Tag Archives: ブレイク・パーカー

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

33677358598_c735df831c_z

 

 

 

 

 

 

 シーズンの大半を首位で過ごし続けたツインズ。トレード戦線ではリリーフ投手を中心に補強を展開した。マイアミ・マーリンズからセルジオ・ロモ(RHP)とサンフランシスコジャイアンツからサム・ダイソン(RHP)を獲得した。ツインズはブルペンに若干の不安を残していて特にクローザーはシーズン前に補強したブレイク・パーカ(RHP)期待外れに終わったこともあり、的確な補強と言えるのではないか。

 ブルペンは4年目のテイラー・ロジャーズ(LHP)、トレバー・メイ(RHP)、タイラー・ダフィー(RHP)、無名の新人ライン・ハーパー(RHP)が充実のシーズンを送っていて、獲得した両投手もプレーオフ経験があり厚みは増した。しかしダイソンは加入早々プレーオフとは無縁のマーリンズ相手に打ち込まれ、直後にIL入りと不安な船出。10月の戦いを考慮するとブルペンの怪我人続出はなんとしてでも避けたいところだ。

 ツインズは今回のトレードはブルペンがメインで先発投手や野手の目立った補強には動かなかった。野手は歴史的ハイペースでホームランを量産していて特に生え抜きの若手マックス・ケプラー(RF)、ホルヘ・ポランコ(SS)等と新加入組のネルソン・クルーズ(DH)、CJ・クロン等が見事にマッチしている。先発投手はホセ・ベリオス(RHP)とジェイク・オドリッジ(RHP)を中心に奮闘している。

 地区優勝さらにその先のプレーオフを勝ち抜くためにツインズはブルペン投手2人を獲得したが、先発陣の層の薄さは否めない。もちろん若く才能に溢れた選手がメジャーにもマイナーにも多くいるので長期的な視野を持ってでの補強は理解できる。だがマディソン・バムガーナーなどのエース級(LHP)は無理でもマーカス・ストローマン(RHP)やザック・ウィーラー(RHP)などの先発2〜3番手クラスの投手ならツインズのファーム組織を考慮しても獲得は不可能ではなかったはずだ。

 地区優勝筆頭候補ではあるがプレーオフではアストロズやヤンキースなどの重量級打線は避けて通れない。課題も散見する

1 層が薄いだけに先発投手がどれだけ試合を作れるか

2 また今季のツインズのオフェンスは長打力はあるが機動力が全くと言っていいほど使わないのもネックなところ。

3 そして最大の懸念はやはり選手のコンディションであろう。本来中心となって活躍してなければならないミゲル・サノー(3B)やバイロン・バクストン(CF)は怪我が多く、ネルソン・クルーズ(DH)も年齢を考えるといつ成績が落ちても不思議ではない。

 これらのいくつかのハードルを乗り越えた先に28年振りのワールドチャンピオンが待っている。

 

※9月3日に執筆された記事です。

 

Text by Eiji Kato

Photo link https://flic.kr/p/TiXgpL

2018 Team Preview : ロサンゼルス・エンゼルス

9020912875_0ae79eeec7_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地球場:エンゼルス・スタジアム・オブ・アナハイム

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml26/

 

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ

2.4~5.5m

パークファクター *平均100
安打 93.6
ツーベース 82.8
スリーベース 60.0
HR 105.6
得点 91.0

 

・予想オーダー

1, イアン・キンズラー:2B

オフにトレードでタイガースから加入した。今年で36歳を迎えるベテランだが、持ち味のパンチ力は相変わらずで、昨シーズンも20本塁打をクリアした。しかし昨シーズンは低打率に苦しみ打率.236はキャリアワーストの数字。衰えは多少気になるが、経験豊富なベテランの加入はチームにとっても大きいだろう。

2, ザック・コザート:3B

オフの大補強の内の1人。昨シーズンはほとんどの数字でキャリア最高の成績を残し、オールスターにも出場するなど大ブレイクを果たした。昨シーズンの活躍がフロックでないことを示すためにも今シーズンの活躍にも期待したい。レッズではショートを守っていたが、アンドレルトン・シモンズがいるためエンゼルスでは三塁に転向する。

3, マイク・トラウト:CF

言わずと知れたメジャーリーグの顔。昨シーズンも進化は止まらず出塁率、OPSなどでキャリア最高の数字。怪我がなければ2年連続3回目となるMVPの受賞は間違いなかっただろう。怪我の心配から減っていた盗塁数も戻ってきており、三振の多さも改善傾向にあるなど完璧な選手に近づいている。

4, ジャスティン・アップトン:LF

昨シーズン途中にトレードでタイガースから加入した。昨シーズンは数々の数字でキャリアハイを記録し5年106Mの大型契約でエンゼルスと契約延長した。三振数ではワーストの数字など心配な点もあるがその長打力を武器にチームのポストシーズン進出に貢献したい。

5, アルバート・プホルス:DH

2000年代を代表するスーパースターも38歳を迎えた。衰えを隠せず、昨シーズンは遂にOPSで.700を割ってしまうなど散々な数字。21年まで大型契約が残っているなどチームにとっても大きな負担となってしまっている。今シーズンは通算2000打点に期待が掛かる。

6, コール・カルフーン:RF

パンチ力が持ち味の打者。昨シーズンは低打率に苦しんだが、19本塁打、BB%=10.9%と持ち味は発揮した。昨シーズン開幕前に3年契約を結んでおり、今シーズンはその契約の2年目となる。昨シーズンは2番での出場が主だったが、大型補強に伴い今シーズンは下位打線からチームを支えるバッティングに期待したい。

7, アンドレルトン・シモンズ:SS

現役最高の守備力を誇るショート。昨シーズンは打撃での成長を見せ、13年以来となる二桁本塁打をクリア、OPSもキャリア最高となる.752を記録した。さらにはこちらもキャリア最高となる19盗塁も記録するなど守備だけの選手というイメージは完全に払拭された。守備の良さも変わらず、3年ぶりとなるゴールドグラブ賞も受賞した。

8, ルイス・バルブエナ:1B

移籍初年度となった昨シーズンは持ち味のパワーを発揮し、22本塁打を記録したが、深刻な低打率に苦しみ10年以来となる打率一割台を記録してしまった。BB%=12%と選球眼の良さは相変わらずで今シーズンはこれを維持しつつ打率の改善に努めたい。

9, マーティン・マルドナード:C

ブルワーズではバックアップにとどまっていたが、エンゼルス移籍を機にスターターとなり開花、初めてのゴールドグラブ賞の受賞など大きな成長を見せたシーズンとなった。盗塁阻止率40%前後を記録する強肩が武器で今シーズンも相手チームにとっての脅威となるだろう。