Tag Archives: マーク・メランソン

トレード・デッドラインを振り返って

26856749837_a05b6f503c_z

 

 

 

 

 

 

 トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。

 前回の記事を執筆してから、クリーブランド・インディアンスがヤシエル・プイグ(OF)とフランミル・レイエス(OF)等を獲得する三角トレードを実施した。こちらに関する記事は近日公開予定だ。

 

  1. 同地区AL中地区ミネソタ・ツインズの動き
  2. AL東地区タンパベイ・レイズの動き
  3. AL西地区ヒューストン・アストロズの動き
  4. NL東地区ニューヨーク・メッツの動き
  5. NL中地区地区優勝争い
  6. NL西地区サンフランシスコ・ジャイアンツの動き

 

 この6点が大雑把に気になる点だった。

 

 ミネソタ・ツインズ

 サンフランシスコ・ジャイアンツからサム・ダイソン(RHP)を獲得。見返りとして40人枠外の選手を3人放出した。ジャイアンツはリリーバーを放出し、二遊間を守れる野手を重点的に補強した。

 

 野手陣を補強し、投手陣の復帰を待つインディアンス。投手陣を補強し、強力打線の好調を保ちたいツインズ。AL中地区はここ数年で1番の盛り上がりを見せているはずだ。デトロイト・タイガースはメジャークラスの選手を放出し、見返りを多数獲得。カンザスシティ・ロイヤルズとシカゴ・ホワイトソックスは動きが少なかった印象だ。

 

 タンパベイ・レイズ

 先日、エリック・ソガード(2B)を獲得した。今季打撃好調であり、3B、SS、OFを守ることが出来るため、重宝されるだろう。

 ミルウォーキー・ブリュワーズからヘスス・アギラー(1B)を獲得。故障者が続出しているため、内野のデプスを強化しつつ、プラトーン起用により柔軟な対応が出来るようになった。見返りとして放出したのはジェイク・ファリア(RHP)。スターターとして起用可能なリリーバーであり、悪くない選手だ。ブリュワーズからしてみれば、今季不調の一塁専を放出し、ブルペンを補充することが出来た。

 

 マイアミ・マーリンズからニック・アンダーソン(RHP)とトレバー・リチャーズ(RHP)を獲得。見返りとしてライン・スタネック(RHP)とヘスス・サンチェス(OF)を放出。40人枠内の投手を多数放出する一方で、補充も欠かさず、マーリンズにしてみれば若い外野手のプロスペクトを獲得することが出来た。

 ロサンゼルス・ドジャースからニコ・ハルサイザー(OF)を獲得。見返りとしてアダム・コラレック(LHP)を放出。余剰な投手を放出しつつサンチェスの代わりとなる外野手のプロスペクトを獲得。ドジャースにしてみれば、外野手のプロスペクトは足りているため層を厚くしてWSに備えた。

 

 同地区のニューヨーク・ヤンキースとボストン・レッドソックスは十分な補強を行えないまま期限を終えた。トロント・ブルージェイズが大量に主力を放出した今、AL東地区の地区優勝にもっとも近いのはレイズかもしれない。

 

2016 NLDS Review:WSHvsLAD

8664700662_162834df7c_z

 

 

 

 

 

 

 

NLSD:WSH2-3LAD

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 LAD4-3WSH
勝:クレイトン・カーショウ(1-0) 負: マックス・シャーザー(0-1) S:ケンリー・ジャンセン(1)

Game2 LAD2-5WSH
勝:ブレーク・トライネン(1-0) 負:リッチ・ヒル(0-1) S:マーク・マランソン(1)

Game3 WSH8-3LAD
勝:サミー・ソリス(1-0) 負:前田健太(0-1)

Game4 WSH5-6LAD
勝:ジョー・ブラントン(1-0) 負:ブレーク・トライネン(1-1) S:ケンリー・ジャンセン(2)

Game5 LAD4-3WSH
勝:フリオ・ウリアス(1-0) 負:マーク・ゼプチンスキー(0-1) S:クレイトン・カーショウ(1)

レイトン・カーショウの壁はあまりにも厚かった。05年のチーム創設以来初、前身モントリオール・エクスポズ時代から数えても35年振りとなるディビジョンシリーズ突破を目指すワシントン・ナショナルズの前に立ちはだかったのは、世界一6度、4年連続地区優勝中の常勝球団ロサンゼルス・ドジャースだった。

ドジャースはカーショウの登板試合で3戦3勝。ナショナルズは2勝1敗と王手をかけながらの逆転敗退となった。これにより、ナショナルズのダスティ・ベイカー監督はポストシーズンの王手をかけた試合で9連敗、自身にとってもチームにとっても初の世界一はまたも叶わなかった。対してドジャースは1988年以来となる世界一をかけてシカゴ・カブスと対峙する。

ここからはこのシリーズの注目点を通して振り返っていこう。

注目点→ブルペン陣

このシリーズはブルペン対決であったと言っても過言ではない。レギュラーシーズン中のブルペン防御率はドジャースが両リーグ1位、ナショナルズが同2位となっており、両チームとも素晴らしいブルペン陣を誇り、この堅固なブルペンをどう運用するかが注目されていた。

ナショナルズは左右の枚数が揃った豊富なブルペン陣と左右の得意不得意のデータを駆使した小刻みな継投で、最初の3試合までリリーフ投手が計13.1イニング投げて無失点と完璧な内容。しかし、第4戦では、左バッターが得意ではない右腕のブレーク・トライネンを左バッターが6人並ぶ場面で投げさせ、チェース・アトリーに決勝タイムリーを浴びた。

さらに第5戦では、対左投手の方が打率が1割近く低いジャスティン・ターナーに対して左腕のサミー・ソリスから右腕のショーン・ケリーに継投し決勝打を浴びるなど本来の戦い方を貫くことができなかったのが悔やまれる。もちろん、継投の良し悪しは結果論の部分も大きいが、チームが1年間続けたやり方を最後の最後で変えてしまったのは残念だ。

豊富なブルペン陣をフル活用したナショナルズとは対照的に、ドジャースはジョー・ブラントンとケンリー・ジャンセンが第2戦を除いて全試合に登板するなど信頼できるリリーバートップ2を中心とした継投を行い、2人で計10.2イニングを投げ抜いた。さらに第5戦では7回から抑えのケンリー・ジャンセンを投入し、最後は中1日のエース、カーショウで締めるなどレギュラーシーズンでは考えられないような継投で勝利を掴み取った。

特にカーショウの起用法については賛否両論あるだろうが、チームのエースが自分の将来を天秤にかけてまで登板を志願した思いには敬意を払うべきであり、王手をかけられながらも2戦連続で終盤の逆転勝利を演出したドジャースの打者陣の執念も素晴らしかった。

Text by Sakurai Haruki
写真: https://flic.kr/p/ecERCJ

2016 Trade Deadline ~ナリーグ東地区 三つ巴の争い~

27046373832_1eaffa1a8a_z

 

 

 

 

 

 

 

WAS、MIA、NYMが激しい争いを繰り広げるナリーグ東地区。現状WASが頭一つ抜けてはいるものの、MIA、NYMはワイルドカードからのプレーオフ進出も射程圏内ということもあり、3チームとも動きを見せた。それではWASから今トレードデッドラインの動きを振り返ってみよう。

7/30 PIT⇔WAS
PIT→WAS マーク・メランソン
WAS→PIT フェリペ・リベロ+テイラー・ハーン

 メランソンは今オフFA。移籍時点では、PITのクローザーとして30セーブ、防御率1.51をマークしていた。ナショナルズは開幕からジョナサン・パペルボンがクローザーを務めていたが、19セーブを挙げながら防御率は4.41と不安定。特に7月は防御率7.88で、後半にはショーン・ケリーにクローザーの座を明け渡していた。このようなブルペン事情から、クローザーとして安定した成績を残していたメランソンの獲得に至った。また、いわゆるレンタル移籍のためそれほど大きな損失を負わずに済んだことも理由だろう。

次に、PITが獲得した2選手について見ていこう。

まず1人目はフェリペ・リベロ。 25歳のLHPで、2015年にメジャーデビュー。49試合に登板し、防御率2.79の好成績を残した。今シーズンはリリーバーとして47試合に登板し、防御率4.53をマークしていた。ただK/9=9.6、BB/9=2.7、FIP=3.26と投球内容は悪くなかった。投球スタイルは最速99マイルに達するストレートにスライダー、チェンジアップを織り交ぜる。マイナー時代にはほとんど先発として登板しており、PITの起用法次第では先発として起用されることもあるかもしれない。

2人目のテイラー・ハーンは21歳のLHP。WASでは公式プロスペクトランキングで球団25位にランクインしており、移籍後も球団25位にランクインしている。2015年ドラフトでWASから5巡目で指名された。WASではR-Aで10試合に登板し、防御率2.79をマークしていた。20-80スケールで65の評価を受けるストレートが武器で、平均は90マイル中盤、最速は99マイルにも達する。セカンドピッチのスライダーも平均以上の評価を受けるが、チェンジアップは平均以下。制球面も不安を抱えるため、ブルペンとして育成されていくだろう。非常に奪三振能力の高い選手であり、これからが楽しみである。

トレード時点ではPITは52勝50敗。ナリーグ中地区では3位だったもののワイルドカード獲得は射程圏内であった。そんな中でメランソンという絶対的なクローザーを失うことは今シーズンを戦う上で大きな痛手だったように思われる。それでもメランソンを放出したのはブルペンにトニー・ワトソンやネフタリ・フェリースなど好成績を残していたリリーバーがいたことが理由であろう。

誰か一人をクローザーに転向させ、その空いた穴をリベロで埋めさせる狙いだったと思われる。リベロは2021年まで保有できるという点も大きかった。それに加え、プロスペクトを一人獲得し、マイナーの層も厚くできた。絶対的なクローザーを獲得したかったWASと今シーズンまだ勝負しつつ、マイナーの層も厚くさせたかったPIT。両チームの利害が一致したトレードだった。

WASが成立させたトレードはこの一つのみ。2位MIAに5ゲーム差をつけて首位を走っていた状況から、プレーオフも見据えて最大の不安材料だった点のみ補強した最低限の動きだったといえるだろう。

 

2016 Team Review:ピッツバーグ・パイレーツ

24732334465_0a162ef93a_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

 

  • 本拠地:PNCパーク

他の野球場と比較する→http://yakyujo.com/ml24

 

広さ
レフト 99.1M
センター 121.6M
ライト 97.5M
フェンス高さ 1.8~6.4M
パークファクター平均*100
安打 96.2
ツーベース 87.4
スリーベース 82.1
HR 108.3
得点 93.3
  • 予想オーダー

1.グレゴリー・ポランコ:RF
2013年にはMLB.comのプロスペクトランキングで13位にランクインしていたが、前評判通りの結果を残せていない。しかし、期待が高かっただけで、平均レベルの選手としては充分な成績を残せている。中でも武器なのが肩の強さでライトから矢のような送球を度々披露している。課題は左投手にで、昨シーズン左投手に対しての成績は、打率.190、OPS.598とさっぱりだった。

2.ジョシュ・ハリソン:3B
14年にブレークした内外野守れるユーティリティー。昨シーズンは怪我により114試合の出場にとどまり、打率も低下(.315→.287)と低下したが、BABIPはほぼ同じ(353336)だったので、今年も健康体であれば活躍が期待できるといっていいだろう。伯父にはブリュワーズのコーチを務めているジョン・シェルビーがいる。

3.アンドリュー・マカッチェン:CF
MVP投票の常連。毎年非常に安定した成績を残すハイレベルな5ツールプレイヤー。29歳と一番脂がのった年頃であるが、盗塁数が13年から27→18→11と低下しているのが気になる。しかし、打撃成績は申し分なく、2012年から4年連続でOPS.900近い成績を残している。今年もパイレーツ打線の主軸を担うことは間違いないだろう。

4.スターリング・マーティー:LF
走攻守そろった万能型プレーヤー。去年は19HR30盗塁をマーク。守備ではDRS+24をマークするなど、チームのプレーオフ進出に大きく貢献した。一方、三振率は24%から19.4%へと改善したが、コンタクト率はあまり変わっておらず、打席での選球眼などの改善が求められる。

5.ジョン・ジェイソ:1B
オフにTBからFA2年8Mで移籍。最後に100試合以上出場したシーズンが12年と、健康面に不安がある。選球眼は抜群で、去年の四球率は13%。左投手に弱く、通算打率は.178と苦しんでいる。今シーズンは通算2試合しか守ったことのないファーストを守ることになり、不安が残る。場合によっては3Aからプロスペクトのジョシュ・ベルが昇格してくることも考えられるだろう。

6.フランシスコ・セルべリ:C
長年NYYで控えキャッチャーであったが、昨年PITで130試合に出場、.295/.370/.401fWAR3.8と立派な成績を残した。昨シーズンの成績がまぐれでないことを証明できるか、注目のシーズンである。彼が昨シーズンと同じ活躍をすれば、パイレーツのプレーオフ出場もぐっと近づいてくるだろう。

7.ジョルディー・マーサー:SS
守備型のプレーヤー。ミドルネームはJoe。14年から打撃の成績は低下したが、堅実な守備は健在で986.1イニングで失策7であった。怪我からカン・ジョンホが復帰したら出場イニング数が減るとみられており、復帰するまでにどれだけアピールできるかが勝負となる。

8.アレン・ハンソン:2B
MLB.comのプロスペクトランキングでチーム10位。セカンドの定位置確保を狙うが、カン・ジョンホが戻ってきたら出場機会が減る可能性は高い。スピードが持ち味で、153Aでは117試合の出場で35盗塁をマークしている。マーサーと同じく、少ない出場機会で最大限のアピールができるか注目である。

9.投手