Tag Archives: マイケル・テイラー

2019 NLWC Review:MIL vs WSH

47529870022_fe8d3b3daa_c

 

 

 

 

 

 

 2019年のポストシーズン開幕戦として現地時間10月1日にワシトン・ナショナルズとミルウォーキー・ブルワーズがワシントンD.Cで対戦した。

MIL 3 – 4 WSH

 

 先発投手はナショナルズがエースのマックス・シャーザー、ブルワーズがオールスターゲームに初選出されたブランドン・ウッドラフという本格派右腕対決となった。

 試合は予想に反して初回から動き、ヤズマニ・グランダル(C)の2ランホームランでブルワーズが先制。2回にもエリック・テームズ()のソロホームランでブルワーズが主導権を握ったように思えたが、3回裏にナショナルズはトレイ・ターナー(SS)のソロホームランで1点を返した。

 シャーザーは3点を取られたものの、その後は立ち直りランナーを出しながらも要所はきちんと締めた。ナショナルズはシャーザーを5回で降板させ、スティーブン・ストラスバーグ(RHP)との黄金リレーを断行。3イニングを2安打無四球とブルワーズの勢いを沈め、反撃のお膳立てをした。

 一方ブルワーズのウッドラフも100マイルに迫る速球を軸に好投。さらにその後ブレント・スーター、ドリュー・ポメランツの両サウスポーも2人合計で3イニングを投げ被安打1、無四球と完璧な投球で次のジョシュ・ヘイダー(LHP)へとバトンタッチした。

 8回裏ブルワーズはクローザーのジョシュ・ヘイダーを送り込む。ナショナルズは1アウトからデッドボールでマイケル・テイラー(CF)が出塁、2アウトになったがベテランのライアン・ジマーマン(1B)がしぶとくヒットを放ち、主砲アンソニー・レンドン(3B)も四球で歩き満塁になる。そしてホアン・ソト(LF)が打席に入る。3球目の速球をライト前にヒット、さらにブルワーズのライトのトレント・グリシャムがまさかの後逸し、3点入り逆転。

9回表ナショナルズはシーズン途中に加入してクローザーに定着したダニエル・ハドソン(RHP)が0点に抑えて、ゲームセット。ナショナルズがドジャースとの地区シリーズに駒を進めた。

 

 所見

 今回の試合は両チームの投手が輝きを放った。特に印象に残ったのがブルワーズの3番手のポメランツである。ポメランツは今シーズンのフォーシームの平均球速は93マイル程度だったが今回の試合ではフォーシームは全てが95マイルオーバーでそこに武器のナックルカーブを織り交ぜ打者を完全に手玉にとった。

 そして気になったのは、やはりヘイダーである。シーズンを通して複数イニングも辞さないスタンスがここに来て悪影響を及ぼしたように見える。元々はフォーシーム主体のヘイダーだが、試合では特にスライダーのコントロールに苦しんだ。故にフォーシームへの依存度がより増したところを痛打された恰好になった。

 ブルワーズは9月に主砲クリスチャン・イエリッチ(RF)が怪我で今季残りの試合欠場が決まって以降、猛烈にスパートをかけワイルドカードに滑り込んできたが、やはり「イェリッチがいたら」と思わずはにいられない結果となってしまった。

 

 ナショナルズは劣勢を跳ね返す力は見事だと感じた。また、あまり目立たないが当初不安視されていたブルペンも1点差の場面で登板したハドソンがきっちり抑えたのは今後を見据えた上では好材料であろう。

 東海岸のワシントンから西海岸のロサンゼルスへの移動を強いられるスケジュールは選手たちにとって大変だと思う。しかし9月そして今回のブルワーズ戦でさらに勢いをつけてロサンゼルスに乗り込める。リーグ最高勝率で完全無欠のようなドジャースに対してナショナルズがどんな戦いを見せてくれるか楽しみだ。

 初戦はドジャースに敗れたものの、2戦目はWCで好投したストラスバーグを先発に据えて勝利を引き寄せた。

 

Written by Eiji Kato and Edited by Tsubasa Komiyama

Photo link https://flic.kr/p/2fq41rC

Look Back 2010 BA Prospect Ranking

7730201918_4f3416d59f_z

 

 

 

 

 

 

 

ジャーリーグを語るに際して決して忘れることのできないプロスペクト。見事に期待に応えてスタープレーヤーへと成長を遂げる選手もいれば、メジャーの舞台に辿り着くことすらなく消えていく選手も少なくない。ここでは2010年版のBaseball America発表のプロスペクトランキングTOP100から数人を取り上げて、彼らの辿った軌跡を振り返ってみたい。

No.11:ダスティン・アクリー/No13:ジャスティン・スモーク/
No15:ドモニク・ブラウン/No26:ジェイコブ・ターナー/
No27:ブレット・ウォラス/No29:マイケル・テイラー

2015 Rookie Review:ナショナル・リーグ東地区

22807999326_f0e29726bc_z

 

 

 

 

 

 

 

2015年のMLBを彩ったルーキーたちをレビューする。今回はナ・リーグ東地区だ。
アトランタ・ブレーブス/マイアミ・マーリンズ/ニューヨーク・メッツ/フィラデルフィア・フィリーズ/ワシントン・ナショナルズ

  • アトランタ・ブレーブス

ジェイス・ピーターソン:2B

ーターソンは2011年にパドレスから指名された2B。去年トレードでブレーブスに移籍してきた。バットスピードが速いわけでもなく、パワーも平均以下だが、打撃のメカニクスは理想的と言われている。アプローチに優れており、左打者だが左投手相手にも変わらないアプローチで対戦することができる。大学時代に守っていたSSから転向した2Bの守備はまずまず。目立ったセールスポイントはないが弱点もないという評価だった。去年、パドレスでメジャーデビューを果たしている。

 

 

開幕から2Bのレギュラーとして出場すると1年間ケガなくすごし、チーム2位の152試合に出場。5月は月間打率.282、3三塁打、1本塁打を記録したが、それ以外の月では打率が.250を上回ったのは1回だけとなり最終的なスタッツは.239/.314/.335となった。

パワーツールは低評価だったが、フルシーズン1年目から6本塁打をマークしたのは合格点だろう。持ち味のアプローチでBB%=9.4%と上々。ただ、大振りしているわけでもないのにK%=20.1%は少し高い数字だった。コンタクト能力は平均以上のものを持っているだけに、K%をより低くすることは可能だろう。12盗塁を決めたが失敗も10個となり盗塁成功率は54.5%。

打撃での貢献は限られているだけにせめて成功率は70%以上を保ち20盗塁はマークする必要がある。2Bの守備ではメジャー全体で4位のダブルプレー成功数の101個をマークしたがDRSは-1とまずまずだった。