはメジャー平均を上回るものの、アプローチに難があり、通算BB/K=0.20。プルヒッターであり打球の約半数が左方向(右打者)。パワーポテンシャルを活かしきれていないだけに、新天地でグレードアップを狙いたい。OFでは3ポジション共にDRSとUZRは+を記録している。

8.ラッセル・マーティン:C

通算BB/K=0.66のアプローチと強肩、フレーミングに定評のあるキャッチャー。近年は盗塁阻止率やフレーミングが低下して評価を落としている。13年には、当時まだメジャーリーグで脚光を浴びていなかったフレーミング技術をパイレーツに高く評価された。

9.ケビン・ピラー:CF

球界を代表するディフェンダーの1人であり、15年にはウィルソン Def PlayerのCFに選出。通算DRS=52、UZR=41.8を記録。一方で通算BB/K=0.28、OPS+=85とバッティングは下位打線向きの成績。通算55盗塁19盗塁死とスピードは攻守で活かされている。18年はヤンキース戦にて二盗、三盗、本盗を連続で決めてみせた。

 

アトランタ・ブレーブスの中間報告 /2017 Team Interim Report

34066540091_aca5c3da1f_z

 

 

 

 

 

 

 

MLBが開幕してから早くも3か月が経とうとしている。シーズンも折り返しが見えてきた中での今回の企画は、FEDライター達による注目球団の中間報告だ。今回はアトランタ・ブレーブス。新球場で盛り上がるアトランタの現状を見ていこう。

 

  • 新球場と共に迎える新たなシーズン。新生アトランタ・ブレーブス。

2017年はブレーブスにとって特別なシーズンとなる。1997年から使用してきたターナーフィールドを離れ、新球場となるサントラストパークが完成し、今シーズンから本拠地を移したのである。ここでサントラストパークについて簡単に記載しておく。大きさはターナーフィールドと比べ大差はないが、右中間が若干小さくなっている(119→114m)。これにより、右方向への本塁打の増加が予想される。話を戻すが、ブレーブスは新球場初年度ということでオフには積極的な動きを見せた。課題であった先発投手にはベテランのバートロ・コロン、R.A.ディッキー、更にこちらも実績十分のハイメ・ガルシアを加え、手薄な捕手にはカート・スズキ、さらにはレッズからブランドン・フィリップスを獲得するなど勝負の姿勢を見せた。 

 

ここからは開幕後に話を移すが、6月24日現在、35勝38敗で同地区の他チームの不調も重なり2位と奮闘している。しかし、まだまだ課題は多く苦しいシーズンとなりそうだ。ここからはいくつかのテーマに分け今シーズンのブレーブスを分析していく。 

2017 Team Preview:アトランタ・ブレーブス

27167903754_776a4abdf0_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す 

  •  本拠地:サントラスト・パーク
※サントラスト・パークは新球場につきデータなし
他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml28/

 

予想オーダー

1. エンダー・インシアーテ:CF
美技連発の外野守備が魅力で、ここ3シーズンで残したDRS+64は、外野手の中ではケビン・キアマイアー(TB)、ジェーソン・ヘイワード(CHC)に次ぐメジャー第3位。打撃面でもキャリアハイとなる出塁率.351&四球率7.8%をマークし、リードオフマンとしての役割を十分に果たした。オフには5年+オプション1年の契約延長を結んだ。

2. ブランドン・フィリップス:2B
 今オフに11シーズン在籍したレッズからトレードで加入。オールスター選出3度&ゴールドグラブ受賞4度の輝かしい実績を誇るベテラン。昨季はここ4シーズンでベストとなるOPS.736をマークしたが、DRSはキャリアワーストタイとなる-7に落ち込むなど自慢の二塁守備には陰りが見えている。有望株のダンズビー・スワンソン&オジー・アルビースの教育係としても期待されている。

3. フレディ・フリーマン:1B
ブレーブスの看板選手。昨季は両リーグ5位となるOPS.968、キャリアハイとなる34本塁打&四球率12.8%をマークするなど自己最高のシーズンを送った。また、球界屈指のクラッチヒッターとしても知られており、通算で得点圏に走者を置いた場面では、打率.308&OPS.941を誇る。今年3月に行われたWBCではカナダ代表の一員としてプレーした。

4. マット・ケンプ:LF
11年にはMVP得票で2位に食い込んだこともあるドジャースの元看板選手。度重なる故障により過去にゴールドグラブ2度&シーズン30盗塁以上3度の守備走塁は大幅に劣化したが、昨季は35本塁打&108打点をマークするなど打撃力は健在。また、リーグ最多の12犠飛を放つなど勝負強さも備える。スーツをこよなく愛すナイスガイ。

5. ニック・マーケイキス:RF
ほぼ毎年安定して「打率.280~.295前後&10~15本塁打」をクリアしているソリッド・パフォーマー。キャリア11シーズンで155試合以上出場したシーズンが9度あるなど故障にも強い。外野守備ではゴールドグラブを2度受賞しており、強肩を武器に現役選手3位タイの102補殺をマークしている。ここ数年は守備指標が落ち込んでいたが、昨季のDRS+10はここ8シーズンではベスト。

6. ダンズビー・スワンソン:SS
「次代のデレク・ジーター(元NYY)」の異名を持つスター候補。15年のドラフトでダイアモンドバックスから全体1位指名を受けたが、その半年後にシェルビー・ミラーをメインパッケージとしたトレードでブレーブスへ放出された。昨季はメジャーデビューも果たし、38試合で打率.302&3本塁打&OPS.803をマークし、今季は新人王候補の1人に挙げられている。「ダンズビー」は母親の旧姓。

7. アドニス・ガルシア:3B
メジャー通算で四球率3.8%と極端なフリースインガーだが、2年連続で「打率.270&二桁本塁打」をクリアするなど打撃のポテンシャルは高い。特に、昨季はオールスター以降に打率.249→.293、OPS.636→.789と成績を上げており、今季は開幕から打ちまくってほしいところ。弟のアドリスは昨季読売ジャイアンツでプレーした後、今年2月に契約金250万ドルでカージナルスと契約を結んだ。

8. タイラー・フラワーズ:C
昨季はドラフト指名を受けたアトランタに復帰。三振の多さは相変わらずだが、自己最高となる打率.270&OPS.777をマークするなどプチブレーク。しかし、守備面では盗塁阻止率4.8%&DRS-12と動きの鈍さを露呈してしまった。今季はベテランのカート・スズキと正捕手争いを演じることになる。 

9. 投