Tag Archives: ホセ・フェルナンデス

Weekly Report:Week-8

18102311695_8c763795fb_z

 

 

 

 

 

 

 

つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-8のキーワードは「600本塁打」「ノーヒットノーラン」「満塁ホームラン」だ。

 

・600本塁打

6月4日、エンジェル・スタジアム・オブ・アナハイムで行われたエンゼルスとツインズの試合、4回裏にエンゼルスのアルバート・プホルスがレフトスタンドへ放った今シーズン第9号となる満塁弾は、プホルスにとってMLBで放った600本目の節目となるアーチであった。

現在37歳、ドミニカ共和国出身のプホルスは2001年にカージナルスでMLBデビュー。広いスタンスの特徴的なフォームで1年目から打率.329&37本塁打&130打点と好成績を残すと、そこから10年連続で打率3割、30本塁打、100打点をクリアする圧倒的な打撃を見せ、間違いなく2000年代最高の選手の一人となった。そうして積み重ねたホームランもついに600本の大台へ乗った。長いMLBの歴史で、600本塁打をクリアしているのは今回のプホルスを含めわずか9人だけである。

ちなみに、2001年時点で600本塁打をクリアしていたのはわずか3人(ベーブ・ルース、ウィリー・メイズ、ハンク・アーロン)だけであった。そこから16年のうちに、バリー・ボンズ、アレックス・ロドリゲス、ケン・グリフィー・ジュニア、サミー・ソーサ、ジム・トーミ、そして今回のプホルスの6人が新たにこの大記録に到達している。さて、次にこの大台に乗る10人目はいつ現れるのだろうか。現役でプホルスに次ぐ通算本塁打を記録しているのは、現役最高打者の呼び声高いタイガースのミゲル・カブレラの451本だ。しかしそんなカブレラも現在34歳、打撃技術はまだまだ衰えを感じさせないものの、怪我が増えていることもあり達成は簡単ではないだろう。やはりプホルスを見ていてもわかるように、600本塁打を達成するには卓越した打撃技術に加え、試合に出続ける健康な体も必要不可欠だ。そういう意味では、25歳ながらすでに184HRを放っているマイク・トラウト(LAA)を筆頭にハーパー(WSH)、スタントン(MIA)、ブライアント(CHC)などの若い世代のパワーヒッターたちが怪我なくプレーし将来この記録を達成してくれることを願いたい。

 

Weekly Report:Week-26

13551396753_52b5e0e9e9_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-26のキーワードは、「16」「ワイルドカード」「ビッグ・パピ」だ。

 

・16

国時間9月25日、球界は一つの類稀なる人材を失った。マイアミ・マーリンズのエース、ホセ・フェルナンデスだ。同日未明に友人とボートで釣りに出かけたフェルナンデスはわずか24歳にしてこの世を去ることになった。

このニュースは全米で報道され、球界全体が彼の死を嘆いた。中でも衝撃を受けていたのはフェルナンデスと同じくキューバ出身の選手達だ。各球団のキューバ選手達はフェルナンデスの背番号16を記したユニフォーム型のプレートをダグアウトに掲げるなどして、追悼の意を示した。

また、彼の所属していたチーム、マイアミ・マーリンズは、彼が亡くなった翌日のニューヨーク・メッツ戦でフェルナンデスの追悼試合を行った。選手達は全員フェルナンデスの背番号である16のユニフォームを着用し試合に挑んだ。試合前には選手がマウンドに集まり、フェルナンデスへのメッセージを記した。そしてチームの主砲、ジャンカルロ・スタントンを中心に円になり、士気を高めた。

初回、マーリンズの先頭バッター、ディー・ゴードンは本来左打ちだが、フェルナンデスへの追悼の意を込め、彼のヘルメットをかぶりに右打席へ。メッツの先発、バートロ・コローンの投じた初球を見逃し、左打席に切り替えた。

野球の神様が姿を現したのはこの直後だ。左打席に入ったゴードンはコロンの投じた3球目のツーシームを振り抜き、ライトスタンドへ今シーズン1号ホームラン。ゆっくりと噛み締めるようにベースを一周した彼はホームに到達すると、目に涙を浮かべて天を仰いだ。そんな彼を熱い抱擁で次々と出迎えるマーリンズベンチ。そこには確かに、野球の神様とでもいうべきものが存在したかに見えた。

フェルナンデスを悼む試合はマーリンズ以外の試合でも行われた。各球場で追悼式が行われ、全米のメジャーリーガーが彼の死を悼んだ。ゲームでは、フェルナンデスと同郷の幼馴染だったセントルイス・カーディナルスのアレドミス・ディアスが、自身初の満塁ホームラン。チームがワイルドカード争いで奮闘する中、貴重な1勝をもたらした。実はこの前日、ディアスはフェルナンデスの葬儀参列のため、チームに離脱を申し入れていた。彼の死を1日かけて受け入れた彼の、亡き友に捧げるグランドスラムとなった。

後日、フェルナンデスの背番号であった16が、マーリンズの永久欠番になるとこが決まった。彼の野球選手としての生き様は、永遠に刻まれることとなる。

 

Weekly Report: Week-20

8758579269_e5fe9340e3_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-20のキーワードは「ホセ・アルトゥーベ」「ホームラン」「ホセ・フェルナンデス」だ。

 

  • アルトゥーベ

月、イチローがメジャー通算3000本安打を達成したが今週はそれに続くべくイチローと同じヒットメーカーである若武者がその背中を追ってメジャー通算1000本安打を達成した。

アルトゥーベは現地時間の816日のカージナルス戦に3番セカンドでスタメン出場。アストロズは初回、アレックス・ブレグマンの2ランで同点に追いつくとアルトゥーベもレフトにヒットを放ち畳みかける。

さらに1点リードして迎えた4回裏の攻撃。23塁のチャンスでアルトゥーベの第3打席が回ってくる。ここでライトへのクリーンヒットでリードを2点に広げるとともに自身の通算1000本安打に王手をかける。続く第4打席は凡退し、1000本安打を前に足踏みするかと思われた9回裏の第5打席。カージナルスのクローザーであるオ・スンファンの直球をとらえレフト前ヒットを放ち通算1000本安打を達成した。

 

彼の1000本安打で特筆すべき点は何といっても達成するスピードであろう。

出場768試合での通算1000本安打到達は現役選手ではイチローの696試合に次ぐ驚異的なスピードなのである。

2011年にメジャーデビューを果たしたアルトゥーベは2年目の2012年は147試合だったものの、2013年からは昨年まで4年連続して150試合以上に出場し続けている。そして2014年に打率.341で首位打者、56盗塁で盗塁王を獲得し俊足のアベレージヒッターとして名を上げる。ちなみにこの年は最多安打にも輝き、イチロー以来となる首位打者、盗塁王、最多安打の同時獲得を果たした。

また、昨年まで2年連続でシーズン200本安打を達成。今シーズンも現地816日終了時点で170本の安打を記録するなど3年連続のシーズン200本安打に向けて視界は良好である。そして、彼は身長が5フィート6インチ(168センチ)と非常に小柄であるのだが今シーズンはパワーの面においても進化を見せている。現地816日終了時点ですでにキャリアハイとなるホームラン、打点をマークしている。さらにOPSもキャリアハイとなるペースである。

アルトゥーベ自身もゆくゆくは2000本、3000本と安打を積み重ねてゆく選手となるであろう。ヒューストンの小さな大打者に敬意を表するとともにこれからの栄光に胸を膨らませたい。

 

2016 Team Review:マイアミ マーリンズ

21472274812_1fb2783421_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:マーリンズ・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml07/

 

広さ
レフト 104.9M
センター 124.1M
ライト 102.1M
フェンス高さ

1.7~3.4M

パークファクター平均*100
安打 99.0
ツーベース 94.0
スリーベース 122.6
HR 74.0
得点 95.0
  • 予想オーダー

1.ディー・ゴードン:2B
昨シーズンは史上2人目となる首位打者、盗塁王、最多安打、ゴールドグラブ賞の同時受賞。攻守ともに移籍1年目にして大きくレベルアップしたシーズンとなった。特に守備面では、DRSが前年の-5から+13へ飛躍的に向上。しかし、走塁面では2年連続で盗塁王を獲得した一方で、リーグ最多の20個の盗塁死を記録。試合後のインタビューでチームメイトにダンクシュートをお見舞いする。

2.マーセル・オズーナ:CF
一昨年にはHR23本も、昨年は不振。79試合で4本とHRが出ず、マイナー落ちとなった。8月にメジャーに復帰してからは復調し、9,10月は.301/.357/.466のスラッシュラインであった。右投手に対し打率.241、左投手に対し打率.341と左投手を得意とした昨シーズンだったが、放ったHR10本中8本は右投手からだった。バリー・ボンズ氏の打撃コーチ就任がどんな影響を与えるか。

3.クリスチャン・イェリッチ:LF
腰痛の影響からシーズン序盤は不振に陥り打率1割台の低迷が続いたが、最終的には.300/.366/.416のスラッシュラインをマーク。10月3日のPHIとのダブルヘッダーでは8打数連続安打を含む10打数9安打の大暴れ。前年ゴールドグラブ賞を獲得したレフトの守備ではDRS+13を記録。一方、36試合守ったセンターではDRS-5だった。

4.ジャンカルロ・スタントン:RF
メジャー屈指の長距離砲。 昨季は開幕からホームランを量産し、6月は12HR&OPS1.204と驚異的な数字。しかし、6月26日のドジャース戦で空振りをした際、左手首を骨折。そのままシーズンを終えることとなった。ライトの守備ではDRS+9をマーク。まさにチームの心臓であり、ケガなくシーズンを過ごせるかどうかがチームの成績に直結するだろう。

5.ジャスティン・ボーア:1B
13年オフにルール5ドラフトでCHCから入団。昨シーズンはマイケル・モースの故障により5月にレギュラーの座をつかむと打率.262、23本塁打の成績を残し、新人王投票5位に入った。左投手に弱く、昨季放ったホームランはすべて右投手から。チャンスに強く、得点圏ではOPS.981、9本塁打、57打点をマークした。守備と走塁は平均以下。

6.マーティン・プラド:3B
毎年安定した成績を残すユーティリティプレーヤー。NYYから移籍してきた昨季は、.288/.338/.394と例年通りのスラッシュラインをマーク。9試合のみセカンドで先発出場した他はすべてサードを守り、DRS+9と安定感のある守備を披露した。

7.J.T.リアルミュート:C
14年にはMLB.comのプロスペクトランキングでチーム5位に入った有望株。昨シーズンは序盤にジャロッド・サルタラマキアがチームを去り、以降正捕手に抜擢されると打率.259、HR10本をマークした。7本の三塁打を放つなど捕手としては珍しい俊足の持ち主である。四球率4.1%と選球眼に課題。盗塁阻止率は27%と及第点だが、パスボール11個の捕球技術は改善の余地がある。

8.アデイニー・エチェバリア:SS
昨シーズンはDRSが+9と前年の-3から大幅に上昇。評判の高い守備が数字にも表れた。打撃では、HRが1→5本と増えたものの、パワー不足は否めない。また、BB%は4.6と選球眼も悪い。定位置の8番で起用された試合では3割を超えるアベレージを残している。今年こそ打撃面で成長したいところだ。

9.投手