Tag Archives: ヨアン・ロペス

セプテンバーコールアップ NL編

492525455_344c6ea037_z

 

 

 

 

 

 

シーズンのMLBもいよいよ終盤戦に差し掛かり、レギュラーシーズンは残すところ1ヶ月となった。9月に入りアクティブロスターが25人から40人に拡大され、多くのプロスペクトがメジャーに昇格している。ここでは各地区1名ずつ昇格を果たしたプロスペクトを紹介していく。

 

トゥキ・トゥサント:RHP アトランタ・ブレーブス

 今季8月13日のマイアミ・マーリンズ戦でメジャーデビュー。6回2被安打2与四球4奪三振1失点と打線を抑え、デビューを勝利で飾った。今月の3日にはボストン・レッドソックス戦に先発したが、4.2回4被安打2与四球6奪三振3失点で敗戦投手となっている。

 2014年のドラフトでダイヤモンドバックスから全体16位で指名され入団。翌年、ブロンソン・アローヨと共にトレードでブレーブスに加入。FED制作によるチーム別TOP20プロスペクトに2度選出されている(2016年9位→2017年18位)。

 球種は速球、カーブボール、チェンジアップである。好評価の速球は、90マイル中盤のフォーシームと90マイル台のツーシームの2つ。ただしリリースポイントの安定性が課題。傘下トップの質を誇るカーブは、70マイル中盤の12-6カーブでありマネーピッチだ。チェンジアップは80マイル後半であり変化量は平均以上だが、メカニクスが課題。ハイポテンシャルなタレントと称されながらも、メカニクスが不安定であるためにコントロールやコマンドが悪くマイナーで燻っていたが、2018年にBB/9とS%を改善しメジャー昇格を果たした。メカニクスは現在も課題だが、運動能力が高いこともあり改善される見通し。

 奪三振(マイナー通算K/9=9.46)と与四球(マイナー通算BB/9=4.31)が共に多いピッチングであり、コンディションにムラがある。先の通りコマンドが悪いことが問題となっているが、ポテンシャルで補うことが出来るだろう。スターターとしては4~5番手レベル。ブレーブスは投手のプロスペクトが飽和状態であり、リリーバーに配置転換される可能性も充分あるだろう。

 

2017 Top 20 Prospacts:アリゾナ・ダイヤモンドバックス

29893737516_b617b12b5c_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. アンソニー・バンダ:LHP
90マイル前半の速球と2種類のカーブ、チェンジアップのコンビネーション。速球は90マイル中盤をマークすることもあり、高めに投げることで空振りを奪うこともできる。アウトピッチはカーブで評価が高く左右関係なく有効。チェンジアップも平均レベルのもの。デリバリーはスムーズだが、体が横に流れることが多くコントロールを乱す原因となっている。将来像は先発4番手か。

2. テイラー・クラーク:RHP
速球の球速は90マイル前半程度だが、大きな体格で真上から投げ下ろすようなデリバリーであるため速球に角度がついており球速以上に打ちづらくなっている。アウトピッチはスライダーで曲がり幅が大きく、速球と緩急をつけることもできる。チェンジアップは平均以下。コントロールがよく、特に速球は投げたいコースへしっかりと投げ分けることができている。

3. ソクラテス・ブリトー:OF
体格は大きくパワーポテンシャルは低くないが、ヒッティングスキルの拙さが仇となって満足に発揮できていない。ストライクゾーンの見極めもイマイチで四球が少なく、大振りのため三振が多い。純粋な身体能力は高いためスピードは平均以上でシーズン25盗塁をマークできるだろう。肩も非常に強くRFとしてなら平均以上に守れる。

4. アンファニー・グリアー:OF
16年ドラフト全体39位指名。昨年大学で圧倒的な成績を残し評価を上げた。打撃ではパワーポテンシャルに光るものを見せており、シーズン2桁HRも不可能ではない。プロ入り後はコンタクトスキルの低さが露呈し三振が増えた。スピードは平均以上でCFに留まれる可能性がある。肩が弱いためCFが守れないとなるとLFを守ることになる。

5. ダウェル・ルーゴ:3B
平均以上のパワーポテンシャルを秘めるスラッガー。コンタクトスキルも低くなく、三振はそれほど多くない。何でも打ちに行くアプローチは要改善。肩は強いが、スピードが平均以下のためレンジが限られており、ハンドリングも拙いためOF転向も考えれている。

6. ジョン・デュプランティアー:RHP
16年ドラフト3巡目指名。90マイル中盤の速球とパワーカーブのコンビネーション。カーブは平均以上のクオリティで空振りを奪うことができるボール。チェンジアップは発展途上。コントロールに難があるが、先発として投げられないほどではない。故障が多く、15年は肩の故障で全く投げられておらず、その後も様々な箇所を痛めており健康面で不安が残る。

7. ドミンゴ・レイバ:SS
バットスピードの速さとバットコントロールのよさを兼ね備える打撃が魅力。非常に小柄なためパワーは平均以下だが全く長打が打てないわけではない。守備ではSSとしては平均以下だが、2Bとしてなら平均レベルには守れるため将来は2Bに移ることになるだろう。

8. ジャスティン・ドナテラ:RHP
速 球の球速は90マイル前半程度だが、よく沈みコマンドよく投げられるため球速以上に打ちづらいボールとなっている。変化球はスライダーはソリッドとの評価 を得ており、チェンジアップも改善の一途を辿っている。デリバリーはスムーズで力感がない。非常に大柄な体格で耐久性も高く先発向き。

9. アレックス・ヤング:LHP
昨シーズンは打者有利なA+のリーグで成績を大幅に落とすこととなった。大学時代、打者をきりきり舞いにさせていたスライダーは健在だが、コントロールが悪くなった。また、速球は最速でも90マイル前半で球威に欠けるためHRを打たれる場面が目立った。球速を上げるのは今からでは厳しいのでせめてコントロールを大学時代並に戻すことができればメジャーでも先発として投げられるだろう。

10. コディ・リード:LHP
90マイル前半の速球とチェンジアップのコンビネーション。昨シーズンはAで支配的な投球を披露したが、A+では散々な結果となった。球威不足とチェンジアップ以外の変化球のクオリティの低さが原因と言われている。体を低くかがめるデリバリーはデセプションに優れている。

11. ジャスラド・キソルム:SS
18歳ながら大卒の選手が多く集まるRのリーグで好成績を残した。無駄がなく、バットスピードの速いスイングでハードコンタクトを生み出すことができる。打球がゴロになる確率が多かったがそれでも9HRをマークするなど才能の片鱗を見せる。ただ、パワーは平均以下だろう。守備ではレンジ、肩の強さ共にSSに残れるレベルにはある。

12. フランク・ダンカン:RHP
フィル・ゴセリン(PIT)とのトレードで加入。シンカー&スライダーのコンビネーションで打者を翻弄するサイドハンド。シンカーは常時80マイル前半と球威に欠けるが、果敢にストライクゾーンにボールを集めAA-AAAで好成績を収めている。メジャーでも先発として投げられるかは微妙なところだが、面白い存在であることは間違いないだろう。

13. ウェイチー・フアン:RHP
チェンジアップに高い評価を得る台湾人。チェンジアップはよく沈み、アームスピードが緩むことなく投げられるため速球と緩急をつけることができ空振りを奪える。90マイル前半の速球は動きが少なく、球威もないためよくHRを打たれてしまっている。よく投げるカーブも平均以下。デリバリーも不安定なためコントロールもイマイチとなっている。過去2年とも故障しており、耐久性も不安の種。

14. ホセ・アルモンテ:RHP
90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。昨シーズンはコントロールが改善され、四球が大幅に減った。いずれの球種も平均程度のクオリティ。アップサイドに乏しいがソリッドな成績を期待できるだろう。実力は先発5番手クラス。

15. アンディ・ヤージー:C
16年ドラフト2巡目指名。平均以上のパワーポテンシャルを持つカナダ人。15年に行われた高校生のホームランダービーでは決勝戦まで駒を進めていた。何でも打ちに行くアプローチのため空振りが多く打率は低空飛行となるだろう。守備は全ての項目で平均以下のためいずれ1Bに移ることになるだろう。

16. ジミー・シャーフィー:RHP
常時90マイル中盤の速球と曲がりの大きなスライダーのコンビネーション。小柄で細身の体格だが、体全体を目いっぱい使ったデリバリーで球速出している。そのためデリバリーは力感が強く、変化球を投げるときはあからさまに緩んでいる。コントロールが悪くメジャーで使えるかは微妙なところ。

17. マーカス・ウィルソン:OF
平均以上のスピードを有しており、盗塁成功率も高いためシーズン30盗塁も不可能ではない。肩の強さは平均レベルだがCF守備もそつなくこなすことができる。打席ではアプローチのよさが目立つが、スイングは流動的で固まっていないため成績が上がらない。自分の形を見つけることができれば評価をより上げることができるだろう。

18. ライアン・ジャニュアリー:C
平均以上のパワーポテンシャルを持つタレント。バットスピードが非常に速く、ハードコンタクトを生み出すことができている。大振りのため三振が多いのはその代償。守備では短大時代に向上の一途を辿っていたが、それでも平均以下との評価が多い。肩は強いためOFを守るならRFに入ることになるだろう。5月生まれ。

19. ジャック・ラインハイマー:SS/2B
打撃ではコンタクトスキルの高さが光り三振は少ない。アプローチも悪くなくある程度の出塁率を見込める。パワーレスなため長打にはほとんど期待できない。守備ではレンジ、肩の強さ、ハンドリングなどはSSを守るには十分だが、打撃が弱いためレギュラーは厳しいか。将来はユーティリティーとしてベンチを温めることが多くなりそう。

20. ヨアン・ロペス:RHP
昨シーズン途中野球に対する熱意をなくしたとしてマイナーのチームから突然姿を消すという騒動を起こしたキューバ人。キューバから亡命した時の精神的苦痛が原因と言われている。今はチームに戻っている。非常にハイシーリングなタレントで最速94マイルの速球は今後も球速が上昇する可能性を秘めている。

 

Text by Ookaya Ryota
写真:https://flic.kr/p/MxBdFw

2016 Top 20 Prospects:アリゾナ・ダイヤモンドバックス

11684718644_7a724ebf19_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

 

1. ブレーデン・シプリー:RHP
大学2年までSSを守っていたアスリート型。上体を傾ける独特のメカニックからリリースをうまく隠し、チェンジアップ&カーブで打者を欺く。ストレートも90マイル中盤に達する。とても滑らかなフォームをしており、コマンドも上質。2Aでは156.2回/118K/56BB/防御率3.50。 

2. ソクラテス・ブリトー:OF
プラスのスピード&強肩を備えるアスリート。守備力は群を抜いており、メジャー18試合でUZR/150は+29.1をマーク。15ポンドの増量に成功し、パワーが増したバッティングは2Aで打率.300、本塁打9、OPS.790。少なくとも4番手外野手として計算でき、エンダー・インシアーテ(ATL)の穴埋めが期待される。

3. ブランドン・ドルーリー:3B/2B
ARI移籍後にアプローチが改善されたことで打撃内容が安定するようになった。3Aでは打率.303、本塁打5、OPS.756をマーク。ヒッティングスキルと適応能力を評価されており、上のレベルでもパフォーマンスを維持できるとの見方が多い。守備ではジェーク・ラムとの競合を避けるため2Bにも挑戦。

4. ウェイジェイ・ワン:RHP
台湾出身。卓越したコマンド&スプリットのパッケージは田中将大(NYY)を彷彿とさせる。ストレートは90マイル前後ながら両コーナーに投げ分けることができ、カーブ&スプリットの扱いも磨かれている。1Aでは15登板(12先発)して防御率2.00&K/BB=4.25をマークしフューチャーズゲームにも登板。 

5. アーチー・ブラッドリー:RHP
コンディションの不安がつきまとうパワーアーム。万全であれば90マイル後半に届くと言われていたストレートは、メジャーでは最速94マイル止まり。ストレート&カーブ以外に信頼できる球種を持っておらず、防御率5.80&K/9=5.8と苦しい投球を強いられた。コマンドも不安定。 

6. アレックス・ヤング:LHP
大学ではリリーフ兼先発としてプレー。選手としてのバリューはブランドン・フィネガン(CIN)と比較される。93-95マイルのストレート&スライダーをコマンドよく投げ込む。先発に残るにはチェンジアップの扱いを磨く必要がある。また全力で投げるメカニックから先発としてはスタミナ面には不安を抱える。

7. タイラー・ワグナー:RHP
大学時はクローザーもプロ入り後に先発転向。今季は2Aで25先発して11勝&防御率2.25。90マイル前半のシンカーはよく沈み、アグレッシブにインコースを突く。スライダーはアウトピッチになり得るボールで、GO/AO=2.70とゴロアウトの多さが特徴。メジャーでも3先発。

8. ピーター・オブライエン:C/OF
傑出したパワーポテンシャル。3Aで26ホーマー&ISO.267&とパワフルな内容も、ヒットツールが平凡で三振の多さを指摘する声が多い。さらに守備面の不安からポジションも定まっておらず厳しい見方も多い。来季は再びCとしてシーズンを始めると見られている。 

9. ヨアン・ロペス:RHP
キューバを亡命し$8.25MでDバックス入り。リリースポイントが安定せず、R&2Aでは防御率4.17&BB/9=4.0とコマンドの平凡さを露呈。カーブは平均以上のポテンシャルを示しているが、不安定。しかしまだ22と若いことから全体的に磨かれればローテーション半ばクラスの投手になり得る。

10. コディ・リード:LHP
6-3/245の大柄な体格の持ち主。90マイル前半のストレート&ハードなスライダーが武器のKマシーン。チェンジアップも向上を辿る。A-では15登板(14先発)して防御率3.27、K/9=10.2、BB/9=3.0と好成績を収めたが、コマンドの平凡さから上のレベルでもパフォーマンスを維持できるかは未知数。 

11. テイラー・クラーク:RHP
大学時にはトミージョン手術も経験。ドラフトイヤーの15年はリーグの最多勝を獲得するなど完全復活を遂げ、ARIから3巡指名を受けるとA-で21回/27K/4BB/防御率0.00と完璧なパフォーマンス。6-4/195たる恵まれた体格から96マイルのストレート&スライダー。

12. アンソニー・バンダ:LHP
球速は90マイル前半と平凡だが、チェンジアップを有効に織り交ぜ打者のタイミングを崩す。A+では151.2回/152K/39BB/防御率3.22と素晴らしい投球を見せたが、球威の平凡さから上のレベルでもパフォーマンスを維持できるかが課題。カーブも平均レベルのボールとして扱うことができる。 

13. マーカス・ウィルソン:OF
野球選手として極めて未洗練ながら傑出したアップサイドを秘めるアスリート。スピード&肩はすでにプラス評価を得るクオリティ。三振率24.5%&ISO.080と現状打撃は全く通用していないが、6-3/175たる均整のとれた体格からパワー面も向上が目される。長い時間をかけて育てていきたい。

14. ドミンゴ・レイバ:2B/SS
20歳たる年齢以上に洗練された打者。特にアプローチは成熟しており、ストライクゾーンへの理解も深い。バットスピードも速くラインドライブの打球を広角に打ち分ける。A+では打率.237、本塁打2、OPS.587と不本意なパフォーマンス。来季の巻き返しに期待したい。

15. オースティン・バイラー:1B
パワーポテンシャル。14年にWSHから9巡指名を受けるも大学に残り、リーグの本塁打&長打率のタイトルを獲得。Rでも15ホーマー&OPS1.058と結果を出した。コンタクト面に不安を抱えるが、大学4年時からアプローチが向上を遂げ、Rでも四球率17.3%と上質な見極めを示した。

16. ガブリエル・ゲレーロ:OF
叔父であるウラディミール・ゲレーロと比較されるほどのファイブツールポテンシャル。打撃ではアグレッシブなアプローチで108K/28BB&打率.222と結果を出せなかったが、6-3/190たる体格からパワー向上が目される。守備ではプラスプラスの強肩の持ち主でRFにふさわしい。 

17. サム・ウィリアムズ:RHP
ジェレミー・へリクソンとのトレードでPHI→ARI。6-7/190と細身な体格は、若き日のマット・レイトス(LAA)と比較される。95-96マイルを叩き出すストレートは体格の成熟に伴いさらなる向上が目される。カーブ&チェンジアップはまだ発達段階。Rでは33回/21K/5BB/防御率3.27。 

18. ハイメ・ウエストブルック:2B
5-9/170と小柄で目立ったツールの持ち主ではないが、持っているツールを存分に発揮しA+で打率.319、本塁打17、盗塁14。フロック感は否めないが、投高のリーグでこれだけの成績を残したことは評価すべきだろう。 守備は平均的で、そつなくこなすことができる。

19. ライアン・ブー:RHP
大学有数のクローザーとして高い評価を受け、ドラフト5巡目でARI入り。97マイルのストレート&プラスのスライダーのコンビネーションで積極的に攻める。A-&1Aでは34回/49K/11BB/防御率1.06と支配的な内容。コマンドの平凡さからクローザーとしては厳しいとの見方が強い。 

20. ブラッド・ケラー:RHP
6-5/230の大柄な体格から90マイル前半のシンカー&チェンジアップのコンビネーションでゴロの山を築く。A+では26登板(25先発)して防御率2.60、K/9=6.9、BB/9=2.3。スライダーを磨いていきたい。ポテンシャルはローテ下位クラスに止まる。 

Plus One Prospect
カルロス・ヘルナンデス:RHP 
サイヤング投手であるダグ・ドレイベック(元PIT他)ピッチングコーチの指導を受けて飛躍的に成長。最速94マイルのストレート&プラスのスライダー&発達段階のチェンジアップ。A-では15先発して防御率2.32、K/9=9.8、BB/9=2.8。5-11/170の体格からリリーフ向きとも。

 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/iNxeLh

 

 

 

 

Next Cuban Star Player?~メジャーの門を叩いたキューバの3選手~

114534565_7129662213_z

 

 

 

 

 

 

昨シーズンはホセ・アブレウが前評判に違わぬパフォーマンスを見せつけ、新人王+シルバースラッガー賞を獲得。ヤシエル・プイグは日米野球選抜メンバーとして来日するなど、近年キューバ人選手の躍進には目を見張るものがある、アメリカとキューバ間での国交正常化も進みつつある今、これまで以上にキューバ人選手がメジャーの舞台で活躍することに違いない。今回はそんなキューバから今年入団した選手を数人紹介していく。

 

<ヤスマニー・トマス>

11月27日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスと6年総額$68.5Mで、4シーズン後の18年にはオプトアウトも可能な契約を結んだ。2013年WBCのキューバ代表として出場し、対日本戦では大隣憲司(ソフトバンク)から福岡ドームの上段に叩き込む特大アーチを見せるなど、プロ野球ファンの記憶にも新しい選手。同郷で昨年新人王を獲得したホセ・アブレウ(CWS)とも比較される70評価のパワーポテンシャルの持ち主。

キューバリーグの13~14年シーズンでは68試合に出場し、スラッシュラインにして.286/.343/.444/.787。打率こそ前年度と比較しても落ちてはいないが、その前のシーズンでの.900近いOPSからの数値減少や6HRたる結果に不安が残る。また22BBという数値や毎年20%近い三振率から、メジャーで適応できるコンタクト能力までは達していないというレポートも上がっている。

MLB.com上で公開されている2015年予想オーダーは現時点で、マーク・トランボ、デビッド・ペラルタ、A.J.ポロックの3人が外野陣として予想されている。控え外野手として23歳のエンダー・インシアーテ。13年に3年契約でDバックス入りしたコディ・ロスは長打に陰りを見せ始め、レギュラー争いから一歩引く形に。問題のトマスは、ニューヨーク・ヤンキースへ移籍したマーティン・プラドの穴埋めとして、3Bへと入る予定になっている。

だが、トマスはもともと外野手。キューバリーグでも12~13年シーズンに3Bを守ったが、昨シーズンでは一度も3B守備についていない。デーブ・ステュワートGMは特にデビッド・ペラルタかエンダー・インシアーテのどちらかをトレードに出すことで、外野のコーナーポジション――トマスが主に守るレフトを空ける策を考えているようだ。

 

<ロベルト・バルドゥキン>

 1月4日にロサンゼルス・エンゼルスと契約。2014年2月にキューバから亡命し、契約に至るまではドミニカ共和国でトレーニングを積んでいた。国内ではU-16にも選出される過去があるなど、有望株として扱われていた。現在20歳と若き内野手。

バルドゥキンは3年間キューバリーグでプレイしてきた。同リーグでデビューを果たした2011~12年シーズンでは打率.179と壁にぶつかったのだが、その後2年で.248→.279と着実にコンタクト能力の向上が顕著に。3年間での通算出塁率は.340、通算長打率は.323。2Bを本職とするが、他にもSS、3B、LFも守ることが可能。一方、固定されないポジションが原因か、通算守備率は.935。

今オフ、長きにわたってエンゼルスの2Bを守ってきたハウィ・ケンドリックが移籍したため、その穴埋めはチームにとって必須であった。また、「この場所(メジャーリーグ)にたどり着くまでたくさんのものを犠牲にしてきた。次の旅路への準備は出来ている」と雄弁に語る彼。5フィート11、176ポンドと平均的なフレームだが、数年後エンゼルスのセカンドを守るのは彼かもしれない。

 

<ヨアン・ロペス>

1月17日にアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ入団。前述したロベルト・バルドゥキンの$8Mを上回る、インターナショナル・アマチュア史上トップの$8.25Mを得る21歳の右腕。ダイヤモンドバックスの他にもパドレスやヤンキース、ドジャースも関心を示していたプロスペクト。

6フィート3/190ポンドたるフレームを備えたロペス。球種はカットボール、チェンジアップ、スライダー、カーブと多様だが、一番の武器は最速100マイルに達する直球だ。平均球速も93~95マイルと先発としては十分な数値を誇り、昨シーズンの成績は7先発を含む49イニングを投げ、防御率3.12。28奪三振をマークする一方、11四球という結果に終わった。 2011年のU18リーグでは77.2イニングを投げ9暴投など、制球力にはまだ課題が残っている。

ロペスの獲得はダイヤモンドバックス側にもデメリットがある。今年度、ダイヤモンドバックスのボーナスプールは$2,316,600だったが、ロペスの契約金はボーナスプールをオーバーしているため、超えた金額分に100%の税をかけられる。また、2015~16年にかけてのインターナショナルFAまで、$300,000以上の契約が不能に。

14年シーズンに歴史的大敗を喫したダイヤモンドバックスだが、その分見返りとして他チームより多くのボーナスプールを得た。そのため今回デメリット覚悟でロペスを獲得したことは、チームが彼を高く評価していることが読み取れるだろう。一方で、来年以降のインターナショナルFAでのキューバ選手獲得チャンスを逃すことにもなるため、この選択が吉と出るか凶と出るかはもう少し先のことになりそうだ。

Text by Kazuya ISHIBASHI
写真: https://flic.kr/p/b828T