Tag Archives: ホルヘ・ポランコ

2019 ALDS Review:NYY vs MIN

Aroldis Chapman

 

 

 

 

 

 

 

 ヤンキースが3連勝でツインズを下し、アメリカンリーグ優勝決定シリーズへ進出した。

GAME1 MIN 4-10 NYY

勝:トミー・ケインリー(RHP)

負:ザック・リッテル(RHP)

 

試合は初回にホルヘ・ポランコ(SS)のソロホームランでツインズが先制。さらに3回ネルソン・クルーズ(DH)のソロホームランで追加点を上げるも、その裏ヤンキースがエドウィン・エンカーナシオン(DH)のタイムリーとツインズのエラーの間に逆転。5回にポランコのタイムリーで追いつくもまたもやその裏すぐにヤンキースがグレイバー・トーレス(2B)のタイムリーで2点を勝ち越し。ツインズもその後1点は返したもののヤンキースは大量5点を追加し、ザック・ブリットン(LHP)ら強力ブルペン陣がツインズ打線を抑え込み、最後は守護神アロルディス・チャップマン(LHP)が締めヤンキースが勝利した。

 

GAME2 MIN 2-8 NYY

勝:田中将大(RHP)

負:ランディー・ドブナック(RHP)

 

試合は初回にエドウィン・エンカーナシオンのタイムリーでヤンキースが先制。そして3回にジャンカルロ・スタントン(OF)の犠牲フライに始まり、グレイバー・トーレスのタイムリー、そしてディディ・グレゴリウス(SS)の満塁ホームランが飛び出し、さらにブレット・ガードナー(OF)がダメ押しのタイムリーを放ち一挙7点を上げ試合を決めた。田中は5回1失点の好投を見せ、プレーオフでの強さを示した。

 

 

GAME1 NYY 5-1 MIN

勝:チャド・グリーン(RHP)

負:ジェイク・オドリッジ(RHP)

セーブ:アロルディス・チャップマン

 

試合は2回にグレイバー・トーレスのソロホームランでヤンキースが先制。続く3回にもブレット・ガードナーのタイムリーで2点目を上げる。しかしその後6回まで両チーム無得点で試合は硬直状態となるも7回ヤンキースがディディ・グレゴリウスのタイムリーで3点目を上げる。8回裏にツインズはエディ・ロサリオ(OF)のソロホームランで1点を返すも、ヤンキースが9回表にキャメロン・メイビン(OF)のソロホームランとグレゴリウスのタイムリーで2点を追加し、8回途中からマウンドに上がった守護神チャップマンが9回も締めヤンキースが勝利し、3連勝でリーグ優勝決定シリーズ進出を決めた。

 

 

シリーズの考察

 レギュラーシーズンのチーム本塁打数が307本で1位のツインズと僅か1本差の306本で2位のヤンキースとお互いホームランを売りとするチーム同士の対決となったこのシリーズは、ヤンキースの3連勝という結果で幕を閉じた。ヤンキースもツインズもレギュラーシーズンは100勝を超えチーム成績もほぼ同じであった2チームにここまでの明暗が分かれた原因は、ブルペンの質とプレーオフの経験の2つと考えられる。

 一つ目の大きな原因と考えられるブルペンの質について、ヤンキースのブルペンは絶対的なクローザーでありプレーオフ経験も豊富なアロルディス・チャップマンに加え、オリオールズのクローザーとして長く活躍していたザック・ブリットンと圧倒的に打者有利なクアーズフィールドを本拠地とするロッキーズで長く活躍していたアダム・オッタビーノ(RHP)の2人がセットアップを務めていた。一方ツインズはクローザーはメジャー4年目で毎年安定した成績を残してはいたもののクローザーは今年からで経験はまだ浅いテイラー・ロジャース(LHP)が努め、セットアップはセルジオ・ロモ(RHP)はプレーオフでの経験も豊富ではあるがやや落ち目であり、タイラー・ダフィー(RHP)やトレバー・メイ(RHP)といった投手はリリーフの経験も浅く今回がプレーオフ初登板という投手が努めていた。このようにブルペンの中心となる投手がヤンキースに比べツインズは特に経験といった面で劣っており、他のリリーフ登板した投手も含めてだが3試合とも先発投手が降板した後の失点が多くなってしまった原因はここにあると考えられる。

2つ目の大きな原因と考えられるプレーオフの経験は主に野手に言え、ヤンキースはブレット・ガードナーやエドウィン・エンカーナシオンといったプレーオフ経験豊富なベテランに加え、主力のほとんどが2017年と2018年のプレーオフに出場しており、プレーオフの戦い方を知ったチームであった。一方ツインズは今季マーウィン・ゴンザレス(UT)とネルソン・クルーズといったベテランを獲得したものの、ほとんどの野手は昨年のワイルドカードゲームしか経験しておらず、プレーオフの戦い方をチーム全体としてあまり知らなかった部分が大きな差になったと考えられる。

 

 ヤンキースはアストロズに惜しくも敗れたが、戦力整っており経験も豊富なチームであるため来季以降もワールドシリーズ進出を十分目指せるだろう。一方ツインズも今年の経験を活かし、来季以降さらなるステップアップは見込めるだろう。

 

Written by Akiyuki Suzuki

Photo link https://flic.kr/p/REvtn4

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

33677358598_c735df831c_z

 

 

 

 

 

 

 シーズンの大半を首位で過ごし続けたツインズ。トレード戦線ではリリーフ投手を中心に補強を展開した。マイアミ・マーリンズからセルジオ・ロモ(RHP)とサンフランシスコジャイアンツからサム・ダイソン(RHP)を獲得した。ツインズはブルペンに若干の不安を残していて特にクローザーはシーズン前に補強したブレイク・パーカ(RHP)期待外れに終わったこともあり、的確な補強と言えるのではないか。

 ブルペンは4年目のテイラー・ロジャーズ(LHP)、トレバー・メイ(RHP)、タイラー・ダフィー(RHP)、無名の新人ライン・ハーパー(RHP)が充実のシーズンを送っていて、獲得した両投手もプレーオフ経験があり厚みは増した。しかしダイソンは加入早々プレーオフとは無縁のマーリンズ相手に打ち込まれ、直後にIL入りと不安な船出。10月の戦いを考慮するとブルペンの怪我人続出はなんとしてでも避けたいところだ。

 ツインズは今回のトレードはブルペンがメインで先発投手や野手の目立った補強には動かなかった。野手は歴史的ハイペースでホームランを量産していて特に生え抜きの若手マックス・ケプラー(RF)、ホルヘ・ポランコ(SS)等と新加入組のネルソン・クルーズ(DH)、CJ・クロン等が見事にマッチしている。先発投手はホセ・ベリオス(RHP)とジェイク・オドリッジ(RHP)を中心に奮闘している。

 地区優勝さらにその先のプレーオフを勝ち抜くためにツインズはブルペン投手2人を獲得したが、先発陣の層の薄さは否めない。もちろん若く才能に溢れた選手がメジャーにもマイナーにも多くいるので長期的な視野を持ってでの補強は理解できる。だがマディソン・バムガーナーなどのエース級(LHP)は無理でもマーカス・ストローマン(RHP)やザック・ウィーラー(RHP)などの先発2〜3番手クラスの投手ならツインズのファーム組織を考慮しても獲得は不可能ではなかったはずだ。

 地区優勝筆頭候補ではあるがプレーオフではアストロズやヤンキースなどの重量級打線は避けて通れない。課題も散見する

1 層が薄いだけに先発投手がどれだけ試合を作れるか

2 また今季のツインズのオフェンスは長打力はあるが機動力が全くと言っていいほど使わないのもネックなところ。

3 そして最大の懸念はやはり選手のコンディションであろう。本来中心となって活躍してなければならないミゲル・サノー(3B)やバイロン・バクストン(CF)は怪我が多く、ネルソン・クルーズ(DH)も年齢を考えるといつ成績が落ちても不思議ではない。

 これらのいくつかのハードルを乗り越えた先に28年振りのワールドチャンピオンが待っている。

 

※9月3日に執筆された記事です。

 

Text by Eiji Kato

Photo link https://flic.kr/p/TiXgpL

2017 Team Preview:ミネソタ・ツインズ

20616807780_2921628ddc_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:ターゲット・フィールド
 
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml25/ 

 

広さ
レフト 103.3M
センター 123.1M
ライト 100M
フェンス高さ 2.4~7M
パークファクター平均*100
安打 106.4
ツーベース 108.1
スリーベース 103.1
HR 101.4
得点 104.4
  • 予想オーダー

1.ブライアン・ドージャー:2B

昨年大ブレークした二塁手。ア・リーグの二塁手としてはシーズン最多本塁打の42本をマークした。本塁打以外のスタッツもOPS.886、18盗塁をマークし、チームの中心的な役割を担った。2018年までの4年20M$の格安の契約から、トレードの噂も絶えず、オフシーズンにはドジャースとのトレードが成立間近との報道もあったが、条件面で合意出来ず破談となった。

2.ホルヘ・ポランコ:SS

2009年にインターナショナルFAでツインズに入団。着々とマイナーの階段を上っていき、2014年にメジャーデビュー。2014年、2015年はそれぞれ5試合、4試合の出場にとどまったが、昨シーズンは8月からショートのレギュラーに定着、69試合に出場し打率.282、OPS.757という成績を残した。最大の魅力は攻撃面で将来的には20盗塁&20ホーマーも可能との評価もある。

3.ジョー・マウアー:1B

MVP1回、シルバースラッガー5回受賞、オールスター6回選出と輝かしい成績を残したが、ここ数年は怪我の影響もあり不調に陥っている地元出身のスター。2013年までのポジションは主にキャッチャーであったが、やはりこれも怪我に影響もあり、2015年からはファーストに専念している。33歳と老け込むにはまだ早く、完全復活に期待がかかる。

4.ミゲル・サノー:3B

2015年にメジャーデビューしたチーム期待の有望株。デビューした年は、18本塁打、OPS.916と好成績を残した。昨年は本塁打数こと25本と増えたものも、打率は.269から.236へ、三振数は119から178と大幅に悪化してしまった。クリス・カーターのような大型扇風機のようになるか、リーグ屈指のパワーヒッターになるか、分かれ目の年になりそうだ。

5.マックス・ケプラー:RF

数少ないドイツ出身のメジャーリーガー。2014年まではAクラスで打率.264となかなか芽が出なかったが、2015年シーズンにAAクラスで打率.322とブレーク、メジャーの切符をつかんだ。2013年からマイナー通算本塁打数が24本であったが、昨年は113試合の出場にとどまりながら17本塁打とパワーが開花。左投手が極端に苦手で、対右投手のOPSが.792に対し、対左投手は.595。左投手の攻略が今後の躍進のカギになる。

6.ケニース・バルガス:1B

昨年の開幕時はマイナースタートだったものも、マイナーで打席でのアプローチに取り組んだことからメジャー昇格の切符をつかんだ。50試合前後の少ないサンプルではあるが、出塁率は.277から.333へと改善。スイッチヒッターではあるが、対左投手はなんとOPS1.262をマークした。初めてメジャーでフルシーズンを過ごすと思われる今シーズンどこまで成績を残せるか注目である。

7.ジェイソン・カストロ:C

FAでヒューストン・アストロズから3年24.5M$で加入。2013年に打率.276、OPS.835をマークしオールスターに選出されたがそれ以降は打撃は低迷、3年連続で打率.230を切っている。打撃では貢献できなくても守備には定評があり、新天地で元ドラフト1巡目指名の価値を発揮できるか。

8.エディー・ロサリオ:LF

2015年にメジャーデビューし、122試合に出場、打率.267、OPS.748という成績を残して昨シーズンはブレークの年かと思われたが、不調に陥り、2015年シーズンよりも30試合少ない92試合の出場にとどまった。超積極的打法で、2年間214試合に出場し、なんと四球数はわずか27。アプローチの改善ができればもう少し成績が伸びるかもしれない。

9.バイロン・バクストン:CF

2012年ドラフト全体2位指名の期待の有望株。5ツールが揃っているプレーヤーで、将来の球界を担っていく逸材との評価もある。298打席で118三振と打撃の粗さは気になるが、昨年から出場試合数は46試合から92試合へと倍増し、今年は飛躍の年になるかもしれない。

2016 Top 20 Prospects:ミネソタ・ツインズ

20618247729_caa4fc3f26_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. バイロン・バクストン:OF
5ツールを兼ね備えたアスリートでマイク・トラウト(LAA)の再来と評される。特にスピード&肩は20-80スケールで80のクオリティ。2A&3AでOPS.867を記録し、メジャーでも46試合に出場した。メジャーでは故障の影響もあり、OPS.576と不本意なパフォーマンス。来季は万全の体調でシーズンに臨みたい。 

2. ホゼ・べリオス:RHP
トータルパッケージ。90マイル前半のストレート&スライダー&チェンジアップをコマンドよく投げ込む。ハイレベルなピッチングセンスも兼ね備え2A&3Aでは166.1IP/175K/38BB/2.87ERAたるパフォーマンス。メジャーで投げる準備は整っている。 

3. マックス・ケプラー:1B/OF
ドイツ史上最高の逸材。今季はA+&2Aで打率.318、本塁打9、OPS.930、盗塁19と素晴らしいパフォーマンスを披露し、2AのリーグのMVPにも選ばれた。9月にはメジャーデビューも経験。パワーがまだ未発達で、パワーの成長が成功のカギを握ってくるだろう。

4. ニック・ゴードン:SS
2014年ドラフト全体5位。兄ディーはマーリンズの2B、父トムは元オールスタープレーヤーとアスリートの家系に生まれたサラブレッド。プラス評価の肩&スピードに支えられたハイレベルなSS守備が光る。シュアなバッティングで1Aでは打率.277をマーク。

5. タイラー・ジェイ:LHP
15年ドラフト全体6位指名の即戦力左腕。 大学では最速98マイルのストレートを武器にリリーフとして活躍していたが、プロでは先発として育成していく予定。スライダー&カーブは決め球として申し分なく、コマンドも洗練されている。A+でデビューしてK/9=10.8。

6. ホルヘ・ポランコ:2B/SS
フィールド全体を扱ったコンタクトヒッティングは球宴4度の名選手トニー・フェルナンデス(元TOR)と比較される。メジャーでもすでに4試合出場。2A&3Aで打率.288、本塁打6とソリッドなシーズンを送る。スピードは少なくとも平均以上とされ、19盗塁を決めた。2年間で63失策とエラーの多さが課題。

7. パク・ビョンホ:1B/DH
韓国出身。4年$12M+ポスティング費用12.85MでMIN入り。韓国リーグで4年連続本塁打&打点王を獲得した大砲。15年は140試合で打率.343、本塁打53、打点146。ヒットツールが平凡で、動作の大きい打撃フォームからメジャーのレベルに適応できるかは未知数。

8. スティーブン・ゴンサルベス:LHP
現段階でストレートは90マイル前後も、6-5/190たる細身の体格からアップサイド評は高い。今季は1A&A+で24先発して13勝3敗、防御率2.01、被打率.198と支配的な投球。A+に上がってからK/BBが5.13→1.45と大幅に落ちているのが懸念される。

9. アダム・ウォーカー:OF
モンスター級の豪快なパワーがウリ。2Aでは31本塁打&106打点を叩き出し、リーグの二冠王に輝いた。AFLの優勝決定戦では3打点の活躍でチームの勝利に貢献。アプローチが粗く、三振率35%は看過できないレベル。体格の割に身体能力が高く、外野守備も平均レベルでこなす。

10. コール・スチュワート:RHP
97マイルのストレート&スライダーのコンビネーションで打者を捻じ伏せる。高校では野球とフットボールで名声を得たアスリート。肩の故障で出遅れたが、A+で22先発して防御率3.20をマーク。一方でK/9=4.9と支配力に欠け、度重なる肩の故障から耐久性にも不安を抱える。

11. ルイス・ソープ:LHP
オーストラリアの至宝。昨季終盤に肩の違和感を訴えシャットダウン、今季はトミージョン手術で全休と耐久性に不安を抱える。90マイル前半の動く速球&スライダー&カーブ&チェンジアップ。特にチェンジアップはプラス評価を得るボール。

12. ニック・バーディ:RHP
クローザーポテンシャル。20-80スケールで80評価を得る90マイル後半のストレート&セカンダリーピッチとして申し分ないスライダーのコンビネーションで打者をねじ伏せる。 A+&2AでK/9=11.7。2Aに昇格後、AS以前は防御率5.72と打ち込まれたが、それ以降は2.35と安定。

13.  アレックス・メイヤー:RHP
6-9/220と大柄な体格からパワフルなストレート&スライダーのコンビネーション。開幕前には新人王候補にも名を連ねたが、メカニックが安定せず制球難に悩まされた。3Aではリリーフに降格され、防御率4.79、BB/9=4.69と散々な結果に。メジャーでは2登板のみ。  

14. フェリックス・ホルヘ:RHP
マイナーキャリア4年で防御率2点台3度。今季はAで23登板(22先発)して防御率2.79、K/BB=3.56。90マイル前半のストレートに鋭いスライダー、そしてサードピッチとしてチェンジアップも扱う。クイック&フィールディングも上手く、先発投手としての資質は十分。

15. テイラー・ロジャース:LHP
アグレッシブなストライクスロワー。90マイル前半の動く速球&スライダーで右バッターの胸元を果敢に攻める。チェンジアップを磨けるかが、メジャー定着のカギを握るだろう。今季は自己最高の174回を投げ、AFLでは防御率2.88をマークした。 

16. スチュアート・ターナー:C
ディフェンシブなCとして評価を得る。アームは力強く正確。メークアップにも優れ天性のリーダーシップを発揮。ピッチャー陣を引っ張り、ゲームをコントロールする力も示す。バッティングの向上が将来を左右する。 2AでOPS.628。 

17. エンジェル・ビルマ:SS
肩と守備範囲はいずれもプラス評価を受け、並外れたプラスプラスのSS守備を披露する。特に三遊間の球際のボールにめっぽう強く、送球動作も素早い。打撃面では5-11/150と小柄だが、トミー・ワトキンス(元MIA)コーチの指導によりコンタクト&アプローチが向上。パワーレスながらA+で打率.270をマーク。

18. J.T.カーゴイス:RHP
2年間のブランクを経て、トミージョン手術からカムバック。コンスタントに90マイル後半を叩き出す速球はよく動き、ハードなコンタクトを許さない。セカンドピッチのパワーカーブは空振りが奪え、チェンジアップも時折織り交ぜる。A+&2Aで48登板して防御率2.63、K/9=9.9。

19. メーソン・メロタキス:LHP
14年10月にトミージョン手術。15年シーズン終盤に復帰できるだけの状態にあったが、ルール5ドラフトで他球団に指名されるのを恐れて全休となった”隠し玉”。 90マイル後半のストレート&カーブ。リリーバーとして早期昇格を目指す。

20. ジェーク・リード:RHP
リリーフプロスペクト。95-97マイルのストレート&スライダーのコンビネーション。今季はコマンドに苦しむシーンが目立ち、A+&2Aで防御率5.01、被打率.273、K/9=7.0と打ち込まれた。現段階では大さっばなコマンドしか持っておらず、メジャーの一線で活躍するには細かな制球を身に付けたい。

Plus One Prospect
キャメロン・ブーザー:LHP
コンスタントに90マイル中盤を叩き出す大型リリーフ左腕。BB/9=7.8とコマンドは皆無だが、K/9=12.5、被打率.194とパワフルさは魅力。球威は十分なのでストライクを安定してとれるようになれば飛躍を遂げることができるだろう。

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/xpXUHP