Tag Archives: パンチョ伊東

「MLBを仕事にする」:記者水次祥子さんへのインタビュー

3767401301_12d92f1fab_c

 

 

 

 

 

 

 

不定期連載でお送りする、MLBの舞台で選手以外として活躍している方へのインタビュー企画の第3弾。今回は、ニューヨークと東京を拠点にMLBの最前線を記者として長年取材されているフリーランスのライターである水次祥子さんにお話を伺いました。

 

※インタビューは11月にEメールを通して行いました。

 

インタビューでは、記者としてのキャリアの築き方はもちろんスポーツメディアの未来等についても語って頂きました。将来記者を目指す方はもちろん野球好きの方全員にとって必見の内容となっています。それではインタビューをお楽しみください。

 

Part1 記者を志望した動機や学生時代について

—まず簡単な自己紹介と水次様の経歴を教えて頂けますか?

 

 フリーランスのライターで、今は日刊スポーツやベースボール・マガジン社で仕事をしています。専門はMLBですが、たまに米国の社会、文化に関する記事を書くこともあります。伊良部さんや吉井さんがニューヨークでプレーしていた頃にニューヨークを拠点にMLBの取材をするようになりました。現在は日本に拠点を移してMLBの記事を書き続けています。

 

—記者になりたいと思ったきっかけや時期を教えて頂けますか?

 

 記者になりたいという意識を特別持っていたわけではなかったですが、編集の方とのご縁があり、誘って頂いて出版社で記者として働くようになりました。駆け出しの頃はスポーツとはまったく違う分野のことを書いていて、スポーツ観戦が好きだったのでその頃からスポーツの記事を書いてみたいと思っていました。毎週、ナンバーを買っていて、読むたびにいつかスポーツを書きたいと思っていました。

 

—水次様は1993年から95年までニューヨーク大学に在学されていましたが、ニューヨーク大学を選ばれた理由はあるのでしょうか?

 

 住むならニューヨークがいい(車の運転をしなくても生活できますし、外国人にとって大都会なら不自由がないので)と思っていたので、ニューヨークの大学を選びました。ニューヨーク大学にしたのは、コロンビア大に入るのは難しかったので第2希望にした感じですね。ニューヨーク大学はマスコミや映画、芸能、芸術関係に強い大学で、ここの出身の著名人、ジャーナリストも多いです。

 

—初めてアメリカで生活された時に、驚いた事や日米の違いを感じる場面は何かありましたか?

 

 いいことも悪いことも、違いはたくさんあります。文化、慣習が全然違いますからね。何もかも違うので、いちいち驚かないで自然に受け入れることが大事かなと思います。

 

—普段のTwitterでの情報発信等を拝見していると、MLBや野球の取材が多いのかなと思いますが、様々なテーマがある中で野球を自身の取材のテーマにされた理由は何ですか?

 

 MLBを専門にする前は様々なスポーツを取材していました。米国に住んでアメリカのスポーツを取材したかったのと、正直な話、安定的に仕事がもらえるのはMLBしかなかったですからね。日本人選手がMLBにしかいませんので。日本語で日本のメディアに記事を書くわけなので、日本人選手のいるリーグでないと需要がないですから。今はNBAの仕事もできるでしょうけれど。