Tag Archives: ライアン・ハワード

ジョーイ・ギャロが通算100本塁打を達成

37939136901_00bb5b7f0a_z

 

 

 

 

 

 

 

Written by Akiyuki Suzuki and Edited by Tsubasa Komiyama

Photo link https://flic.kr/p/ZNxZC2

 現地時間5月9日、パイレーツの本拠地PNCパークで行われた試合で、レンジャーズのジョーイ・ギャロ(OF)が3回にニック・キンガム(RHP)からツーランホームランを放った。これがギャロのメジャー通算100号ホームランとなった。センター方向に飛んだホームランはスタンドを遥か超えて行く場外ホームランとなり、ギャロらしい飛距離のホームランだった。

 

 しかし、この100号ホームランには飛距離以外にもギャロならではの記録もついてきた。

 まず通算377試合での100号はアメリカン・リーグでは史上最速であり、メジャー全体でも歴代3位の速さでの達成となった。ギャロのホームランを打つ能力に関しては、これまでのメジャーリーガーの中でもトップクラスであることが改めて証明される形となった。

 そしてもう一つギャロが達成した記録は、メジャー史上初となる通算100単打を記録する前の通算100本塁打達成である。100号を達成した時点でギャロは単打93本。次に単打が少なかったラッセル・ブラニアン(元SEA他)は172本である。このことから、いかにギャロがホームランを打つことに特化しているか分かる。

 ちなみにブラニアンの次に少なかったのがライアン・ハワード(元PHI他)の176本で、4番目はクリス・カーター(OF)の179本となっており、ホームランを打つことに特化した他の打者も100号ホームランを放つまでにこれだけの単打を放っていた。さらにはギャロやカーターのような打者の象徴であるアダム・ダン(元CIN他)はもっと多くの単打を放っている。

 日本のプロ野球では先日、オリックス・バファローズの“ラオウ”の愛称で有名な杉本裕太郎(OF)がプロ通算9安打目(それまでの8安打は本塁打が6本、二塁打が2本)で初めて単打を放ったことが話題となっており、日米でホームランに関わる非常に珍しい記録が続けて誕生する結果となった。

 

Lock Back Big Trade-レンジャーズが逆転地区優勝を果たした2015年トレードデッドラインのトレード

Rangers at Orioles 8/4/16

 

 

 

 

 

 

 

 大型トレードのその後を追っていくコラム。

 

・TDLの時点で勝率5割未満ながら、PO進出をもたらしたトレードを振り返る

 Written by Akiyuki Suzuki

 Photo link https://flic.kr/p/KHXW5K

 2015年7月31日、レンジャーズとフィリーズの間で1つのトレードが発表された。

Rangers Acquire Cole Hamels In Eight-Player Deal

TEX
Player POS AGE $(M)
コール・ハメルズ LHP 31 23.5
ジェイク・ディークマン LHP 28 0.5
キャッシュ     9.5
PHI
Player POS AGE $(M)
マット・ハリソン LHP 29 13.2
ジェラッド・アイコッフ RHP 24 0.5
アレク・アッシャー RHP 23 0.5
ホルヘ・アルファロ C 22  
ニック・ウィリアムズ OF 21  
ジェイク・トンプソン RHP 21  

 

 当時、レンジャーズは50勝52敗で勝率5割を切っていたものの、53勝49敗のツインズと3ゲーム差でWCに望みがあり、また、翌年以降の優勝を目指すために、エースタイプの先発であるハメルズ(LHP)とリリーバーのディークマン(LHP)を獲得した。

 一方、フィリーズは再建真っ只中にあったため、長期構想から外れていた2投手を放出。見返りとして、2014年、15年に各種プロスペクトランキングに名を連ねていたウィリアムズ(OF)やアルファロ(C)と言ったハイシーリングなプロスペクトに加え、トンプソン(RHP)等のスリーパープロスペクト、計5人を獲得。ハリソン(LHP)は両チームの年俸調整的意味合いが強く、移籍後は登板を果たすことなくDL入りし、翌年リリースされた。

 

・トレードがレンジャーズに与えた影響

 ハメルズとディークマンを獲得したことにより、投手力の向上に成功した。ダルビッシュ有(RHP)をトミー・ジョン手術で欠いていたものの、エース不在のローテーション、不安のあるブルペンという重要な問題を同時に解決した。夏場以降レンジャーズは順調に勝ち星を積み重ね始め、9月1.5ゲーム差で追いかける首位アストロズとの4連戦をスウィープ。前年AL西地区最下位から地区優勝を成し遂げた。地区優勝を決した試合は、ハメルズの完投勝利だった。翌年も1年間を通して2人が活躍。地区2連覇を成し遂げた。

 

 しかし、アルファロ(C)を放出したことにより後年の正捕手不在を招いた他、地区2連覇を果たしたもののWS制覇はおろかALDS敗退に終わったことを鑑みれば、手放しに成功であったとは言い切れない。

 

Weekly Report:Week-8

14712042795_93b643d9d0_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-8のキーワードは「フランシスコ・ロドリゲス」「ジャッキー・ブラッドリーJr.」「ダルビッシュ有」だ。

 

 

  • フランシスコ・ロドリゲス

K-RODの名にふさわしく、最後の打者を空振り三振に切って取りフランシスコ・ロドリゲスは史上6人目となる通算400セーブの快挙を達成した。

彼は、1998年にエンゼルスと契約。マイナー時代にリリーフに転向すると、2002年にセプテンバーコールアップでメジャーに昇格しデビューを果たす。同年のポストシーズンでは、シーズンわずか5登板のルーキーでありながら故障者の代わりとしてロースター入りすると、ポストシーズンを通じて11試合に登板。18.2イニングで28奪三振、ポストシーズン記録となる5勝を挙げるなど大活躍。その奪三振の多さから「K-ROD」の愛称で親しまれるようになった。

2004年にはリリーフながら100奪三振を越え、2005年からクローザーに定着すると、4年連続で40セーブをマーク。なかでも2008年はハイペースでセーブを積み重ねていき、史上最速で40セーブ、50セーブに到達。最終的にはシーズン最多セーブ記録を更新する62セーブを挙げた。

その後はセーブ数が減少するもブルワーズ時代の2014年に5年ぶりとなる40セーブに到達。昨年は38セーブながらもセーブ成功率95%をマークするなど再びクローザーとしてチームを支えた。復調のカギとなったのは、なんといっても抜群の精度を誇るチェンジアップだろう。フォーシームの球速は低下したものの、このチェンジアップを決め球にしたことでいまだに高い奪三振率を維持しているのである。

今シーズンは初登板のマイアミ・マーリンズ戦でセーブに失敗するも、その後は14度のセーブ機会をすべて成功させている。そして、524日のフィラデルフィア・フィリーズ戦。この日はミゲル・カブレラのタイムリーツーベースで先制すると、その後もカブレラの内野ゴロ、ビクター・マルティネスのタイムリーで追加点を取り、投げては先発のジャスティン・バーランダーが8回無失点の好投を見せ、ロドリゲスにバトンタッチ。ロドリゲスは無死一三塁のピンチから犠牲フライを打たれるも、ライアン・ハワードを内野ゴロ、カルロス・ルイーズを三振に打ち取って見事に試合を締めくくった。

同僚のバーランダーはロドリゲスに対して「残念ながらこのセーブの大半は反対側から眺めてきた」と最大級の賛辞を送った。

 

今後もクローザーとして試合を締めくくる彼の姿に注目していきたい。

 

2016 Team Preview:フィラデルフィア・フィリーズ

19097208308_e0bffed900_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

  •  本拠地:シチズンズ・バンク・パーク
他球場と大きさを比較する → http://yakyujo.com/ml29/

 

広さ
レフト 100.3m
センター 122.2m
ライト 100.6m
フェンス高さ

1.8~4.3m 

パークファクター *平均100
安打 97.7
ツーベース 94.6
スリーベース 66.7
HR 114.0
得点 103.8

 

  • 予想オーダー

1. セーザー・ヘルナンデス:2B
小柄でパワーレスだが、7個のセーフティバントを決めるなど小技が得意な万能選手。昨季はチェイス・アトリー(現LAD)からレギュラーを奪うと自己最多の127試合に出場。打率.272、盗塁19と持ち味を発揮した。 守備では2Bを中心に3BとSSもこなした。四球率8.8%は、昨季400打席以上立って1本塁打以下だった選手の中では両リーグ2位の高水準。

2. フレディ・ギャルビス:SS
ジミー・ロリンズの穴埋めとして正SSを任され自己最多の151試合に出場。3-4月は打率.355とよく打ったが、終わってみれば打率.263、本塁打7、盗塁10と平凡な成績に終わった。得意の守備でも失策17、DRS-6と思ったような成果が出ず、トッププロスペクトであるJ.P.クロフォードまでの繋ぎ役ということになりそうだ。14歳の時からPHIスカウトが目を付けていた逸材。

3. オドゥベル・ヘレーラ:CF
ルール5ドラフトでPHI入りすると 147試合に出場して打率.297、本塁打8、盗塁16と予想外の活躍でチームの希望の光に。打撃ではライナー性の打球で外野の間を破り、俊足を生かして次の塁を狙う。15試合連続出塁はフィリーズのルーキーとしては史上初。元々は内野手だったが、PHI入りを機に外野コンバート。持ち前の野球センスでDRS+10と適応した。15年のベネズエラ・ウィンターリーグではMVPを受賞した。

4. マイケル・フランコ:3B
5月半ばに昇格すると途中故障離脱もあったが、80試合で打率.280、本塁打14、OPS.840と主力選手として台頭。走力以外の4ツールを有する万能選手という評判だったが、3B守備ではDRS-8を記録するなど拙守を露呈し、1Bコンバート案も浮上している。6月22、23日のNYY戦では3ホーマー&10打点と猛打を披露。実はNYYは当時17歳だったフランコに対してPHIよりも先にオファーを出していたが、その後PHIが5000ドル高いオファーを出し、獲り損ねた因縁がある。 

5. ライアン・ハワード:1B
5年契約の最終年。すっかり不良債権の烙印を押されてしまったが、通算357ホーマーはマイク・シュミットに次ぐPHI歴代2位。 昨季は22ホーマーを放った一方で四球率は5.4%とメジャー定着以降キャリアワーストを叩き出し、選球眼の低下が不安視されている。対左投手に対して打率.130と全く打てておらず、ダリン・ラフとのプラトーン起用になるだろう。レギュラー確約も外され、死に物狂いのシーズンになりそうだ。

6. コディ・アッシ:LF
攻守に物足りなさが残る選手。昨季は本塁打こそ10→12本に増えたが、打率&OPSはいずれもダウン。ボールの見極めに悩まされており、ボールゾーンのコンタクト率はメジャー下位10%に含まれる。また守備では慣れないLFでDRS-8と拙守を露呈した。左投手を苦手としているため、ルール5ドラフトで加入したタイラー・グッデルらとのプラトーン起用になるだろう。

7. ピーター・ボージャス:RF
順当であればRFのレギュラーを任される予定。俊足と堅守がトレードマークの外野手。故障が多いのがネックだが、通算DRS+36のCF守備は一見の価値アリ。メジャーではCF以外の経験がないが、持ち前の守備能力からRFも問題なくプレーできるだろう。昨季は、打っては打率.200&OPS.623、守ってはDRS-4といずれもキャリアワーストに落ち込んでいる。

8. キャメロン・ルップ:C
昨季頭角を現すとPHIの全盛期を支えたベテラン、カルロス・ルイーズから正捕手の座を奪った。7月は17試合で打率.310、本塁打7(シーズン66本塁打ペース)と大当たりだったが、それ以外の月は63試合で打率.212、本塁打2と平凡な内容だった。守備では強肩を武器に盗塁阻止率37.7%をマークし、攻守に存在感を示した。

9. 投