Tag Archives: ブレイン・ボイヤー

2018 Team Preview : カンザスシティ・ロイヤルズ

Kansas City Royals left fielder Alex Gordon (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

40人ロスターはリンクより参照

 

本拠地:カウフマンスタジアム

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml03/

 

広さ
レフト 100.6M

センター

125M
ライト 100.6M
フェンス高さ 2.4M
パークファクター平均*100
安打 109.2
ツーベース 125.6
スリーベース 157.1
HR 78.3
得点 117.1

 

・予想オーダー

 

1.ジョン・ジェイ:LF

カブスからFAとなり、1年300万ドルでロイヤルズに移籍してきたベテラン。昨シーズンは141試合に出場し、.296/.375/.749と安定した成績を残した。外野の3ポジションをこなせるユーティリティプレーヤーで、昨シーズンは無失策。移籍したロレンゾ・ケインの後釜として、今シーズンもプラトーンでの起用が多くなるだろう。

2.ウィット・メリフィールド:2B

2010年に9巡目指名を受け、MLBの舞台に這い上がってきた選手。昨シーズンは145試合に出場し、.288/.324./.784という成績だった。また、34盗塁を記録し、盗塁王のタイトルを獲得。昨シーズンはホームランを急増させパンチ力が増した。今オフにはTBSで元日に放送された番組に出演している。

3.マイク・ムスタカス:3B

コントラクトイヤーの昨シーズンはキャリアハイの38本塁打を放ち、満を持す形でFAを迎えたが、市場の歴史的な停滞の被害を受け、1年650万ドルと当初の予想より遥かに安い金額で再契約。チームの状況次第ではトレードも十分に考えられる。

4.サルバドール・ペレス:C

チームの看板選手。6年5250万ドルの契約の3年目を迎える。昨シーズンは故障もあり129試合の出場に留まったが、.268/.297/.792、27本塁打という成績で持ち前のパワー十分に発揮した。開幕直前、荷物を運んでいる際に膝を故障。4~6週間の離脱を余儀なくされた。ペレスの復帰までは日米野球で来日したドリュー・ビュテラが捕手を務めることになる。

5.ルーカス・ドゥーダ:1B

レイズからFAとなり、1年350万ドルで移籍してきた。昨シーズンは30本塁打をクリアした一方で打率は.217、K%=27.5%とキャリアワースト。荒さはあるがパワーが魅力。エリック・ホズマーの後釜として期待。

6.ホルヘ・ソレーア:RF

ウェイド・デービスとのトレードでカブスから移籍してきて2年目を迎える。昨シーズンは故障もあったが、極度の不振に陥り、期待外れの成績に終わってしまった。スプリングトレーニングでは打率.230ながら6本の本塁打を放った。

7.アレックス・ゴードン:CF

4年7200万ドルという大型契約の3年目。昨年はGG賞を受賞するなど相変わらず守備は一級品。心配なのは打撃面で、.208/.293/.608と16年シーズンよりも成績を落としている。スプリングトレーニングでも55打数7安打、本塁打0と不振は続いている。

8.チェスラー・カスバート:DH

ブレイクした2年前から一転、昨シーズンは手首の故障で出場機会が限られた。25歳と若く、打撃面では荒さも見られるが、本塁打を安定して15~20本打てるだけの能力は秘めている。ポジションは埋まっているが、1塁、3塁での出場機会も得られるかもしれない。

9.アルシデス・エスコバー:SS

FAとなっていたが、1年250万ドルで再契約。2年連続で全試合出場を記録するなど頑丈さが売りになっている。成績が緩やかに下降していることが不安材料となっており、期待の若手、ラウル・モンデシーの状況次第では立場が危うくなる可能性も。

2017 Team Preview:アトランタ・ブレーブス

27167903754_776a4abdf0_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す 

  •  本拠地:サントラスト・パーク
※サントラスト・パークは新球場につきデータなし
他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml28/

 

予想オーダー

1. エンダー・インシアーテ:CF
美技連発の外野守備が魅力で、ここ3シーズンで残したDRS+64は、外野手の中ではケビン・キアマイアー(TB)、ジェーソン・ヘイワード(CHC)に次ぐメジャー第3位。打撃面でもキャリアハイとなる出塁率.351&四球率7.8%をマークし、リードオフマンとしての役割を十分に果たした。オフには5年+オプション1年の契約延長を結んだ。

2. ブランドン・フィリップス:2B
 今オフに11シーズン在籍したレッズからトレードで加入。オールスター選出3度&ゴールドグラブ受賞4度の輝かしい実績を誇るベテラン。昨季はここ4シーズンでベストとなるOPS.736をマークしたが、DRSはキャリアワーストタイとなる-7に落ち込むなど自慢の二塁守備には陰りが見えている。有望株のダンズビー・スワンソン&オジー・アルビースの教育係としても期待されている。

3. フレディ・フリーマン:1B
ブレーブスの看板選手。昨季は両リーグ5位となるOPS.968、キャリアハイとなる34本塁打&四球率12.8%をマークするなど自己最高のシーズンを送った。また、球界屈指のクラッチヒッターとしても知られており、通算で得点圏に走者を置いた場面では、打率.308&OPS.941を誇る。今年3月に行われたWBCではカナダ代表の一員としてプレーした。

4. マット・ケンプ:LF
11年にはMVP得票で2位に食い込んだこともあるドジャースの元看板選手。度重なる故障により過去にゴールドグラブ2度&シーズン30盗塁以上3度の守備走塁は大幅に劣化したが、昨季は35本塁打&108打点をマークするなど打撃力は健在。また、リーグ最多の12犠飛を放つなど勝負強さも備える。スーツをこよなく愛すナイスガイ。

5. ニック・マーケイキス:RF
ほぼ毎年安定して「打率.280~.295前後&10~15本塁打」をクリアしているソリッド・パフォーマー。キャリア11シーズンで155試合以上出場したシーズンが9度あるなど故障にも強い。外野守備ではゴールドグラブを2度受賞しており、強肩を武器に現役選手3位タイの102補殺をマークしている。ここ数年は守備指標が落ち込んでいたが、昨季のDRS+10はここ8シーズンではベスト。

6. ダンズビー・スワンソン:SS
「次代のデレク・ジーター(元NYY)」の異名を持つスター候補。15年のドラフトでダイアモンドバックスから全体1位指名を受けたが、その半年後にシェルビー・ミラーをメインパッケージとしたトレードでブレーブスへ放出された。昨季はメジャーデビューも果たし、38試合で打率.302&3本塁打&OPS.803をマークし、今季は新人王候補の1人に挙げられている。「ダンズビー」は母親の旧姓。

7. アドニス・ガルシア:3B
メジャー通算で四球率3.8%と極端なフリースインガーだが、2年連続で「打率.270&二桁本塁打」をクリアするなど打撃のポテンシャルは高い。特に、昨季はオールスター以降に打率.249→.293、OPS.636→.789と成績を上げており、今季は開幕から打ちまくってほしいところ。弟のアドリスは昨季読売ジャイアンツでプレーした後、今年2月に契約金250万ドルでカージナルスと契約を結んだ。

8. タイラー・フラワーズ:C
昨季はドラフト指名を受けたアトランタに復帰。三振の多さは相変わらずだが、自己最高となる打率.270&OPS.777をマークするなどプチブレーク。しかし、守備面では盗塁阻止率4.8%&DRS-12と動きの鈍さを露呈してしまった。今季はベテランのカート・スズキと正捕手争いを演じることになる。 

9. 投