Tag Archives: フェルナンド・ロドニー

8月のトレード補強を振り返る

44315099881_46679af398_z

 

 

 

 

 

 

 7月31日は、「トレードデッドライン」である。だが、MLBではウェイバーを通過する、もしくはクレームされることで8月31日までトレードを行うことが出来る。基本的に強豪チームが目当ての選手を獲得することは難しいが、シカゴ・カブスがダニエル・マーフィー(2B)を獲得したように、タイミングさえ良ければPO直前に大きな補強を行うことが出来る。さて、8月はメジャー全体で39件のトレードが行われた。そこでカブスのように、PO直前に補強に成功したチームを振り返りたい。

 

 ニューヨーク・ヤンキース
 7月、投手を重点的に補強していたヤンキースは、アデイニー・エチャバリア(SS)とアンドリュー・マッカッチェン(RF)を獲得。ディディ・グレゴリウス(SS)が復帰間近とは言えDL入りしており、SSの強化に成功した。また、エチャバリアは守備に定評があるため、グレゴリウス復帰後は控えとしてチームに貢献することが出来るだろう。外野手はアーロン・ジャッジ(RF)がDL入りしており、手薄となっていた。ジャッジ復帰後はアーロン・ヒックス(CF)やブレット・ガードナー(LF)と併用すると見られている。クリント・フレイジャー(LF)もリハビリ中であるため、第四の外野手をアップグレードすることが出来たのはPOでは大きな強みである。尚、マッカッチェンは2012年から始まった長期契約の最終年でありオフにFAとなる。おそらく来季はピンストライプではないユニフォームに袖を通していると思われるが、ヤンキースでの活躍に期待したい。

 

 クリーブランド・インディアンス
 ジョシュ・ドナルドソン(3B)を獲得。今季は故障によりシーズンの大半をDLで過ごしているものの、インディアンスの地区優勝は安泰であるため、急いで復帰する必要はなさそうだ。エースのトレバー・バウアー(RHP)等がDL入りしているものの、投手陣には手を付けなかった。7月はブラッド・ハンド(LHP)とアダム・シンバー(RHP)を獲得している。

 

 オークランド・アスレチックス
 ショーン・ケリー(RHP)やフェルナンド・ロドニー(RHP)、コーリー・ギアリン(RHP)、そしてマイク・ファイヤーズ(RHP)を獲得。1人1人はスター級ではないものの、確実にブルペンをアップグレードし、PO進出有力候補になることが出来た。
※アスレチックスのリリーバーの成績()内はAL内の順位
防御率3.29(3位)
勝利数35(2位)
投球回506.1(3位)
(9/2時点)
 ブルペンはALトップクラスであり、今季のアスレチックスの好調を支える鍵と言えるだろう。ファイヤーズは移籍後もスターターとして起用されている。5先発し、27.2回3与四球30奪三振で3勝をマーク。ヒューストン・アストロズと地区優勝争いをしているチームに大きな貢献をしており、トレードは大成功と言えるだろう。尚、ファイヤーズは来季以降も保有することが出来る。地味な補強ながら後半戦も好調をキープしているアスレチックスから目が離せない。尚、、7月は僅か1度しかトレードを行なっておらず、そのトレードではジュウリス・ファミリア(RHP)を獲得している。

Weekly Report:Week-7

Baltimore Orioles v/s Texas Rangers April 9,  2011

 

 

 

 

 

 

 

つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-7のキーワードは「アダム・ジョーンズ」「マイルストーン」「ナ・リーグ西地区」だ。

 

・アダム・ジョーンズ

月の初めに人種差別騒動で話題をもたらしたアダム・ジョーンズが、今週は明るい話題を提供してくれた。

 522日、ツインズをホームに迎えて行われた一戦。ジョーンズは2回にカイル・ギブソンのスライダーをとらえ、3ランホームランを放った。この一発は、通算569HRを誇るチームOBのラファエル・パルメイロの持つオリオールパークアットカムデンヤーズでの通算HR記録を塗り替える本拠地通算125本目のホームランとなった。

 

アダム・ジョーンズは2003年ドラフトの1巡目でマリナーズに指名され、遊撃手としてプロ入り。外野手転向を経て2006年にメジャーデビューを果たすと、2008年のシーズン前に現在もオリオールズのローテーション投手として活躍するクリス・ティルマン、NPBでも活躍したキャム・ミコライオらとともにオリオールズにトレード移籍した。
オリオールズ移籍後は、メジャーに定着。昨年までの在籍9年間で6149試合以上に出場するタフネスさと通算233(オリオールズ在籍時に限ると230)のホームランを放つパワー、ゴールドグラブ賞4回の守備力を武器としたリーグを代表する外野手へと成長した。また、2013年と2017年のWBCにアメリカ代表として出場。2017年はデビッド・ライト(NYM)の跡を継ぎ、新・キャプテンアメリカとしてアメリカ悲願の初優勝に貢献した。

 今後もオリオールズの中心選手としての彼の活躍に期待したい。

2016 Trade Deadline ~ナリーグ東地区 三つ巴の争い~

27046373832_1eaffa1a8a_z

 

 

 

 

 

 

 

WAS、MIA、NYMが激しい争いを繰り広げるナリーグ東地区。現状WASが頭一つ抜けてはいるものの、MIA、NYMはワイルドカードからのプレーオフ進出も射程圏内ということもあり、3チームとも動きを見せた。それではWASから今トレードデッドラインの動きを振り返ってみよう。

7/30 PIT⇔WAS
PIT→WAS マーク・メランソン
WAS→PIT フェリペ・リベロ+テイラー・ハーン

 メランソンは今オフFA。移籍時点では、PITのクローザーとして30セーブ、防御率1.51をマークしていた。ナショナルズは開幕からジョナサン・パペルボンがクローザーを務めていたが、19セーブを挙げながら防御率は4.41と不安定。特に7月は防御率7.88で、後半にはショーン・ケリーにクローザーの座を明け渡していた。このようなブルペン事情から、クローザーとして安定した成績を残していたメランソンの獲得に至った。また、いわゆるレンタル移籍のためそれほど大きな損失を負わずに済んだことも理由だろう。

次に、PITが獲得した2選手について見ていこう。

まず1人目はフェリペ・リベロ。 25歳のLHPで、2015年にメジャーデビュー。49試合に登板し、防御率2.79の好成績を残した。今シーズンはリリーバーとして47試合に登板し、防御率4.53をマークしていた。ただK/9=9.6、BB/9=2.7、FIP=3.26と投球内容は悪くなかった。投球スタイルは最速99マイルに達するストレートにスライダー、チェンジアップを織り交ぜる。マイナー時代にはほとんど先発として登板しており、PITの起用法次第では先発として起用されることもあるかもしれない。

2人目のテイラー・ハーンは21歳のLHP。WASでは公式プロスペクトランキングで球団25位にランクインしており、移籍後も球団25位にランクインしている。2015年ドラフトでWASから5巡目で指名された。WASではR-Aで10試合に登板し、防御率2.79をマークしていた。20-80スケールで65の評価を受けるストレートが武器で、平均は90マイル中盤、最速は99マイルにも達する。セカンドピッチのスライダーも平均以上の評価を受けるが、チェンジアップは平均以下。制球面も不安を抱えるため、ブルペンとして育成されていくだろう。非常に奪三振能力の高い選手であり、これからが楽しみである。

トレード時点ではPITは52勝50敗。ナリーグ中地区では3位だったもののワイルドカード獲得は射程圏内であった。そんな中でメランソンという絶対的なクローザーを失うことは今シーズンを戦う上で大きな痛手だったように思われる。それでもメランソンを放出したのはブルペンにトニー・ワトソンやネフタリ・フェリースなど好成績を残していたリリーバーがいたことが理由であろう。

誰か一人をクローザーに転向させ、その空いた穴をリベロで埋めさせる狙いだったと思われる。リベロは2021年まで保有できるという点も大きかった。それに加え、プロスペクトを一人獲得し、マイナーの層も厚くできた。絶対的なクローザーを獲得したかったWASと今シーズンまだ勝負しつつ、マイナーの層も厚くさせたかったPIT。両チームの利害が一致したトレードだった。

WASが成立させたトレードはこの一つのみ。2位MIAに5ゲーム差をつけて首位を走っていた状況から、プレーオフも見据えて最大の不安材料だった点のみ補強した最低限の動きだったといえるだろう。

 

Weekly Report: Week-16

26820004304_2bd13440f6_z

 

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-16のキーワードは「サンディエゴ・パドレス」「ジョン・グレイ」「ティム・ベッカム」だ。

 

  • パドレス

在ナショナル・リーグ西地区で最下位争いをくりひろげるサンディエゴ・パドレス。今シーズンよかったことと言えば本拠地のペトコ・パークでオールスターが開催されたことだけだろうか。いや、そうではない。今シーズンは2010年を最後に勝率は5割を上回ったことがなく、2006年を最後にポストシーズンに進出できていないチームを変えるシーズンになるかもしれないのだ。

なぜ、そう言えるのか。それはインターナショナルFAやドラフトでの積極的姿勢、シーズンの早い段階からのトレード攻勢から見てとることができる。6月4日に行ったジェームズ・シールズのトレードはどのチームよりも早く選手を売りに払ったトレードと言える。見返りの選手の物足りなさは否めないが売り時だった時に売らなかった昨シーズンに比べればはるかにいいだろう。

現地時間9日に行われたドラフトでも3巡目までで5つの指名権を駆使し将来有望な選手を多数獲得することに成功した。このドラフトは若干契約金が抑え目であったがこれには裏があった。実は今年のドラフト最大の目玉であったジェイソン・グルームとドラフト前にある密約を交わしていたのだ。その密約の内容とはパドレスが持つ全体24位までグルームがスリップしたらパドレスがグルームを指名し$5Mで契約するというものであった。結果としてグルームは全体12位でボストン・レッドソックスにさらわれたが、もしパドレスが獲得していたら空前絶後の番狂わせとなっていただろう。グルームは獲得できなかったが、少しでもいい選手を獲得しようとしうる姿勢は賞賛に値する。

同月30日にはまたもや主力のフェルナンド・ロドニーの放出を敢行した。このロドニーの売り時は最高のタイミングだったと言える。ロドニーのパドレス最終登板後の防御率は0.31。この防御率がこれ以上よくなるとは考えにくく、今年で39歳となるロドニーがいつ疲労から成績が悪化してくるかもわからない。これ以上の売り時はなかっただろう。このトレードは獲得したプロスペクトも悪くない。交換相手のクリス・パダックはプロ2年目ながらAで圧倒的な成績を残しており将来大化けする可能性を大いに秘めている。それをオフに1.6Mで拾ったリリーバーと交換できるのなら安いものだろう。

そしてインターナショナルFA解禁日となった7月2日には10人の選手と契約に至った。そのうち6人はMLB.comのインターナショナルプロスペクトトップ30に入っているトッププロスペクトである。これで手を緩めることはなく7日には今年のインターナショナルFAで最高評価を受けるピッチングプロスペクトであるキューバ人のエイドリアン・モレホンと$11Mで契約した。

さらに14日にはドリュー・ポメランツをレッドソックスに放出。レッドソックスが様々なチームの先発投手に食指を伸ばしているなか、素早くポメランツを差し出し颯爽とプロスペクトを持って行った形となった。

そして今週の現地時間20日にはキューバ人のホルヘ・オーナと$7Mで契約と息をつく間もなく積極的に選手の獲得に動いている。トレア・ターナー(WSH)やジョー・ロス(WSH)らを放出した2014年オフとはまるで逆を行くかのようだ。

その一方でチームに対して非常に愛着を持っているウィル・マイヤーズとの長期契約にも動いている。どれだけチームを立て直そうとしても中心となる選手がいなければ意味がない。マイヤーズ自身も非常に乗り気であり、GMのプレラーを信用してるともコメントしている。球団も度々噂になっていたマイヤーズ放出を堂々と否定するほどである。主力選手を放出しつつも本当に必要な選手はフランチャイズプレイヤーとして長期契約を結ぼうとする。これこそが再建の土台を作るということではないだろうか。

まだ、パドレスにはメルビン・アップトンjrやアンドリュー・キャッシュナーなどトレードの駒は多くいる。ボルティモア・オリオールズとのトレードの噂も活発になってきている。これからパドレスがどのように動くかしっかりと見届けていきたい。

 

2016 Team Preview:サンディエゴ・パドレス

8740456000_52d4273db1_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:ペトコ・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml12/

 

広さ
レフト 101.8M
センター 120.7M
ライト 98.1M
フェンス高さ 1.2~3.7M
パークファクター平均*100
安打 96.6
ツーベース 95.6
スリーベース 79.2
HR 108.5
得点 93.1
  • 予想オーダー

1.コリー・スパンゲンバーグ:2B
昨シーズンはルーキーながらも108試合に出場した俊足巧打タイプの内野手。スピードを生かすためにゴロを転がして内野安打を狙った打撃も見せる。パワーは全くないわけではないが平均以下。出塁能力が平均程度なのに対し若干三振が多いのは今後の不安な点。また、盗塁も得意な方ではなく成功率はマイナーのころからイマイチでスピードを生かしきれていない。本職は2Bだが指標は3Bの方がいい。オフには母校の高校から表彰された。

2.デレク・ノリス:C
昨シーズンはキャリアハイとなる142試合に出場。14本塁打もキャリアハイだった。ただ、マイナー時代からずっと高かったBB%が6.3%ととなり出塁率が大幅に低下。そのためOPSやwOBAなどの指標は伸びなかった。OAK時代から右投手が苦手でそれは変わず。昨シーズンはパスボールがリーグ最多だったが、リーグで最も盗塁を刺し、盗塁阻止率も34%となかなかの数字でDRS+4をマークした。オフから食事を見直し野菜や魚を多くとり、ジャンクフードは控え体重を落としている。

3.ウィル・マイヤーズ:1B
そろそろシーズンを通して試合に出続けたい元トッププロスペクト。持前のパワーなどの打撃ツールは申し分ないのだが、よく手首を故障し戦列を離れるためそれを十分に発揮できていない。マイナー時代のCから転向したOF守備はお世辞にもうまいとは言えないが、OFの層の薄さから昨シーズンはCFで出場させられることが多かった。今シーズンは主に1Bを務める予定。本人も1Bがプロ入り以来最も好きなポジションとやる気十分。バットを素手で持つ。

4.マット・ケンプ:RF
2年連続で150試合以上に出場し故障の多さという最大の欠点を克服しつつあるスラッガー。昨シーズンは14年から軒並み打撃成績が低下したが、全打球のうちのHard%はリーグ1位といい当たりは多かったので今シーズンはLAD時代並の打撃成績を残せるかもしれない。LAD時代に故障した後、スイングの感覚を取り戻すことに尽力してくれたマーク・マグワイアが今シーズンから打撃コーチに就任したことも追い風となるだろう。ゴールドグラブを受賞したこともあるがその時から守備は下手と認識されており昨シーズンもDRS-15。オープン戦で誤って自分のものではないユニフォームを着用し、そのままヒットを打った。

5.ヤンガビス・ソラーテ:3B
小柄ながらもパンチ力があり、昨シーズンは14本塁打。それでいてコンタクトに優れており、コンタクト率88.1%と高率。そのため非常に三振が少なく、K%=9.8%はリーグ4位の低さだった。両打ちだが右打席よりも左打席の方がいい結果を残している。一応内野の全ポジションを守れるが3Bか2Bに据えるのが無難だろう。

6.アレクセイ・ラミレス:SS
健康だけだ取り柄になりつつあるベテラン選手。昨シーズンは150試合以上出場を6年連続に伸ばしたが走攻守全てにおいて劣化しえいることを見せてしまった。OPS.642はキャリアワースト。盗塁成功率も低下し、守備でもDRS-6だった。昨シーズンは10Mの年俸だったのが、オフにはチームオプション付きの1年4Mで契約したことがラミレスの選手としての価値の低下を表している。オープン戦で8年間在籍したCHWと対戦した際には元チームメイトから暖かい出迎えを受けた。

7.メルビン・アップトンjr:LF
 クレイグ・キンブレルをもらう代償として引き受けた不良債権だったが昨シーズンは第4の外野手としてまずますの成績を残した。ただ、昨シーズンの年俸は14.4Mとかなりの高給で、これに見合った成績とは言えないだろう。TBでデビューしたときから確実性のなさが最大の課題でメジャー8年目の昨シーズンも改善されていない。同じ外野にはルール5ドラフト後にトレードされたジャバリ・ブラッシュが控えており、ブラッシュの調子次第で控えに回る可能性も高い。かつて予測されていた30-30を達成できでいないことについて聞かれ、なんでも予測されることにうんざりだとコメント。

8.ジョン・ジェイ:CF
昨シーズンはシーズンを通して故障に悩まされ満足な結果が残せなかった。10年のデビューから14年までの通算で.295と高い数字を残していた打率では.210とキャリアワーストの成績。パワーは平均以下なので打率が伸びないと打撃では全く貢献できないため最悪のシーズンとなった。オフにはドラフト時から慣れ親しんでいたSTLからトレードされることとなった。足が速いため監督からはリードオフ候補に挙げられている。

9.投手