Tag Archives: マイク・トラウト

2018年MLBオールスター予想 FED部員が決める現在のMLBで熱い選手は誰なのか?

42211101074_49af0d6118_z

 

 

 

 

 

 

 

現地時間7月17日に第89回「MLBオールスターゲーム」が開催される。開催地は、ワシントン・ナショナルズの本拠地であるナショナルズ・パーク。2008年に開場された同球場での開催は初であり、1962年以来となるワシントンD. C. での開催である。今年もFarEastDivision内でオールスター投票を実施し、FED部員によるオールスターを選出した。

 

•ナショナル・リーグ

それでは、ホームであるナショナル・リーグの選手から紹介をする。

C:J. T. リアルミュート(MIA)

1B:フレディ・フリーマン(ATL)

2B:スクーター・ジェネット(CIN)

SS:ブランドン・クロフォード(SF)

3B:ノーラン・アレナド(COL)

OF:マット・ケンプ(LAD)

OF:オドゥベル・ヘレーラ(PHI)

OF:ニック・マーケイキス(ATL)

 

キャッチャー、ファースト、セカンドは、ほぼ満票でそれぞれリアルミュート(MIA)とフリーマン(ATL)、ジェネット(CIN)に決定。サードはエウヘニオ・スアレス(CIN)に若干票が流れたもののアレナド(COL)に決定。ショートはトレバー・ストーリー(COL)と票が割れ、僅差でクロフォード(SF)に決定。

アウトフィルダーは、最多の8票を集めたケンプ(LAD)、ヘレーラ(PHI)、マーケイキス(ATL)に決定。昨年、FED部員による投票で唯一の満票選出となったブライス・ハーパー(WSH)は、今年は僅か2票に終わった。他、クリスチャン・イエリッチ(MIL)が3票を集めた。

余談だが、昨年FED部員が選出した選手の中で、今年も連続選出された選手は1人もいなかった。

 

キャッチャーは、実際のオールスターゲームではウィルソン・コントレラス(CHC)が先発出場することになっている。尚、身長・体重はリアルミュート(MIA)と同じである。

セカンドは、実際のオールスターゲームではハビアー・バイエズ(CHC)が先発出場することになっている。今季20-20を視野に入れているバイエズだが、FED部員はほぼ票を入れなかった。ただ、データで見ればジェネットが優れているというわけではなく、バイエズの方がfWARは高い。

アウトフィルダーは、実際のオールスターゲームでは、ヘレーラに代わりハーパーが先発出場することになっている。fWARは、ハーパーとヘレーラで大差ないものの、今季のハーパーは低打率に苦しんでおり、FED部員による投票では、長打力が伸びたヘレーラに軍配が上がった。

 

FED部員によるナショナル・リーグのオールスター選出では、ハーパーに票があまり入らなかった。今季のハーパーの成績は正直見栄えが悪い。しかしながら、長打力があることは事実であり実際のオールスターでは先発メンバーに名を連ねている。にも関わらず、ハーパー(2票)よりもイェリッチ(3票)やヘレーラ(7票)が票を集めることが出来たのは、よりインパクトのある選手―ヘレーラは今季、キャリアハイを大幅に塗り替える勢いで本塁打を量産している―に投票をしたからではないかと思われる。

 

MLBを取り巻くメディアの変化~映像メディアの進化と活字メディアの挽回策~

14849104736_53491ab1e6_z

 

 

 

 

 

 

 

昨年の夏にMLBに関して衝撃のニュースが飛び込んできました。それは選手の移籍に関することでもなく、選手のゴシップネタでもありません。FOXSportsがMLBの報道に関してビデオ事業に専念することを決めたことです。そして何よりも大きな驚きを与えたのがFOXSportsで2005年から記者として活動していたケン・ローゼンタール記者が書き手としての仕事を失ったことです(その後もFoxの試合中継などでのコメンテーターの仕事は続けています)。今更説明するまでもないかもしれませんが、ローゼンタール記者はTwitterのフォロワー数が100万人近くいて有名選手の移籍情報などを1番に伝えることも多いMLBをカバーしている記者の中でも中心人物の一人です。そんな人物が書き手としての立場を失ったのです。今回の記事ではその背景には何があるのかとこれからMLBを取り巻くメディアがどう変化するかを考察していきたいと思います。

本格的にインターネットが普及し始めてからおよそ20年が経ちました。現在ではインターネットなしには、生活が成り立たないレベルにまで浸透しています。インターネットの普及は我々日本人のMLBファンのMLB観戦の方法をも劇的に変化させました。インターネットが普及する以前にはMLBの試合を見ようとすれば、テレビやラジオに頼るしかありませんでした。しかしテレビやラジオは全30球団をカバーしていたわけではありません。それが現在ではどうでしょうか。有料サービスであるMLBTVに加入すれば、いつでも好きな時に好きな試合を見ることができるのです。飛行機に12時間近く乗らないと着くことができないロサンゼルスの試合を東京で高画質で楽しむことができるのです。それだけではありません。TwitterやFacebookなどのSNSを利用すれば、選手のプライベートの様子や最新の移籍情報を瞬時に大量に楽しむことができるのです。英語が堪能な方であれば、現地の新聞のオンライン版から情報を得ることもできます。記者でもない一般人が、日本から遠く離れたアメリカの地方紙の記事を読むことができるというのは、まさにインターネットのおかげと言えるでしょう。

つまり現在のMLBでは、試合だけでなくSNSでの情報収集や選手のプライベートを垣間見るなど娯楽の種類と数がインターネット浸透以前と比較して圧倒的に増加しているのです。これは言葉を換えると、1つ1つの娯楽にファンがかける時間は減少しているということです。2015年の7月には試合中に自身がトレードされると報道されたことがきっかけでウィルマー・フローレス(NYM)が涙を流すという出来事がありました。これは実際には誤報でしたが、SNSは非常に盛り上がりました。これは現在のMLBでは試合以外にもエンターテイメントが潜んでいることと、時にはそれが試合以上に盛り上がる可能性があることを表す好事例です。

ここまで、インターネットが本格普及したことで起こった2つの変化についてまとめてきました。1つ目は高速通信が可能になったことで、日本にいても好きな時に高画質で試合を楽しめるということでした。2つ目は高速通信が可能になったことで、野球の試合以上にSNSが盛り上がったりすることが出てきて1つ1つの娯楽にファンがかける時間が減っていることでした。以下ではこの2つの変化が活字メディアの衰退にどのようにして繋がっていくのかを見ていきます。

2018 Team Preview : ロサンゼルス・エンゼルス

9020912875_0ae79eeec7_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地球場:エンゼルス・スタジアム・オブ・アナハイム

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml26/

 

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ

2.4~5.5m

パークファクター *平均100
安打 93.6
ツーベース 82.8
スリーベース 60.0
HR 105.6
得点 91.0

 

・予想オーダー

1, イアン・キンズラー:2B

オフにトレードでタイガースから加入した。今年で36歳を迎えるベテランだが、持ち味のパンチ力は相変わらずで、昨シーズンも20本塁打をクリアした。しかし昨シーズンは低打率に苦しみ打率.236はキャリアワーストの数字。衰えは多少気になるが、経験豊富なベテランの加入はチームにとっても大きいだろう。

2, ザック・コザート:3B

オフの大補強の内の1人。昨シーズンはほとんどの数字でキャリア最高の成績を残し、オールスターにも出場するなど大ブレイクを果たした。昨シーズンの活躍がフロックでないことを示すためにも今シーズンの活躍にも期待したい。レッズではショートを守っていたが、アンドレルトン・シモンズがいるためエンゼルスでは三塁に転向する。

3, マイク・トラウト:CF

言わずと知れたメジャーリーグの顔。昨シーズンも進化は止まらず出塁率、OPSなどでキャリア最高の数字。怪我がなければ2年連続3回目となるMVPの受賞は間違いなかっただろう。怪我の心配から減っていた盗塁数も戻ってきており、三振の多さも改善傾向にあるなど完璧な選手に近づいている。

4, ジャスティン・アップトン:LF

昨シーズン途中にトレードでタイガースから加入した。昨シーズンは数々の数字でキャリアハイを記録し5年106Mの大型契約でエンゼルスと契約延長した。三振数ではワーストの数字など心配な点もあるがその長打力を武器にチームのポストシーズン進出に貢献したい。

5, アルバート・プホルス:DH

2000年代を代表するスーパースターも38歳を迎えた。衰えを隠せず、昨シーズンは遂にOPSで.700を割ってしまうなど散々な数字。21年まで大型契約が残っているなどチームにとっても大きな負担となってしまっている。今シーズンは通算2000打点に期待が掛かる。

6, コール・カルフーン:RF

パンチ力が持ち味の打者。昨シーズンは低打率に苦しんだが、19本塁打、BB%=10.9%と持ち味は発揮した。昨シーズン開幕前に3年契約を結んでおり、今シーズンはその契約の2年目となる。昨シーズンは2番での出場が主だったが、大型補強に伴い今シーズンは下位打線からチームを支えるバッティングに期待したい。

7, アンドレルトン・シモンズ:SS

現役最高の守備力を誇るショート。昨シーズンは打撃での成長を見せ、13年以来となる二桁本塁打をクリア、OPSもキャリア最高となる.752を記録した。さらにはこちらもキャリア最高となる19盗塁も記録するなど守備だけの選手というイメージは完全に払拭された。守備の良さも変わらず、3年ぶりとなるゴールドグラブ賞も受賞した。

8, ルイス・バルブエナ:1B

移籍初年度となった昨シーズンは持ち味のパワーを発揮し、22本塁打を記録したが、深刻な低打率に苦しみ10年以来となる打率一割台を記録してしまった。BB%=12%と選球眼の良さは相変わらずで今シーズンはこれを維持しつつ打率の改善に努めたい。

9, マーティン・マルドナード:C

ブルワーズではバックアップにとどまっていたが、エンゼルス移籍を機にスターターとなり開花、初めてのゴールドグラブ賞の受賞など大きな成長を見せたシーズンとなった。盗塁阻止率40%前後を記録する強肩が武器で今シーズンも相手チームにとっての脅威となるだろう。