Tag Archives: マット・ハービー

FEDインタビュー「MLBを仕事にする」第1弾 – アトランタ・ブレーブスのトレーナー西尾嘉洋さん

 

この冬も菊池雄星投手が海を渡りMLBへの挑戦を決めた。MLBでは多くの日本人選手がプレイしてきたが、MLBで活躍している日本人は選手だけではない。

選手を支える様々なスタッフの中にも多くの日本人の方々が含まれている。そこで今回から不定期連載としてMLBの舞台で選手以外として貢献している方へのインタビューをお送りする。

 このインタビューの趣旨として、MLBで選手以外の仕事を目指す上でのキャリアの築き方がある。MLBで働きたいと思っていても日本では情報が少ないのが現状だ。そこで様々な分野の先駆者にそのキャリア形成について助言を頂きたいと思ってこのインタビューを申し込んだ。

 記念すべき第1回目のインタビューをお願いしたのは、現在アトランタ・ブレーブスでトレーナー・スタッフとして活躍されている西尾嘉洋さんだ。

西尾さんは日本の中日ドラゴンズを経てコロラド・ロッキーズやオークランド・アスレティックス、ニューヨーク・メッツ等複数のMLBチームに勤務された経験を持つまさにトレーナーとしてMLBの世界を開拓したパイオニアと言える。

そんな西尾さんにトレーナー・スタッフとしての仕事やキャリアの築き方について語って頂いた。是非多くの方に読んで頂きたいと思う。またバンドSCOOBIE DOのメンバー、オカモト”MOBY”タクヤ氏の尽力無しにこのインタビューは成立しなかった。この場を借りて改めて感謝申し上げます。

 また以前杉浦大介さんが西尾さんに行ったインタビューを参考にして頂ければ、さらにMLBのトレーナーの仕事を理解できると思います。それではインタビューをお楽しみください。

※インタビューはFacebookのmessengerを利用して1月上旬に行いました。 

Weekly Report :Week7

8006479788_386c4cc717_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-7のキーワードは「ジェームズ・パクストン」「スティーブン・ピスコッティ」「マット・ハービー」だ。

 

・ジェームズ・パクストン

地時間5月8日に今季3度目のノーヒットノーランがありました。達成したのはマリナーズの左のエースであるジェームズ・パクストンです。ノーヒッターは既にショーン・マナエアとドジャース投手陣によって達成されています。今回はパクストンのノーヒッターに関連する様々な記録を紹介したいと思います。

 

・マリナーズの投手によるノーヒッターは2015年にオリオールズ戦で達成した岩隈久志以来で6例目です。アウェイゲームでマリナーズの投手がノーヒッターを達成したのは、パクストンが初めてとなりました。過去に達成しているのは、ランディ・ジョンソンや”キング”フェリックス・ヘルナンデスらチームの伝説が並びます。

 

・今回のノーヒッターで、今年達成されたノーヒッターはアメリカ、メキシコ、カナダと3国で達成されたことになります。もちろんこれは史上初の出来事です。野球のグローバル市場での人気獲得を狙っているMLB機構としては、話題を呼ぶノーヒッターが様々な国で達成されるのは喜ばしいことだと言えるでしょう。また来年はシーズンの試合をロンドンで開催することが正式に決まりました。

 

・パクストンはカナダ出身ですが、カナダ出身選手によるノーヒッターはディック・ファウラー以来2人目となります。またパクストンは2010年にマリナーズに入団していますが、実はその前年2009年には今回の対戦相手であるブルージェイズにドラフトで指名されています。

 

・ノーヒッターを達成されたブルージェイズは今回で5回ノーヒッターを達成されたことになります。今回の前は7年前に当時タイガースのジャスティン・バーランダーが達成しています。

 

・実は今回の試合と同じ日に完全試合の可能性があった試合がありました。ナショナルズvsパドレス戦でナショナルズ先発ジェレミー・ヘリクソンが6回まで完全試合を続けていました。ナショナルズはヘリクソンの好調もあって5月に入って絶好調。さらに開幕から欠場が続いているダニエル・マーフィーが戻れば勢いは加速するでしょう。

好調メッツを変えた守備の強化とブルペンの強化

25652322252_d030467e88_z

 

 

 

 

 

 

今季のMLBは例年に比べて、春の珍事と呼ばれる開幕直後だけ好調な選手は少ない印象を持ちます。しかしチーム単位で見ると全く異なる景色が見えてきます。アメリカンリーグではレッドソックスが、そしてナショナルリーグではメッツが特に抜きん出た成績を記録しています。

さらにメッツ以外にもナ・リーグからはダイヤモンドバックスなどの名前も挙げるべきでしょう。ただしレッドソックスとダイヤモンドバックスは昨年もPOに進出していて、今季もある程度期待値が高い状態でシーズンに突入しています。その一方でメッツの下馬評は非常に低く、ナ・リーグ東地区はナショナルズの地区優勝で決まりという風潮が開幕前はありました。実際にESPNの識者29人のナ・リーグ東地区の優勝予想は満場一致でナショナルズでした(http://www.espn.com/mlb/story/_/id/22919123/2018-espn-expert-predictions-which-superteam-rule-baseball)

しかしいざ開幕を迎えると、メッツが予想外に好成績を残しています。今回のコラムでは、そのメッツにフォーカスして彼らが好調なスタートを切った背景を見ていきます。

メッツには昨年のシーズン開幕前に大きな期待が寄せられていました。それもそのはずで、ノア・シンダーガードやジェイコブ・デグロームらで構成する若手主体の夢のローテーションがフル稼働すると見られていたからです。しかし現実はそう甘くありませんでした。シンダーガードは僅か7試合投げただけでシーズンを終えて、マット・ハービーも防御率6.70と目を覆いたくなるような不振に陥りました。打線の核であるヨエニス・セスペデスも故障して、ナショナルズのライバルになるどころか勝率5割にすら届きませんでした。そしてシーズン終了後には長期政権となったテリー・コリンズ監督が退任しました。

そのコリンズの後にミッキー・キャラウェイが新監督として就任しました。キャラウェイはインディアンスの投手コーチをしていた人物で、その手腕は確かなものがあります。しかしメッツが昨年の不振からV字回復を遂げたのはキャラウェイ就任以上に大きな要因があります。

Weekly Report:Week-5

6988103174_7b6e37a3a6_z

 

 

 

 

 

 

 3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-4のキーワードは「ブライス・ハーパー」 「マット・ハービー」 「故障者続出」だ。

 

 

・ブライス・ハーパー

ライス・ハーパーが現地時間5月14日に2018年度の契約をワシントン・ナショナルズと1年21.65M$で結んだ。ハーパーとワシントン・ナショナルズは、オフシーズンから契約延長へ向けて交渉を進めており、12月にはハーパー側が10年400M$の超大型契約を希望したとの報道も出たが、ナショナルズ側が断ったとされている。今後契約延長がされなければ、2018年シーズン終了後にFAになる。

 

今年24歳になるハーパーは2010年のドラフト全体一位でワシントン・ナショナルズに破格の契約で入団、順調に成績を伸ばしていき、2015年シーズンには自己最多となる42本塁打を放ち、MVPに輝く。昨シーズンは故障などにも苦しんだが、それでも24本塁打を放ち、チームに貢献した。今シーズンは5月14日の時点で、11本塁打、出塁率.493と抜群の成績を残している。

そしてこの契約を結んだ直後の試合、4対4で迎えた9回の裏ナショナルズの攻撃、2アウト一塁で打席にはハーパーが回ってきた。フィリーズのリリーバー、エデュブリー・ラモスからなんとサヨナラ2ランホームランを放ち、ナショナルズファンに自分自身の価値を見せつける結果となった。

神童とよばれた彼の今後に注目があつまる。

 

 

2017 Team Preview:ニューヨーク・メッツ

20697486276_87391afa84_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

 

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

 本拠地:シティー・フィールド

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml20/

 

広さ
レフト 102.1m
センター 124.4m
ライト 100.6m
フェンス高さ 2.4m
パークファクター平均*100
安打 88.7
ツーベース 83.8
スリーベース 45.5
HR 109.0
得点 98.8

 

・予想オーダー

 

1. ホセ・レイエス:3B

オールスタ−4度、通算488盗塁の俊足スイッチヒッターも、33歳になり全盛期のスピードやパワーはなくなった。それでも昨季は慣れ親しんだ古巣NYMに復帰するとまだまだ戦力になれることを示した。開幕はデビット・ライトの故障で空いた3Bのポジションで。

 

2. カーティス・グランダーソン:CF

昨季は30HRを記録したものの、打点が59止まり。30HRを放った選手の中でMLB史上最も少ない打点という不名誉な記録を、ジェド・ジョーコ(STL)とともに達成した。昨季.152だった得点圏での打率の向上に期待。

 

3. ヨエニス・セスペデス:LF

オフにFAとなるも4年1億1000万ドルの大型契約で再契約したキューバ出身の主砲。MLBデビューから5年連続20HR以上、特にここ2年はOPS.870&31HR以上と安定した活躍が期待できる点も魅力。球界屈指の強肩で守備でも魅せる。WBC終了後には元同僚イアン・キンズラー(DET)のアメリカとラテンの試合中の感情表現についての意見に反論し話題になった。

 

4. ジェイ・ブルース:RF

昨季途中にCINから移籍。移籍前は97試合でOPS.875&25HR&80打点で打点王と、自己最高ペースの好成績を残していたものの、移籍後は嘘のように不振に。50試合でOPS.685&8HR&19打点とチームに勢いをつける補強のはずが逆に足を引っ張ってしまった。打撃では左投手が苦手で、守備でもあまり貢献できないが、4番の働きができるか。

 

5. ニール・ウォーカー:2B

FAとなるもクオリファイング・オファーを受け入れ1年1720万ドルで残留。OPS.823&23HRと好成績。スイッチヒッターで右打席の方が好成績だが左打席でも十分な成績を残す。怪我さえなければ安定した成績を残せる好選手。

 

6. アズドルバル・カブレラ:SS

二遊間を組む5番のウォーカーと同じくスイッチヒッターのベネズエラ出身SS。昨季はNYM1年目だったが自己最高クラスの打撃成績を残した。左右どちらも苦にはしないが、左打席はパワー、右打席は確実性を重視したスタイル。

 

7. ルーカス・デューダ:1B

パワーと、打率より1割ほど高い数値を記録する出塁率が売りの長距離砲。昨季は怪我に苦しみ満足にプレーできなかった。ドラフト時からNYM一筋。怪我に気をつけ、ホームランの量産を求められる。

 

8. トラビス・ダーノー:C

正捕手の素質は十分ながら、正捕手の座を掴みかけるたびに故障に邪魔される。MLBで4年を過ごすがフルシーズンで出場したことはない。もう28歳と若くはなく、そろそろ1年健康に出場して実力があることを示したい。ルックスも性格も良く、信頼される選手であるという点では、同じく常に故障に悩むNYMの顔デビット・ライトと被る。

 

9. 投手