Tag Archives: マット・チャップマン

Weekly Report: Week13

41043770701_e121d2526e_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトでメジャーリーグの1週間を辿る。Weekly-13のキーワードは

「フランクリン・バレット」「シアトルマリナーズ」「ケルビン・ヘレーラ」だ。

 

・フランクリン・バレット

 

ョシュ・ドナルドソンを1対4のトレードでブルージェイズに放出してから4シーズン目を迎えるオークランド・アスレティックス。このトレードにより再建期に突入し、ここ3年間は地区最下位に沈んできた。トレードで獲得した選手たちはというと、目玉であったブレット・ロウリーは、素行の悪さもあって1年でチームを去り、今季の開幕投手ケンドール・グレイブマンも、再建期のローテこそ支えてくれたが、現在は不振でマイナー調整中。プロスペクト左腕だったショーン・ノリンは、わずか6試合に登板しただけでDFAされた。このままでは失敗トレードと言われても仕方ないが、OAKファンにとって最後の希望が、トレード当時18歳だったバレットである。

マット・チャップマンのDL入りに伴いジェド・ラウリーが3Bに回ったことで、現在バレットは2Bで出場機会を得ている。22日の敵地ギャランティードレイトフィールドでのホワイトソックス戦では、2本の3ランHRを放つ活躍を見せた。思えば昨年の6月24日、この球場でメジャーデビューを果たしたバレットは、ジェームズ・シールズから初HRを放っている。その試合では、オルソン、ブラグマンもメジャー初HRを放っており、史上初めて同じ球団の3選手が同じ日に初HRを打ったとして話題になった。閑話休題、22日の試合に話を戻すと、この日の1本目のHRはまたしてもシールズから放っている。対戦回数は少ないものの、相性の良さがうかがえる。

 今季AAAでは、.236/.335/441,7HRという微妙な成績で、向上しているのはBB%くらいだ(MLBでは31打席で1四球しか選べていない)。MLB昇格後も10打席あまりヒットが出ず、三振も多い。期待が大きいだけに伸び悩んでいるようにも感じられるが、焦らず経験を積んでほしい。ここ2シーズンは、正二塁手のラウリーが思いのほか(?)健康を維持しているため出場機会が限られているが、そのラウリーも今季までの契約となっているため、来季以降はバレットがメインで起用されていくだろう。今季のMLB では、バレットよりもさらに若いヤンキースのグレイバー・トーレスやブレーブスのオジー・アルビーズが二塁手として大活躍を見せている。彼らに少し遅れを取った形にはなってしまったが、今後バレットがどのような選手に育っていくのかを楽しみにしたい。

(成績は6月23日時点)

Weekly Report : Week-1,2

8643168590_9b5b8caa88_z

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-1,2のキーワードは「開幕」「大谷翔平」「二刀流」だ。

開幕

よいよメジャーリーグが開幕した。昨シーズンはヒューストン・アストロズがワールドチャンピョンに輝いたが、今シーズンはどこが頂点に輝くのか今から楽しみが募るばかりだ。ここでは今シーズンの注目ポイントを紹介していく。まずは「補強」だ。ボストン・レッドソックス、ロサンゼルス・エンゼルスなどオフには多くのチームが大補強を行い、今シーズンは勝負をかけるチームと再建を進めるチームがはっきりしている印象を受ける。中でもニューヨーク・ヤンキースは昨シーズンのポストシーズンでアストロズを追い込んだ戦力を保有するチームだが、そこにナリーグ本塁打王のジャンカルロ・スタントン、ナリーグ7位となる37二塁打を記録したブランドン・ドルーリー、14年にはシルバースラッガー賞に輝いたニール・ウォーカーを加え、超強力打線を作り上げた。投手陣もエースのルイス・セベリーノを中心に先発は数が揃っており、リリーフもメジャーNo.1クラスと今シーズンのワールドチャンピョン候補No.1といっても過言ではないだろう。ニューヨークと言えばメッツも忘れてはいけない。オフにはジェイ・ブルース、トッド・フレイジャー、エイドリアン・ゴンザレスなどを加える補強を敢行。マイケル・コンフォートやヨエニス・セスペデスら実力者も多く、アメッド・ロサリオ、ブランドン・ニモといった若手選手もいるなどバランスが良く、更に毎年誰かが故障に苦しみ揃うことのない先発陣が今シーズンは無事に開幕を迎えるなど今シーズンに掛かる期待は大きい。実際に開幕は好スタートを切っており、ワイルドカード、さらには地区優勝の可能性も0とは言えない。

次に「プロスペクト」にも注目して欲しい。次のキーワードでも取り上げる大谷翔平を中心にアトランタ・ブレーブスのロナルド・アクーニャ、ヤンキースのグレイバー・トーレス、ワシントン・ナショナルズのビクター・ロブレスなどトッププロスペクトが今シーズン中のメジャー定着が予想されており、彼らの活躍次第ではチームのシーズン成績にも影響してくるだろう。Far East Divisionでは彼らのようなプロスペクトを各チーム15人ずつ掲載した「Far East Division Prospect Handbook 2018」を発売している。今シーズン以降のメジャーリーグを楽しむための一冊となっているため是非とも手に取って見てみてください。

リンク→https://fedbook2018.thebase.in/items/10563612

2018 Team Preview :オークランド・アスレチックス

40160706755_63869c0b5d_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

  • 本拠地球場:O.coコロシアム

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml16/

 

広さ
レフト 100.6m
センター 121.9m
ライト 100.6m
フェンス高さ

2.4~4.6m

パークファクター *平均100
安打 92.1
ツーベース 95.4
スリーベース 104.3
HR 72.7
得点 82.9

 

・予想オーダー

1, マーカス・セミエン:SS

16年には27本塁打を放ちブレイクを果たしたが、昨シーズンは故障の影響もあり、85試合の出場にとどまった。それでも持ち味のパンチ力を発揮し、二桁本塁打はクリア、BB%でキャリア最高の9.8%を記録するなど収穫のあるシーズンに。トッププロスペクトのフランクリン・バレットが既に昇格しており、調子によってはレギュラー剥奪の可能性も。

2, マット・ジョイス:LF

抜群の選球眼とパンチ力が持ち味の打者。昨シーズンはキャリア最高となる25本塁打を放つなど主軸として活躍した。特にシーズン後半はOPS=.889を記録するなど絶好調だった。キャリアを通して左投手を大の苦手としており、昨シーズンも対左投手は打率.186、OPS=.537と散々。

3, ジェド・ロウリー:2B

故障が非常に多いことで有名だが昨シーズンは大きな怪我なくシーズンを送った。リーグ2位となる49二塁打、BB%で11.3%を記録するなど主軸たる活躍。今シーズンも怪我なく1年間過ごし、来年のオフに控えるFAに向けてアピールしたい。

4, クリス・デービス:DH

2年連続で40本塁打、100打点をクリアしている大砲。三振が非常に多く、昨シーズンも195三振を喫したが、一方でBB%は16年の6.9%から11.2%と成長を見せた。今シーズンはキャリア初の個人タイトルの獲得にも期待したい。

5, マット・オルソン:1B

6月からメジャーに定着すると持ち前のパワーが爆発しわずか59試合で24本塁打を放ち、新人王投票でも4位に入った。マイナー時代からの選球眼の良さ、三振の多さも相変わらずだった。今シーズンも昨シーズンの勢いそのまま打ちまくりたい。

6, スティーブン・ピスコッティ:RF

オフにトレードでカージナルスから加入した選手。病気を患っている母の看病の為自らトレードを志願したのではと話題になった。昨シーズンはシーズンを通して不振に苦しみ、22本塁打を放った16年からは大きく数字を落とした。今シーズンは復活に期待。

7, マット・チャップマン:3B

昨シーズンデビューを果たした選手。マイナー時代から注目を集めていた三塁守備ではわずか84試合でDRS=19をマークするなどゴールドグラブ賞クラスである事を証明した。一方で粗っぽい打撃も相変わらずでこのままメジャーに定着するためにも改善したい。

8, ジョナサン・ルクロイ:C

オールスター2度の選出を誇る選手だが、昨シーズンは打撃では不調から抜け出せず、守備では高評価を受けていたフレーミングでも評価を下げるなど散々なシーズンに。FAを来年に控えているため、今シーズンは復活してアピールしたい。

9, ダスティン・ファウラー:CF

チームのエースだったソニー・グレイとのトレードでヤンキースから加入した外野手。昨シーズンはデビュー戦でフェンスにぶつかり怪我をしてしまい、そのままシーズンエンドとなった。俊足で打撃の評価も高いなど高いポテンシャルを秘める。