Tag Archives: ハウィ・ケンドリック

Weekly Report: Week11

40918174454_95225b3f79_z

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。weekly-11のキーワードは「ブレイク選手」「マックス・シャーザー」「アンドリュー・ヒーニー」だ。

 

・ブレイク選手

年までは燻っていた二人の男が、今年は快進撃を続けている。昨年の12月にブレーブスはマット・ケンプをドジャースへ、ドジャースはエイドリアン・ゴンザレスを含む4選手をブレーブスへと放出する大型トレードが成立した。一見これは不良債権同士のトレードかと思われた。ケンプには2年で4300万ドルの契約が残っていた。彼は昨年.276/.318/.463と打撃ではまずまずの貢献を見せたが、守備面では難があり、トレード後にはDFAされるのではないかとまで言われていた。しかし、彼は大方の予想に反した活躍を見せる。古巣に復帰した彼はスプリングトレーニングでチームトップタイとなる5HRを放ち、開幕スタメンに抜擢される。その後も順調に打ち続け、6/11時点では.338/.368/.564と持ち前の打撃を存分に発揮し、ドジャース打線の中核を担っている。また、先日発表されたオールスターゲームの中間発表では外野手部門で3位につけており、選出されれば2012年以来の出場となる。今後も「バイソン」ことマット・ケンプから目が離せない。

 もう一人はシンシナティ・レッズの二塁手スクーター・ジェネットだ。2017年にウェイバーを経てブリュワーズから移籍した彼は、昨季1試合に4本塁打を打つなど活躍し.295/.342/.531という成績だった。今年はその勢いをさらに増し、ここまでで.339/.376/.551という成績を残している。ブリュワーズ時代と比べて特に変わったのはHRの増加である。移籍前はHR/FB(フライ中に占めるHRの割合)は8.5%だったのに対し、移籍後は19.4%と大きく増加しており、FB/GB(ゴロに対するフライの割合)も、移籍前76.2%→移籍後90.9%とフライの本数も増加している。これは彼が強い打球を打てるようになったことを示しているのかもしれない。しかし、運や相手の守備に影響されるといわれているBABIP(インプレーの打球がヒットになった割合)はキャリア通算が.334なのに対し、今シーズンはここまで.390であり、彼はここから調子を落とす可能性がある。もし今シーズン終了までこの調子を維持できれば、シルバースラッガー賞、果てはMVPまで見えてくる。今後の彼のさらなる活躍に期待したい。

2017 Team Preview:フィラデルフィア・フィリーズ

29826809241_fd2c713837_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

  •  本拠地:シチズンズ・バンク・パーク
他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml29/

 

広さ
レフト 100.3m
センター 122.2m
ライト 100.6m
フェンス高さ

1.8~4.3m 

パークファクター *平均100
安打 92.4
ツーベース 82.1
スリーベース 66.7
HR 114.0
得点 103.8

 

  • 予想オーダー

1. セーザー・ヘルナンデス:2B
「パワーレスでレギュラー向きではない」という評価を覆す素晴らしい活躍。155試合に出場し、打率.294&6本塁打&17盗塁&出塁率.371をマーク。fWAR4.4はリーグの二塁手ではダニエル・マーフィー(WSH)、ジーン・セグラ(現SEA)に次ぐ3位だった。俊足を生かした攻守が武器で、リーグ最多の11三塁打を放っている。

2. フレディ・ギャルビス:SS
レギュラー起用2年目のシーズンは、打率こそ落としたものの20本塁打を放つなど長打力が開眼。アクロバティックな遊撃守備でもリーグ1位の守備率.987と安定感が増したことで、守備指標もDRS+5&UZR+15.1と劇的に向上した。一方で選球眼には課題を残しており、出塁率.274は規定打席到達者では両リーグワーストだった。

3. オドゥベル・ヘレーラ:CF
メキメキと力をつけ続けているチームの顔。俊足、巧打、堅守と3拍子揃っている外野手。メジャー2年目となった昨季は、本塁打(8→15)&盗塁(16→25)&四球率(5.2%→9.6%)を向上させスケールアップ。オフには5年3050万ドル+2年オプションの契約延長を行い、再建の柱として期待されている。

4. マイケル・ソーンダース:RF
昨季は前半81試合でOPS.923&16本塁打と最高のスタートを切ると、最終投票で滑り込み、自身初となるオールスター選出を果たした。ところが後半戦は打率.178&OPS.638と失速。オフにFAとなったがなかなか新天地が決まらず、結局1年900万ドルでフィリーズと契約した。15年に左膝を故障した影響か1盗塁&DRS-11と守備走塁の評価は下降気味。

5. マイケル・フランコ:3B
スプリングトレーニングでは本塁打&打点の二冠に輝いたが、シーズンではもう1つ輝けず。自慢のパワーを武器にチームトップとなる25本塁打&88打点をマークしたが、打率&出塁率&長打率は前年を下回ってしまった。一方、課題の三塁守備では依然として平均以下ながら守備率&DRS&UZRいずれもやや改善が見られた。

6. トミー・ジョセフ:1B
元々はハンター・ペンス(現SF)とのトレードでジャイアンツからやって来た選手。フリースインガーながらズバ抜けたパワーを備えており、昨季は新人ながら21本塁打&OPS.813をマーク。チームの看板選手であったライアン・ハワードに引導を渡した。 元々は捕手としてプレーしており、12年には2Aで盗塁阻止率40%を記録している。

7. ハウィ・ケンドリック:LF
トレードでドジャースから新加入。流し打ちの名手として知られる巧打者で、打率.290以上のシーズンは7度を数える。昨季はメジャー11年目にしてキャリアワーストとなる打率.255&OPS.691に落ち込み、バックアップに回る機会が増えた。今季は本職の二塁ではなくレフトでの起用が見込まれているが、若手のアーロン・アルテールやロマン・クインなどライバルは多い。 

8. キャメロン・ラップ:C
昨季は16本塁打&OPS.750をマークし正捕手に定着。チームの功労者であるカルロス・ルイーズ(現SEA)を追いやった。一方守備では強肩をウリにしているが、盗塁阻止率27.4%&DRS-5と奮わなかった。父はエクスポズ傘下でプレーした元マイナー投手。傘下にはWBCコロンビア代表の4番を務めたホルヘ・アルファロが今季中にも昇格すると見られており、競争が予想される。

 9. 投

 

ハウィー・ケンドリックがフィリーズへトレード

17334508213_c9ca345539_z

 

 

 

 

 

 

 

現地時間11月11日、ロサンゼルス・ドジャースのハウィー・ケンドリックがフィリーズへトレードされた。見返りとしてフィリーズは、一塁手のダーリン・ラフとユーティリティ・プレイヤーであるダーネル・スウィーニーを放出した。

 

ケンドリックはドジャース移籍後、エンジェルス時代から守ってきた本職の二塁手だけでなく、 左翼手にも挑戦し、またプレー経験のある一塁手と三塁手もこなした。123試合の先発出場のうち、左翼手として最も多い79試合に出場し、二塁手として23試合、三塁手として14試合、そして一塁手としては7試合に出場し、エラーはわずか5つと安定した守備を見せた。

打撃面においては、今シーズン146試合の出場で、打率.255、124安打、8本塁打、40打点、10盗塁(チームトップ)、OPS.691という成績を残している。 また、ナショナル・リーグのタイ記録である1試合4安打を5度記録している。

 

 

フィリーズは左翼手として起用する方針のようだが、ライアン・ハワードが退団し、一塁手のラフも放出したことにより、一塁手がトミー・ジョセフのみになることから、一塁手として起用される可能性も考えられるだろう。また、全体的に内野手の層が薄いため、二塁手のシザー・ヘルナンデスと三塁手のマイケル・フランコにアクシデントや不振に陥ることがあれば、こちらに回ることも十分あり得る。結果的にドジャースでの起用と同じようになるのではないだろうか。

ラフは今シーズンのメジャーでの出場は、43試合出場(17試合で先発出場)と昨シーズンに比べて半分以下に減り、打率.205、3本塁打、9打点と、成績も振るわなかった。一方、スウィーニーは、チェイス・アトリーとのトレードで昨年ドジャースから移籍してきたが、再びドジャースへ戻ることとなった。昨シーズンにメジャーデビューを果たすも、今シーズンはマイナーでの生活となり、118試合の出場で打率.233、6本塁打、35打点、12盗塁だった。

 

Text by Takamizawa Seito
写真: https://flic.kr/p/spMTng

2016 Team Review ロサンゼルス・ドジャース

9889665013_66d795565b_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
 *SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:ドジャー・スタジアム
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml11/

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ 1.2〜2.4m
パークファクター *平均100
安打 94.8
ツーベース 105.9
スリーベース 64.3
HR 100
得点 91.8
  • 予想オーダー

1.コーリー・シーガー:SS
各媒体のプロスペクトランキングで1位に選ばれているトッププロスペクト。昨シーズン、9月3日のSD戦でメジャーデビューを成し遂げ、いきなり2安打2打点の活躍を見せるなど、大器の片鱗を見せた。12日にはメジャー初HRを含む4打数4安打を記録。今後の課題は、1年を通してのスタミナがあるかどうなのか、守備面で更にレベルアップできるかだろう。

 2.ハウィ・ケンドリック:2B
昨シーズン、同じロサンゼルスのLAAから移籍してきたメジャーを代表するセカンド。昨シーズンは怪我もあり117試合の出場に留まったが、打率は.295を残すなど堅実なバッティングでチームの地区優勝に貢献した。オフには2年総額約2000万ドルで契約を延長した。ケガで開幕は間に合わないが重傷ではないためすぐに試合に出始めるだろう。

 3.エイドリアン・ゴンザレス:1B
メジャーを代表する1B。06年にSDでメジャー定着して以降、最低でも156試合以上に出場しているなど怪我とは無縁で、頑丈な選手である。しかし、10年に31HRを打って以降は一度も30本以上をマークしておらず、長打力の衰退が見え始めているのが気掛かりな点である。ここ2年は打率も.270台と落ち込んでおり、復調が期待される。

 4.ジャスティン・ターナー:3B
14年にNYMから移籍して以降チームに欠かせない選手となった。14年は規定未到達ながら、109試合で打率.340をマーク。昨シーズンも.294、60打点をマークするなどクラッチヒッターとしてランナーを返す役割をしている。シーズン途中に怪我で離脱したこともあり、今シーズンは万全な体調で1年を過ごすことが一番の課題かもしれない。

5.ヤシエル・プイグ:RF
13年に衝撃的なデビューをしたものの、昨シーズンは怪我もあり79試合の出場に留まり、打率も.255と低調なシーズンであった。好不調の波が激しく、プレーオフでも毎年活躍出来ずに終わっている。技術面のレベルアップも大事ではあるが、精神面での成長が選手としての成長に繋がるであろう。健康でまじめに野球に取り組めばタイトル争いに絡める選手になるはずだ。

 6.ジョク・ペダーソン:CF
昨シーズンにメジャーデビュー。序盤は持ち前の長打力でHRを量産するなど、前半戦だけで20HRをマーク。オールスターにも選ばれた。最終的には26HRを打ったものの、打率は.210とメジャーに対応できたかというと点には疑問が残った。またマイナーでは30盗塁を記録したが、メジャーでは4盗塁に終わった。今シーズンは継続して安定が求められる。

7.ヤズマニ・グランダル:C
昨シーズンSDから加入した元ドラフト1位のC。昨シーズンはエース、カーショウ登板時はエリスがマスクを被る時が多かったが、バッティングではグランダルに分があるのでトータルではグランダルの出場回数が多くなった。怪我もあり115試合の出場に留まるも、HRはキャリアハイの16本をマークするなど初のオールスターにも選出された。今シーズンはスタメンマスクとして期待されるがケガで開幕に間に合わず。監督は開幕して1週間も経たないうちに復帰できる話している。 

8.カール・クロフォード:LF
かつてはオールスターの常連だった元スター選手。近年は度重なる故障に苦しみ昨シーズンもわずか69試合の出場に留まっている。打撃成績も年々悪化している中でせめて守備だけでも貢献できればいいのだがその守備もDRSでマイナスの数字をマークしている。故障で長期離脱となったアンドレ・イーシアが復帰するまでスコット・バンスライクらとの併用になるだろう。
 

9.投手