Tag Archives: フランクリン・バレット

2016 Top 100 Prospects

21188701512_94e1e1582b_z

 

 

 

 

 

 

 

*レポートはチーム別リストを参照。

 

2016 Top 100 Prospects
ランク 名前 チーム ポジション
1 コリー・シーガー LAD SS
2 ルーカス・ジオリト WSH RHP
3 フリオ・ユリアス LAD LHP
4 バイロン・バクストン MIN OF
5 J.P.クロフォード PHI SS
6 オーランド・アルシア MIL SS
7 ヨアン・モンカダ BOS 2B
8 A.J. リード HOU 1B
9 トレイ・ターナー WSH SS
10 アンドリュー・べニンテンディ  BOS OF
11 スティーブン・マッツ NYM LHP
12 ホゼ・べリオス MIN RHP
13 ブレーク・スネル TB LHP
14 アレックス・レイエス STL RHP
15 タイラー・グラスノー PIT RHP
16 フランクリン・バレット OAK SS/OF
17 ノマー・マザーラ TEX OF
18 アンダーソン・エスピノーザ BOS RHP
19 フランシス・マルテス HOU RHP
20 オースティン・メドウズ PIT OF
21 ラファエル・ディバース BOS 3B
22 ホゼ・デレオン LAD RHP
23 ラウル・モンデシー KC SS
24 ジョーイ・ギャロ TEX 3B/OF
25 ルイス・ブリンソン TEX OF
26 ゲリー・サンチェス NYY C
27 ブラッドリー・ジマー CLE OF
28 ニック・ウィリアムズ PHI OF
29 ダンスビー・スワンソン ATL SS
30 ジョン・グレー COL RHP
31 ロバート・スティーブンソン CIN RHP
32 アーロン・ジャッジ NYY OF
33 クリント・フレイザー

CLE

OF

34 ショーン・ニューカム

ATL

LHP
35 グレイバー・トーレス CHC SS
36 ホルヘ・マテオ NYY SS
37 マックス・ケプラー MIN OF/1B
38 アンソニー・アルフォード TOR OF
39 コディ・リード CIN LHP
40 ビクター・ロブレス WSH OF
41 ブレンダン・ロジャース  COL SS
42 マニュエル・マーゴ  SD OF
43 ブレント・ハニーウェル TB RHP
44 イアン・ハップ CHC OF/2B
45 ウィリー・アダムス TB SS
46 アレックス・ブレグマン HOU SS/2B
47 ジェシー・ウィンカー  CIN OF
48 ホルヘ・ロペス   MIL RHP
49 ショーン・マナエア OAK LHP
50 ホセ・ペラザ CIN 2B/3B
51 ジョシュ・ベル PIT 1B/OF
52 ティム・アンダーソン CWS SS
53 デビッド・ダール COL OF
54 カーソン・フルマー  CWS RHP
55 ブレット・フィリップス MIL OF
56 ジェーク・トンプソン PHI RHP
57 ハビアー・ゲラ SD SS
58 ウィルソン・コントレラス CHC C
59 ジェフ・ホフマン COL RHP
60 オズハイノ・アルビース ATL SS
61 ライアン・マクマホン COL 3B
62 マイケル・フルマー DET RHP
63 ドミニック・スミス NYM 1B
64 アレックス・バードューゴ LAD OF
65 トレント・クラーク MIL OF
66 ジョー・マスグローブ HOU RHP
67 フランクリン・キロメ PHI RHP
68 コディ・べリンジャー LAD 1B
69 カイル・ジマー KC RHP
70 ハンター・レンフロー SD OF
71 ニック・ゴードン MIN SS
72 デュエン・アンダーウッド CHC RHP
73 ジャック・フラハティ MIN LHP
74 ビリー・マッキニー CHC OF
75 タイラー・ジェイ STL RHP
76 アメド・ロザリオ NYM SS
77 マイケル・コペック BOS RHP
78 アミーア・ギャレット CIN LHP
79 ダズ・キャメロン  HOU OF
80 アーロン・ブレアー   ATL RHP
81 アレックス・ブランディーノ CIN SS/2B
82 カイル・タッカー HOU OF
83 フランセリス・モンタス  CWS RHP
84 クリスチャン・アローヨ SF SS/3B
85 ジョシュ・ヘイダー  MIL LHP
86 ディロン・テイト TEX RHP
87 アレン・ハンソン PIT 2B/SS
87 ティム・クーニー  STL LHP
89 アレックス・ジャクソン SEA OF
90 ロブ・カミンスキー CLE LHP
91 ディラン・バンディ BAL RHP
92 スペンサー・アダムス CWS RHP
93 エドウィン・ディアズ  SEA RHP
94 フォレスト・ウォール COL 2B
95 ハイマー・キャンデレリオ CHC 3B
96 トム・マーフィー COL C
97 ジェーコブ・ノッティンガム MIL C/1B
98 デビッド・ポリーノ HOU RHP
99 レイナルド・ロペス WSH RHP
100 ジョシュ・ネイラー MIA 1B

 

To Watch Prospects For Next Top 100 
ランク 名前                チーム ポジション
1 ヨマー・レイエス BAL 3B
2 ウィルカーマン・ガルシア NYY SS
3 ドム・ヌネス COL C
4 ルシウス・フォックス SF SS
5 ルイズ・ゴハラ SEA LHP
6 タイラー・オニール SEA OF
7 アントニオ・センザテラ COL RHP
8 デビン・ウィリアムズ MIL RHP
9 ルイス・アレクサンダー・バサベ BOS OF
10 スティーブン・ゴンサルべス MIN LHP

 

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/yhnCKS

2016 Top 10 Prospects by Position

7776160634_4df8995a6e_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*ポジションはC・1B・2B・3B・SS・OF・RHP・LHP
*レポートはチーム別トップ20リストを参照

 

 

  • C
ランク 選手名 チーム
1 ゲリー・サンチェス NYY
2 ウィルソン・コントレラス CHC
3 トム・マーフィー COL
4 ジェーコブ・ノッティンガム MIL
5 リース・マグワイア PIT
6 ドム・ヌネス COL
7 ホルヘ・アルファロ PHI
8 チャンス・シスコ BAL
9 エリアス・ディアズ PIT
10 カイル・ファーマー LAD

 

  • 1B/DH
ランク 選手名 チーム
1 A.J.リード HOU
2 ジョシュ・ベル PIT
3 ドミニック・スミス NYM
4 コディ・べリンジャー LAD
5 ジョシュ・ネイラー MIA
6 ボビー・ブラッドリー CLE
7 ジェーク・バウアーズ TB
8 マット・オルソン OAK
9 ライアン・オハーン KC
10 バルビーノ・フエンマヨール KC

 

  • 2B
ランク 選手名 チーム
1 ヨアン・モンカダ BOS
2 アレックス・ブレグマン HOU
3 ホセ・ペラザ CIN
4 アレックス・ブランディーノ CIN
5 アレン・ハンソン PIT
6 フォレスト・ウォール COL
7 ロブ・レフスナイダー NYY
8 マイカ・ジョンソン CWS
9 ウィルマー・ディフォー WSH
10 トニー・ケンプ HOU

 

  • 3B
ランク 選手名 チーム
1 ラファエル・ディバース BOS
2 ジョーイ・ギャロ TEX
3 ライアン・マクマホン COL
4 ハイマー・キャンデレリオ CHC
5 ブランドン・ドルーリー ARI
6 コリン・モラン HOU
7 エクトル・オリベラ ATL
8 ケブライアン・ヘイズ PIT
9 エリック・ジャギエロ CIN
10 オースティン・ライリー ATL

 

  • SS
ランク 選手名 チーム
1 コリー・シーガー LAD
2 J.P.クロフォード PHI
3 オーランド・アルシア MIL
4 トレイ・ターナー WSH
5 フランクリン・バレット OAK
6 ラウル・モンデシー KC
7 ダンスビー・スワンソン ATL
8 グレイバー・トーレス CHC
9 ホルヘ・マテオ NYY
10 ウィリー・アダムス TB

 

  • OF
ランク 選手名 チーム
1 バイロン・バクストン MIN
2 アンドリュー・ベニンテンディ BOS
3 ノマー・マザーラ TEX
4 オースティン・メドウズ PIT
5 ルイス・ブリンソン TEX
6 ブラッドリー・ジマー CLE
7 ニック・ウィリアムズ PHI
8 アーロン・ジャッジ NYY
9 クリント・フレーザー CLE
10 マックス・ケプラー MIN

 

  • RHP
ランク 選手名 チーム
1 ルーカス・ジオリト WSH
2 ホゼ・べリオス MIN
3 アレックス・レイエス STL
4 タイラー・グラスノー PIT
5 アンダーソン・エスピノーザ BOS
6 ホゼ・デレオン LAD
7 ジョン・グレー COL
8 フランシス・マルテス HOU
9 ロバート・スティーブンソン CIN
10 ブレント・ハニーウェル TB
  • LHP 
ランク 選手名 チーム
1 フリオ・ユリアス LAD
2 スティーブン・マッツ NYM
3 ブレーク・スネル TB
4 ショーン・ニューカム ATL
5 コディ・リード CIN
6 ショーン・マナエア OAK
7 タイラー・ジェイ MIN
8 アミーア・ギャレット CIN
9 ジョシュ・ヘイダー MIL
10 ティム・クーニー STL

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/cR9RD5

2016 Top 20 Prospects:オークランド・アスレチックス

8713205030_b281919c8f_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. フランクリン・バレット:SS
ジョシュ・ドナルドソンとのトレードでOAK入り。5-9/175と小柄ながら傑出したポテンシャルの持ち主。フリースインガーも、素早くコンパクトなスイングで高い打撃センスを示す。19ながらA+で打率.302、本塁打13、OPS.833。一方SS守備では86試合で34失策。ウィンターリーグではCFとしてプレー。

2. ショーン・マナエア:LHP
ベン・ゾブリストとのトレードでKC→OAK。6-5/235の体格から投げ込まれる97マイルのストレートは圧巻の一言に尽きる。昨14年はA+最多の146K。今秋のAFLでもリーグ最多の33K。故障の多さは不安だが、マイナー通算K/9=10.8の球威は本物だ。

3. マット・チャップマン:3B
投手として98マイルをマークしたキャノンアームの持ち主でゴールドグラバーになりうる。バッティングではパワーポテンシャルを秘めており、A+で23ホーマー&OPS.907。打率.250&三振率22.4%とコンタクトが安定せず、上のレベルでもパフォーマンスを維持できるか注目したい。 

4. マット・オルソン:1B
37ホーマーを放ちブレークを飾った昨年から一転、17ホーマー&OPS.826と成績を落としたが、それでも四球数105は優秀。コンタクト面は不安も、傑出したパワー&選球眼からアダム・ダン(元OAK)タイプのスラッガーになり得る。

5. チャド・ピンダー:SS
103K/28BBとフリースインガーながら、パワフルなスイングでを示し打率.317&OPS.847&本塁打15。次期SS候補であったプロスペクトのダニエル・ロバートソン放出に伴い、2Bコンバートを経て今季より再びSS復帰。肩は強いが26失策と粗さが目立つ。 

6.  ケーシー・マイスナー:RHP
タイラー・クリッパードとのトレードでNYMから移籍。6-7/190たる体格から高いアップサイド表を得る。実際、プロ入り時に80マイル後半だったストレートはすでに94マイルに到達。セカンドピッチのカーブも素晴らしい落差を誇る。1A&A+で25先発して13勝5敗、防御率2.45。 

7. リッチー・マーティン:SS
15年ドラフト全体20位指名。機敏な動き&守備範囲&強肩とSSとして必要な資質を全て備える生粋のディフェンダー。プロでも長くSSに止まれると見られている。打撃は大学3年時に打率.364をマークしリーグの首位打者に輝いた。将来像は2番ショート。

8. レナト・ヌネス:3B
17歳の時に$2.2Mでサイン。傑出したパワーポテンシャルで注目を得る。アプローチは66K/28BBと荒削りながら、2AではOPS.812&17本塁打をマークした。肩も強く3Bに相応しいツールのパッケージだが、守備範囲&グラブ捌きが平凡。

9. ダコタ・チャルマーズ:RHP
19にして最速98マイルを計時するストレートは6-3/175の体格からさらなる向上が見込まれる。スライダー&カーブは不安定ながらプラスピッチへとなり得る可能性を秘める。RではBB/9=7.5と制球難。デリバリーを磨いてコマンドを向上させたい。

10. ハイロ・ミュノス:SS
傘下ベストのアスリート。攻守に粗削りながら高いアップサイドを秘める。打撃ではA+&2Aで打率.230、本塁打13。パワーは体格の成熟とともに伸びるだろうと見られている。プラスの肩&スピードに支えられた守備はメジャーでもSSに止まれるレベル。

11. ディロン・オバートン:LHP
大学ではジョナサン・グレー (COL)とチームメート。トミージョン手術を経て球速は80マイル後半まで落ちたが、カーブ&チェンジアップ&コマンドに支えられた上質な投球。A+&2Aで27登板(25先発)して防御率3.43、K/BB=3.93。球威が手術前の水準に戻ればローテ入りも見えてくる。 

12. ランゲル・ラベロ:1B
ストライクゾーンの理解に富んだコンタクトヒッティングがウリ。14年には2Aで打率.309をマークし、二塁打37はリーグトップだった。今季は手首の故障により59試合の出場に止まったが打率3割&OPS8割をクリア。元々3Bを守っていたため、1B守備は優秀だが、パワーレスなのがネック。

13. ジョー・ウェンドル:2B
ブランドン・モスとのトレードでCLEから移籍。3Aでリーグトップの42二塁打を放った攻撃型二塁手。コンパクトなスイングからボールをフィールド全体に打ち分ける。また6-1/190の体格に比してパンチ力も備える。守備は2Bとして十分な守備範囲&肩を備える。

14. ミッキー・ホワイト:SS
15年ドラフト2巡指名。1巡指名のマーティンとは同じカンファレンスでプレーしていた。マーティンより守備は数段落ちるが打撃はホワイトの方が上。打撃ではヒットツールの評価が高く、出塁能力も高い。SSとしてはスピードに欠け、守備範囲に難があることから2B向きとされる。  

15. ラウル・アルカンタラ:RHP
元々はBOSと契約も、アンドリュー・ベイリー&ライアン・スウィーニーとのトレードでOAK入り。トミージョン手術からカムバックして15先発。最速96マイルのストレート&プラスのチェンジアップ&平均レベルのスライダーをコマンドよく投げ込む。コンディションが万全ならローテ半ばクラスの投手になり得る。 

16. トレイ・コクランギル:RHP
第2のカーソン・スミスだ。格別な落差を示す92-94マイルのシンカー&プラスのスライダーのコンビネーションで三振とゴロアウトの山を築く。プロ2年目で2Aまで昇格するスピード出世も、75.1回/防御率4.18/51K/37BBとコマンドに苦しんだ。

17. ライオン・ヒーリー:1B/3B
6-5/205たる恵まれた体格の持ち主で傑出したバットスピード&パワーを示す。2Aでは打率.302、本塁打10。フィールド全体を扱ったバッティングでも定評を得る。スピード&守備範囲の乏しさから3B→1B。DHが適任とも。

18. ザック・アーウィン:LHP
球速は90マイル前後とパワーに欠けるが、6フィート5の長身から投げ下ろすグランドボーラー。カーブ&チェンジアップを低めにコマンドよく集める。特にメカニクスの評価が最も高く、滑らかで無駄な動作が少ない。 R&Aでは40.1回投げて防御率1.34、K/BB=4.29。

19. クリス・コーラー:LHP
トミージョン手術による1年のブランクを経てカムバック。80マイル後半のストレートを両コーナーに投げ分け、カーブ&チェンジアップも20たる年齢に比して上質。キャリア2年でK/BB=3.63は高水準。球のリリースが見にくいフォームで打者を欺く。

20. ライアン・ダル:RHP
ドラフト32巡目ながらメジャーデビューし13試合にリリーフ登板。2A&3Aでは47試合投げて防御率0.74、K/BB=4.56。ストレートは90-92マイルと物足りないが、決め球のスライダーは被打率.192&空振り率18.2%とメジャーでも有効だった。

Plus One Prospect
ダニエル・メンデン:RHP
昨夏にスコット・カズミアー(現LAD)とのトレードでHOU→OAK。90マイル前半のストレート&スライダー&カーブ&チェンジアップをストライクゾーンに集めて打たせて取るタイプ。1A&A+で130.2回投げてK/BB=3.47と安定した内容。 

 

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/egXshW