Tag Archives: ミゲル・カストロ

2018 Team Preview:ボルチモア・オリオールズ

bal

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

  • 本拠地:オリオールパーク・アット・カムデンヤーズ

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml18/

 

広さ
レフト 101.5m
センター 121.9m
ライト 96.9m
フェンス高さ 2.1~7.6m
パークファクター平均*100
安打 103.4
ツーベース 91.8
スリーベース 70.6
HR 123.6
得点 102.6

 

  • 予想オーダー

1.クリス・デービス:1B

300本塁打が間近に迫ったスラッガー。開幕戦ではリードオフマンとして出場した。15年から3年連続でOPSが低下(.923→.792→.732)。またBB/K=0.31は12年の0.22に次ぐ低水準だが、BB%=11.6と四球は多かっただけに、フリースインガーの多い打線で頑張りたい。

2.マニー・マチャド:SS

メジャー昇格以降は3Bとしてプレーしていたが、今年はSSに再転向。3年連続30本塁打を継続したものの、昨年はOPS+=107と平凡な成績に終わった。守備はDRS=6、UZR=4.7。オフのFAの目玉の1人であり、チーム状況を踏まえればシーズン中の放出が濃厚である。

3.ジョナサン・スコープ:2B

昨年はキャリアハイとなる32本塁打に.293/.338/.503。尚、自身が持つ2Bの球団年間本塁打記録を再更新し、その活躍でASに初選出。2B通算DRS=5、UZR=-3.0と守備はまずまず。四球が少ないフリースインガーであり、通算K%=22.6、BB/K=0.16とアプローチは悪い。

4.アダム・ジョーンズ:CF

7年連続25本塁打を継続しているベテランCF。全盛期はリーグ指折りのCFの1人だったが、成績は下り坂に差し掛かっている。6年総額$85.6Mの契約最終年であり、ジョーイ・リカード(OF)が後釜として控えている。通算BB/K=0.24と積極的なアプローチでプルヒッター。守備はCF通算DRS=-15、UZR=-34.3。昨年は何と言っても人種差別問題で注目を集めた。

5.トレイ・マンシーニ:LF

17年にメジャー定着を果たし、24本塁打/打率.293/OPS.826という成績で新人王投票では3位になった。広角に打ち分けるバッティングでFB%=29.6と然程高くない。LFとしては729.1イニングでDRS=-1、UZR=-3.9を記録。1BやDHで起用したいが両方共埋まっており、トランボが退団したとしてもサンテンダー(OF)がDH濃厚であるため、LF守備を磨きたい。

6.ティム・ベッカム:3B

08年の全体1位指名選手。アプローチに難があり、マイナーを通じてBB/Kの値が悪い。またプルヒッター。SS守備は可もなく不可もなくと言った所で、守備範囲の評価がやや高い。18年からはマチャドと守備位置を入れ替えることとなった。マチャド(SS)放出が濃厚であるため、18年もパワーを発揮できれば今後のキャリアは明るいものとなるだろう。

7.マーク・トランボ:DH

正念場となる18年は開幕をDLで迎えた。復帰後はアンソニー・サンテンダー(OF)とDH枠を争うことになりそうだ。16年は47本塁打/wRC+=125/WAR2.2を記録するも、17年は23本塁打/wRC+=80/WAR-1.2。ただ14年も低調であり、好不調の可能性もある。

8.クレイグ・ジェントリー:RF

コルビー・ラスマス(OF)やリカード、オースティン・ヘイズ(RF)がライバルとなる厳しいシーズンとなる。四球も三振も少ない早打ちであり、センター方向へのゴロ性のヒットやバントが多い。走塁指標は下降気味。守備はOF通算DRS=49、UZR=42.4と良い。

9.チャンス・シスコ:C

ジョー・マウアー(MIN)のような巧打型捕手。マウアーと比較するとスケールダウンするものの、アベレージ・アプローチ共にハイレベル。オリオールズ打線にとっては貴重な巧打型であり得点力の向上に期待したい。Cとしてはアームが弱いものの、1BやDHを任せるにはパワー不足であるため、大成するにはアーム以外のフィールディング技術を磨きたい。

 

2016 Team Preview:コロラド・ロッキーズ

14561162456_02fb0b2235_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す 

  • 本拠地:クアーズ・フィールド

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml27/

 

広さ
レフト 105.8M
センター 126.5M
ライト 106.7M
フェンス高さ 2.4~4.2M
パークファクター平均*100
安打 130.1
ツーベース 123.5
スリーベース 200
HR 121
得点 143.6
  • 予想オーダー

1.チャーリー・ブラックモン:CF
ここ2年で.287/.341/.445と安定した成績を残す俊足外野手。本塁打も2年で計36本マークしており当てるだけではなく、長打も打つことができる。43盗塁もマークしリードオフマンにうってつけのように見えるが、四球をあまり選ばないため出塁率は伸び悩んでいる。それでも徐々にBB%は高くなっているので、今後もこの傾向が続けば平均レベルにまで四球を選べるようになるだろう。左打者だがそれほど左投手を苦にしていない。クアーズ・フィールドの恩恵を多大に受けているタイプでアウェイでは通算OPS.653。オフにはNBAのハーフタイムショーで、コートの真ん中でゴールに背を向けながらボールを投げ一発で決めるミラクルシュートを披露した。

2.DJラメイヒュー:2B
昨シーズンキャリア初となる打率.300以上と20盗塁以上をマークした。メジャーリーガーの中でも大きな体格の持ち主だが長打が少なく本塁打は2桁を超えたことがない。逆方向への意識と、足を生かそうとするあまり打球をゴロにしようとする意識が強すぎることが原因だろう。ホームであるクアーズ・フィールドの特徴を生かすなら打球を打ち上げる方が効果的なので一度モデルチェンジを計ってみるのもいいかもしれない。守備が上手く2014年にはゴールドグラブを受賞。

3.カルロス・ゴンザレス:RF
故障続きだった2年間の鬱憤を晴らすかのように打ちまくった30歳にしてチーム最古参のスター選手。昨シーズンの153試合出場と40本塁打はキャリアハイで2010年以来となるシルバースラッガーも受賞した。 ホームでの方が打撃成績がいいがアウェイでは全く打てないというタイプではなく、昨シーズンはアウェイでも16本塁打をマークしている。本塁打でキャリアハイをマークした一方で盗塁はメジャーデビューして以降最低の2個に留まった。トロイ・トゥロウィツキ(TOR)と異なりいつトレードされても動じない心を持っている。

4.ノーラン・アレナド:3B
昨シーズン42本塁打をマークし一躍メジャーを代表する選手になった。ホームよりもアウェイでの本塁打の方が多くクアーズ・フィールドの外でも打てるということを証明した。守備でもレンジの広さと肩の強さを生かし3年連続でゴールドグラブを受賞している。MVP投票では8位に終わったがチームが最下位でなければもっと票を稼ぐことができただろう。 ラメイヒューとは全く逆のアプローチで、引っ張る打球が多くフライを打ち上げるようにしている。そのため昨シーズンの犠牲フライはメジャートップの数字。

5.ヘラルド・パーラ:LF
今オフに3年27.5Mの契約で加入した年々守備指標が悪化している外野手。2013年をピークにその後は2年連続でDRSはマイナスをマークしている。その分昨シーズンは打撃が好調で、キャリアハイとなる14本塁打、OPS.780をマークした。ただ、シーズン途中で移籍したBALでは.236/.268/.357たるスラッシュラインに終始しており今シーズンに若干の不安を残す。ゴンザレスとはWBCのベネズエラ代表でもチームメイトだった。

6.ベン・ポールセン:1B
昨シーズンはルーキーながらも11本塁打をマークした。OPS.787も悪くない数字だが打者有利のホームを主戦場としている1Bならもっと打ってほしいところ。左打者で左投手との相性が悪いため今シーズンはマーク・レイノルズとプラトーンを組むことになる。外野も平均程度にこなすことができ、使い勝手は悪くない。

7.ニック・ハンドリー:C
昨シーズンは32歳ながらもキャリアハイとなる打撃成績をマークしたベテラン。OPS.807は2012年以降で最も高い数字だった。守備は平均程度だが、前任者がウィリン・ロサリオ(現KBO)だったためそれに比べるとはるかによく見えるだろう。チームの中で最もクアーズ・フィールドの恩恵を受けており、レギュラーの野手の中ではホームとアウェイの成績が一番かけ離れていた。

8.トレバー・ストーリー:SS
今シーズン、開幕メジャースタメンが予想されるトッププロスペクト。 昨シーズン、チームがトゥロウィツキを放出しホセ・レイエスを獲得した際は、レイエスをすぐにトレードしストーリーを昇格させるのではないかという憶測があったが実現には至らなかった。しかし、オフにレイエスがDVで逮捕されたこともあり、ストーリーに開幕メジャーの座が回ってくることとなった。昨シーズンは2A&3Aで20本塁打、OPS.863をマークしており準備は万端。守備の評価も悪くなく、開幕ダッシュに成功すればレイエスをトレードに追いやることになるかもしれない。

9.投手

 

2016 Top 20 Prospects:コロラド・ロッキーズ

18459486981_ed07314d19_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。 

 

 

1. ジョン・グレー:RHP
13年ドラフト全体3位。今季はメジャーでも9先発。防御率は5.53と振るわなかったが、FIP3.63は高水準。98マイルのストレート&被打率.171のスライダーで攻めるパワーピッチング。オフにはダルビッシュ有(TEX)らを参考に新球カーブを習得。メカニクスの維持に苦しんでおりコマンドが不安定。 

2. ブレンダン・ロジャース:SS
15年ドラフト全体3位。トロイ・トゥロウィツキー(TOR)と比較される未来のスターSS候補。素早いスイングでフィールド全体に打球を打ち分け、パワーも向上が目される。スピード&肩&守備範囲は平均以上で、SSのポジションにとどまれる資質の持ち主。

3. デビッド・ダール:OF
バランスよくファイブツールを揃えたオールラウンダー。故障により79試合の出場に止まったが、2AでOPS.721&盗塁22とまずまずの内容。体格の成熟とともにパワーは向上が目されているが、81K/11BBを喫したアプローチは改善する必要がある。CF守備は強肩&スピードを兼備しており平均以上。

4. ジェフ・ホフマン:RHP
14年ドラフト全体9位。トロイ・トゥロウィツキーとのトレードでTORから移籍。ドラフト前にトミージョン手術を受け、今季はカムバックし20試合に先発。最速98マイルのストレート&パワーカーブのコンビネーション。A+&2Aでは104回/75K/27BB/防御率3.03。

5. ライアン・マクマホン:3B
ノーラン・アレナード2世。攻守でインパクトを生み出せるアスリート。3B守備はゴールドグラブクラスに成り得ると高い評価を受けており、バッティングも上質なスイングスピードからパワフルな打球を生み出す。A+では打率.300、本塁打18、OPS.892。三振率27.5%と見極めを磨く必要がある。 

6. フォレスト・ウォール:2B
ピュアヒッター。プラスのスイングスピードからハードなコンタクトを生み出し、体格に比したパワーも示す。スピード&走塁技術も上質でオフェンシブな2Bとして期待できる。守備では肩が弱く、フットワークも磨く必要がある。1AではOPS.806&盗塁25。  

7. トム・マーフィー:C
オフェンシブな司令塔候補。抜群のパワーを武器に2A&3Aで20ホーマー&OPS.804をマーク。メジャーでも11試合に出場し3ホーマーを放った。三振の多さは懸念材料だが、捕手としての守備は優秀で、スローイング&ブロッキングスキルは平均以上。リーダーシップも持ち併せている。

8. アントニオ・センザテラ:RHP
96マイルに達するハードシンカー&スプリッターを低めに集めるグランドボーラー。傘下No.1とも言われる抜群のコマンドの持ち主でキャリア4年でBB/9=2.0。今季は26先発して防御率2.51&K/BB=4.33。マイナーでは平均以下のカーブ&スライダーを磨いている。

9. ドム・ヌネス:C
高校3年の時にSS→C。 守備&走塁のアスレチックさはラッセル・マーティン(TOR)と、美しい打撃スイングはカルロス・ゴンザレス(COL)と比較されている。1Aでは13ホーマー&OPS.821。55K/53BBと成熟したアプローチを見せており、メイクアップの評価も高い。

10.  カイル・フリーランド:LHP
14年ドラフト全体8位。変則的なデリバリーから常時93マイルのストレート&プラスのスライダーのコンビネーションで打者を幻惑する。力みの入ったテイクバックからスタミナ面を不安視する声も多い。今季は故障により9先発にとどまったが、AFLでは25.1回/防御率2.84と復調をアピール。

11.  ミゲル・カストロ:RHP
20歳の若さで開幕ロースター入りして18登板。99マイルのストレート&チェンジアップ。強気で打者に向かっていく姿勢を買われており、クローザーとして推す声も多い。今季はコマンドに苦しみCOL移籍後はリリーフに回っているが、先発に戻すプランも。A+&3Aでは38.1回/38K/防御率2.82。

12. レイメル・タピア:OF
マイナー屈指のヒットマシーン。滑らかでリラックスしたスイングから巧みにコンタクトを生み出しA+では打率.305&OPS.800。悪球打ちの癖があり、105K/24BBとアプローチは荒い。積極走塁が身上で26盗塁を決めたが成功率は72%にとどまる。守備では外野3ポジションをこなす。 

13. トレバー・ストーリー:SS
プラスのバットスピードを備えており、パワフルなバッティングが持ち味。2A&3Aでは打率.279、本塁打20、OPS.863。ISO.235と長打力は申し分ないが、141Kを喫したコンタクト面は今後の課題。SSとしての守備にも不安を抱えており2Bや3Bとしてもプレー。

14. ヘルマン・マーキース:RHP
20歳にしてA+で26登板(23先発)、防御率3.56、K/BB=3.59、BB/9=1.9。90マイル前半~中盤のストレート&カーブのコンビネーションで積極的にゾーンを攻める。チェンジアップはまだ未発達も3球種をストライクゾーンに集めることができる。 6-1/185と体格は平凡。

15. ウェス・ロジャース:OF
スラッとした体格と抜群の跳躍力は生粋のCFとしてデクスター・ファウラー(CHC)と比較される。打球判断&スピードが飛び抜けており、広大なカバー範囲を示している。バッティングでは相応のスイングスピード&パワーを示しているが、変化球の対応を学ぶ必要がある。R&AではOPS.777&盗塁53。 

16. タイラー・ネビン:3B
15年ドラフト全体38位。父フィルは通算208ホーマーを放った球宴1度の三塁手。父同様に強打の三塁手として期待されており、パワーとアベレージを両立したバッターになり得る。守備では6-4/200たる大柄な体格に比して機敏に動きディフェンダーとしての素質も十分。

17. ライアン・カステラニ:RHP
威力抜群の93マイルのシンカーは6-4/190たる体格からさらなる向上の余地を残す。スライダー&チェンジアップはまだ発達段階だが、GO/AO=1.30とゴロを生み出すことはできている。BB/9=2.31と全体的に制球は安定しているが、細かいコマンドを磨いていく必要がある。

18. マイク・ニコラク:RHP
15年ドラフト全体27位。6-5/205と恵まれた体格とクオーターバックとしても活躍したアスリート性を兼ね備えるエーステンシャル。97マイルの速球&プラスのカーブ&平均レベルのチェンジアップのコンビネーションは威力抜群も、BB/9=16.3とコマンドが壊滅的。 

19. ヘズス・ティノコ:RHP
トロイ・トゥロウィツキーのトレードでTORから移籍。6-4/190の体格と20たる若さからアップサイドに期待がかかる。90マイル前半のシンカーは将来的にはコンスタントに95-96マイルを叩き出すと目されており、スライダー&チェンジアップが磨かれればグランドボーラーとしての地位を確立できるだろう。 

20. クリスチャン・アダムス:SS
堅実なSSディフェンダー。ルーティンプレーでのミスが少なく、スローイングも正確。一方でパワー&スピードに乏しくオフェンス面はインパクト不足。それでも3Aでは打率.311、本塁打11、OPS.800と自身の打撃がメジャーレベルであることを証明した。ユーティリティー向き。 

Plus One Prospect
サム・モール:LHP 
故障を転機にリリーフに回るとA+&2Aで68.1回/74K/16BB/防御率2.63とブレーク。94-96マイルのストレート&平均以上のスライダーでパワフルに攻める。クローザーとしてのポテンシャルは通算422セーブのビリー・ワグナー(元HOU)と比べられる。健康面が不安。

 

Text by Haruki SAKURAI
写真: https://flic.kr/p/u8cGmV