Tag Archives: ホゼ・べリオス

2016 Midseason TOP 50 Prospects

8643386907_b770836e1f_z (1)

 

 

 

 

 

 

 

*レポートはチーム別リストを参照。

2016 Midseason TOP 50 Prospects
ランク 名前 チーム ポジション
1 ヨアン・モンカダ BOS 2B
2 アレックス・ブレグマン HOU SS
3 アレックス・レイエス STL RHP
4 アンドリュー・ベニンテンディ BOS OF
5 フリオ・ウリアス LAD LHP
6 ルーカス・ジオリト WSH RHP
7 タイラー・グラスノー PIT RHP
8 クリント・フレーザー CLE OF
9 デビッド・ダール COL OF
10 J.P.クロフォード PHI SS
11 オースティン・メドウズ PIT OF
12 ビクター・ロブレス WSH OF
13 ブレンダン・ロジャース COL SS
14 オーランド・アルシア MIL SS
15 トレイ・ターナー WSH SS/2B
16 アンダーソン・エスピノーザ BOS RHP
17 アメド・ロザリオ NYM SS
18 ホゼ・べリオス MIN RHP
19 ウィリー・アダムス TB SS
20 ジョシュ・ヘイダー MIL LHP
21 フランクリン・バレット OAK SS
22 グレイバー・トーレス CHC SS
23 オジー・アルビース ATL SS
24 マニュエル・マーゴ SD OF
25 コディ・べリンジャー LAD 1B
26 ブレント・ホニーウェル TB RHP
27 アミーア・ギャレット CIN LHP
28 フランシス・マルテス HOU RHP
29 ジョー・マスグローブ HOU RHP
30 イアン・ハップ CHC 2B/OF
31 ダンズビー・スワンソン ATL SS
32 アーロン・ジャッジ NYY OF
33 エロイ・ヒメネス CHC OF
34 ハンター・レンフロー SD OF
35 ラウル・モンデシー KC SS
36 フィル・ビックフォード SF RHP
37 カイル・タッカー HOU OF
38 ブラッドリー・ジマー CLE OF
39 ホゼ・デレオン LAD RHP
40 ジェフ・ホフマン COL RHP
41 ゲリー・サンチェス NYY C
42 ニック・ウィリアムズ PHI OF
43 ヤディアー・アルバレス LAD RHP
44 アレックス・バードゥーゴ LAD OF
45 ジョーイ・ギャロ TEX 3B/OF
46 ショーン・リードフォーリー TOR RHP
47 ホルヘ・マテオ NYY SS
48 トレイ・マンシーニ BAL 1B
49 レイナルド・ロペス WSH RHP
50 クリス・パダック SD RHP

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/eaMBNc

2016 Top 100 Prospects

21188701512_94e1e1582b_z

 

 

 

 

 

 

 

*レポートはチーム別リストを参照。

 

2016 Top 100 Prospects
ランク 名前 チーム ポジション
1 コリー・シーガー LAD SS
2 ルーカス・ジオリト WSH RHP
3 フリオ・ユリアス LAD LHP
4 バイロン・バクストン MIN OF
5 J.P.クロフォード PHI SS
6 オーランド・アルシア MIL SS
7 ヨアン・モンカダ BOS 2B
8 A.J. リード HOU 1B
9 トレイ・ターナー WSH SS
10 アンドリュー・べニンテンディ  BOS OF
11 スティーブン・マッツ NYM LHP
12 ホゼ・べリオス MIN RHP
13 ブレーク・スネル TB LHP
14 アレックス・レイエス STL RHP
15 タイラー・グラスノー PIT RHP
16 フランクリン・バレット OAK SS/OF
17 ノマー・マザーラ TEX OF
18 アンダーソン・エスピノーザ BOS RHP
19 フランシス・マルテス HOU RHP
20 オースティン・メドウズ PIT OF
21 ラファエル・ディバース BOS 3B
22 ホゼ・デレオン LAD RHP
23 ラウル・モンデシー KC SS
24 ジョーイ・ギャロ TEX 3B/OF
25 ルイス・ブリンソン TEX OF
26 ゲリー・サンチェス NYY C
27 ブラッドリー・ジマー CLE OF
28 ニック・ウィリアムズ PHI OF
29 ダンスビー・スワンソン ATL SS
30 ジョン・グレー COL RHP
31 ロバート・スティーブンソン CIN RHP
32 アーロン・ジャッジ NYY OF
33 クリント・フレイザー

CLE

OF

34 ショーン・ニューカム

ATL

LHP
35 グレイバー・トーレス CHC SS
36 ホルヘ・マテオ NYY SS
37 マックス・ケプラー MIN OF/1B
38 アンソニー・アルフォード TOR OF
39 コディ・リード CIN LHP
40 ビクター・ロブレス WSH OF
41 ブレンダン・ロジャース  COL SS
42 マニュエル・マーゴ  SD OF
43 ブレント・ハニーウェル TB RHP
44 イアン・ハップ CHC OF/2B
45 ウィリー・アダムス TB SS
46 アレックス・ブレグマン HOU SS/2B
47 ジェシー・ウィンカー  CIN OF
48 ホルヘ・ロペス   MIL RHP
49 ショーン・マナエア OAK LHP
50 ホセ・ペラザ CIN 2B/3B
51 ジョシュ・ベル PIT 1B/OF
52 ティム・アンダーソン CWS SS
53 デビッド・ダール COL OF
54 カーソン・フルマー  CWS RHP
55 ブレット・フィリップス MIL OF
56 ジェーク・トンプソン PHI RHP
57 ハビアー・ゲラ SD SS
58 ウィルソン・コントレラス CHC C
59 ジェフ・ホフマン COL RHP
60 オズハイノ・アルビース ATL SS
61 ライアン・マクマホン COL 3B
62 マイケル・フルマー DET RHP
63 ドミニック・スミス NYM 1B
64 アレックス・バードューゴ LAD OF
65 トレント・クラーク MIL OF
66 ジョー・マスグローブ HOU RHP
67 フランクリン・キロメ PHI RHP
68 コディ・べリンジャー LAD 1B
69 カイル・ジマー KC RHP
70 ハンター・レンフロー SD OF
71 ニック・ゴードン MIN SS
72 デュエン・アンダーウッド CHC RHP
73 ジャック・フラハティ MIN LHP
74 ビリー・マッキニー CHC OF
75 タイラー・ジェイ STL RHP
76 アメド・ロザリオ NYM SS
77 マイケル・コペック BOS RHP
78 アミーア・ギャレット CIN LHP
79 ダズ・キャメロン  HOU OF
80 アーロン・ブレアー   ATL RHP
81 アレックス・ブランディーノ CIN SS/2B
82 カイル・タッカー HOU OF
83 フランセリス・モンタス  CWS RHP
84 クリスチャン・アローヨ SF SS/3B
85 ジョシュ・ヘイダー  MIL LHP
86 ディロン・テイト TEX RHP
87 アレン・ハンソン PIT 2B/SS
87 ティム・クーニー  STL LHP
89 アレックス・ジャクソン SEA OF
90 ロブ・カミンスキー CLE LHP
91 ディラン・バンディ BAL RHP
92 スペンサー・アダムス CWS RHP
93 エドウィン・ディアズ  SEA RHP
94 フォレスト・ウォール COL 2B
95 ハイマー・キャンデレリオ CHC 3B
96 トム・マーフィー COL C
97 ジェーコブ・ノッティンガム MIL C/1B
98 デビッド・ポリーノ HOU RHP
99 レイナルド・ロペス WSH RHP
100 ジョシュ・ネイラー MIA 1B

 

To Watch Prospects For Next Top 100 
ランク 名前                チーム ポジション
1 ヨマー・レイエス BAL 3B
2 ウィルカーマン・ガルシア NYY SS
3 ドム・ヌネス COL C
4 ルシウス・フォックス SF SS
5 ルイズ・ゴハラ SEA LHP
6 タイラー・オニール SEA OF
7 アントニオ・センザテラ COL RHP
8 デビン・ウィリアムズ MIL RHP
9 ルイス・アレクサンダー・バサベ BOS OF
10 スティーブン・ゴンサルべス MIN LHP

 

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/yhnCKS

2016 Top 10 Prospects by Position

7776160634_4df8995a6e_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*ポジションはC・1B・2B・3B・SS・OF・RHP・LHP
*レポートはチーム別トップ20リストを参照

 

 

  • C
ランク 選手名 チーム
1 ゲリー・サンチェス NYY
2 ウィルソン・コントレラス CHC
3 トム・マーフィー COL
4 ジェーコブ・ノッティンガム MIL
5 リース・マグワイア PIT
6 ドム・ヌネス COL
7 ホルヘ・アルファロ PHI
8 チャンス・シスコ BAL
9 エリアス・ディアズ PIT
10 カイル・ファーマー LAD

 

  • 1B/DH
ランク 選手名 チーム
1 A.J.リード HOU
2 ジョシュ・ベル PIT
3 ドミニック・スミス NYM
4 コディ・べリンジャー LAD
5 ジョシュ・ネイラー MIA
6 ボビー・ブラッドリー CLE
7 ジェーク・バウアーズ TB
8 マット・オルソン OAK
9 ライアン・オハーン KC
10 バルビーノ・フエンマヨール KC

 

  • 2B
ランク 選手名 チーム
1 ヨアン・モンカダ BOS
2 アレックス・ブレグマン HOU
3 ホセ・ペラザ CIN
4 アレックス・ブランディーノ CIN
5 アレン・ハンソン PIT
6 フォレスト・ウォール COL
7 ロブ・レフスナイダー NYY
8 マイカ・ジョンソン CWS
9 ウィルマー・ディフォー WSH
10 トニー・ケンプ HOU

 

  • 3B
ランク 選手名 チーム
1 ラファエル・ディバース BOS
2 ジョーイ・ギャロ TEX
3 ライアン・マクマホン COL
4 ハイマー・キャンデレリオ CHC
5 ブランドン・ドルーリー ARI
6 コリン・モラン HOU
7 エクトル・オリベラ ATL
8 ケブライアン・ヘイズ PIT
9 エリック・ジャギエロ CIN
10 オースティン・ライリー ATL

 

  • SS
ランク 選手名 チーム
1 コリー・シーガー LAD
2 J.P.クロフォード PHI
3 オーランド・アルシア MIL
4 トレイ・ターナー WSH
5 フランクリン・バレット OAK
6 ラウル・モンデシー KC
7 ダンスビー・スワンソン ATL
8 グレイバー・トーレス CHC
9 ホルヘ・マテオ NYY
10 ウィリー・アダムス TB

 

  • OF
ランク 選手名 チーム
1 バイロン・バクストン MIN
2 アンドリュー・ベニンテンディ BOS
3 ノマー・マザーラ TEX
4 オースティン・メドウズ PIT
5 ルイス・ブリンソン TEX
6 ブラッドリー・ジマー CLE
7 ニック・ウィリアムズ PHI
8 アーロン・ジャッジ NYY
9 クリント・フレーザー CLE
10 マックス・ケプラー MIN

 

  • RHP
ランク 選手名 チーム
1 ルーカス・ジオリト WSH
2 ホゼ・べリオス MIN
3 アレックス・レイエス STL
4 タイラー・グラスノー PIT
5 アンダーソン・エスピノーザ BOS
6 ホゼ・デレオン LAD
7 ジョン・グレー COL
8 フランシス・マルテス HOU
9 ロバート・スティーブンソン CIN
10 ブレント・ハニーウェル TB
  • LHP 
ランク 選手名 チーム
1 フリオ・ユリアス LAD
2 スティーブン・マッツ NYM
3 ブレーク・スネル TB
4 ショーン・ニューカム ATL
5 コディ・リード CIN
6 ショーン・マナエア OAK
7 タイラー・ジェイ MIN
8 アミーア・ギャレット CIN
9 ジョシュ・ヘイダー MIL
10 ティム・クーニー STL

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/cR9RD5

2016 Top 20 Prospects:ミネソタ・ツインズ

20618247729_caa4fc3f26_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. バイロン・バクストン:OF
5ツールを兼ね備えたアスリートでマイク・トラウト(LAA)の再来と評される。特にスピード&肩は20-80スケールで80のクオリティ。2A&3AでOPS.867を記録し、メジャーでも46試合に出場した。メジャーでは故障の影響もあり、OPS.576と不本意なパフォーマンス。来季は万全の体調でシーズンに臨みたい。 

2. ホゼ・べリオス:RHP
トータルパッケージ。90マイル前半のストレート&スライダー&チェンジアップをコマンドよく投げ込む。ハイレベルなピッチングセンスも兼ね備え2A&3Aでは166.1IP/175K/38BB/2.87ERAたるパフォーマンス。メジャーで投げる準備は整っている。 

3. マックス・ケプラー:1B/OF
ドイツ史上最高の逸材。今季はA+&2Aで打率.318、本塁打9、OPS.930、盗塁19と素晴らしいパフォーマンスを披露し、2AのリーグのMVPにも選ばれた。9月にはメジャーデビューも経験。パワーがまだ未発達で、パワーの成長が成功のカギを握ってくるだろう。

4. ニック・ゴードン:SS
2014年ドラフト全体5位。兄ディーはマーリンズの2B、父トムは元オールスタープレーヤーとアスリートの家系に生まれたサラブレッド。プラス評価の肩&スピードに支えられたハイレベルなSS守備が光る。シュアなバッティングで1Aでは打率.277をマーク。

5. タイラー・ジェイ:LHP
15年ドラフト全体6位指名の即戦力左腕。 大学では最速98マイルのストレートを武器にリリーフとして活躍していたが、プロでは先発として育成していく予定。スライダー&カーブは決め球として申し分なく、コマンドも洗練されている。A+でデビューしてK/9=10.8。

6. ホルヘ・ポランコ:2B/SS
フィールド全体を扱ったコンタクトヒッティングは球宴4度の名選手トニー・フェルナンデス(元TOR)と比較される。メジャーでもすでに4試合出場。2A&3Aで打率.288、本塁打6とソリッドなシーズンを送る。スピードは少なくとも平均以上とされ、19盗塁を決めた。2年間で63失策とエラーの多さが課題。

7. パク・ビョンホ:1B/DH
韓国出身。4年$12M+ポスティング費用12.85MでMIN入り。韓国リーグで4年連続本塁打&打点王を獲得した大砲。15年は140試合で打率.343、本塁打53、打点146。ヒットツールが平凡で、動作の大きい打撃フォームからメジャーのレベルに適応できるかは未知数。

8. スティーブン・ゴンサルベス:LHP
現段階でストレートは90マイル前後も、6-5/190たる細身の体格からアップサイド評は高い。今季は1A&A+で24先発して13勝3敗、防御率2.01、被打率.198と支配的な投球。A+に上がってからK/BBが5.13→1.45と大幅に落ちているのが懸念される。

9. アダム・ウォーカー:OF
モンスター級の豪快なパワーがウリ。2Aでは31本塁打&106打点を叩き出し、リーグの二冠王に輝いた。AFLの優勝決定戦では3打点の活躍でチームの勝利に貢献。アプローチが粗く、三振率35%は看過できないレベル。体格の割に身体能力が高く、外野守備も平均レベルでこなす。

10. コール・スチュワート:RHP
97マイルのストレート&スライダーのコンビネーションで打者を捻じ伏せる。高校では野球とフットボールで名声を得たアスリート。肩の故障で出遅れたが、A+で22先発して防御率3.20をマーク。一方でK/9=4.9と支配力に欠け、度重なる肩の故障から耐久性にも不安を抱える。

11. ルイス・ソープ:LHP
オーストラリアの至宝。昨季終盤に肩の違和感を訴えシャットダウン、今季はトミージョン手術で全休と耐久性に不安を抱える。90マイル前半の動く速球&スライダー&カーブ&チェンジアップ。特にチェンジアップはプラス評価を得るボール。

12. ニック・バーディ:RHP
クローザーポテンシャル。20-80スケールで80評価を得る90マイル後半のストレート&セカンダリーピッチとして申し分ないスライダーのコンビネーションで打者をねじ伏せる。 A+&2AでK/9=11.7。2Aに昇格後、AS以前は防御率5.72と打ち込まれたが、それ以降は2.35と安定。

13.  アレックス・メイヤー:RHP
6-9/220と大柄な体格からパワフルなストレート&スライダーのコンビネーション。開幕前には新人王候補にも名を連ねたが、メカニックが安定せず制球難に悩まされた。3Aではリリーフに降格され、防御率4.79、BB/9=4.69と散々な結果に。メジャーでは2登板のみ。  

14. フェリックス・ホルヘ:RHP
マイナーキャリア4年で防御率2点台3度。今季はAで23登板(22先発)して防御率2.79、K/BB=3.56。90マイル前半のストレートに鋭いスライダー、そしてサードピッチとしてチェンジアップも扱う。クイック&フィールディングも上手く、先発投手としての資質は十分。

15. テイラー・ロジャース:LHP
アグレッシブなストライクスロワー。90マイル前半の動く速球&スライダーで右バッターの胸元を果敢に攻める。チェンジアップを磨けるかが、メジャー定着のカギを握るだろう。今季は自己最高の174回を投げ、AFLでは防御率2.88をマークした。 

16. スチュアート・ターナー:C
ディフェンシブなCとして評価を得る。アームは力強く正確。メークアップにも優れ天性のリーダーシップを発揮。ピッチャー陣を引っ張り、ゲームをコントロールする力も示す。バッティングの向上が将来を左右する。 2AでOPS.628。 

17. エンジェル・ビルマ:SS
肩と守備範囲はいずれもプラス評価を受け、並外れたプラスプラスのSS守備を披露する。特に三遊間の球際のボールにめっぽう強く、送球動作も素早い。打撃面では5-11/150と小柄だが、トミー・ワトキンス(元MIA)コーチの指導によりコンタクト&アプローチが向上。パワーレスながらA+で打率.270をマーク。

18. J.T.カーゴイス:RHP
2年間のブランクを経て、トミージョン手術からカムバック。コンスタントに90マイル後半を叩き出す速球はよく動き、ハードなコンタクトを許さない。セカンドピッチのパワーカーブは空振りが奪え、チェンジアップも時折織り交ぜる。A+&2Aで48登板して防御率2.63、K/9=9.9。

19. メーソン・メロタキス:LHP
14年10月にトミージョン手術。15年シーズン終盤に復帰できるだけの状態にあったが、ルール5ドラフトで他球団に指名されるのを恐れて全休となった”隠し玉”。 90マイル後半のストレート&カーブ。リリーバーとして早期昇格を目指す。

20. ジェーク・リード:RHP
リリーフプロスペクト。95-97マイルのストレート&スライダーのコンビネーション。今季はコマンドに苦しむシーンが目立ち、A+&2Aで防御率5.01、被打率.273、K/9=7.0と打ち込まれた。現段階では大さっばなコマンドしか持っておらず、メジャーの一線で活躍するには細かな制球を身に付けたい。

Plus One Prospect
キャメロン・ブーザー:LHP
コンスタントに90マイル中盤を叩き出す大型リリーフ左腕。BB/9=7.8とコマンドは皆無だが、K/9=12.5、被打率.194とパワフルさは魅力。球威は十分なのでストライクを安定してとれるようになれば飛躍を遂げることができるだろう。

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/xpXUHP