Tag Archives: ミッチ・ケラー

2019年MLBオールスター

Hyun-Jin Ryu

 

 

 

 

 

 

 

 今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィールドで行われる。クリーブランドでオールスターが開催されるのは史上最多の6回目であり、プログレッシブ・フィールドでは1997年以来2度目、球場開設25周年とこちらも節目である。

  All-Stars Starters
  American League National League
C ゲイリー・サンチェス(NYY) ウィルソン・コントレラス(CHC)
1B カルロス・サンタナ(CLE) フレディー・フリーマン(ATL)
2B DJ ルメイヒュー(NYY) ケーテル・マルテ(ARI)
3B アレックス・ブレグマン(HOU) ノーラン・アレナド(COL)
SS ホルヘ・ポランコ(MIN) ハビアー・バイエス(CHC)
OF マイク・トラウト(LAA) クリスチャン・イエリッチ(MIL)
OF ジョージ・スプリンガー(HOU) コディ・ベリンジャー(LAD)
OF マイケル・ブラントリー(HOU) ロナルド・アクーニャ Jr.(ATL)
DH J.D. マルティネス(BOS)  

 

 本コラムでは、「アメリカン・リーグ」、「ナショナル・リーグ」、「ホームランダービー」、「SiriusXM All-Star Futures Game 要注目選手」について触れている。

Written by Tsubasa Komiyama and Yu Ohkura

Photo link https://flic.kr/p/ecTugh

 

2017 Top 20 Prospects:ピッツバーグ・パイレーツ

20187331719_b54199427b_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. オースティン・メドウズ:OF
高いヒッティングスキルに高評価を得る。スイングは下半身と上半身のバランスがしっかりと取れており、無駄がなく、ボールまで最短距離でバットが出せている。ストライクゾーンの見極めもよく、三振は非常に少ない。徐々に筋肉をつけてきており、平均以上のパワーを発揮するのではないかという声もある。スピードはあるが、肩が弱いため将来は現在守っているCFからLFに移ることになるだろう。

2. タイラー・グラスノー:RHP
常時90マイル後半の速球を投げ込む剛腕。昨シーズンはAAAでストライクを取るのに苦労し、以前から指摘されていたチェンジアップのクオリティの低さを改善するどころかほとんど使わなかったが、それでも圧倒的な成績を残しメジャーデビューを果たした。メジャーでもAAAと同じ傾向にあり1年間ローテーションを守っていくのなら、この2点の改善は必須だろう。

3. ジョシュ・ベル:1B
打撃ではメドウズと負けず劣らずのものを持っている。ストライクゾーンの見極めに優れ、どの方向にもHRを打てるパワーを有しており、ハイアベレージを残すこともできる。問題は守備でOF守備が下手なので1Bに転向させたが、1Bも満足に守れていない。DHのないナショナル・リーグなので起用方法に頭を悩まされることになるだろう。

4. ケブライン・ヘイズ:3B
ボールに対する反応や、ブレーキングボールへの対応で高い能力を見せる。バットスピードが平均的だが、引っ張った時のパワーは悪くなくシーズン15HR程度ならマークできるだろう。守備では改善の余地がある部分は多いが、肩は非常に強いため将来は平均以上の3Bになれる可能性がある。

5. ウィル・クレイグ:3B
16年ドラフト全体22位指名。コンパクトなスイングでラインドライブを量産できる打撃が最大の武器。ストライクゾーンの見極めに優れており、昨シーズンは三振より四球の数が多かった。プロ入り後長打が減っており、木バットへの対応ができていないのではないかとの声もある。大柄な体格のためスピードは皆無で、守備の動きも悪い。肩は強いが、将来は1Bに回されることになるだろう。

6. ミッチ・ケラー:RHP
コントロールを乱し、四球を連発した一昨年から一転して昨シーズンはほとんど四球を出すことがなかった。最速97マイルの沈む速球とカーブのコンビネーション。カーブは曲がり落ちるアクションを見せ、速球と緩急をつけて空振りを奪うことができる。チェンジアップも投げるが改善の余地あり。マウンドの傾斜を上手く使ったデリバリーは力感がなく先発として投げ続けることができるだろう。

7. ユディ・ガルシア:RHP
90マイル中盤の速球で打者を圧倒することができる。最大の強みは終盤になっても球速が落ちないこと。スライダー、チェンジアップといったブレーキングボールはまだ不安定だが、スライダーは平均以上のボールになるポテンシャルがある。デリバリーは力感がなく、スムーズなので先発向き。今年で24歳だが、まだA以上で投げたことがなく早期昇格が待たれる。

8. テイラー・ハーン:LHP
最速100マイルをマークする速球が武器。この速球とキレのいいスライダーで大量に三振を奪う。デリバリーはモーションが大きいため故障のリスクが高い。また、3塁側へと体が流れるためコントロールを乱す原因となっている。先発として投げ続けられるかは微妙なところだが、リリーフに回ったとしても圧倒的な成績を残せるだろう。

9. スティーブン・ブラルト:LHP
投げるボールはこれといって特徴的なものはないが、優れたコマンドでコーナーを突き打者を打ち取っていく。速球は最速でも93マイルで、スライダー、チェンジアップも平均的なクオリティ。それでもデリバリーを崩さず、試合をしっかりと作る能力を有している。先発4/5番手としては優秀な部類に入るだろう。

10. ルイス・エスコバー:RHP
90マイル前半の速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーション。速球の球速は平凡だが、よく沈みゴロを打たせるには最適。また、今後体重つけていくことによって球速が上がる可能性もある。スライダー、チェンジアップともに速球と同じアームスピードで投げられ、キレもいいためどちらもアウトピッチとして空振りを奪うことができる。デリバリーは力感が強く、無駄な動きが多いためコントロールを乱すことがしばしばある。

11. ケビン・ニューマン:SS
ヒッティングスキル優れ、常にハイアベレージを残すことができる。ストライクゾーンの見極めもいいため出塁率も高い。昨シーズンはBB/K=43/36だった。その一方でパワーは全くと言っていいほどなく、シーズン5HRが関の山だろう。スピードは平均以上だが、レギュラーとしてSSを守れるほどの能力を持ち合わせてはおらず、将来は2Bに移ることになるだろう。

12. ニック・キンガム:RHP
15年にトミー・ジョン手術を受け、昨シーズン途中に復帰した大型投手。速球の球速は常時90マイル前半だが、しっかりとコマンドよく投げることができている。アウトピッチとして使うパワーカーブも打者のタイミングを外すのには有効なボール。チェンジアップのクオリティも悪くない。デリバリーも力感がなく、長い回を投げることができる。今シーズン中にはメジャーに昇格するだろう。

13. トラビス・マクグレガー:RHP
16年ドラフト2巡目指名。速球は常時90マイル前半だが、身長の割りに細身のため今後球速が上昇する可能性は高い。チェンジアップのクオリティは高く、速球と緩急をつけて空振りを奪うことができる。メークアップにも高い評価を得ている。

14. アレン・ハンソン:2B
コンタクトスキルに優れたスイッチヒッター。小柄でスイングもコンタクト重視のためパワーは平均以下。レギュラークラスの打力があるかは微妙なところ。スピードは平均以上だが、マイナーでの盗塁成功率は通算で70%とイマイチ。かつてはSSをメインに守っていたが、肩が弱く今は2Bを中心に内外野をこなしている。 

15. トレバー・ウィリアムズ:RHP
90マイル前半のヘビーシンカーでゴロを量産するグラウンドボーラー。アウトピッチはスライダーで左打者に対して有効な武器。ストライクゾーンに集めるだけのコントロールは有しているが、細かいコマンドはないためメジャーでは甘く入ったボールをHRにされる場面が目立った。実力は先発5番手クラスか。 

16. コール・タッカー:SS
昨シーズンは打撃に進歩がないまま終了となった元1巡目指名選手。A+で主にプレーするも打率は低空飛行を続け、長打もそれほど打たずに肩の故障で少ない出場試合数となった。スピードは平均以上で守備も光るものを見せているが、それだけではメジャーでプレーできるレベルにまで到達するのは難しいだろう。

17. エリアス・ディアズ:C
既にメジャーで試合にも出ている守備型C。ブロッキング、キャッチングなどに優れており、リリースも早いため平均的な肩の強さでもある程度の盗塁阻止能力を備えている。 打撃はコンタクトを重視しているが、引っ張り傾向が強いので打率は平凡。早打ちのため四球も少ない。総合的に見るとCとしては平均的な打力の持ち主。

18. ジョーダン・ラプロウ:OF
パワーポテンシャルとスピードに光るものを見せるタレント。昨シーズンは肩の故障で満足のいく成績を残せなかったが持っている能力は低くない。打率は低いが、ストライクゾーンの見極めは悪くなく三振も少ない。一昨年は3Bも守っていたが、昨シーズンから再びLFに専念している。

19. ブレイデン・オーグル:LHP
16年ドラフト4巡目指名。ハイシーリング&ハイリスクなタレント。速球の最速は96マイルに達し、今後もさらに速くなる可能性はある。大きく曲がるカーブも空振りを奪うには有効な球種。デリバリーは力感が強く、不安定なためコントロールが安定しない原因となっている。上手く育成できれば先発2/3番手クラスになれるかもしれない。

20. ゲイジ・ヒンス:RHP
現在の速球の最速は95マイルだが、今後さらに球速が上がる可能性はある。アウトピッチはカーブでキレがよく空振りを奪うことができる。チェンジアップは発展途上。昨シーズンは終盤に四球を連発し、ボールが高めに浮いてしまうことも多くなりシーズンを通して投げるスタミナが足りないとの声もある。

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/wKTmpr