Tag Archives: ミッチ・ハニガー

2018 Team Preview :シアトル・マリナーズ

34748902204_c7d1ff25c0_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:セーフコ・フィールド

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml04/

 

広さ
レフト 100.9m
センター 122.2m
ライト 99.4m
フェンス高さ

2.4m

パークファクター *平均100
安打 95.3
ツーベース 96.3
スリーベース 53.8
HR 115.8
得点 94.1

 

・予想オーダー

1, ディー・ゴードン:CF

マーリンズから加入したリーグを代表する俊足選手。薬物使用で評価を落としていたが、昨シーズンは200安打&60盗塁をクリアするなど実力を証明して見せた。本職は二塁手だが、マリナーズにはロビンソン・カノーがいるためセンターに回る。俊足を活かした守備範囲の広さは期待できるが、肩、スローイングなどには疑問の声も。

2, ジーン・セグーラ:SS

16年には200安打も記録した選手。昨シーズンも125試合の出場にとどまったが、2年連続の3割越えを記録した。5年連続で20盗塁もクリアしており、一番に座るゴードンとの俊足の1,2番コンビは他球団の脅威となるだろう。

3, ロビンソン・カノー:2B

メジャーを代表する二塁手。35歳を迎え多少の衰えは見受けられるが、その打撃技術はまだまだ超一流。昨シーズンは500二塁打に300本塁打とマイルストーンも達成、13年連続となる30二塁打をクリアするなど記録づくめのシーズンとなった。

4, ネルソン・クルーズ:DH

昨シーズンは119打点を記録し、打点王を獲得したチームの主砲。過去4年間で放った166本の本塁打はジャンカルロ・スタントンやエドウィン・エンカルナシオンらを抑えてメジャートップ。今シーズンも変わらぬパワーでチームのポストシーズンに貢献したい。

5, カイル・シーガー:3B

16年に派30本塁打に99打点とキャリア最高のシーズンを送ったが、昨シーズンは打率.249と落ち込むなど成績を落とした。しかし、27本塁打、OPS=.773と悪くない成績。昨シーズン行われたプレーヤーズウィークエンドでは”COREY’S BROTHER”と書かれたユニフォームを着て話題に。

6, ミッチ・ハニガー:RF

昨シーズン本格デビューを果たすと怪我で離脱などはあったが、96試合で16本塁打、OPS=.843と期待以上の活躍。長打率.491はカノーやシーガーよりも良い数字だった。プロ入りはブルワーズでダイアモンドバックスにもいたなど既に2度の移籍を経験している。

7, ライオン・ヒーリー:1B

アスレチックスから加入した長打力が持ち味の選手。昨シーズンはそのパワーを活かし、25本塁打を記録したが、あまりに選球眼がなく、出塁率はわずか.302と課題もはっきりとしている。レギュラーが確約されているわけではなく、活躍次第ではスプリングトレーニングで大活躍しているライバルのダン・ボーゲルバックにポジションを奪われてしまうだろう。

8, マイク・ズニーノ:C

打撃が持ち味の捕手が遂に覚醒の予感。キャリア最高となる25本塁打、OPS=.840を記録した。一方で粗っぽい打撃という点では変わっておらず、K%=36.8%という数字はレンジャースのジョーイ・ギャロに並んでメジャーワースト2位。今シーズンはその粗い打撃を少しでも改善したい。

9, ベン・ギャメル:LF

ハニガーと並んで昨シーズンブレイクを果たした選手の一人。特に前半戦は打ちまくり打率.323を記録した。小柄ながらパンチ力があり、レギュラー外野主として期待できる。今シーズンは毛下で出遅れることが決定しているが、復帰後は昨シーズン前半のような打撃に期待したい。

 

2017 Team Preview:シアトル・マリナーズ

27651142865_5d09330b27_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 *40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  •  本拠地:セーフコ・フィールド

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml04/

 

 

広さ
レフト 100.9m
センター 122.2m
ライト 99.4m
フェンス高さ

2.4m 

パークファクター *平均100
安打 95.3
ツーベース 96.3
スリーベース 53.8
HR 115.8
得点 94.1

 

 

      • 予想オーダー

1.ジャロッド・ダイソン:LF
オフにトレードで加入。ここ5年で4回30盗塁以上をマークしているスピードスター。昨シーズンは打撃成績で軒並みキャリアハイをマーク。守備でもDRS+19と存在感を示した。レオニス・マーティンがいるため今シーズンは本職のCFではなく、LFを主に守る予定。ワールドチャンピオンになった経験があるためか「自分の顔はシャンパンをかけられるためにある」とコメントしている。

2.ジーン・セグラ:SS
オフにトレードで加入。高い能力がようやく開花。昨シーズンはナショナル・リーグ最多安打を獲得。本拠地だったチェイスパークが打者有利だったこともあるが、長打も増え、自身初となる20Hをマークした。ロビンソン・カノーとは昨年から一緒にトレーニングをしており、旧知の仲。 

3.ロビンソン・カノー:2B
SEAに移籍してから3年目となった昨シーズンはキャリアハイとなる39HRをマーク。自己最高のFB%をマークしたことも無関係ではないだろう。一方でBB%は2年連続で6%台に低迷しているが、高打率を残せている間は余計な心配になりそう。守備では15年にマイナスとなったDRSを昨シーズンはプラスに戻すことができた。教育面で世界最悪と言われるドミニカ共和国で育ち、教育を受けていないことについて言われたることが嫌だったため、故郷に自身の基金で学校を作った。

4.ネルソン・クルーズ:DH
昨シーズンは3年連続となる40HR以上をクリア。ここ3年間でのHR数はメジャーで最多となっており、その間MVP投票で票も得ている。積極的に打ちにいくアプローチのため四球を多く選ばないタイプだが、HR数が増えているため徐々にBB%が上がってきている。守備の上手いOFが揃っているため、昨シーズン以上に守備に就く機会は少なくなりそう。

5.カイル・シーガー:3B
昨シーズンはほぼ全ての打撃成績でキャリアハイをマーク。自身初となる30HR、OPS.800以上をマーク。勝負を避けられることも多くなったためBB%も初の10%台となった。守備ではキャリアワーストとなる22エラーをマークしたが、DRSはキャリアハイの+15をマークした。シーズン中は弟であるコリー(LAD)とジャスティン(SEA傘下)のボックススコアとハイライトを見ている。

6.ミッチ・ハニガー:RF
オフにトレードで加入。ミドルヒッターとの評価が定着しつつあったが、昨シーズンはAA-AAAで25HRをマーク。メジャー昇格後も34試合で5HRとマイナーでの成績がフロックではないことを証明した。OFは3ポジション守ることができ使い勝手がいい。謙虚な性格なのか同じトレードで移籍してきたセグラは誰もが欲しがる存在と言った上で、自分がトレードの対象になるとは思っていなかったとコメント。

7.ダニー・バレンシア:1B
オフにトレードで加入。15年に打撃で才能を開花させると、昨シーズンもまずまずの成績を残した。左投手にめっぽう強く、対左投手のOPS.924。本職は3Bだがあまりに動きが悪いため、1Bを守ることが多くなった。クラブハウス内での言い合いが原因でビリー・バトラー(現FA)を殴ったり、チームメイトから「敵だったら殴りたくなる」と表現されたりと素行はあまりよくない。バトラーとの件は一応和解してあるとのこと。

8.マイク・ズニーノ:C
昨シーズン、7月頃にメジャーに復帰。打撃では相変わらず三振が多く低打率だったものの、自慢のパワーを活かしコンスタントに長打を放ち、課題だったBB%の低さも改善された。守備ではフレーミングの上手さが際立ち、DRSもプラスに。 

9.レオニス・マーティン:CF
スピード&パワーの言葉通りの成績を残した昨シーズンは15HR&24盗塁をマーク。HR以外の打撃成績は伸び悩み、平凡なものに終わった。守備では3年連続で2桁にプラスをマークしていたDRSがマイナスに転じたのが気がかり。スプリングトレーニングでチームメイトからソンブレロとマリアッチバンドをプレゼントされ、練習中はおろか、ロッカールームまでマリリアッチバンドに後を追い回され演奏を聞かされていた。

2017 Top 20 Prospects:シアトル・マリナーズ

26460635626_08f74768db_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ

 

1. カイル・ルイス:OF
16年ドラフト全体11位指名。昨年Baseball Americaが選ぶカレッジ・オブ・ザ・イヤーに選出されたスラッガー。せわしなく動くスイングはきれいなものとは言えないが、しっかりと力をためて振りぬくことができている。アプローチも悪くなく四球を選ぶことができる。守備は現在CFを守っているがそれほど上手いわけではないので将来はRF/LFに転向するだろう。昨シーズン途中にシーズンエンドとなる故障をし、手術も受けたが経過は良好とのこと。

2. タイラー・オニール:OF
小柄な体につまった筋肉から生み出されるパワーが魅力。昨シーズンは一昨年からHR数が減ったものの、打者有利なA+のリーグからAAのリーグに移ったことが原因であるため心配は無用。三振の数は減らなかったが、四球の数は増え打率も上がっており、上のクラスのボールに対応できている。スピードも平均レベルにはあり、OFを守るには申し分ない。

3. ダン・ボーゲルバック:1B
大柄な体格が特徴的なヒッティングプロスペクト。秘めているパワーポテンシャルはシーズン20HRも可能なほどだが、試合ではコンタクトに意識を置いているためそれほど長打が多いわけではない。その分低打率に陥ることはなく、アプローチもいいため四球が多く高出塁率が残せる。打撃以外はからっきしで、スピードはなく、1Bしか守れない守備も平均以下。

4. ミッチ・ハニガー:OF
昨年11月にタイワン・ウォーカー(ARI)とのトレードで加入。昨シーズン、外角のボールを流し打ちして長打が打てるようになったことで成績が向上しメジャーデビューも果たした。アプローチがよく、四球を多く選ぶ割に三振が少ない。スピードは平凡だが、OF3ポジションをしっかりとこなすことができる。肩が非常に強く送球も正確なためRFで使えば平均以上に守ることができるだろう。

5. マックス・ポーブス:RHP
昨年11月にアレックス・ジャクソン(ATL)とのトレードで加入。90マイル前半の速球とカーブ、2種類のスライダーのコンビネーション。速球はフォーシームで動きが少なく、変化球はいずれも平均レベルだが、デセプションに優れたデリバリーでタイミングを取りづらくし、打者を打ち取っていく。非常に大柄な体格で故障も少ないため、将来像は優秀なイニングイーター。

6. アンドリュー・ムーア:RHP
卓越したコマンドが持ち味のハイフロアーなタレント。90マイル前半の速球と速球と同じアームスピードで投げられるチェンジアップのコンビネーション。カーブ、スライダーも投げるが、クオリティは高くない。小柄な体格のため耐久性に不安があり、85球ほどで疲労を隠せなくなるスタミナのなさも懸念材料。先発1本でいくよりも、リリーフもこなすスイングマンとして起用する方が無難か。

7. ニック・ナイダート:RHP
20歳という年齢に似つかわしくない老獪なピッチングを見せる。90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップ、スライダーのコンビネーション。速球はよく沈み、低めに集めることができるためゴロを打たせるには最適。カーブ、チェンジアップといったブレーキングボールも評価は高いが、スライダーは投げ始めたばかりなのでクオリティはまだイマイチ。凄みに欠けるが、ソリッドな成績を期待できる。

8. ブライアン・ヘルナンデス:OF
身体能力が高いハイシーリングなタレント。スピードの評価高く、盗塁も上手い。肩が強いためCFを守ることができる。パワーポテンシャルが高く、シーズン15HRをマークすることも不可能ではない。ボール球でも打ちに行くアプローチを改善する必要があるだろう。

9. ジョー・リゾー:3B
16年ドラフト2巡目指名。ボールの見極めに優れたピュアヒッター。速球に強く、力負けしない鋭いスイングでラインドライブの打球を量産することができる。小柄な体格だが、パワーは平均レベルにはあるだろう。肩は強いがスピード、守備共に平均以下で3Bに留まることは難しく、将来は1B/LFに移ることになるだろう。

10. ベン・ギャメル:OF
突出したツールはないが、致命的な弱点もないハイフロアーなタレント。打撃ではコンタクトスキルが高く、アプローチがいいため四球を多く選び三振を少なく抑えることができる。スピードは若干平均を上回っておりシーズン2桁盗塁をマークできるだろう。守備はRF/LFに置くなら問題なく守れる。

11. ディロン・オーバートン:LHP
トレードでOAKから加入。コマンドに優れたハイフロアーなタレント。コントロールを乱す場面はほとんどなく、コンスタントにストライクゾーンに投げこむことができる。カーブ、チェンジアップといったブレーキングボールの評価も悪くないが、ドラフト時に受けたトミー・ジョン手術からの復帰以降球速が最速でも90マイル前半程度となっており、球威不足からメジャーではHRを簡単に打たれてしまった。

12. ロブ・ウェイレン:RHP
アレックス・ジャクソン(ATL)とのトレードで加入。速球は最速でも90マイル前半と球威に欠けるが、カッター気味に動かしたり、沈むアクションをつけたりと工夫している。スライダーとカーブの評価は悪くないが、チェンジアップのクオリティはイマイチ。コントロールも若干平均を下回っており、先発として投げるなら4/5番手になるだろう。

13. チェイス・デヨング:RHP
90マイル前半の速球とパワーカーブ、チェンジアップのコンビネーション。真上から投げおろすデリバリーのため角度はついているが、速球は球威に欠け、ムービングにも乏しいためより上のレベルでも通用するか未知数。 コントロールは悪くなく、四球を出すことは少ない。極端なフライボーラーなためセーフコフィールド向きと言える。

13. ギレルモ・エレディア:OF
コンタクトスキルに優れたキューバ人。多くのキューバ人プレイヤーと異なり、しっかりとボールを見極め四球を多く選ぶことができる。パワーは全くと言っていいほどなく、長打は期待できない。スピードがあり、守備ではOF3ポジション全てをこなすことができる。典型的な第4のOFとしてメジャーで活躍できるだろう。

14. シェイ・シモンズ:RHP
ルイス・ゴハラ(ATL)とのトレードで加入。90マイル中盤の速球とスライダーのコンビネーションで三振を大量に奪うリリーフプロスペクト。既にメジャーデビュー済で実力が通用することも証明している。ツーシームを多投するためゴロ率が高く長打を打たれるリスクが少ない点も評価に値する。

15. ダン・アルタビラ:RHP
最速97マイルの速球が武器である小柄なリリーフプロスペクト。一昨年までは先発として投げていたが、昨シーズンからブルペンに転向。AAの打者を圧倒しAAAを飛ばしてメジャー昇格を果たした。アウトピッチのスライダーはキレがよく容易に空振りが奪える。コントロールはアバウトだが、四球を連発してしまうほどではない。

16. ディラン・アンスワース:RHP
卓越したコマンドが魅力の南アフリカ人。速球の球速は80マイル後半程度だがよく動き、バットの芯を外すことができる。チェンジアップの扱いにも長けており、速球と緩急をつけて空振りを奪うことが可能。昨シーズン途中に故障をし、そのままシーズンアウトとなったがAFLで復帰し故障前と変わらない投球を見せていた。

17. チアゴ・ビエイラ:RHP
最速103マイルの沈む速球が武器であるリリーフプロスペクト。この速球に80マイル前半のカーブを組み合わせ緩急をつけて空振りを奪う。昨シーズンは最低限のコントロールを身に着けることに成功し、全体的に成績も向上した。メジャーのチームのブルペン次第では今シーズン中の昇格もあり得る。

18. トニー・ジク:RHP
昨シーズンの大半を故障で棒に振ったリリーフプロスペクト。実力は確かで、小さなテークバックから繰り出される90マイル後半の速球とキレのいいスライダーのコンビネーションは素晴らしく、健康ならセットアッパーを務めることもできるだろう。

19. デビッド・グリア:OF
16年ドラフト10巡目指名。昨シーズン大学で早打ちだったアプローチを改善し四球を選べるようになったことで評価を上げた。コンパクトなスイングながらも左右両方向に長打が打てる打力を持っている。課題は守備でIF、OFとポジションを転々としているがどこを守っても平均以下。スピードもない。

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/GjeF6C

ジーン・セグラがマリナーズへトレード

29907657075_545a594962_z

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

現地時間11月23日、アリゾナ・ダイヤモンドバックスとシアトル・マリナーズが5選手の絡むトレードに合意した。このトレードで、マリナーズはSSのジーン・セグラ、OFのミッチ・ハニガーとLHPのザック・カーティスを、ダイヤモンドバックスはRHPのタイワン・ウォーカーとSSのケテル・マーテを獲得。

 

 3月に27歳になるセグラはマリナーズで青木宣親が役目を1年間果たせなかったリードオフを任されるはずだ。3番カノー、4番クルーズ、5番シーガーとメジャーでも有数の強打者揃いのクリーンナップを持ちながら、1、2番が平凡な成績に終わったため、その強みを活かしきれなかったマリナーズ。

打者有利のチェイス・フィールドを本拠地に持つダイヤモンドバックスから、投手有利のセーフコ・フィールドを本拠地に持つマリナーズに移ってきたため、HR数は大きく落ちる可能性もあるが、リーグ1位の195安打に加え、20HR、33SBを記録したセグラはマリナーズ打線の得点力を大幅に向上させることができるはずだ。

今シーズンは主に2Bを守ったが、まだ若く、昨シーズンまでは無難にSSを守備をこなしていたため、元来のポジションに戻ることに関してはそれほど心配はないだろう。また、メジャー24位の56SBとスピード不足だったマリナーズにとってセグラの俊足は非常に貴重だ。また保有権が2年残っていることも魅力で、それがマリナーズのマーテ放出を後押ししたはずだ。

12月で26歳の誕生日を迎えるハニガーは、2012年のドラフト全体38位でミルウォーキー・ブリュワーズに入団したOF。ドラフト時はメジャー早期昇格が見込めるタイプの大学生打者との評価を受けていたが、怪我に悩まされたこともあり、マイナーを登るスピードはそのタイプとしてはゆっくりとしたものだった。

14年にヘラルド・パーラとのトレードでダイヤモンドバックスに移ると、翌年は初めてAVG3割をクリア。2A-3Aでプレーした今季は、ジョシュ・ドナルドソンを参考にしたレッグキック打法にフォーム変更し、.321/.419/.581/.999&25HRと大ブレイク。8月半ばに初昇格したメジャーでも5HRを放ち、チームのマイナー最優秀選手に選ばれた。マリナーズのOF陣はレオニス・マーティン、セス・スミス、ベン・ギャメルとレギュラー格がどれも左打者ばかりであり、右打者のハニガーにも多くの出番が与えられるだろう。

24歳のカーティスは14年のドラフト6巡目でダイヤモンドバックスに指名されたLHP。今季メジャーデビューを果たし、21試合でERA6.75を記録した。メジャーでの成績は散々だった一方で、マイナーリーガーを相手にした時のカーティスのパフォーマンスは支配的だ。A+-2Aで計27試合に登板し、K/9=15.6と三振の山を築いている。

カルロス・ルイーズとのトレードでビダル・ヌーニョを放出して以来LHRP不足が懸念されていたマリナーズだったが、ルール5ドラフトからプロテクトするために40人枠に加えられたポール・フライ、有望株ザック・リッテルとのトレードで獲得したジェームズ・パゾス、セントルイス・カージナルスからクレームしたディーン・キークヘファー、更にカーティスと候補は多く集まっている。

マリナーズのジェリー・ディポートGMが敢行したトレードはこれで今オフ既に4つ目と、12ものトレードを行った昨オフと同様忙しく動き回っている。また、ウォーカーが抜けたローテーションは現時点で、キングことフェリックス・ヘルナンデス、岩隈久志、ジェームズ・パクストン、ネーサン・カーンズ、アリエル・ミランダの5人となっており、ディポートGMは「私たちは(スターターの)FA市場をチェックするだろうし、もちろんトレードの可能性を模索することに反対はしない」と述べている。