Tag Archives: フリオ・テヘラン

2019 NLDS Review : ATL vs STL

2446974503_c72442d844_c

 

 

 

 

 

 

 

 

今年も遂にプレーオフのシーズンに突入した。今回はブレーブス対カージナルスが激突したナ・リーグの地区シリーズのレビューをお送りする。今回のコラムでは字数の関係等から敢えて各試合の詳細なレビューは省略する。その代わりに全体を通して、勝敗を分けたポイントに言及していきたい。最終的にカージナルスが第5戦で勝利を収め次のシリーズに進んだ。

 

まずは私がシリーズ開催前に考えていたこのシリーズの勝敗を分けそうなポイントを紹介したい。

 

初めはカージナルス側の視点で考えていきたい。カージナルスは混戦のナ・リーグ中地区を制した訳だが、その最大の立役者はジャック・フラハティだ。後半戦の防御率0.91はMLB全体で1位(70イニング以上投げた投手)で、一気にエースに成長した。シーズン最終戦でも7回無失点で見事にチームを地区優勝に導いている。

 

絶対的なエースがいる以上彼が投げる試合は、他の先発投手が投げる試合よりも勝てる確率が高い。さらに地区シリーズは最終第5戦までもつれた場合移動日が2日あるので、休養を取りやすい。そう考えれば、カージナルスとしてはフラハティの登板日である第2戦と第5戦は確実に取りたいところだ。裏を返せば、3勝のうち2勝をフラハティ登板日に確保できれば残り3試合のうち1試合で勝てば突破を決める事が出来る。

 

つまりフラハティ登板試合で確実に勝ち切る事と、その他の3試合では可能な限り勝利の確率を高める(そして最終的に勝つ)事がシリーズを突破する為に不可欠になるのではないかと見ていた。

 

一方のブレーブスとしても、フラハティ登板日が肝になる。現在絶好調のフラハティが登板する日で勝てなくても、それ以外の試合で勝てればシリーズ突破は可能。シリーズを突破する為に必要なものは先に3勝する事であり、必ずしもフラハティを攻略する必要はない。だから彼の登板日とそれ以外でメリハリをつけた選手(投手)起用が重要になると見ていた。

 

Look Back 2011 BA Prospect Ranking 41~50

14936752008_458b341bb2_z

 

 

 

 

 

 

 

MLBを語るに際して決して忘れることのできないプロスペクト。見事に期待に応えてスタープレーヤーへと成長を遂げる選手もいれば、メジャーの舞台に辿り着くことすらなく消えていく選手も少なくない。一昨年、昨年と好評をいただいた当コラムだが、今年は趣向を変え、2011年版のBaseball America発表のプロスペクトランキングTOP100から上位50名を取り上げてその軌跡を振り返るとともに、2016年の成績をもとにした5年後のランキングも掲載したので合わせてお楽しみいただきたい。なお、今回は2011年版ランキングから41~50位を取り上げる。

 

2011 BAランキングと独自に作成した2016 FEDランキングの比較

順位  2011 Baseball America  2016 Far East Division 変動
1 ブライス・ハーパー WSH マイク・トラウト LAA ↗1
2 マイク・トラウト LAA クリス・セール BOS ↗↗18
3 ヘスス・モンテロ NYY ザック・ブリットン BAL ↗↗25
4 ドモニク・ブラウン PHI マニー・マチャド BAL ↗↗10
5 フリオ・テヘラン ATL アロルディス・チャップマン NYY ↗2
6 ジェレミー・ヘリクソン TB フレディ・フリーマン ATL ↗↗11
7 アロルディス・チャップマン CIN フリオ・テヘラン ATL ↘2
8 エリック・ホズマー KC ブランドン・ベルト SF ↗↗15
9 マイク・ムスタカス KC ブライス・ハーパー WSH ↘8
10 ウィル・マイヤーズ KC ゲイリー・サンチェス NYY ↗↗20
11 ジェームソン・タヤン PIT ウィル・マイヤーズ SD ↘1
12 ダスティン・アクリー SEA ビリー・ハミルトン CIN ↗↗38
13 シェルビー・ミラー STL ジェレミー・ヘリクソン PHI ↘7
14 マニー・マチャド BAL クリス・アーチャー TB ↗↗13
15 マット・ムーア TB デリン・ベタンセス NYY ↗↗28
16 マイケル・ピネダ SEA エリック・ホズマー KC ↘8
17 フレディ・フリーマン ATL ジェームソン・タヤン PIT ↘6
18 ジョン・ラム KC マット・ムーア SF ↘3
19 マイク・モンゴメリー KC マイク・モンゴメリー CHC →0
20 クリス・セール CWS ディー・ゴードン MIA ↗6
21 ジェイコブ・ターナー DET マーティン・ペレス TEX ↗3
22 デズモンド・ジェニングス TB マイク・ムスタカス KC ↘↘13
23 ブランドン・ベルト SF ブレット・ロウリー CWS ↗↗17
24 マーティン・ペレス TEX マイケル・ピネダ NYY ↘8
25 ロニー・チゼンホール CLE ランドール・デルガド ARI ↗↗11
26 ディー・ゴードン LAD ロニー・チゼンホール CLE ↘1
27 クリス・アーチャー TB トラビス・ダーノウ NYM ↗9
28 ザック・ブリットン BAL カイル・ギブソン MIN ↗6
29 カイル・ドレイベック TOR アーロン・ヒックス NYY ↗↗16
30 ゲイリー・サンチェス NYY デズモンド・ジェニングス TB ↘8
31 ケイシー・ケリー SD シェルビー・ミラー ARI ↘↘18
32 タイラー・マツェック COL ジョーダン・ライルズ COL ↗↗10
33 ジャロッド・パーカー ARI ジョン・ラム CIN ↘↘15
34 カイル・ギブソン MIN ジェイコブ・ターナー CWS ↘↘13
35 ランドール・デルガド ATL ダスティン・アクリー NYY ↘↘23
36 トラビス・ダーノウ TOR ケイシー・ケリー ATL ↘5
37 マイク・マイナー ATL ヘスス・モンテロ BAL ↘↘34
38 ブレット・ジャクソン CHC ジョナサン・シングルトン HOU ↗1
39 ジョナサン・シングルトン PHI ウィリン・ロザリオ 韓国 ↗↗10
40 ブレット・ロウリー TOR ドモニク・ブラウン TOR ↘↘36
41 マニー・バニュエロス NYY カイル・ドレイベック ARI ↘↘12
42 ジョーダン・ライルズ HOU トニー・サンチェス LAA ↗4
43 デリン・ベタンセス NYY マイク・マイナー KC ↘6
44 ヘンリー・メヒア NYM マニー・バニュエロス ATL ↘3
45 アーロン・ヒックス MIN タイラー・マツェック COL ↘↘13
46 トニー・サンチェス PIT トレイ・マクナット SD ↗2
47 アレックス・ホワイト CLE ジャロッド・パーカー OAK ↘↘14
48 トレイ・マクナット CHC アレックス・ホワイト 無所属 ↘1
49 ウィリン・ロザリオ COL ブレット・ジャクソン 無所属 ↘↘11
50 ビリー・ハミルトン CIN ヘンリー・メヒア 追放 ↘6

※2016年球団に所属しており、かつシーズン終了後FAの選手は2016年にプレーした球団を記載