Tag Archives: ブロンソン・アローヨ

セプテンバーコールアップ NL編

492525455_344c6ea037_z

 

 

 

 

 

 

シーズンのMLBもいよいよ終盤戦に差し掛かり、レギュラーシーズンは残すところ1ヶ月となった。9月に入りアクティブロスターが25人から40人に拡大され、多くのプロスペクトがメジャーに昇格している。ここでは各地区1名ずつ昇格を果たしたプロスペクトを紹介していく。

 

トゥキ・トゥサント:RHP アトランタ・ブレーブス

 今季8月13日のマイアミ・マーリンズ戦でメジャーデビュー。6回2被安打2与四球4奪三振1失点と打線を抑え、デビューを勝利で飾った。今月の3日にはボストン・レッドソックス戦に先発したが、4.2回4被安打2与四球6奪三振3失点で敗戦投手となっている。

 2014年のドラフトでダイヤモンドバックスから全体16位で指名され入団。翌年、ブロンソン・アローヨと共にトレードでブレーブスに加入。FED制作によるチーム別TOP20プロスペクトに2度選出されている(2016年9位→2017年18位)。

 球種は速球、カーブボール、チェンジアップである。好評価の速球は、90マイル中盤のフォーシームと90マイル台のツーシームの2つ。ただしリリースポイントの安定性が課題。傘下トップの質を誇るカーブは、70マイル中盤の12-6カーブでありマネーピッチだ。チェンジアップは80マイル後半であり変化量は平均以上だが、メカニクスが課題。ハイポテンシャルなタレントと称されながらも、メカニクスが不安定であるためにコントロールやコマンドが悪くマイナーで燻っていたが、2018年にBB/9とS%を改善しメジャー昇格を果たした。メカニクスは現在も課題だが、運動能力が高いこともあり改善される見通し。

 奪三振(マイナー通算K/9=9.46)と与四球(マイナー通算BB/9=4.31)が共に多いピッチングであり、コンディションにムラがある。先の通りコマンドが悪いことが問題となっているが、ポテンシャルで補うことが出来るだろう。スターターとしては4~5番手レベル。ブレーブスは投手のプロスペクトが飽和状態であり、リリーバーに配置転換される可能性も充分あるだろう。

 

2016 Team Preview:ワシントン・ナショナルズ

23827420496_e55cbdb493_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す 

  • 本拠地:ナショナルズ・パーク
他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml30/

 

広さ
レフト 102.4m
センター 122.5m
ライト 102.1m
フェンス高さ  3.6~4.2m
パークファクター *平均100 
安打  99.2
ツーベース 104.9
スリーベース 50.0
HR 100.3
得点 100.0

 

  • 予想オーダー

1. ベン・リビア:CF
ドリュー・ストーレンとのトレードでTORから移籍。小柄で非力だが、3年連続で打率3割をクリアしているコンタクトヒッター。昨シーズンは俊足を武器に両リーグ4位の内野安打数、同5位の31盗塁を稼いだ。通算四球率は4.4%とリードオフとしては物足りないが、ボール球スイング率はメジャー平均を下回っており、選球眼自体は悪くない。メジャーでも1、2を争う弱肩として知られ、ここ2年間のrARM(送球による守備防御点)は-11で、両リーグワースト。 

2. ダニエル・マーフィー:2B
ライバル球団のNYMから3年$37.5Mで移籍。昨年のポストシーズンでは神がかり的な活躍を見せ、特にNLCSでは4試合で4本塁打を放ちMVPを受賞。球界屈指のコンタクトヒッターとして知られており、 昨シーズンはキャリア最高の三振率7.1%&本塁打14をマーク。確実性を維持しつつ長打力を向上してみせた。また打率.281は例年とほぼ変わらない数字だが、BABIPが.278と例年と比べて極端に低く、今年も昨年と同じ水準でインプレーの打球を生み出すことができれば打率3割も十分可能だろう。キャリア通算DRS-42と守備は不得意で、チーム状況によって一塁や左翼に回ることも了承している。

3. ブライス・ハーパー:RF
昨シーズン前に「ESPN」の「メジャーリーガーが選ぶ最も過大評価されている選手」にノミネートされたが、リーグ最多の42本塁打を打つなど歴史的な打撃成績を叩き出し、史上最年少での満票MVPを獲得した。また、昨シーズンにハーパーが残したOPS1.109は04年のバリー・ボンズ以来の数字で、22歳の選手としては打撃の神様テッド・ウィリアムズに次ぐ歴代2位。 ダスティ・ベイカー新監督は就任時に「ハーパーは俺の息子さ」とコメントしていたが、春季キャンプではハーパーの名前を「”ロイス”・ハーパー」と間違え続けていた。

4. ライアン・ジマーマン:1B
チームの看板選手だが、故障離脱が毎年恒例となっている。昨シーズンは95出場にとどまったが、16ホーマーを放ち、また両リーグ2位の10犠飛と勝負強さは健在だった。ISO.217は33本塁打を打った09年に次ぐキャリア2番目の数字で、シーズンを健康に過ごせれば十分復活の可能性は考えられる。肩の故障とイップスにより昨シーズンから本格的に一塁へのコンバートを余儀なくされたが、三塁でゴールドグラブを獲っているだけあってグラブ捌きやバント処理はお手の物だった。オフには薬物使用疑惑も浮上したが、本人はこれを否定している。

5. アンソニー・レンドン:3B
14年にはシルバースラッガー賞を受賞し、MVP得票で5位に輝いたが、昨シーズンは度重なる故障に泣かされ、80試合の出場にとどまった。手首を柔らかく使ったスイングでライナー性の打球を量産し、キャリア通じてボール球スイング率21%と選球眼も良い(メジャー平均は31%)。 昨シーズンは二塁での起用が多かったが、本人の守りやすさを考慮して今シーズンから再び三塁に戻る。春季キャンプでは「I ♡ Taylor Swift」のTシャツを着て取材陣の前に現れた。

6. ジェーソン・ワース:LF
昨シーズンはスピード違反により刑務所生活も経験したクラブハウスのボス。年俸$21Mはチームではマックス・シャーザーに次ぐ高給取りだが、昨シーズンは故障離脱もあり、メジャー定着以降最悪のOPS.685に終わった。球界でも有数の選球眼と粘り強さを持っており、10シーズン連続で四球率は10%を超えている。 昨シーズンはライトからレフトにコンバートされたが、DRS-11と守備の劣化を隠し切れておらず、かつての強肩もキャリアワーストのrARM-3を記録するなど衰えが隠せない。

7. ウィルソン・ラモス:C
打撃はキャリアワーストも、守備はキャリアハイ。打率、出塁率、長打率でキャリアワーストを記録し、特に出塁率.258は両リーグワーストの数字だった。 オフにはあまりの頼りなさにジョナサン・ルクロイ(MIL)らのトレード話も浮上した。一方で守備では両リーグトップのDRS+9、リーグ2位の盗塁阻止率44.4%と打撃先行型捕手という今までのイメージを覆す活躍を見せ、ゴールドグラブの最終候補まで残った。故障の多い選手として知られているが、昨シーズンの125試合出場はキャリアハイ。今シーズン限りでFAになる。

8. ダニー・エスピノーザ:SS
トッププロスペクトのトレイ・ターナーが独り立ちするまでは遊撃のレギュラーを務めることになる。ここ数年は打撃不振に悩まされていたが、昨シーズンは12年以来となる2桁HRとOPS7割超え。 昨年の春季キャンプでは右打席に専念するという話も浮上したが、結局スイッチヒッターを続け、左打席で13本中10本塁打を打つなど苦手を克服。守備では二塁手として両リーグ3位のDRS+10、両リーグ1位のUZR+10.3を記録し、今シーズンより遊撃手に回る。元々プロ入り時は遊撃手で、配置転換も問題ないだろう。

9. 投