Tag Archives: ユリ・グリエル

アダム・ジョーンズのNPB移籍とこれからのベテラン野手の需要について

Adam Jones

 

 

 

 

 

 

 ボルティモア・オリオールズ等で活躍したアダム・ジョーンズ(OF)がNPBのオリックス・バファローズに入団を果たした。背番号は10。これからのMLBは、より一層ベテラン野手の需要が低下していくのかを考えた。

 

MLBにおけるベテラン野手の需要の低下

 ジョーンズがNPBに移籍した背景として既に多方面で取り上げられているのは、『MLBにおけるベテラン選手の冷遇』である。

MLB Position Players Are Getting Younger At A Historic Pace_Forbes_01/09/2019

 現時点では戦力として多少劣る若い選手を起用した方が良いという認識は、MLB全体に広がっている。尚且つ、MLB昇格をギリギリまで抑えること、FAとなった選手への長期契約を(一部を除いて)抑えることを意識することにより、ピークの間だけ選手と契約しようという動きがなされている。(その動きは否定されるべきものだとは思わない)

 ここまでは真新しい主張ではなく、前記事も踏まえた二番煎じである。だが、本題に入る前に、図表を用いながら前置きを続けさせていただく。
 ここ2年、オフシーズンの動きが非常に緩やかであった(下図2点参照)。

 図1は、2011年~2018年を対象期間とし、各年度のオフシーズン中(10月1日から4月1日までと定義した)に最も高い契約総額で契約を果たしたFA選手の選手名、契約年数、契約総額、日時(月/日/年表記)をまとめた。※17,18年のオフシーズンは3人ずつ挙げている。※Spotracを参照して作成。

 図2は、年度等は同様であり、最も遅く契約総額$10M以上の契約を果たしたFA選手の選手名、契約年数、契約総額、日時をまとめた。※17,18年は3人ずつ挙げている。※数値と文字の混在による見落とし(2018年オフシーズンのランス・リン等)があるものの、MLB Trade Rumorsにおいても同様の漏れ(2011年オフシーズンのアルバート・プホルス等)が確認出来た。※参照サイトは同様。

 

若手野手の年俸調停とチームのピークについて

 大物の契約が遅れることにより、MLB全体の若返り傾向も相まってベテランが後回しにされている。そこで、後程ベテラン野手を取り上げるが、その前に、若手野手の契約や年齢毎のWAR等に触れたい。

 

  • ジオ・アーシェラ(3B)

 2019年にニューヨーク・ヤンキースでブレイク(fWAR3.1)を果たし、20年の年俸は$2.2M。FAになるのは23年のオフシーズンであり、年俸調停権を獲得するのは来オフからである。

  • コディ・ベリンジャー(RF)

 2019年は様々な成績でキャリアハイをマーク(fWARは7.8)し、20年の年俸は$11.6M。FAになるのは23年のオフシーズンであり、年俸調停権を獲得したのは今オフからである。

  • フランシスコ・リンドーア(SS)

 2019年は、連続150試合出場が3年で途絶えたものの、3年連続40二塁打、30本塁打、OPS.800を継続中(fWAR4.4)。20年の年俸は$16.7M。FAになるのは21年のオフシーズンであり、来オフがArb3である。

  • クリス・ブライアント(3B)

 2019年は、復活を印象付ける31本塁打をマーク(fWAR4.8)し、20年の年俸は$18.5M。FAになるのは21年のオフシーズンであり、来オフがArb4である。

  • ムーキー・ベッツ(RF)

 圧倒的なパフォーマンスを発揮した昨年より成績を低下させたもののfWAR6.6をマーク。20年の年俸は$22.7M。FAになるのは20年のオフシーズンであり、去就に注目が集まることだろう。

 

 アーシェラは年俸調停権を有していないにも拘わらず、$2.2Mという好待遇を受けている。年俸調停権を獲得したベリンジャーは$11.6M、来オフにFAとなるベッツは$27M。

 若い選手のメリットは、成績が右肩上がりに向上する可能性が高いこと、それからFA前で年俸を抑えられることである。だが、FA前であってもArb1,Arb2の間に年俸は$10Mを超えてしまう。財政的に健全さを保とうとすれば、主力選手がMLS4.00未満の内にチームのピークを持ってくる必要があるだろう。そして、そこにフィットするのがネルソン・クルーズ(MIN)やニック・マーケイキス(ATL)といったベテラン野手である。

 

2019 ALDS Review:HOU vs TB

48987923773_655bc7c127_c

 

 

 

 

 

 

 

 ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。

 Game1

TB 2-6 HOU

勝: ジャスティン・バーランダー(1-0)

負: テイラー・グラスノー(0-1)

  アストロズの先発はジャスティン・バーランダー(RHP) 先頭バッターを四球で塁に出すも続く2番バッターを5-4-3の併殺打、3番バッターを見逃し三振と三者凡退の好スタート。4回までレイズ打線をノーヒットに抑える。5回表に5番ブランドン・ロウ(2B)に初ヒットを許すも後続3人を打ち取りこの回も無失点。結果7回まで投げて1安打8奪三振無失点の好投で試合を作った。

 レイズの先発はテイラー・グラスノー(RHP) こちらも初回は三者凡退、2回は2アウト1.2塁、3回は2アウト満塁と得点圏にランナーを置くもあと一本を許さなかった。4回は三者凡退に抑えた。5回裏ランナー1塁で2番ホセ・アルトゥーベ(2B)にレフトへの先制ツーランホームランを打たれたところで降板となった。4回1/3  (77球) 奪三振5 失点2であった。

 アストロズはこの回相手のエラーでもう2点を追加した。

 七回裏には4番手オリバー・ドレイク(RHP)から5番ヨーダン・アルバレス(OF)、6番ユリ・グリエル(1B)の連続タイムリーツーベースでさらに2点追加して6点のリードとした。

  レイズ打線の反撃は8回表この回から登板の2番手ライアン・プレスリー(RHP)から代打エリック・ソガード(2B)、1番オースティン・メドウズ(OF)の連続タイムリーツーベースで2点を返し4点差とする。

 しかし後続は打ち取られ追加点が取れず。2-6でアストロズが初戦を勝利した。

 

 Game2

TB 1-3 HOU

勝: ゲリット・コール(1-0)

負: ブレイク・スネル(0-1)

  レイズは初戦4番DH起用だったヤンディ・ディアス(3B)が1番サード、出場が無かったアビサイル・ガルシア(OF)を5番ライトに起用するなどスタメンを変更。アストロズもカイル・タッカー(OF)がライト、マーティン・マルドナード(C)がキャッチャーにスタメン変更。

  初回いきなりカルロス・コレア(SS)の好プレーで試合がスタート。

  アストロズの先発はゲリット・コール(RHP) 初回は2三振、2回には三者連続三振と5回までに10個の三振を奪うなどレイズ打線を封じ込める。好投はこの後も続き8回表、6.7番を連続三振に抑えた。しかし後続バッターに二塁打、四球を出したところで交代。8回2/315奪三振無失点の好投で試合を作った。

 レイズの先発はブレイク・スネル(LHP) 初回は三者凡退、2.3回はヒットなどでピンチを作るも後続を打ち取り無失点で抑え、前日同様投手戦となる。4回裏4番のアレックス・ブレグマン(3B)がレフトへのソロホームランで昨日同様アストロズがホームランで先制した。この後スネルは一人を打ち取ったところで交代となった。3回1/3奪三振5失点1であった。

 7回はマーティン・マルドナード(C)のタイムリー、8回にはコレアのタイムリーで追加点を取り3-0とする。

 レイズは9回表に前の回から投げているクローザーのロベルト・オスーナ(RHP)から満塁のチャンスを作り、5番アビサイル・ガルシア(OF)の内野ゴロの間に1点を返す。再び満塁としたが、代わったウィル・ハリス(RHP)を攻めきれず。3-1でアストロズが勝利し、

 ALCSへ王手とした。

 

2019 World Series Review : Game7

4494888303_c61e560d78_c

 

 

 

 

 

 

 

った方がワールドチャンピョンとなる運命のGame7。歓喜の瞬間を目の当たりにしようと球場には43,000を越えるファンが集まった。この試合の先発はアストロズがこのポストシーズンで勝利のないザック・グレインキー、ナショナルズは首の痛みからGame5での登板を回避していたマックス・シャーザーが登板した。

ハイレベルな投手戦が予想されたGame7はアストロズペースで進んでいく。2回にユリ・グリエルが低めのスライダーをレフトスタンドまで運び、アストロズが1点を先制すると、5回にも2アウト1,2塁のチャンスからカルロス・コレアが曲がりの甘いスライダーを捉えるタイムリーヒットを放ち、2点のリードを奪った。先発のグレインキーもナショナルズ打線を6回まで1ヒットに抑える完璧なピッチングを見せていた。

 

しかし、7回アンソニー・レンドーンが均衡を破る1発を放つと、続くフアン・ソトに四球を出したところでアストロズのヒンチ監督が動いた。レンドーンへの1発以外ほとんど完璧に抑えていたグレインキーを降ろし、ポストシーズン大車輪の活躍を見せていたウィル・ハリスを登板させた。しかし変わったハリスの投じた2球目をハウィ・ケンドリックが捉え、打球はライトポールに直撃し、逆転の2ランホームランとなった。ここまで数々の重要な局面で結果を残してきたケンドリックがGame7でも大きな一打を放った。

2019 World Series Review : Game6

40580306895_b3c84745b3_c

 

 

 

 

 

 

 

互いにロードでのゲームを取り合い、アストロズが3勝と王手を掛けて臨んだGame6。この試合では追い込まれたナショナルズが投打に奮起し、7-2でアストロズを下し、3勝3敗とシリーズをイーブンにし、Game7に望みを繋いだ。

先発投手はアストロズはジャスティン・バーランダー、ナショナルズがスティーブン・ストラスバーグとGame2と同じ組み合わせとなった。まず先制点を奪ったのはナショナルズ。初回に先頭のトレイ・ターナーが内野安打で出塁すると、2番のアダム・イートンがバントでランナーを2塁へ進める。続くアンソニー・レンドーンがシフトの穴をつくタイムリーヒットを放ち、1点を先制した。

しかしその裏、アストロズもストラスバーグの立ち上がりを攻めたてる。先頭のジョージ・スプリンガーが初球を捉え、2塁打を放つと、ワイルドピッチで3塁へ進み、2番ホセ・アルトゥーベの犠牲フライでスプリンガーが生還。わずか4球で同点に追いついた。3番のマイケル・ブラントリーは三振に倒れたが、4番のアレックス・ブレグマンがこのシリーズ3本目となるホームランをレフトスタンドにたたき込み、2-1とアストロズがリードを奪った。その後は3回、4回と四球が絡み、両チームともチャンスを作るが、後1本がでず、スコアには0が並んだ。

 

しかし、5回表に試合が大きく動く。この回先頭のターナーを難なく打ち取ったバーランダーだが、イートンへの2球目のカーブが甘く入った。イートンがこれを見逃さず、打球はライトスタンドへ。イートンのこのシリーズ2本目の本塁打でナショナルズが同店に追いつくと、4番のホアン・ソトがこれに続いた。高めのストレートをライトスタンド上段まで運び、3-2とナショナルズがリードを奪い返した。

2019 World Series Review:WSH vs HOU Game1~5

32640293857_742e4ce8f0_c

 

 

 

 

 

 

 球団史上初となるワールドシリーズ制覇に向けて勢い充分なワシントン・ナショナルズと、2010年代最強球団と言っても何ら差し支えないヒューストン・アストロズの組み合わせとなった。もちろん、両者の組み合わせは史上初である。

 対戦結果は既に明らかであるため、ワールドシリーズについては概略を記載するに留め、今年のPOレビューを締めくくりたいと思う。

 

Game1

 ナショナルズは、エースのマックス・シャーザー(RHP)をマウンドに送り込んだ。筆者の予想では、アストロズ打線が彼から本塁打を量産して勝つだろうという見立てだったが、蓋を開けてみれば、僅差でナショナルズの勝利に終わり、WCから好調をキープしているナショナルズの勢いを感じさせる一戦だった。とはいえ、先制はアストロズであり、終盤、3点リードから2失点で詰め寄られる等、ナショナルズファンにとっては楽な勝利ではなかった。

 ナショナルズのWS球団史上初となる得点及び打点はライアン・ジマーマン(1B)によるものだった。無論、本塁打も史上初である。入団早々にスタメンを奪取して長年チームを支えるもWS進出が出来ていなかったジマーマン。しかし、契約最終年である今年にそんな功労者が大舞台で本塁打を放ったのは、なんとも形容しがたいドラマチックな展開だった。

 

Game2

 アストロズのジャスティン・バーランダー(RHP)がPO通算200奪三振で歴代最多となった。この日は守備のミス等隙を見逃さなかったナショナルズが大量得点を挙げ、12-3で圧勝した。チームの中核であるアンソニー・レンドン(3B)が2打点、若きスター、フアン・ソト(LF)が3出塁、アズドルバル・カブレラ(2B)やジマーマンといったベテランがマルチ安打&打点をマーク。チームの雰囲気も乗りに乗っている様子だった。

 アストロズは、アレックス・ブレグマン(3B)の捕球ミスや送球ミス等、本拠地で苦しい戦いを強いられる中での緊張故のミスがあった。しかし、ALCSでニューヨーク・ヤンキースを下した層の厚さが見られた。9回、代打で登場したマーティン・マルドナード(C)の本塁打が良い例である。ただ、CSでも同様だが、シーズン中に比べると得点力が低下している様子を感じさせる一戦でもあった。

 

Game3

 三塁手を強襲する鋭い当たりが目立ったゲームだった。ライン際を攻めるハードヒットで取りづらいコーナーへとボールが飛んで長打になるケースが多く、左翼手は困ったことだろう。アストロズのザック・グレインキー(RHP)は際どいコースを攻めるも中々投手有利なカウントにならず3四球を与えた。その後、5回を投げ終えることなく降板。ブルペン陣がリードを守る好投を見せ、4-1でアストロズが勝利を挙げた。

 この日のナショナルズは勢いはあるものの得点に結びつかないといった様子で、11安打で4得点を挙げたアストロズに対して、ナショナルズは9安打で1得点だった。投手陣に視点を移すと、ナショナルズは3四球5奪三振と三振をあまり奪えず、アストロズは先のグレインキーの四球もあって5四球を与えたものの13奪三振で追撃を防いだ。CSでアストロズが粘る野球を見せたが、3戦目は粘ってチャンスをものにした勝利と言えるだろう。