Tag Archives: フアン・ソト

遊撃手が注目を集める2019 International Amateur FAについて

46601102335_f7e7810daa_z

 

 

 

 

 

 

 MLB公式による2019~20年度の国際アマチュアフリーエージェント選手トップ30が発表された。

 

 今年度の国際アマチュアフリーエージェント選手トップ30をMLB公式が発表した。

 これは海外の優秀なアマチュア選手をMLB各球団が獲得する手段の一つである。近年は中南米系のメジャーリーガーの存在感が高まりつつあり、その手段の重要性は増してきている。最近ではトッププロスペクトとして颯爽とデビューを果たしたブラディミール・ゲレーロjr(TOR)、フェルナンド・タティースjr(SD)、ロナルド・アクーニャjr(ATL)、フアン・ソト(WSH)、イーロイ・ヒメネス(CWS)そして大谷翔平(LAA)といった面々がこのルートを通じて球団に獲得されていることからも、球団の戦力アップにおける重大さが伺えると思う。

 

 

 さて、今回発表されたランキングだが、上記の円グラフの通り、最多がSSで13人、その次がOFの9人と続いている。過去3年の平均と比較したら分かるように、全体的には今年も似たようなポジション比率となっている。野手の比率が高くなるのは、タレントが野手に固まる中南米選手が多いことから当然といえる。SSが不自然に多いのは、他のポジションと比較した場合のSSの難度の高さから、SSを守れることをアピールすることで、球団からの評価を上積みしようという選手側の考えが読み取れる。

 

 例年と異なる点は、今年度は投手の質が全体的に低いということだ。上記の過去3年の平均を見れば分かる通り、トップ10には平均して2~3人投手が入るのが通年である。だが、今年は初登場すら16位となっている。逆に考えれば、野手の質が高いと言い換えることもできるかもしれないが、2年前は大谷、3年前にはエイドリアン・モレホン(SD)といった選手がそれぞれ1位、3位にランクインしていたことを考えると、少々寂しいかもしれない。

 

 これらの選手のほとんどには既にどの球団が関心を持っているかが記載されており、最多はSDの4人となっている。マイナー、MLBレベル共に若き才能の宝庫であるSDだが、今後も人材集めを怠る気は毛頭ないようだ。その4人の中で個人的に注目しているのが、22位のレギナルド・プレシアド(SS)。パナマ出身の彼は、6フィート4インチという遊撃手には珍しいほどの大柄ながら走攻守兼ね備えており、ロマンを感じさせる。

 また、2人いる捕手のどちらもCHCがフロントランナーとなっていることも興味深い。スター捕手ウィルソン・コントレラスの後釜としては、トッププロスペクトである20歳のミゲル・アマヤが控えているが、さらにその後釜となる選手の獲得を模索しているのかもしれない。

 

 そして、関心を持つ球団の記載がない選手の1人である、7位ランクインのイディ・カッペだが、彼のインスタグラムの自己紹介文にはマイアミ・マーリンズ所属の一文があり(現在は変更済)、すでにMIAが接触している可能性がある(ちなみにサイト記載の写真でもMIA帽を被っている。ただファンなだけかもしれないが)。キューバ出身16歳の彼は、同年代だったころのデレク・ジーター(元NYY)、カルロス・コレア(HOU)と比較される右投右打の大型遊撃手。MIAが他にコンタクトを取っているとみられる2選手も共に遊撃手であり、もし3選手の獲得に成功したならば、内野手プロスペクトに欠けるMIAにとっては、再建の大きな一歩となるかもしれない。

 ただ、彼はまだ各球団と契約を結べる許可が下りておらず、契約可能になるのは2020~21年度からかもしれないということをここに付け加えておく。

 

 これらのランキングはあくまで現時点のもので、将来の成功を約束するものでは決してないことは過去のランキングを見れば明らかである。エイドリアン・ロンドンや、成功間違いなしだったはずのケビン・マイタン(LAA)の意外な苦戦を想起して頂ければすぐに理解できる。しかし、先ほど挙げたメジャーで華やぐ若手スターのうち、アクーニャ以外はトップ30に入っており、当初から評価の高かった選手である。期待値の高さを示すには十分であろう(ちなみに、ランキングの成功例を示すと、2015~16年度などは中々壮観である。逆に2012~13、2014~15などは失敗例といえる)。

 彼らの内何人がメジャーの舞台で活躍するかが、今から楽しみである。契約可能となる期間は、7月2日がスタートとなっている。

 

Written by Yoshihiro Ueda

Photo link https://flic.kr/p/2dZYQaD

ナショナルリーグ東部地区の現在地

43421876652_cbdfd3250d_z

 

 

 

 

 

 

ナショナルリーグ東部地区の現在地

Written by Eiji Kato

Photo link https://flic.kr/p/29a3t8J

 2018~2019年のシーズンオフにナショナルリーグ東部地区は大いに盛り上がった。マーリンズを除く4チームがそれぞれ補強を敢行した。まずその補強を振り返りたい。

 ・フィリーズ

 オフの勝ち組とも評されたフィリーズは史上最高額の13年3億3000万ドルでブライス・ハーパー(OF)と契約。(後にトラウトに抜かれる)他にもトレードでJTリアルミュート(C)やジーン・セグーラ(SS)。FAとなっていたダニエル・ロバートソン(RHP)、アンドリュー・マカッチェン(OF)を迎えた。この一連の補強により戦力が大幅にUPし地区優勝の1番手に躍り出た。

 ・メッツ

 フィリーズ同様にメッツも積極的に動いた。バンワゲネン新GMはマリナーズからロビンソン・カノー(2B)とエドウィン・ディアス(RHP)を獲得。さらにブルペンを強力にすべくジャスティン・ウィルソン(LHP)やジュウリス・ファミリア(RHP)も獲得。また同地区のライバルフィリーズからウィルソン・ラモス(C)も獲得した。

 ・ブレーブス

 昨年地区を制覇したブレーブスはベテランのブライアン・マッキャン(C)やジョシュ・ドナルドソン(3B)を獲得。戦力UPと同時に若手の指南役としても期待される。

 ・ナショナルズ

 ハーパーが去ったことによりインパクトは薄れたが地区優勝への道が無くなったわけではない。パトリック・コービン(LHP)、ブライアン・ドージャー(2B)、カート・スズキ(C)、トニー・シップ(LHP)、カイル・ベアクロウ(LHP)、TJ手術明けのトレバー・ローゼンタール(RHP)など投手を中心に補強を行った。

 

 4強1弱の構図で迎えた2019シーズン。日本時間5月10日時点で首位フィリーズ、2位は4ゲーム差でブレーブス、3位は4.5ゲーム差でメッツ、4位は6.5ゲーム差でナショナルズとなっている。

 ここまではフィリーズの独走まではいかないが、やや差がついている印象がある。それぞれのチームにスポットを当てると4位のナショナルズはフアン・ソト(OF)、トレイ・ターナー((SS))、ライアン・ジマーマン(IF)、アンソニー・レンドーン(3B)と野手にケガ人が続出。カーター・キーブーム(2B)やビクター・ロブレス(OF)と若手も才能をフルに発揮しているとは言い難い。投手陣はチーム防御率がリーグ14位とまさに踏んだり蹴ったり。

 一方でメッツは若手の野手が元気でルーキーのピート・アロンソ(1B)は既にホームラン11本と爆発、昨年デビューのジェフ・マクニール(2B)はMLB全体で打率2位。ブレーブスも打線が元気でチーム打率はリーグ3位、チーム出塁率もリーグ4位となっている。

 シーズンはまだ序盤で今後どうなるかは分からない。1弱とされているマーリンズもただ黒星を増やすようなことは許されない。リアルミュートの交換で加入したシクスト・サンチェス(RHP)やホルヘ・アルファロ(C)など素質の高い選手がいるだけに彼らが将来主力となれるよう育成、経験を積ませることが重要になるであろう。

 今後もナショナルリーグ東部地区から目が離せない。

2017 Top 20 Prospects:ワシントン・ナショナルズ

29156348700_fe3e93fdb6_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. エリック・フェッディ:RHP
今シーズンはトミー・ジョン手術から復帰してフルシーズン1年目となったが、実力通りの成績を残すことができた。90マイル前半の速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーションでイニングと同じ数ほどの三振を奪うピッチングスタイル。デリバリーもスムーズでコントロールもいい。既に完成度は高く、来シーズン中のメジャー昇格も有り得るだろう。

2. ビクター・ロブレス:OF
弱冠19歳ながらも既にトッププロスペクトとして名を轟かせる5ツールプレイヤー候補。無駄のないスイングでヒットを量産し、年齢に見合わぬ成熟したアプローチのおかげで高出塁率も期待できる。パワーは平均以下だが、アップサイドはあり、将来15HR程度ならマークできるかもしれない。スピードも平均を大きく上回り、それを生かしたCF守備も上手く、肩も強いため将来のGG賞候補。メークアップのよさも高評価の理由。

3. ドリュー・ワード:3B
将来メジャーで20~25HRをマークすることも可能なパワーが魅力。慎重なアプローチのため、四球が多く高出塁率をマークすることができる。その分三振が多くなっているが、長打の代償と考えれば許容範囲だろう。苦手だった守備も以前よりは大幅に改善されてきており、自身も守備の上達について実感している。スピードは皆無。

4. オースティン・ヴォス:RHP
カッターのようなアクションを見せる90マイル前半の速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーション。驚くようなボールは投げないが、デセプションに優れたデリバリーとコントロールのよさで勝負する。既にAAAでも好成績を残しており、来シーズン中にはメジャー昇格を果たすだろう。

5. A.J.コール:RHP
90マイル前半の速球にスライダー、カーブ、チェンジアップを交えコントロールよく投げ分ける。デリバリーもシンプルで、崩れることが少ない。実力は申し分ないが、メジャーでは球威不足が祟って被本塁打が多くなりがちに。現在のローテーションの谷間を埋める役目が精いっぱいか。

6. ヘスス・ルザルド:LHP
16年ドラフト3巡目指名。ドラフト前にトミー・ジョン手術を受けることとなり指名順位が下がったが本来ならば全体10位以内に指名されていてもおかしくないタレント。手術前、速球は最速97マイルをマークし、9歳から投げていたというチェンジアップは今年のドラフトクラスの高校生の中では最高のボールだった。コントロールも悪くなく、エース級の成績を残すことができるポテンシャルがある。手術の経過は良好で、すぐに同世代の選手に追いつけるだろう。

7. タイラー・ワトソン:LHP
15年ドラフト34位指名とかなり低い指名順位だったが、プロ入り後2年間で好成績を収めている。速球の球速は90マイル前半だが、大柄な体格を考えると今後さらに伸びる余地は大いにあるだろう。カーブのクオリティは高いが、チェンジアップは改善の余地あり。まだ19歳だがコントロールは非常によく、ストライクゾーンにボールを集めることができている。

8. フアン・ソト:OF
18歳にしてアベレージを残しつつ、長打が打てるヒッティングプロスペクト。パワーは現時点でも平均以上だが、まだアップサイドがあり将来20HRをマークすることもできるだろう。コンタクトスキルも高く三振数は非常に少ない。プロ意識が高く、周囲の環境への適応能力が高い点も評価に値する。スピードがないためLFしか守れないところが欠点。

9. カーター・キーブーム:3B
16年ドラフト全体28位指名。父親、兄がプロ選手だが2人以上にヒッティングスキルが高い。無駄の少ないスイングで打球を広角に飛ばすことができる。速球への対応が上手く、ライリー・ピント(COL)の98マイルの速球をヒットにしたことで注目の的となった。現在SSを守っているが、スピードが平均以下でレンジが限られているため将来は3Bに回るだろう。肩は3Bを守るには十分な強さ。

10. ニック・バンクス:OF
16年ドラフト4巡目指名。全てにおいて平均程度の実力を持っているバランスの取れたタレント。 大柄な体格でパワーポテンシャルは平均以上だが、フライを打ち上げるよりもラインドライブの打球を打つことを意識したスイングのためHRはそれほど多く打てないだろう。スピードもまずまずでOF3ポジションをこなすことができる。将来像はブレット・ガードナー(OF)。

11. シェルダン・ノイズ:3B
16年ドラフト2巡目指名。課題だった四球の少なさを改善し評価を上げた。小さく足を上げるスタンスで上手くタイミングを図ることができており、しっかりとボールを打ち返すことができる。パワーは平均程度。大学時代はSSだったが、プロでは3Bに回っている。肩は投手としてマウンドに上がっていたため非常に強く、OF転向を勧める声もある。

12. アンドリュー・スティーブンソン:OF
WSHのマイナーの中で最も守備が上手い選手。平均以上のスピードを生かし広いレンジをカバーできる。ルート取りやジャンプのタイミングなども完璧。肩が非常に弱いが、それでも優秀なCFであることには間違いない。懸念されていた打撃も現時点では最低限の成績を残しているが、クラスが上がるにつれパワーレスさがネックとなってくるだろう。

13. ペドロ・セベリーノ:C
ブロッキング、フレーミング、盗塁阻止といったCに必要なスキルを全て兼ね備えている守備型C。既にメジャーデビュー済みでダスティ・ベイカー監督からの信頼も得ている。打撃は平均以下でOPS.705がマイナーでのベストの数字。打撃は物足りないがそれでも総合的な実力はメジャーのレギュラークラスだろう。 

14. ヤシエル・アンテュナ:SS
今年の夏にインターナショナルFAで加入。 大きなフォロースルーのスイングでラインドライブの打球を飛ばす。まだ、HRを多く打つようなパワーはないが、今後パワーをつけていけば2桁HRをマークすることも可能だろう。17歳という年齢の割には成熟したアプローチも高評価。スピード、守備の評価も高く、SSに長く留まることができるだろう。

15. コーダ・グラバー:RHP
昨年のドラフトから1年と少しでメジャー昇格を果たしたリリーフプロスペクト。6-5/225たる体格から90マイル中盤の威力ある速球を投げる。これに80マイル前半のスライダーを混ぜ合わせ三振の山を築く。コントロールも悪くなく、ストライクゾーンに集めることはできる。セットアッパー/クローザーレベルの投手になれるだろう。

16. ダニエル・ジョンソン:OF
16年ドラフト5巡目指名。今シーズン大学でHRと盗塁の数を伸ばし評価を上げた。非常に小柄な体格のため、プロでも打撃が通用するかは微妙なとことだが、超人的なスピードとOFから101マイルの送球ができる肩の強さは本物。打撃が通用しなくとも代走、守備固め要員としてメジャー昇格を果たすことができるだろう。 

17. ホアン・バエズ:RHP
現在の速球の球速は90マイル中盤程度だが、まだ筋肉をつける余地があり今後さらに球速が上がる可能性があるだろう。この速球とカーブのコンビネーションで三振を多く奪うピッチングスタイル。デリバリーが不安定なため、四球が多く、速球の球速が安定しない要因となっている。

18. ホセ・マーモレホス:1B 
パワーポテンシャルの高さが光るスラッガー。今シーズンは昨シーズンまで少なかった四球数を増やすことに成功し、出塁率が上昇。若干三振も増えたが、許容範囲内だろう。昨シーズンからハイアベレージを残すため広角に打ち分けるように意識している。

19. レット・ワイズマン:OF
何か特別優れたツールを持っているわけではないが、常に全力でプレーし、周りを驚かせるような ことをしてみせるハッスルプレイヤー。打撃では平均以上のパワーが魅力だが、長打を意識した遠回りするようなスイングのためコンスタントにヒットを打つことができていない。RFの守備は無難にこなしている。

20. ブライアン・グッドウィン:OF
今シーズンは過去2年のスランプからようやく脱し、元1巡目指名選手らしい成績を残した。 コンパクトなスイングでコンスタントにヒットを放つミドルヒッター。アプローチも悪くなく、しっかりと四球を選ぶこともできる。スピードも平均以上でほとんどのシーズンで15盗塁以上をマークしている。来シーズンからは第4のOFとしてメジャーのベンチに座る機会が増えるだろう。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/LqrUFf