Tag Archives: ライアン・ブラウン

Weekly Report:Week-5

6988103174_7b6e37a3a6_z

 

 

 

 

 

 

 3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-4のキーワードは「ブライス・ハーパー」 「マット・ハービー」 「故障者続出」だ。

 

 

・ブライス・ハーパー

ライス・ハーパーが現地時間5月14日に2018年度の契約をワシントン・ナショナルズと1年21.65M$で結んだ。ハーパーとワシントン・ナショナルズは、オフシーズンから契約延長へ向けて交渉を進めており、12月にはハーパー側が10年400M$の超大型契約を希望したとの報道も出たが、ナショナルズ側が断ったとされている。今後契約延長がされなければ、2018年シーズン終了後にFAになる。

 

今年24歳になるハーパーは2010年のドラフト全体一位でワシントン・ナショナルズに破格の契約で入団、順調に成績を伸ばしていき、2015年シーズンには自己最多となる42本塁打を放ち、MVPに輝く。昨シーズンは故障などにも苦しんだが、それでも24本塁打を放ち、チームに貢献した。今シーズンは5月14日の時点で、11本塁打、出塁率.493と抜群の成績を残している。

そしてこの契約を結んだ直後の試合、4対4で迎えた9回の裏ナショナルズの攻撃、2アウト一塁で打席にはハーパーが回ってきた。フィリーズのリリーバー、エデュブリー・ラモスからなんとサヨナラ2ランホームランを放ち、ナショナルズファンに自分自身の価値を見せつける結果となった。

神童とよばれた彼の今後に注目があつまる。

 

 

2017 Team Preview:ミルウォーキー・ブリュワーズ

6252161919_110e1ca8cb_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

 

  • 本拠地:ミラー・パーク
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml17/

 

広さ
レフト 104.9M
センター 121.9M
ライト 105.2M
フェンス高さ 2.4~3.7M
パークファクター平均*100
安打 96.1
ツーベース 100.0
スリーベース 103.7
HR 112.6
得点 97.2
 
 
 ・予想オーダー
昨年ブレークし、大リーグを驚かせた選手のうちの一人。もともと脚は速かったが、そもそも塁に出れないのが課題であった。しかし昨年はその打撃が開花、156試合に出場、打率.285、19本塁打を放ち、脚の速さを活かし、62盗塁をマークした。昨年の開幕時点ではトッププロスペクトであるオーランド・アーシアが昇格するまでのつなぎと考えられていたが、昨年のブレークで今年はセカンドで開幕を迎えることになる。
 
前半戦は打率.125とかなり苦しんだが、後半戦にブレークし、打率.294、16盗塁をマークした。盗塁能力に非常に優れており、27回の盗塁企画で失敗はわずか4回。上位打線にいる条件として挙げられる出塁率の高さも兼ね備えており、昨シーズンを通しての出塁率は.354であった。今年はフルシーズンでの出場が見込まれ、どこまで成績を残せるか注目である。
 
薬物問題や指の怪我などに悩まされるシーズンが続いたが、昨年は30本塁打、OPS.903の成績を残し、全盛期の活躍であった。ブリュワーズという再建中のチームのため、昨年からトレードの噂が絶えないが、高額の長期契約や過去の薬物問題がネックとなり、なかなかトレードが決まらないのが現状である。再建中のチームを引っ張る存在になれるか。
 
韓国リーグから3年16M$で、ノンテンダーFAとなったクリス・カーターに変わりファーストを守ることになる。韓国リーグではリーグ史上初となる40本塁打、40盗塁をマークした。打高投低のリーグとは言え、40-40の成績は立派である。4年ぶりのメジャー復帰となり、どこまで成績が伸ばせるか。
 
カルロス・ゴメスとのトレードでヒューストン・アストロズから加入した外野手。持ち味はそのパワーで昨年は77試合に出場し、11本塁打を放った。また、肩は強いは守備全体としてはあまりうまくはない。怪我が多いのが懸念ではあるが、フルシーズン出場すれば25~30本塁打を打つポテンシャルはあると評価されている。
 
オフシーズンにテイラー・ソーンバーグとのトレードでボストン・レッドソックスから加入。16本塁打、71打点をあげる活躍をした。しかし、左投手にはめっぽう弱く、昨年の対左投手の打率は.187。そのため、左投手が先発の時は外野も守れるスーパーユーティリティープレーヤーであるヘレナン・ペレスがスタメンででると考えられる。
 
捕手同士を交換するようなトレードでロサンゼルス・エンゼルスから加入。昨シーズンはエンゼルスで70試合に出場し、盗塁阻止率39.6%をマークした。しかし、今年のブリュワーズの捕手争いは非常に激しく、バンディの後ろには昨シーズンサンフランシスコ・ジャイアンツからトレードで加入したアンドリュー・スーザック、3Aでいい成績を残したマニー・ピーニャらが控える。3人が競いあってどのような結果が生まれるか楽しみである。
 
素晴らしい守備が売りの若手有望株。順調にマイナーを駆け上り、3Aで3割近い打率を残したが、シーズン途中にメジャーに昇格してからは不振が続き、55試合の出場にとどまり、打率.219と苦しんだ。しかし、彼が持っているポテンシャルを疑うものは誰もおらず、数年後にはメジャー屈指のショートとなっているだろう。

MLBオールスター大予想。FEDライターが決める球界のスターは誰?

253114254_5443b0f88c_z

 

 

 

 

 

 

 

現地時間7月12日、メジャーリーグで活躍する選ばれたスターたちが集結する祭典が行われる。「All Star Game」と題されるその試合は、野球選手にとって特別な舞台であり、そこへ選出されることは大きな意味を持ち合わせているのだ。

我らがFar East Divisionでは、「そのお祭りに選ばれるべき『球界を代表するスター』は誰なのか?という疑問に対し、アメリカン・リーグ8名、ナショナル・リーグ9名のライターにアンケートを実施。「FEDが決めるオールスター」を決定した。

 

  • アメリカン・リーグ

 

今回の企画で両リーグ通じて最多の8票を集めたのは、マニー・マチャド(BAL)。今シーズンは昨シーズンを上回るペースである好調な打撃に加え、3B/SSの2つのポジションを守っていることから、3Bとして6票、SSとしても2票が入ったことが多くの得票を集めた理由となった。

そのマチャドが選ばれた3Bでは他には今シーズン打撃が開花したニック・カステヤノス(DET)、レイズの主砲エバン・ロンゴリア(TB)がそれぞれ1票を集めた。

SSでは8票のうち2票はマチャドだったが、残りの6票は全てザンダー・ボガーツ(BOS)に集まった。首位打者を争うほどのハイアベレージを残し、強力レッドソックス打線を引っ張る23歳はオールスターに相応しい選手だろう。

この他に1人が多くの支持を集めたポジションは、Cだ。昨シーズンのワールドチャンピオン、ロイヤルズの正捕手サルバドール・ペレス(KC)が7票を獲得。マット・ウィータース(BAL)に1票入った以外は全員がペレスを支持する結果となった。

1Bではミゲル・カブレラ(DET)とエリック・ホズマー(KC)、2Bではロビンソン・カノー(SEA)とホセ・アルトゥーベと、どちらも実力者同士の一騎打ちとなったが、それぞれ1Bはカブレラ(DET)、2Bはカノー(SEA)が選ばれた。

ア・リーグで混戦を極めたのがOFの外野3枠の争いだ。4年連続オールスターに出場し、今シーズンも安定してハイレベルな成績を残すマイク・トラウト(LAA)が7票を獲得して1枠は決まったものの、残り2枠を巡って3人が5票で並ぶ波乱の結果となった。

その3人のうち2人はレッドソックス所属で、切り込み隊長ムーキー・ベッツ(BOS)と、課題の打撃が急成長し29試合連続安打など印象にも残ったジャッキー・ブラッドリーJr(BOS)。もう1人は開幕から好調をキープし、キャリアハイペースでホームランを量産し続けているマーク・トランボ(BAL)だった。

他には遂に打撃覚醒の兆しを見せるマイケル・ソーンダース(TOR)や、西地区首位を独走するレンジャーズで躍動するルーキーのノマー・マザーラ(TEX)などが少ないながらも票を集めた。

DH制のあるア・リーグ。言わずもがな、ラストイヤーとなるビッグ・パピことデビット・オルティズ(BOS)が選ばれた。もちろん人気や最後だからという理由だけで選ばれているわけではなく、今季で引退する40歳とは思えない程の成績を残している。ビクター・マルティネス(DET)にも票が入ったが、今シーズンはオルティズで文句はないだろう。