Tag Archives: ホセ・レイエス

2017 Team Preview:ニューヨーク・メッツ

20697486276_87391afa84_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

 

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

 本拠地:シティー・フィールド

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml20/

 

広さ
レフト 102.1m
センター 124.4m
ライト 100.6m
フェンス高さ 2.4m
パークファクター平均*100
安打 88.7
ツーベース 83.8
スリーベース 45.5
HR 109.0
得点 98.8

 

・予想オーダー

 

1. ホセ・レイエス:3B

オールスタ−4度、通算488盗塁の俊足スイッチヒッターも、33歳になり全盛期のスピードやパワーはなくなった。それでも昨季は慣れ親しんだ古巣NYMに復帰するとまだまだ戦力になれることを示した。開幕はデビット・ライトの故障で空いた3Bのポジションで。

 

2. カーティス・グランダーソン:CF

昨季は30HRを記録したものの、打点が59止まり。30HRを放った選手の中でMLB史上最も少ない打点という不名誉な記録を、ジェド・ジョーコ(STL)とともに達成した。昨季.152だった得点圏での打率の向上に期待。

 

3. ヨエニス・セスペデス:LF

オフにFAとなるも4年1億1000万ドルの大型契約で再契約したキューバ出身の主砲。MLBデビューから5年連続20HR以上、特にここ2年はOPS.870&31HR以上と安定した活躍が期待できる点も魅力。球界屈指の強肩で守備でも魅せる。WBC終了後には元同僚イアン・キンズラー(DET)のアメリカとラテンの試合中の感情表現についての意見に反論し話題になった。

 

4. ジェイ・ブルース:RF

昨季途中にCINから移籍。移籍前は97試合でOPS.875&25HR&80打点で打点王と、自己最高ペースの好成績を残していたものの、移籍後は嘘のように不振に。50試合でOPS.685&8HR&19打点とチームに勢いをつける補強のはずが逆に足を引っ張ってしまった。打撃では左投手が苦手で、守備でもあまり貢献できないが、4番の働きができるか。

 

5. ニール・ウォーカー:2B

FAとなるもクオリファイング・オファーを受け入れ1年1720万ドルで残留。OPS.823&23HRと好成績。スイッチヒッターで右打席の方が好成績だが左打席でも十分な成績を残す。怪我さえなければ安定した成績を残せる好選手。

 

6. アズドルバル・カブレラ:SS

二遊間を組む5番のウォーカーと同じくスイッチヒッターのベネズエラ出身SS。昨季はNYM1年目だったが自己最高クラスの打撃成績を残した。左右どちらも苦にはしないが、左打席はパワー、右打席は確実性を重視したスタイル。

 

7. ルーカス・デューダ:1B

パワーと、打率より1割ほど高い数値を記録する出塁率が売りの長距離砲。昨季は怪我に苦しみ満足にプレーできなかった。ドラフト時からNYM一筋。怪我に気をつけ、ホームランの量産を求められる。

 

8. トラビス・ダーノー:C

正捕手の素質は十分ながら、正捕手の座を掴みかけるたびに故障に邪魔される。MLBで4年を過ごすがフルシーズンで出場したことはない。もう28歳と若くはなく、そろそろ1年健康に出場して実力があることを示したい。ルックスも性格も良く、信頼される選手であるという点では、同じく常に故障に悩むNYMの顔デビット・ライトと被る。

 

9. 投手

 

Weekly Report:Week-14

Boston Red Sox at Baltimore Orioles April 28,  2011

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-14のキーワードは「フォートブラッグ」「デビッド・オルティズ」「ホセ・レイエス」だ。

 

  • フォートブラッグ

地時間の7月3日、米プロスポーツ界に新たな歴史が刻まれた。米プロスポーツ史上初めての軍事施設内での公式戦がノースカロライナ州にあるフォートブラッグ陸軍基地で行われたのである。

同基地は2011年にオバマ大統領がイラク戦争終結を宣言する演説をしたことでも知られている。この試合は4日の米国独立記念日を祝う行事の一環として行われたもので、どちらもナ・リーグの東部地区に所属する、マイアミ・マーリンズとアトランタ・ブレーブスが対戦した。

基地内に存在する野球場はこの試合のために建設されたものであり、12,500人収容の客席は軍人やその家族によって埋め尽くされた。12年もの間、軍の公務を行っているクリスティーナ・ダグラス氏はこの試合に対し「私が経験した中で最も意義のある出来事である」と賞賛した。また、現役の米軍の海兵隊員の弟を持つ、マーリンズのクリスチャン・イェリッチが試合前に「私と私の家族にとってこの試合は特別な ものとなるだろう」とコメントを残していることからもこの試合の意義がうかがえる。

試合は4回までは両チームともに無得点が続いたが、5回にマーリンズがアデイニー・エチャバリアの三塁打でチャンスを作ると、1番のJT・リアルミュートがタイムリーヒットを放ち、1点を先制。さらにイェリッチのタイムリーヒットでもう1点を加え、2-0とする。打線が好調なマーリンズは7回、8回、9回と得点を重ね、試合は5-0になる。9回裏にブレーブスがなんとか2点を返すも及ばず、結局5-2でマーリンズが勝利を収めた。 6回を4安打無失点に抑える好投を見せたアダム・コンリーが5勝目をあげた。 今回の試合や一昨年のオーストラリアでの開幕戦などメジャーリーグは多くの取り組みを行っている。これからも新たな取り組みが行われることを楽しみにしたい。

 

Weekly Report: Week-3

21776963742_9c32228431_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-3のキーワードは「出場停止処分」「ジマーマン」「アリエッタ」だ。

 

  •  出場停止処分

国13日、アトランタ・ブレーブスの外野手、ヘクトール・オリベラが遠征先のワシントンDC近くのホテル室内で女性に暴行したと報道された。その中で地元警察に逮捕されていたことが判明。これを受けてMLBは、前年に選手会と取り決めていた「選手が暴行/性犯罪/児童虐待のいずれかを犯した場合は即座に1週間の出場停止とする」処分をオリベラに下し、それと同時に調査を進めると発表した。

そして19日に、オリベラが起訴されることが決定すると、MLBは調査期間を延長するためにもう1週間の出場停止処分を下し、選手会もこれに同意した。

オリベラは2015年にキューバから亡命しロサンゼルス・ドジャースと契約。同年の7月に行われた三角トレードでブレーブスに移籍。今シーズンはレフトのレギュラーとして試合に出場していた。

 

 

オリベラは、前年にMLBと選手会が選手の暴行等の犯罪に対しての方針を新しく取り決めてから4人目の調査対象となった。これまでに調査対象となった選手は、ニューヨーク・ヤンキースのアロルディス・チャップマン、ドジャースのヤシエル・プイグ、そしてコロラド・ロッキーズのホセ・レイエスだ。

チャップマンは暴行した相手方の女性の証言があやふやで狂言だった可能性も考えられるため、開幕から30試合の出場停止処分に留まり、プイグはマイアミのバーでの自分の姉妹とのちょっとしたけんかを実際以上に大きく取り上げらていただけで、第三者からの証言もなく本人達も否定したため、お咎めなしとなっていた。

レイエスのケースは暴行の程度がひどく、暴行を受けたレイエス夫人が証言を拒否し訴訟が取り下げられることとなったが、出場停止処分は現在進行形で続いており、MLBは未だに明確な処分について発表していない。

オリベラも起訴までもちこまれており、女性への暴行も明確であるため、レイエスと同様に出場停止処分が長引くのではないかと見られている。また、レイエスのケースでは暴行を加えた相手が身内だったためレイエスに有利となるように証言を拒否したが、オリベラの暴行相手は見ず知らずの女性であるため、オリベラの有利となることはなく、レイエスよりも重い処分が下る可能性がある。

このような暴行事件では、もちろん迅速さも重要だが、それと同時に正確性も非常に重要である。そのためには1週間ではなく、1ヶ月の調査期間を始めにとってもいいのではないかという声もある。これら4つのケースを吟味してこれから暴行等の犯罪を犯した選手にどう対処するかもう一度考える必要がありそうだ。