Tag Archives: フランミル・レイエス

2019年MLBオールスター

Hyun-Jin Ryu

 

 

 

 

 

 

 

 今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィールドで行われる。クリーブランドでオールスターが開催されるのは史上最多の6回目であり、プログレッシブ・フィールドでは1997年以来2度目、球場開設25周年とこちらも節目である。

  All-Stars Starters
  American League National League
C ゲイリー・サンチェス(NYY) ウィルソン・コントレラス(CHC)
1B カルロス・サンタナ(CLE) フレディー・フリーマン(ATL)
2B DJ ルメイヒュー(NYY) ケーテル・マルテ(ARI)
3B アレックス・ブレグマン(HOU) ノーラン・アレナド(COL)
SS ホルヘ・ポランコ(MIN) ハビアー・バイエス(CHC)
OF マイク・トラウト(LAA) クリスチャン・イエリッチ(MIL)
OF ジョージ・スプリンガー(HOU) コディ・ベリンジャー(LAD)
OF マイケル・ブラントリー(HOU) ロナルド・アクーニャ Jr.(ATL)
DH J.D. マルティネス(BOS)  

 

 本コラムでは、「アメリカン・リーグ」、「ナショナル・リーグ」、「ホームランダービー」、「SiriusXM All-Star Futures Game 要注目選手」について触れている。

Written by Tsubasa Komiyama and Yu Ohkura

Photo link https://flic.kr/p/ecTugh

 

Sleeper Prospects NL West

13440695324_f77dea98ec_z

 

 

 

 

 

 

 

 現段階では名の知れていないプロスペクトである『スリーパー』を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。また、選出基準はMLB.comのチームトップ30及びFEDのチームトップ20圏外の選手とした。

  • アリゾナ・ダイアモンドバックス

ケビン・クロン:1B
C.J. クロン(LAA)の弟。15年はA+で27ホーマー&97打点&OPS.808をマーク。兄と同じく大柄なヒッティングプロスペクトで、127試合/131K/28BBとアプローチの粗さも兄譲り。キャリア2年で0盗塁とアスリート性は皆無。 

 

ザック・ゴッドリー:RHP
アウトピッチであるカッターと90マイル前半の速球主体にパワフルなピッチング。A+で防御率2.27&K/9=9.3の好成績を残すとメジャーでも9登板(6先発)して防御率3.11&K/9=8.3とパワフルな内容。 コマンドは平凡で、チーム状況から先発のデプスとしての起用になるだろう。

ホドリゴ・タカハシ:RHP
14年1月に契約するとほとんどのインターナショナル選手がDSLでプレーを始める中、いきなりRで米国デビュー。15年は歳上揃いのRで8勝1敗と好投。年齢以上に発達した投球スキルを披露。 5-11と体格は平凡も3球種をコマンドよく投げ込む。

マット・レイリー:OF
14年ドラフト3巡目。高い打撃センスの持ち主も故障などによりプロ入り2年でわずか32試合の出場のみ。現段階ではラインドライブの打球がほとんどだが、素早いスイングスピードから平均以上のパワーを秘めている。肩の弱さからLF向き。打撃で存在感を示したい。

ダニエル・ギブソン:LHP
15年はA+&2Aでリリーフとして53登板して防御率1.56&K/9=10.0&被打率.191と支配的な投球。92-95マイルのストレート&平均以上のスライダー&平均レベルのカーブ。日によってコマンドのばらつきがあるのが課題。