Tag Archives: マット・ウィータース

後半戦展望:セントルイス・カージナルス

24039777807_5ae2213584_z

 

 

 

 

 

 

 

 現在、ナショナルリーグ中地区の首位はセントルイス・カーディナルスだ。この地区は、得失点差マイナスのミルウォーキー・ブリュワーズが勝ち越していたり、プラスのシンシナティ・レッズが負け越していたりする。また、2位のシカゴ・カブスとは得失点差だけならばそれほど差がないように見受けられるが、対左腕を取りこぼさないのがカーディナルスである。

 今期、ナショナルリーグ中地区の中で最も対左腕のwRC+が優れているのは、ブリュワーズの98である。次に96のカーディナルスだ。実際、ブリュワーズは23勝24敗と負け越してはいるものの、それほど苦にしていない。カーディナルスは15勝14敗で同地区唯一の勝ち越しである。

 それでは、カーディナルスの特徴的な野手をあげていこう。まず、コルテン・ウォン(2B)だ。今期、キャリアハイとなるOPS.799をマークしているが、打球速度はメジャー下位3%に入り、ハードヒットは下位6%だ。Barrel%はわずか2.6%だが、11本塁打をマークしている。同じく、打球速度やハードヒットの値が良くないが長打率のある選手として、ワシントン・ナショナルズのアダム・イートン(RF)がいる。

2019年の全打球結果 Baseball Savantより

 次に、ハリソン・ベイダー(CF)。スプリントスピードや外野の守備範囲はメジャー上位3%に入る実力だが、デクスター・ファウラー(CF)と出場機会を分け合っている。メジャー通算K%=28.0%(平均は21.6%)、BB%=9.0%(平均は8.3%)のアプローチやバッティングがネックではあるものの、捕球確率の低い打球に勇猛果敢に飛び込んでアウトにするダイナミックなフィールディングは、見る者を魅了している。

 そして、ヤディアー・モリーナ(C)の衰えは心配である。バッティングは当然のことながら、フィールディングにおいても衰えが見られる。Runs Extra Strikes(フレーミングによって防いだ、もしくは失ったであろう得失点)は昨年に続いてマイナスをマーク。但し、ポップタイムは依然としてメジャー平均を上回っている。いずれにせよ、キャリア最終盤にさしかかっている現実が浮かび上がってくる。

 モリーナを支えるのはマット・ウィータース(C)。ドラフト全体5位で指名されたエリート中のエリートだが、ポップタイムとフレーミング(メジャーワーストクラス)は共にメジャー平均を下回り、控えとしては信頼性に欠けるか。

 前年36本塁打のマット・カーペンター(3B)やポール・ゴールドシュミット(1B)等が好調な状態でPOに挑めば、強力な打線になるだろう。そうでないのであれば、POに進出するであろうナショナルリーグのチームの中では、打撃力が劣るといわざるを得ない。守備力は、DRS、UZR共にメジャー全体3位であり、堅実なフィールディングを誇っている。

 

2017 Team Preview:ワシントン・ナショナルズ

29116130291_c15385d614_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す 

  • 本拠地:ナショナルズ・パーク
他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml30/

 

広さ
レフト 102.4m
センター 122.5m
ライト 102.1m
フェンス高さ  3.6~4.2m
パークファクター *平均100 
安打  97.4
ツーベース 89.1
スリーベース 80.6
HR 102.3
得点 95.6

 

  • 予想オーダー

1.アダム・イートン:CF
オフに超有望株ルーカス・ジオリトら3名とのトレードで加入。体格は小柄だが、ガッツあふれるプレースタイルでチームを引っ張る俊足・巧打の外野手。今季は昨季DRS+22を稼いだライトからセンターに回る予定。3年連続で「打率.280&出塁率.360&14盗塁」以上をクリアしており、2年連続で14本塁打をマークするなど長打力も向上中。9三塁打&18補殺はリーグトップだった。妻ケイトさんは大学1部リーグでプレーしたソフトボール選手。

2. トレイ・ターナー:SS
メジャーでも1、2を争う俊足の持ち主。新人ながら73出場で打率.342&13本塁打&33盗塁と素晴らしいデビュー。8月&9月で月間最優秀新人を獲得し、シーズン後の新人王投票でもコリー・シーガー(LAD)に次ぐ2位にランクインした。昨季は二塁とセンターでの出場がメインだったが、今季は本職の遊撃に戻る予定だ。自身を「遅咲き」と評しており、高校入学時には163cmしかなかった(現在は185cm)。

3. ブライス・ハーパー:RF
15年には史上最年少で満票MVPを獲得。昨季はさらなる飛躍が期待されたが三振率以外の全ての打撃項目が大幅ダウン。それでも5月8日のカブス戦ではメジャー最多タイとなる1試合6四球、メジャー史上初となる「0打数7出塁」をマークするなど武勇伝は増えた。オフには1度破局と報じられたケイラさんと結婚。オールスターのホームラン競争には「あれはファンのためのイベント。俺はファンを気にしない」と辞退。

4. ダニエル・マーフィー:2B
15年ポストシーズンでカブスの夢を打ち砕いた「ヤギの呪い」の勢いそのままに、打率.347&25本塁打&104打点の活躍。MVP得票ではクリス・ブライアント(CHC)に次ぐ2位にランクインした。インコースが得意である利点を生かし、ホームベースに近づいて立ったことがモンスターイヤーの要因の1つとなった。通算DRS-50と二塁守備は不得意。

5. アンソニー・レンドン:3B
15年は故障もあり80試合の出場にとどまったが、昨季は156試合に出場するなど復活。打率.270&20本塁打&85打点の活躍でカムバック賞を受賞した。12盗塁&DRS+8をマークするなど守備走塁も優秀で、走攻守3拍子揃った三塁手へとなり得る可能性を秘めている。歌手テイラー・スウィフトの大ファン。後半戦はOPS.866と調子を上げており、今季の飛躍に期待。

6. ライアン・ジマーマン:1B
チームの顔的存在だったが、ここ数年はすっかり影が薄くなっている。昨季はキャリアワーストとなる打率.218&OPS.642に終わった。平均打球速度93.7マイルはメジャー全体10位と優秀だったが、打球角度が上がらずに苦労した。オフにはダニエル・マーフィーと共に打球角度を上げるための練習に取り組んだ。

7. ジェーソン・ワース:LF
不良債権と言われながらもついに契約最終年を迎える。開幕してしばらくは不調が続いたが、2番に座ると球団タイ記録となる46試合連続出塁をマークするなど復調。これはイチロー(MIA)の43試合連続出塁をも上回る記録だ。打撃では復活を見せたが加齢によりDRS-8と守備範囲は狭まっており、今季はアダム・リンドらと出場機会をシェアすることになるだろう。本人は来季以降の現役続行に前向き。

8. マット・ウィータース:C
オールスター4度&ゴールドグラブ2度の名捕手が世界一のラストピースとして新加入。現代のメジャーリーグで重要視されているフレーミング能力が平均以下なこと、代理人がスコット・ボラスであることから春季トレーニングが始まってからも新天地が決まらなかったが、2年2100万ドルの契約でナショナルズ入りが決まった。

9. 投

 

MLBオールスター大予想。FEDライターが決める球界のスターは誰?

253114254_5443b0f88c_z

 

 

 

 

 

 

 

現地時間7月12日、メジャーリーグで活躍する選ばれたスターたちが集結する祭典が行われる。「All Star Game」と題されるその試合は、野球選手にとって特別な舞台であり、そこへ選出されることは大きな意味を持ち合わせているのだ。

我らがFar East Divisionでは、「そのお祭りに選ばれるべき『球界を代表するスター』は誰なのか?という疑問に対し、アメリカン・リーグ8名、ナショナル・リーグ9名のライターにアンケートを実施。「FEDが決めるオールスター」を決定した。

 

  • アメリカン・リーグ

 

今回の企画で両リーグ通じて最多の8票を集めたのは、マニー・マチャド(BAL)。今シーズンは昨シーズンを上回るペースである好調な打撃に加え、3B/SSの2つのポジションを守っていることから、3Bとして6票、SSとしても2票が入ったことが多くの得票を集めた理由となった。

そのマチャドが選ばれた3Bでは他には今シーズン打撃が開花したニック・カステヤノス(DET)、レイズの主砲エバン・ロンゴリア(TB)がそれぞれ1票を集めた。

SSでは8票のうち2票はマチャドだったが、残りの6票は全てザンダー・ボガーツ(BOS)に集まった。首位打者を争うほどのハイアベレージを残し、強力レッドソックス打線を引っ張る23歳はオールスターに相応しい選手だろう。

この他に1人が多くの支持を集めたポジションは、Cだ。昨シーズンのワールドチャンピオン、ロイヤルズの正捕手サルバドール・ペレス(KC)が7票を獲得。マット・ウィータース(BAL)に1票入った以外は全員がペレスを支持する結果となった。

1Bではミゲル・カブレラ(DET)とエリック・ホズマー(KC)、2Bではロビンソン・カノー(SEA)とホセ・アルトゥーベと、どちらも実力者同士の一騎打ちとなったが、それぞれ1Bはカブレラ(DET)、2Bはカノー(SEA)が選ばれた。

ア・リーグで混戦を極めたのがOFの外野3枠の争いだ。4年連続オールスターに出場し、今シーズンも安定してハイレベルな成績を残すマイク・トラウト(LAA)が7票を獲得して1枠は決まったものの、残り2枠を巡って3人が5票で並ぶ波乱の結果となった。

その3人のうち2人はレッドソックス所属で、切り込み隊長ムーキー・ベッツ(BOS)と、課題の打撃が急成長し29試合連続安打など印象にも残ったジャッキー・ブラッドリーJr(BOS)。もう1人は開幕から好調をキープし、キャリアハイペースでホームランを量産し続けているマーク・トランボ(BAL)だった。

他には遂に打撃覚醒の兆しを見せるマイケル・ソーンダース(TOR)や、西地区首位を独走するレンジャーズで躍動するルーキーのノマー・マザーラ(TEX)などが少ないながらも票を集めた。

DH制のあるア・リーグ。言わずもがな、ラストイヤーとなるビッグ・パピことデビット・オルティズ(BOS)が選ばれた。もちろん人気や最後だからという理由だけで選ばれているわけではなく、今季で引退する40歳とは思えない程の成績を残している。ビクター・マルティネス(DET)にも票が入ったが、今シーズンはオルティズで文句はないだろう。

 

2016 Team Preview:ボルティモア・オリオールズ

16922445654_054b0c2aa5_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

 

  • 本拠地:オリオール・パーク・アット・カムデン・ヤーズ
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml18/

 

広さ
レフト 101.5m
センター 121.9m
ライト 96.9m
フェンス高さ 2.1 m~7.6 m
パークファクター*平均100 
安打 112.1
ツーベース 97.8
スリーベース 77.5
HR 141.5
得点 122.8

 

  • 予想オーダー

1. マニー・マチャド:3B
『Aロッド2世』とも称される若きチームの顔。昨季は両リーグで最多の162試合に出場して打率.286、本塁打35、打点86、盗塁20、OPS.861と軒並み自身最高の成績。守備でもDRS+14を叩き出し2度目のゴールドグラブを受賞。さらに2度目の球宴出場も果たし、MVP得票でも4位にランクイン。今季はさらなる飛躍が期待される。フロリダ出身ということもあり、マーリンズファンとして育った。祖母の手料理が大好物。

2. キム・ヒョンス:LF
2年$7Mでメジャー入り。韓国では球界随一の左の中距離打者として活躍し、KBO通算10年で.318/.406/.488と素晴らしいスラッシュライン。昨季は自己最高の28ホーマー&101四球をマーク。コンタクトが上手く適応能力の高い打者として評価されており、レギュラー選手として戦力になれるだろう。

3. アダム・ジョーンズ:CF
5年連続25ホーマー以上、4年連続球宴出場と球界を代表するファイブツールプレーヤー。ゴールドグラブは3年連続で途切れたが、DRS+4、UZR+7.1とCF守備も高水準をキープしている。 一方で盗塁数は14→7→3と減少傾向にあり、フリースインガーである点も含めて今後の劣化が気がかり。ドラフト指名された時はSSだった。

4. クリス・デービス:1B
球界屈指のパワーヒッターで、昨季は47ホーマーを放ち本塁打王を獲得。オフには球団史上最高額となる7年$161Mの契約を結び残留した。アッパーカットのスイングからバックスピンをかけ、右に左にアーチを描く打撃は芸術の域だが、一方でメジャー歴代5位の208三振を喫するなどコンタクトの粗さが弱点。本職の1Bの他にRFとしても30試合に出場。チャリティーとしてボルティモアの貧困層への食事支援もおこなっている。

5. マーク・トランボ:RF
オフにトレードでSEAから移籍。ホームランも多いが三振も多い典型的なブンブン丸タイプ。メジャー通算5シーズンで131ホーマー、ISO.208と長打力に関しては毎年安定しており、一定数の本塁打は見込めるだろう。特に左投手に対してはOPS.824と相性がよく、デービスのプロテクト役としては適任。元投手ということもあり肩は強いが、通算DRS-12と外野守備は不得意。

6. ペドロ・アルバレス:DH
13年にリーグ最多の36本塁打を放ち、昨季もリーグ10位の27本塁打を放つなど豪快なパワーには定評を得ているが、デビュー2年目以降は打率.250を上回ったシーズンがなく、確実性に不安を抱える。オフにはPITからノンテンダーを受け、FAとなったが引き取り手が現れず。春季キャンプ途中の3月にBALと1年$5.75Mの契約を結んだ。 3Bを失格になり1B転向を余儀なくされたが、DRS-14と目も当てられない数字に。

7. マット・ウィータース:C
球宴3度、ゴールドグラブ2度と球界を代表する名捕手。オフにはFAとなったが、クオリファイングオファーを受け入れ1年$15.8Mで残留。昨季はトミージョン手術の影響で75試合の出場にとどまったが、盗塁阻止率は31%と肩の状態は問題なく、打撃も8ホーマー&OPS.752と悪くなかった。10-13年までは4年連続で130試合以上出場しており、無事健康な姿をアピールして来オフに大型契約を勝ち取りたいところ。 

8. ジョナサン・スコープ:2B
アンドレルトン・シモンズ(LAA)らと同じオランダ領キュラソー島出身。身体能力が高く、抜群のキャノンアームに支えられた内野守備がウリだが、昨季は86試合の出場で15ホーマーを放つなど長打力も開眼。もしフルシーズンで昨季のような成績を残せれば面白い存在。四球率2.8%と極端なフリースインガーである点はきがかり。兄シャロンもBAL傘下でプレーしている。

9. J.J.ハーディ:SS
長打と好守が魅力のベテラン選手も劣化傾向。 昨季は114試合で打率.219、本塁打8、OPS.564とキャリアワースト級の成績。3年続いていたゴールドグラブも逃したが、DRS+4、UZR+7.1と自慢のSS守備はまだ高水準をキープ。今季はレギュラー確約も外され、ユーティリティーとしての役割を担うことになる。元々は消防士になろうと思っていた。