Tag Archives: ユリエスキ・グリエル

2017 Team Preview:ヒューストン・アストロズ

26564477622_c61e533f54_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地:ミニッツメイド・パーク

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml14/

 

 

 

広さ
レフト 96.0m
センター 132.6m
ライト 99.4m
フェンス高さ

2.1~7.6m 

パークファクター *平均100
安打 92.6
ツーベース 88.6
スリーベース 115.2
HR 82.2
得点 80.8

 

      • 予想オーダー

1. ジョージ・スプリンガー:CF
昨シーズンは162試合全てに出場。長打数は軒並み増え29HRをマークした。打撃内容はマイナー時代からほぼ変わらず四球数と三振数はある意味で安定している。ハッスルプレーが光る守備では3年連続でDRSが+をマークした。打撃と守備では好成績を残したが、走塁では盗塁失敗数が成功数を上回る結果に。スプリングトレーニングでは盗塁のスキルを磨いていた。ミュータントニンジャタートルズのTシャツを着て、キャップを2個被るという奇抜なファッションでクラブハウス入りすることもある。

2. アレックス・ブレグマン:3B
15年ドラフトから1年1ヶ月でメジャーデビューを果たした。デビュー後10試合はなかなかヒットが出なかったが、TEX戦で3安打してからはコンスタントにヒットが出るようになった。打撃では確実性と長打力を兼ね備え、守備では2B/3B/SSを守ることができ、英語とスペイン語を操り、12歳の頃から高校、大学、WBCでアメリカ代表を務めるという万能選手。昨シーズン痛めたハムストリングの故障は完全に癒えた様子。

3. ホセ・アルトゥーベ:2B
昨シーズンは3年連続最多安打、2度めの首位打者を獲得し、キャリアハイの24HRをマーク。HOUの選手としては最速の1000安打達成という記録も樹立した。長打が増えたことで勝負を避けられることも増えBB%も上昇。一方で盗塁失敗数も2年連続リーグ最多となった。スプリンガーと共にクラブハウス内のムードメーカーという役割を担っている。

4. カルロス・コレア:SS
2年連続20HRをマークしたスター選手。昨シーズンは長打率が落ちたが、よりボールを選ぶようになり四球数は増えた。守備ではDRSでマイナスの数値をマーク。負担を減らすため3B転向を勧める声もちらほら。シーズンオフに4本の親知らずを抜いた。

5. カルロス・ベルトラン:DH
昨シーズンはシーズン前に引退を示唆していたが、シーズンを通して好調を維持しオフに1年$16MでHOUに加入した。打撃では3年ぶりに20HR以上をマークしたが、守備ではどこを守ってもDRSはマイナス。フィールドでは体を重そうにして動く姿が目立つので打撃に集中してもらうのがベターだろう。故障に悩まされる元チームメイトのデビッド・ライト(NYM)に「引退を考えるな。やれることをやりつくせ」と励ましの言葉を送った。

6. ブライアン・マッキャン:C
オフにトレードで加入。攻守ともに安定した成績を残し続けることができる点が魅力。08年から9年連続で20HR以上をマーク。守備ではDRSがマイナスとなったが、リードやリーダーシップなど見えない部分での貢献も大きい。敬遠の申告制については試合に影響が出ないのでどちらでもいいというスタンス。

7. ジョシュ・レディック:RF
シーズンオフに4年$52Mで契約。甘いマスクとそれを覆い尽くす長い髪と髭が特徴。昨シーズンは打率が微増したが、HRの数は半減。フルシーズン1年目の12年の打撃成績と比べるとスケールダウンした感は否めない。守備では軽快な動きを見せていた。 昨シーズン「How to Bunt 1.Don’t 2 Hit A Dinger(バントのやり方 1.しない 2.ホームランを打つ)」というシャツを着て話題になった。

8. ユリエスキー・グリエル:1B
昨シーズン途中から加入し、マイナーでの調整もそこそこにメジャーデビューを果たした。打撃では少ない打席数ながらも対応力の高さを見せた。守備では自身よりも上手い選手が揃っているため本職は3Bだが1Bを守っている。親友のヨエニス・セスペデス(NYM)曰く自身が知る限りキューバ最高の選手。

9. 青木宣親:LF
ウェイバーでクレームされオフに加入。コンタクトスキルの高さはメジャーでも屈指のレベルで打率は安定して..280台をマーク。一方でMILから移籍した後は長打数、盗塁数は減少傾向。また、守備でもまずい打球反応がしばしば見られる。

 

2017 Top 20 Prospects:ヒューストン・アストロズ

29112343436_202126afe0_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. フランシス・マーテス:RHP
常時90マイル後半の速球を投げることができる剛腕。この速球にパワーカーブとチェンジアップを交え緩急をつけて空振りを奪う。カーブはアウトピッチとして非常に優秀なボール。チェンジアップのクオリティは高くはないが、AFLでは重点的に改善に取り組んでいた。コントロールは悪くないが、細かいコマンドは持ち合わせていない。エースポテンシャルの持ち主で今シーズン中のメジャー昇格も有り得る。

2. デビッド・ポウリーノ:RHP
90マイル中盤の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。6-4と大柄な体格で速球は角度がついており、球威がある。アウトピッチのカーブも速球と緩急をつけるには有効なボールで曲がり幅も大きいため空振りを奪いやすい。チェンジアップも改善の兆しを見せている。デリバリーは力感がなく、スムーズなためストライクゾーンにボールを集めることには苦労しない。シーズン最多で90イニングしか投げたことがなく、耐久性については不安が残る。

3. カイル・タッカー:OF
バットを後ろに引いてタメを作る独特なスイングだが、しっかりとバランスが取れており平均以上のバットスピードを生み出すことができる。パワーも平均かそれ以上でシーズン15~20HRをマークすることも可能。昨シーズンは32盗塁をマークしたが、本来それほどスピードがあるタイプではないため今シーズン以降は数が減るだろう。守備では肩が強いためRFを守っている。 

4. フォレスト・ウィットリー:RHP
90マイル中盤の速球とカーブ、チェンジアップ、スライダーのコンビネーション。速球は球威があり、カーブ、チェンジアップ、スライダーどの球種も平均かそれ以上のクオリティ。がっしりとした下半身に支えられたデリバリーは安定しており、コントロールを乱すことも少ない。完成度は既に高く、高卒ながら早期昇格も望める。あえて弱点を言うならアップサイドに若干かけるところか。 

5. フランクリン・ペレス:RHP
90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。身長の割りに体重がついていないので今後さらに球速が上昇する可能性はある。速球はフォーシーム、ツーシーム、カッターの3種類があり、どれも平均以上のクオリティ。カーブは不安定だが、曲がり幅が大きく空振りが奪いやすい。チェンジアップは速球と同じアームスピードで投げられるため緩急がつけやすくなっている。コントロールもよく、筋肉をつけてデリバリーが安定すれば言うことなしだ。 

6. テオスカー・ヘルナンデス:OF
昨シーズンはアプローチを改善し四球を増やすことに成功した。メジャーでは三振が増え低打率に終わってしまったが、マイナー同様にしっかりと四球を選ぶことができていた。パワーは平均以上でシーズン20HRをマークすることもできるだろう。スピードもあり、肩も強いがメジャーではジョシュ・レディックやジョージ・スプリンガーがいるためLFを守ることが多くなるだろう。

7. ラモン・ラウレノ:OF
昨シーズン、ブレークを果たした小兵。フィールド全体を使った打撃をすることができるためハイアベレージを残すことができる。昨シーズンはA+-AAで15HRを放ったが、小柄でスイングもタメが小さく長打を狙うようなものではないため、今シーズン以降HRの数は少なくなる可能性が高い。スピードがあり、肩も強いがルート取りなどに若干不安があるためRFでの起用が無難か。

8. デレク・フィッシャー:OF
パワー&スピードに高評価を得る粗削りなタレント。20-20をマークすることも不可能ではないが、コンタクトスキルに難があるため高打率は望めない。その分四球を多く選ぶことで出塁率は悪い数字にはなっていない。 スピードはあるが、肩が弱く、打球反応が悪いため将来は現在守っているCFからLFに移ることになるだろう。

9. ユリエスキ・グリエル:3B
NPBでもプレー経験があるキューバ人。昨シーズン途中にHOUと5年47.5Mの契約を結んで加入した。柔軟なスイングでどのコースのボールでも対応することができ、パワーも申し分ない。3B守備は可もなく不可もなくといったところだが、HOUのIFは若く守備が上手い選手がそろっているため主に1Bを守ることになりそう。

10. A.J.リード:1B
昨シーズン満を持してメジャーデビューを果たしたが、メジャーの投手に最後まで対応することができなかった。オフには打撃コーチと共にスイングの改善に取り組み、また、シーズン中に増えた体重を落とし1年間失速せずプレーできるようにすることを目標とした。肩は強いが、1Bなので披露する機会は少ない。守備はもう少し改善する必要がある。1B/DHはライバルが多く限られた出場機会の中で結果を残す必要がある。

11. J.D.デービス:3B
2年連続でマイナーで20HR以上をマークしているパワーが持ち味。ただ、徐々に成績は悪化してきているため今後さらに上のレベルの投手のボールに対応できるかは未知数。大柄な体格のためスピードは平均を大きく下回る。大学時代クローザーを務めていたため肩は強いが、守備は平均以下。

12. ダズ・キャメロン:OF
元メジャーリーガー、マイク・キャメロンの息子。身体能力が高く、スピードは平均以上だが盗塁は上手くなく成功率は低い。走塁ではスピードを生かし切れていないが守備では十分に生かしており、将来はCFのGG賞候補。打撃ではコンパクトなスイングでボールまで最短距離でバットが出せている。パワーは平均を下回る。スピードを落とさず、どれほどパワーがつけられるかが今後のカギ。

13. ドリュー・ファーガソン:OF
昨シーズン長打を意識した打撃スタイルに変更したことでブレークを果たした。小柄な体格ながらも、最後まで振り切るスイングでパワーを生み出している。その分、三振が増えたが許容範囲だろう。打率もどのレベルでも高水準で、アプローチもよく出塁率も高い。ラウレノと同じく、上のレベルでもパワーが通用するか見ものである。スピードは平均以上でOF3ポジション全てをこなす器用さがある。

14. ギャレット・スタッブス:C
守備の上手さがだけが取り柄だったが、昨シーズンは打撃でも目立った成績を残すことに成功した。2ストライクからでも恐れずにスイングをするが、コンタクトスキルが高いため三振は少ない。非常に小柄なためパワーは平均以下でシーズン2桁HRをマークすることは難しいだろう。守備は大学最終年に所属するリーグでCとして最優秀守備選手に選ばれるほどで肩も強い。

15. ミゲランジェル・シエラ:SS
小柄ながらもHRを打つことができるパワーの持ち主。18歳と若いがアプローチは悪くなく、しっかりと四球を選ぶことができる。昨シーズンRでは好成績を残したが、A-ではスランプに陥ったところが気になる点。守備ではSSに残ることができる能力を有している。

16. ショネル・ペレス:LHP
昨年インターナショナルFAで加入。9月に一度契約するも、メディカルチェックで問題が見つかり破談となり、12月に契約金の金額が大幅に引き下げられて再び契約した。90マイル前半のフォーシームとツーシーム、カーブ、スライダー、チェンジアップのコンビネーション。どのボールも平均程度のクオリティはあり、コントロールも悪くないが、小柄なため先発として投げられる耐久性について懸念されている。

17. スティーブン・レン:OF
16年ドラフト6巡目指名。しっかりとボールにコンタクトすることを意識したスイングでラインドライブの打球を量産することができる。四球も選ぶことができ、スピードも平均以上なためリードオフ向き。昨シーズンA-でHRを多く放ったが、本来それほどパワーがあるタイプではない。守備ではレンジは広いが肩が弱いためLFに入れるのが無難だろう。

18. ジェイソン・マーティン:OF
昨シーズンは23HRをマークするも打者有利なリーグでプレーしていたことが大きく影響しており、本来はそれほどパワーがあるわけではない。打撃は平均レベルで、四球を多く選び出塁率を稼げるところが長所。スピードはあるが、盗塁は上手くなく成功率は低い。守備もCFとして守れないことはないが肩が弱いためLFが無難。将来は第4のOFか。

19. コリン・モラン:3B
ヒッティングスキルの高さがウリの13年の全体6位指名選手。15年までは最低でも.290台に乗せていた打率が昨シーズンは急降下。AAAに対応することができなかった。ヒッティングスキル以外はこれといった長所がなく、パワー、スピード、守備共に平均以下。昨シーズン、メジャーデビューを果たすもHOUのIFの層は厚いため今シーズンはベンチを温めることが多くなりそう。

20. ヤンデル・グスターブ:RHP
昨シーズン、メジャーデビューを果たした最速102マイルの速球が武器のリリーフプロスペクト。これに90マイル前半のスライダーを組み合わせイニング以上の三振を奪う。問題はデリバリーの不安定さと、そのことが原因となっているコントロールの悪さ。これさえ克服できればクローザーレベルの投手になるだろう。

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/LmynrN

Weekly Report:Week-24

29188453792_3b43bf7313_z

 

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-24のキーワードは「T.J.リベラ」「A.J.プレラーGM」「シーズンアウト」だ。

  • リベラ

地時間13日、ナショナルズパークで行われたニューヨーク・メッツ対ワシントン・ナショナルズの試合は9回までメッツがリードしていたが、クローザーのジェリース・ファミリア(RHP)がホゼ・レイエス(3B)のエラーななどで同点に追いつかれ延長へと入った。

延長10回1アウト、ランナーなしの場面で打席に入ったのはルーキーのT.J.リベラ(2B)。マウンドにはナショナルズのクローザーのマーク・メランコン(RHP)。0-2と追い込まれた後に投げられた3球目のカットボールをリベラが振りぬくと打球はぐんぐんと伸びていきレフトスタンドへと。メランコンがナショナルズ移籍後初めて打たれた本塁打は、リベラにとってはメジャー初本塁打であり、メッツにとっては試合を決める本塁打であった。

リベラは今年で27歳とかなり遅咲きである。幼い頃から打つことが好きで、テニスボールを壁に向かってバットで打つという遊びもよくやっていた。2011年、大学在籍時、ドラフトクラスだったにも関わらずリベラはどこからもドラフトで指名されず、ドラフト外でメッツと契約した。全く期待されていない0からのスタートとなった。

それでも持ち前のヒッティングスキルでマイナーではほとんどのクラスで打率.300以上をマークしていた。コンパクトなスイングとボールに対する反応の速さは本物だったのだ。

そして苦節5年、今シーズンの8月10日に念願のメジャー昇格を果たす。同日にメジャー初出場となると、早速メジャー初ヒットをマークした。その後、AAAとメジャーを行ったり来たりとなっていたが、試合に出ればヒットを打ち、しっかりと結果を残していた。

そして13日の試合を決めるメジャー初本塁打へと繋がっていった。この日のリベラはこの本塁打も含め3安打を放ち3打点をマークしていた。本当ならこの日はリベラは先発で試合に出るはずではなかった。ウィルマー・フローレス(IF)を故障で欠き、相手の先発はRHPのA.J.コールだったため普通は左打者のケリー・ジョンソンを2Bで先発させるところだったが、テリー・コリンズ監督はリベラの打撃を買ってリベラを2Bで先発させたのだった。

結果的にこの采配は大成功だった。先発を外されたケリー・ジョンソンでさえリベラについて「本当によくヒットを打てる奴だ」と別の試合の後に語っていたほどなので当然といえば当然だったのかもしれない。

メッツはこの試合でナショナルズの勝ったとはいえゲーム差は大きく地区優勝はかなり厳しい。それでもワイルドカードでのプレーオフ進出の可能性はあるので毎試合負けられない戦いが続く。リベラは故障者が相次ぐメッツの内野陣の救世主となれるかもしれない。幼い頃に打っていたテニスボールは硬球へと変わり、打った先にあるものは壁ではなくスタンドへと変わったのだ。

 

Weekly Report: Week-15

41718856_16ca99d449_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-15のキーワードは「オールスター」「ホームランダービー」「ユリエスキ・グリエル」だ。

 

  • オールスター

年もメジャーリーグの夏の祭典、オールスターがアメリカ西海岸サンディエゴパドレスの本拠地であるペトコパークで現地時間12日に行われた。オールスターはファン投票で選ばれた選手、監督推薦で選ばれた選手がそれぞれ所属するリーグでチームを組み、アメリカン・リーグ対ナショナル・リーグで真剣勝負を行う。勝ったチームにはワールドシリーズでホームアドバンテージが与えられるので、プレーオフ出場の可能性があるチームの選手は特に真剣に戦う。

試合はナショナル・リーグ先発投手今シーズン13勝を挙げているジョニー・クエト、一方アメリカン・リーグ先発投手今シーズン14勝のクリス・セールで始まったため、投手戦が予想されたが試合は1回からシカゴ・カブスの内野手クリス・ブライアントのホームランで幕を開けた。

対するアメリカン・リーグは三回、カンザスシティ・ロイヤルズのサルドバー・ペレス選手と、同じくロイヤルズのエリック・ホズマー選手の2本のホームランで3点を追加し逆転した。3回裏にもエリック・ホズマー選手のタイムリーで1点を追加し、ナショナル・リーグは4回に1点を追加するものも、そのままアメリカンリーグが逃げ切り4-2で勝利し、MVPは2打点をあげたホズマーに贈られ、夢の祭典は幕を閉じた。後半戦もスター選手の活躍が楽しみである。