Tag Archives: バド・ノリス

Weekly Report:Week-4

9420705308_069081aa39_z

 

 

 

 

 

 つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-4のキーワードは「バド・ノリス」 「マット・ホリデイ」 「人種差別行為」だ。

 

 

・バド・ノリス

014年に先発として15勝を挙げたバド・ノリスが、エンゼルスの急造クローザーとして予想外の復活を果たした。今季からマイナー契約でエンゼルスに加入したノリスは、16試合に登板し1勝1敗5セーブ、防御率3.18と大車輪の活躍で負傷者続出のブルペンを支えている。

ノリスは2009年にアストロズでメジャーデビューを果たすと、キレのあるスライダーを武器に先発として活躍。オリオールズに所属していた2014年には15勝8敗、防御率3.65を記録した。しかし、翌年は一転、2勝9敗、防御率7.06と絶不調に陥りシーズン半ばで自由契約となると、その後はパドレス、ブレーブス、ドジャースと3球団を渡り歩いていた。

今季はエンゼルスにマイナー契約で加入するとスプリングトレーニングに招待選手として参加、見事に開幕ロースター入りを勝ち取った。さらには守護神のキャム・ベドロジアン、8回を任されていたアンドリュー・ベイリーが揃ってDL入りし、ノリスに新クローザーとして白羽の矢が立つことになった。クローザー抜擢後は安定した投球に加えて、奪三振率11.6と持ち前の高い奪三振能力も披露。5月に入りやや失点が増えてきたものの登板数を考えれば及第点だろう。ベドロージャン、ベイリーの復帰が近づき役割は変わるかもしれないが、依然として手薄なブルペンを支える貴重な戦力であることに変わりはない。このままシーズンを通して活躍することができればカムバック賞も見えてくるだろう。

2016 Team Preview:アトランタ・ブレーブス

20049611776_6a33ffaec5_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す 

  •  本拠地:ターナー・フィールド
他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml28/

 

 広さ
レフト   102.1m
センター 121.9m
 ライト  100.6m
 フェンス高さ  2.4m
パークファクター*平均100
安打 91.5
ツーベース 97.1
スリーベース 75.9
HR 72.0
得点 93.7
  • 予想オーダー

1. エンダー・インシアーテ:CF
トレードでARIから加入。美技連発の外野守備が最大の魅力で、外野手としてリーグトップのDRS+29をマークした。また、巧みなコンタクトが取り柄の打撃でも打率.303、本塁打6、盗塁21と充実の内容。3安打以上の試合が14もあり、固め打ちが多いのが特徴。対左投手には打率.229&OPS.534と苦手にしている。

2. エリック・アイバー:SS
アンドレルトン・シモンズらとのトレードでLAAから移籍。レギュラーSSとしては可もなく不可もなくといったベテラン選手。09年以降は7年連続で137試合以上出場しており、うち6年で打率.270以上をマークしている。過去には30盗塁をしたこともあるが、近年は15盗塁程度に落ち着いている。コンタクトが上手く三振が少ないことが特徴。 今シーズン限りで契約が切れ、トッププロスペクトのダンズビー・スワンソンまでの繋ぎ役となるだろう。

3. ニック・マーケイキス:RF
FA移籍1年目は打率.296&出塁率.370&リーグ4位の181安打とリードオフとしての役割を果たしたが、 キャリアワーストとなる3ホーマー&ISO.080に終わるなど長打数が激減。故障に強くキャリア10年中155試合以上出場したシーズンが8度。外野守備ではゴールドグラブを2度受賞しており、強肩を武器に現役選手3位の97補殺をマークしている。

4. フレディ・フリーマン:1B
ブレーブスの看板選手。スムーズなスイングで広角にライナーを打ち分け、四球率11.6%と選球眼も素晴らしい。昨シーズンは故障もあり118試合の出場にとどまったが、ISO.195は過去3年間でベストの数字。12-15年にかけてリーグ1位の得点圏打率をマークするなど勝負所にめっぽう強い。代名詞のスクープキャッチの秘訣は「たくさんストレッチをすること」。

5. アドニス・ガルシア:3B
30歳のオールドルーキーがレギュラー定着。昨シーズン58試合で打率.277、本塁打10と自慢のパワーを武器に印象的なパフォーマンス。DRS-3と三塁守備はけっして上手い部類ではないが、エクトル・オリベラとの競合を避けるために三塁に残ることになるだろう。 弟アドリスは読売ジャイアンツが獲得交渉中と報じられた。

6. エクトル・オリベラ:LF
昨シーズン途中にLADからトレードで移籍してきたキューバのスター選手。メジャー24試合でOPS.715とまずまずの成績を残しており、順当であればLFのレギュラーとして起用されるだろう。本職は内野手だが、ピーターソン&ガルシアとの競合をさけるため外野コンバート。 安定したアプローチとリストの強いパワフルな打撃がウリ。

7. A.J. ピアジンスキー:C
38歳のベテランが予想外の活躍。元々プロスペクトのクリスチャン・ベタンコート(現SD)の指導役として獲得されたが、そのベタンコートからレギュラーを奪うとついにはトレードで追い出す形に。オフには1年$3Mで残留契約を結んだ。 昨季は09年以来となる打率.300をクリア。全盛期と比べるとパワーは落ちたが、三振率8.5%と高いコンタクト能力を維持している。

8. ジェイス・ピーターソン:2B
ゴンザレス監督に「私が今まで見てきた二塁手の中で1番守備が上手い」と言わしめた堅実な守備を武器にレギュラー定着。152試合に出場して打率.239、本塁打6とバットの方は平均以下だが、四球率は9.4%と高水準。性格もまじめで、チームへの貢献が高い選手。12盗塁/10盗塁死と走塁技術は未熟な部分が多い。

9. 投