Tag Archives: マット・ガーザ

2017 Trade Deadline ~躍進チームそれぞれの判断

26932516421_3d211e4925_z

 

 

 

 

 

 

 

 今年のMLBは例年にも増してサプライズチームが多い印象を受ける。ナショナルリーグ中地区のブルワーズは、前半戦を終えた時点で昨年のワールドチャンピオンカブスよりも上の順位だった。また、西地区のダイヤモンドバックスとロッキーズはナ・リーグワイルドカード争いを大きくリードしておりこのまま行けばプレーオフ進出を果たしそうだ。今回の記事ではこれらのチームのトレードデッドラインについて見ていきたい。同じ躍進チームながら、この3チームが行ったトレードの方針は大きく異なるものであった。それではまず、ダイヤモンドバックスから見ていこう。

 

 ①ダイヤモンドバックスの場合

 ダイヤモンドバックス(以下Dバックス)は最終日以前に JDマルティネスをタイガースから獲得した。そして最終日にエンゼルスからリリーフ投手のデビッド・ヘルナンデス(RHP)とアスレチックスからアダム・ロザレス(SS)を獲得しロスターに加えた。いずれもチームの弱点を底上げする素晴らしい補強になりそうだが、特に注目したいのがJDマルティネス(OF)の獲得である。マルティネスは元々アストロズで育ったがタイガースに移籍した後に成績を伸ばした選手だ。今シーズンは故障で出遅れたが、復帰後はタイガースで OPS1.018を記録するなど例年以上に素晴らしいシーズンを送っていた。Dバックスが彼に一番期待しているのは対左投手の攻略だろう。昨年までは投手の左右に大きく成績が影響される選手ではなかったが今シーズンの彼の対左投手に対するOPSは驚異の1.436となっており非常に得意にしている。確かにLD%が対右投手より20%も高くなっていて運にも味方されている感じは否めない。しかし、Dバックス移籍後も対左投手の打率が4割を超えており、その実力は信用できるだろう。チームの主力打者のジェイク・ラム(3B)とデビッド・ペラルタ(OF)がそれぞれ対左投手OPS.605と.712と苦戦しているDバックスにとって大いに期待できる新戦力と言えそうだ。一方でタイガースが獲得したプロスペクトのうちルーゴはMLB公式チーム内14位、アルカンタラは23位の選手だ。ルーゴは元々ブルージェイズが獲得した選手で三振も四球も少ないタイプである。守備面では2016年に3Bに転向しており特に5ツールの中でも肩を評価されている選手だ。アルカンタラは昨年冬のウィンターリーグで素晴らしい成績を残した選手でルーゴとは違い、MLBでもショートとしてやっていけると評価されている。ただし、2人とも打撃が弱点でありその課題を克服できるかがMLBで活躍できるかの鍵になるだろう。

 

2017 Team Preview:ミルウォーキー・ブリュワーズ

6252161919_110e1ca8cb_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

 

  • 本拠地:ミラー・パーク
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml17/

 

広さ
レフト 104.9M
センター 121.9M
ライト 105.2M
フェンス高さ 2.4~3.7M
パークファクター平均*100
安打 96.1
ツーベース 100.0
スリーベース 103.7
HR 112.6
得点 97.2
 
 
 ・予想オーダー
昨年ブレークし、大リーグを驚かせた選手のうちの一人。もともと脚は速かったが、そもそも塁に出れないのが課題であった。しかし昨年はその打撃が開花、156試合に出場、打率.285、19本塁打を放ち、脚の速さを活かし、62盗塁をマークした。昨年の開幕時点ではトッププロスペクトであるオーランド・アーシアが昇格するまでのつなぎと考えられていたが、昨年のブレークで今年はセカンドで開幕を迎えることになる。
 
前半戦は打率.125とかなり苦しんだが、後半戦にブレークし、打率.294、16盗塁をマークした。盗塁能力に非常に優れており、27回の盗塁企画で失敗はわずか4回。上位打線にいる条件として挙げられる出塁率の高さも兼ね備えており、昨シーズンを通しての出塁率は.354であった。今年はフルシーズンでの出場が見込まれ、どこまで成績を残せるか注目である。
 
薬物問題や指の怪我などに悩まされるシーズンが続いたが、昨年は30本塁打、OPS.903の成績を残し、全盛期の活躍であった。ブリュワーズという再建中のチームのため、昨年からトレードの噂が絶えないが、高額の長期契約や過去の薬物問題がネックとなり、なかなかトレードが決まらないのが現状である。再建中のチームを引っ張る存在になれるか。
 
韓国リーグから3年16M$で、ノンテンダーFAとなったクリス・カーターに変わりファーストを守ることになる。韓国リーグではリーグ史上初となる40本塁打、40盗塁をマークした。打高投低のリーグとは言え、40-40の成績は立派である。4年ぶりのメジャー復帰となり、どこまで成績が伸ばせるか。
 
カルロス・ゴメスとのトレードでヒューストン・アストロズから加入した外野手。持ち味はそのパワーで昨年は77試合に出場し、11本塁打を放った。また、肩は強いは守備全体としてはあまりうまくはない。怪我が多いのが懸念ではあるが、フルシーズン出場すれば25~30本塁打を打つポテンシャルはあると評価されている。
 
オフシーズンにテイラー・ソーンバーグとのトレードでボストン・レッドソックスから加入。16本塁打、71打点をあげる活躍をした。しかし、左投手にはめっぽう弱く、昨年の対左投手の打率は.187。そのため、左投手が先発の時は外野も守れるスーパーユーティリティープレーヤーであるヘレナン・ペレスがスタメンででると考えられる。
 
捕手同士を交換するようなトレードでロサンゼルス・エンゼルスから加入。昨シーズンはエンゼルスで70試合に出場し、盗塁阻止率39.6%をマークした。しかし、今年のブリュワーズの捕手争いは非常に激しく、バンディの後ろには昨シーズンサンフランシスコ・ジャイアンツからトレードで加入したアンドリュー・スーザック、3Aでいい成績を残したマニー・ピーニャらが控える。3人が競いあってどのような結果が生まれるか楽しみである。
 
素晴らしい守備が売りの若手有望株。順調にマイナーを駆け上り、3Aで3割近い打率を残したが、シーズン途中にメジャーに昇格してからは不振が続き、55試合の出場にとどまり、打率.219と苦しんだ。しかし、彼が持っているポテンシャルを疑うものは誰もおらず、数年後にはメジャー屈指のショートとなっているだろう。

2016 Team Review :ミルウォーキー・ブリュワーズ

2511883159_3e42e70dba_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

 

  • 本拠地:ミラー・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml17/

 

広さ
レフト 104.9M
センター 121.9M
ライト 105.2M
フェンス高さ 2.4~3.7M
パークファクター平均*100
安打 101
ツーベース 107
スリーベース 161.1
HR 143.2
得点 110.3
  •  予想オーダー

1.ケノン・ブロクストン:CF
ジェイソン・ロジャースとのトレードでピッツバーグパイレーツから移籍してきた25歳のスピードスター。昨年は2Aと3Aで.273/.357/.438、10HR、39SB という成績。MILのポジションの中で、センターはレギュラーが一切決まっていないポジションの一つで、ブロックストンはカーク・ニューインハウス、ラモン・フローレス、ライマー・リリアーノらとレギュラー争いをすることになる。守備とスピードでレギュラーをとれるか注目である。 

2.ジョナサン・ルクロイ:C
一昨年オールスターにも選出された名キャッチャー。去年脳震盪を起こし、その後遺症が心配されるが本人は体調は万全だ、と主張している。実際、スプリングトレーニングでは元気な姿を見せている。打撃のみならず、フレーミングの技術も優れている。しかし、オフシーズンからトレードの噂が絶えず、果たしてブリュワーズの開幕スタメンに彼の名前があるかは疑問である。

 3.ライアン・ブラウン:LF
最近世間を騒がせている薬物問題で数年前話題になった人物。薬物問題が発覚してからは、問題になる前ほど圧倒的な数字は残せてないが、それでもメジャー上位レベルの成績を保っている。怪我をしがちあり、シーズンを通しての活躍が見込めないところが残念である。薬物問題に高年棒などさまざまな問題はあるが、彼もトレード候補の一員である。

4.クリス・カーター:1B
今オフにヒューストンアストロズからFAで入団した四番候補。言わずと知れたパワーヒッターであり、三振の数とホームランの数の多さで有名である。2014年はHOUで一年間安定した成績を残せていたが、昨シーズンは不調で出番も少なく、成績はイマイチだった。今年は出場機会も確保されており、HOUの本拠地であるミニッツメイド・パークより打者有利なミラー・パークでどこまで成績を残せるか注目である。

 5.ドミンゴ・サンタナ:RF
昨年ヒューストンアストロズからカルロスゴメスのトレードで加入してきた外野手。3Aでは敵なし状態であったが、メジャーに上がるとバットにボールが当たらず、低打率に苦しむ。しかし、逆方向へのパワーは光るものがあり、今後コンタクトが向上すれば化ける可能性もあるだろう。クリス・デービス(OAK)がトレードされたのも、サンタナの存在があったからだ。

 6.アーロン・ヒル:3B
2月にジーンセグーラのトレードで新加入したベテラン。ミラー・パークではかなりの好成績を残しており、それも獲得に至った一つの理由なのかもしれない。しかし、全盛期だった2010年、11年からは成績は下降の一途をたどっており、心配されている。守備面ではファースト以外の内野のポジションはすべて守ることができるが、年齢から考えて主にサードを守ることになるだろう。また、契約最終年ということでデッドラインでのトレードも十分考えられるだろう。

 7.スクーター・ジェネット:2B
5-10という小型な体形ながら、その体を精一杯使った打撃が魅力な選手。課題は左投手に対しての打撃で、通算.124/.147/.150たるスラッシュライン。右投手に対しては.307/.339/.458たる数字を残せているので、左投手克服ができれば平均以上の二塁手となれるかもしれない。敬虔なクリスチャンであり8陶芸家、という一面も持つ。

 8.ジョナサン・ビラー:SS
今オフにHOUからサイ・スニードとのトレードで移籍してきた元プロスペクト。2011年にはBAのプロスペクトランキングで全米94位にランクインした。主にショートも守っているが、通算162試合で39失策と守備に課題がある。一方、走塁は武器の一つであり、2013年にはホームスチールも記録している。3Aからトッププロスペクトの一人であるオーランド・アルシアが昇格してくるまでどこまでアピールできるか注目である。

 9.投手