Tag Archives: ライアン・プレスリー

2019 ALDS Review:HOU vs TB

48987923773_655bc7c127_c

 

 

 

 

 

 

 

 ア・リーグ西地区を制したヒューストン・アストロズの対戦相手はワイルドカードを制したタンパベイ・レイズとの組み合わせとなった。

 Game1

TB 2-6 HOU

勝: ジャスティン・バーランダー(1-0)

負: テイラー・グラスノー(0-1)

  アストロズの先発はジャスティン・バーランダー(RHP) 先頭バッターを四球で塁に出すも続く2番バッターを5-4-3の併殺打、3番バッターを見逃し三振と三者凡退の好スタート。4回までレイズ打線をノーヒットに抑える。5回表に5番ブランドン・ロウ(2B)に初ヒットを許すも後続3人を打ち取りこの回も無失点。結果7回まで投げて1安打8奪三振無失点の好投で試合を作った。

 レイズの先発はテイラー・グラスノー(RHP) こちらも初回は三者凡退、2回は2アウト1.2塁、3回は2アウト満塁と得点圏にランナーを置くもあと一本を許さなかった。4回は三者凡退に抑えた。5回裏ランナー1塁で2番ホセ・アルトゥーベ(2B)にレフトへの先制ツーランホームランを打たれたところで降板となった。4回1/3  (77球) 奪三振5 失点2であった。

 アストロズはこの回相手のエラーでもう2点を追加した。

 七回裏には4番手オリバー・ドレイク(RHP)から5番ヨーダン・アルバレス(OF)、6番ユリ・グリエル(1B)の連続タイムリーツーベースでさらに2点追加して6点のリードとした。

  レイズ打線の反撃は8回表この回から登板の2番手ライアン・プレスリー(RHP)から代打エリック・ソガード(2B)、1番オースティン・メドウズ(OF)の連続タイムリーツーベースで2点を返し4点差とする。

 しかし後続は打ち取られ追加点が取れず。2-6でアストロズが初戦を勝利した。

 

 Game2

TB 1-3 HOU

勝: ゲリット・コール(1-0)

負: ブレイク・スネル(0-1)

  レイズは初戦4番DH起用だったヤンディ・ディアス(3B)が1番サード、出場が無かったアビサイル・ガルシア(OF)を5番ライトに起用するなどスタメンを変更。アストロズもカイル・タッカー(OF)がライト、マーティン・マルドナード(C)がキャッチャーにスタメン変更。

  初回いきなりカルロス・コレア(SS)の好プレーで試合がスタート。

  アストロズの先発はゲリット・コール(RHP) 初回は2三振、2回には三者連続三振と5回までに10個の三振を奪うなどレイズ打線を封じ込める。好投はこの後も続き8回表、6.7番を連続三振に抑えた。しかし後続バッターに二塁打、四球を出したところで交代。8回2/315奪三振無失点の好投で試合を作った。

 レイズの先発はブレイク・スネル(LHP) 初回は三者凡退、2.3回はヒットなどでピンチを作るも後続を打ち取り無失点で抑え、前日同様投手戦となる。4回裏4番のアレックス・ブレグマン(3B)がレフトへのソロホームランで昨日同様アストロズがホームランで先制した。この後スネルは一人を打ち取ったところで交代となった。3回1/3奪三振5失点1であった。

 7回はマーティン・マルドナード(C)のタイムリー、8回にはコレアのタイムリーで追加点を取り3-0とする。

 レイズは9回表に前の回から投げているクローザーのロベルト・オスーナ(RHP)から満塁のチャンスを作り、5番アビサイル・ガルシア(OF)の内野ゴロの間に1点を返す。再び満塁としたが、代わったウィル・ハリス(RHP)を攻めきれず。3-1でアストロズが勝利し、

 ALCSへ王手とした。

 

 Game3

HOU 3-10 TB

勝: チャーリー・モートン(1-0)

負: ザック・グレインキー(0-1)

  2連敗で後がないレイズはALWCで好投したチャーリー・モートン(RHP)が先発。初回2番ホセ・アルトゥーベ(2B)にセンターへのソロホームを打たれ先制される。

  しかし後続は打ち取り失点はこの1点のみ。その後はランナーを出すもアストロズ打線に追加点を与えず。5回まで投げて1失点9奪三振の好投で流れを作った。

  アストロズはトレードで加入したザック・グレインキー(RHP)が先発。初回は三者凡退、しかし2回裏1.2塁からケビン・キアマイアー(OF)に逆転スリーランを打たれる。

 3回ジーマン・チョイ(1B)に4回にはブランドン・ロウ(2B)にホームランを打たるなど3回2/3で被本塁打3 失点6でマウンドを降りた。

 レイズはこの後2つのタイムリーでさらに3点を追加して8-1とアストロズを大きくリードする。

 アストロズも6回表にユリ・グリエル(1B)の2点タイムリーで8-3と5点差に縮まる。

 しかしアストロズはこの後追加点を奪えず、レイズはさらに2点を追加して10-3で勝利した。

 

 Game4

HOU 1-4 TB

勝: ライアン・ヤーブロ(1-0)

負: ジャスティン・バーランダー(1-1)

  レイズはオープナーでディエゴ・カスティーヨ(RHP)が先発。1番スプリンガーにヒットを打たれるも後続を三者三振に抑える。2回2アウトを取ったところで交代。1回2/3無失点の好投でマウンドを降りた。

アストロズは中3日で1戦目に投げたジャスティン・バーランダー(RHP)が先発した。初回トミー・ファム(OF)にレフトへの先制ソロホームを打たれる。これまでアストロズに先制されていたが、Game4でついにレイズが先制点を取った。さらにトラビス・ダーノウ(C)とジョーイ・ウェンデル(2B)のタイムリーで2点を追加し3-0とする。

 4回表ランナー1塁でヨーダン・アルバレス(OF)がフェンス直撃の打球を放ちその間に1塁ランナーがホームを狙うもケビン・キアマイアー(OF)→ウィリー・アダメス(SS)の中継プレーでホームタッチアウト。この回アストロズは無得点に終わる。

 レイズ2番手ライアン・ヤーブロー(LHP)と3番手ニック・アンダーソン(RHP)が6回までアストロズ打線を無失点に抑えます。アストロズもホセ・ウルキディ(RHP)などのリリーフ陣の好投でこちらも無失点。

 8回表アストロズは前の回から投げている4番手コリン・ポシェ(RHP)からロビンソン・チリーノス(C)が右中間へのソロホームランを放ち3点差につめ寄る。

 9回表には5番手エミリオ・パガン(RHP)から1アウト1.3塁のチャンスを作る。ここでキャッシュ監督が投手交代を告げた。パガンに代わって2戦目に先発したブレイク・スネル(LHP)が登板。後続2人を抑え4-1で逃げ切り2勝2敗のタイでついに最終戦へ。

 

 Game5

TB 1-6 HOU

勝: ゲリット・コール(2-0)

負: テイラー・グラスノー(0-2)

  アストロズは2戦目に好投したゲリット・コール(RHP)が先発した。

 2回表エリック・ソガード(2B)にライトへのソロホームを打たれ今シリーズ初失点。その後はランナーを出しても得点を許さなかった。そして三者凡退を5回とレイズ打線を封じ込める。8回まで投げ10奪三振1失点。2試合で15回2/3で25奪三振1失点と圧倒的な成績を残した。

 レイズは1戦目に投げたタイラー・グラスノー(RHP)が先発した。

 初回ノーアウト1.3塁のピンチを作り、3番ホセ・アルトゥーベ(2B)が先制タイムリーを打たれる。続く4番アレックス・ブレグマン(3B)の2点タイムリー、6番ユリ・グリエル(1B)のタイムリーで初回から4失点。

 アストロズはグラスノーのセットポジション時に球種によってグローブの位置が違う癖を見抜いていました。グラスノーは2回2/3を投げて5被安打4失点でマウンドを降りました。

 アストロズは8回裏にマイケル・ブラントリー(OF)とホセ・アルトゥーベの2者連続ホームランで更に2点を追加し6-1とリードを広げる。

 9回表はクローザーのロベルト・オスーナ(RHP)が登板。三者凡退に抑えアストロズが6-1で勝利し3年連続のALCS出場を決めた。

 

 考察

 レイズは5試合中4試合でアストロズにいずれもホームランで先制点を取られ追う展開に。さらに点差を縮めても追加点を取られてしまう苦しい展開。敵地2連敗からホームでトミー・ファムやケビン・キアマイアーなど野手陣がグレインキー、バーランダーを攻略して2連勝でタイに持ち込んだ。しかし2.5戦目先発のコールからチャンスを作れず。ALCSへの出場は叶わなかった。それでもアストロズの強力な投手陣と野手陣を相手に最後の5戦目まで勝負を持ち越し、アストロズを苦しめる戦いを見せた。

 アストロズは1番のスプリンガーが3戦目までノーヒット。2番のブラントリーは不調で一方で、アルトゥーベとブレグマンの先制ホームラン。アルバレスとグリエルなどの他のバッターが好調でカバーができた。投手はゲリット・コールが圧巻のピッチングで試合を作り上げた。ウィル・ハリス、ホセ・ウルキディなどのリリーフ陣の好投も光った。一方でスプリンガー、ブラントリーの復調やバーランダー、コール、グレインキーの負担軽減にもう1人先発が必要などALCS、WSまで向けて解決するべき課題も残っている。

 

Written by Yu Okura

Photo link https://flic.kr/p/2hCTV2p

2018 ALDS Review : HOU vs CLE

5223825_12292230c4_z

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はプレーオフレビューとして、アメリカンリーグの地区シリーズインディアンスvsアストロズを分析する。

 

2年前のアンドリュー・ミラーの柔軟な起用法を提案したインディアンスと昨年絶対的なクローザー抜きでワールドシリーズを制覇したアストロズの対決となった。両者共にリリーフ投手の起用法で、新しい指針を示したチームであり今回はどんな戦略が飛び出すかに注目していた。

 

結論から見ると、昨年本来は先発投手のチャーリー・モートンが優勝の瞬間マウンドに立っていたアストロズは1年前に比べて新顔を増やして先発投手が長イニングを投げて強力なリリーフ陣がそれを支えるクラシックな投手起用を見せた。一方でインディアンスは2年前の闘いぶりを大きく変えることなく臨んだという感じだった。ただし2年前ほどの力がミラーやコディ・アレンに無かったのが大きな違いとなってしまった印象を受ける。

 

初戦はジャスティン・バーランダーとコリー・クルーバーのサイ・ヤング賞受賞経験者同士の対戦となった。3回まではスコアが動かなかったが、アストロズ打線が2巡目に入った4回にアストロズがアレックス・ブレグマンのHRで先制に成功する。5回にも2点を追加したアストロズはクルーバーを5回途中でノックアウトした。バーランダーも6回を投げきれなかったが、7三振を奪いエースの貫禄を見せつけた。

 

この試合で1番印象的だったのは、両チームの先発投手の速球の平均球速だった。バーランダーがシーズン平均95.0マイルだった速球を96.2マイルまで上げてきた一方で、クルーバーのシンカーはシーズン平均が91.9マイルだったのに91.6マイルに低下していた。8月末まで平均92マイルを超えていたクルーバーのシンカーは9月に入ってから明確に遅くなっており疲れは明らかだった。

 

第2戦はインディアンスがフランシスコ・リンドーアのHRで先制。しかしアストロズが先発ゲリット・コールの12三振を奪う力投で流れを手繰り寄せ、6回にマーウィン・ゴンザレスのツーベースで逆転に成功。7回にはブレグマンの2試合連続HRで追加点を挙げたアストロズが連勝を飾った。シーズン中は凡庸な成績に終わったゴンザレスは、昨年9月25日以来の1試合4安打を記録した。インディアンスの切り札ミラーは先発カルロス・カラスコの後を受け継いだが、1アウトも取れなかった。

 

コールが見せた、プレーオフで四球を与えずに、12三振以上を奪ったのは実に45年前のメッツのトム・シーバー以来となる歴史的な好投だった。

 

第3戦はクリーブランドに舞台を移して行われた。先発投手はインディアンスがマイク・クレビンジャーで、アストロズがダラス・カイケル。5回裏にリンドーアのHRが飛び出した時はインディアンスに流れが傾いたが、試合は7回にインディアンスのエラーも重なりアストロズが3点を奪い態勢を決めた。

8回には後半戦のOPSが.517と絶不調に陥っていたカルロス・コレアにもHRが飛び出して、アストロズは文句無しの状態でALCSに駒を進めた。

 

アストロズのジョージ・スプリンガーは、2HRを放ち昨年のWSから合計10試合で8HRとPOではHRを量産している。

またアストロズにとってはチーム史上初のプレーオフでのシリーズスウィープ達成となった。

 

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

34847823941_082eed814e_z

 

 

 

 

 

 

 

 AL中地区の前半戦は予想を裏切るものであった。クリーブランド・インディアンスが勝率.500を下回り、ミネソタ・ツインズが地区首位に立つこともあった。しかし、気付けばツインズとのゲーム差は11.0に広がっている。
 さて、ツインズのトレードは計6件行われた。したがって、今回は時系列順に振り返りたい。

 7月19日にタンパベイ・レイズから、金銭を見返りにジェレミー・ヘイゼルベイカー(OF)を獲得。現在30歳であり18年はメジャーでプレーしていない。また、ツインズのOFは層が薄いというわけではないため、戦力アップ(PO進出は絶望的であるが)や再建のためのトレードとして評価することは出来ない。

 7月27日にヒューストン・アストロズから、ライアン・プレスリー(RHP)を見返りに2人のプロスペクトを獲得。3年連続55登板を達成した優秀なリリーバーだが、年俸高騰のリスクは小さいとは言え2020年にはFAとなる予定だった。

1. ホルヘ・アルカラ(RHP)
  MLB公式チーム内10位のプロスペクト。コントロールは改善の余地があるが、三振を奪う投球が魅力的な23歳。
2. ギルバート・セレスティーノ(CF)
  MLB公式チーム内15位のプロスペクト。国際大会の経験が豊富であり、守備の評価が特に高い19歳。
 プレスリーを無理に放出する必要はなかったと言えるが、15位以内のプロスペクトを2人獲得出来たのは上出来だろう。

 同日、アリゾナ・ダイヤモンドバックスにエデュアルド・エスコバー(SS/3B)を放出し、見返りに3人の選手を獲得。今季、2年連続となる20本塁打の達成が見込まれるもののオフにはFAとなる予定であった。

1. ガブリエル・マシエル(CF)
  MLB公式チーム内11位のプロスペクト。パワーレスながらスピードとコンタクトスキルは高い。現在19歳であり、Aでプレー。
2. ホアン・デュラン(RHP)
  MLB公式チーム内19位のプロスペクト。速球は94-96マイルながら今の所成績は今一つ。
3. アーニー・デラトリニダード(OF)
  17年に19巡目でダイヤモンドバックスに入団。コンタクト・パワー・アプローチが良く、今季はAでOPS.845。現在22歳。
 SSはロイス・ルイス(MIN1位)を筆頭にプロスペクトがひしめいている為、OFを重点的に補強する方針であることが窺い知れる。先の通りOFの層は薄くないものの、後でトレード要員にすることも出来るため多くて困ることはないだろう。

後半戦展望 : ヒューストン・アストロズ

5527103_cd032fe19f_z

 

 

 

 

 

 

 

 

デッドラインを経ての各チームの変化についてまとめる。今回はヒューストン・アストロズだ。

昨年悲願のワールドチャンピョンに輝いたアストロズ。2連覇に挑む今年は昨年のメンバーに加え、先発にゲリット・コールを補強し、優勝候補筆頭としてシーズンを迎えた。前半戦を64勝35敗と素晴らしい成績で折り返し、ア・リーグ西地区を引っ張っている。そんなアストロズだが、後半戦に向けてリリーフを中心にて選手の入れ替えを行った。

 

マーティン・マルドナード(LAA)↔パトリック・サンドバル

 

ライアン・プレスリー(MIN)↔ホルヘ・アルカラ、ギルバート・セレスティーノ

 

ロベルト・オスーナ(TOR)↔ケン・ジャイルズ、デビッド・ポリーノ、ヘクター・ペレス

 

この3件のトレードを成立させ、昨年のゴールドグラブ賞キャッチャーのマルドナード、トロント・ブルージェイズの若きクローザーであるオスーナを獲得するなど確実に戦力をアップさせた。アストロズのクローザーは16年からの2年間ジャイルズがつとめていたが、今回のトレードでチームは彼に見切りを付けるような形となった。

持ち前の強力打線とジャスティン・バーランダー、ゲリット・コール、ダラス・カイケルの3本柱を中心に勝ち星を重ねているアストロズ。更には期待のトッププロスペクトであるカイル・タッカーも昇格を果たしており、今回のトレードを含めますます抜け目のないチームとなっている。強豪ひしめくア・リーグ西地区だが、2年連続となるワールドチャンピョンへ向け、まずは確実に地区優勝を勝ち取りたい。

 

Text by Akinari Miyazaki

Photo by : https://www.flickr.com/photos/jrth/5527103/

2017 Team Preview:ミネソタ・ツインズ

20616807780_2921628ddc_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す。

  • 本拠地:ターゲット・フィールド
 
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml25/ 

 

広さ
レフト 103.3M
センター 123.1M
ライト 100M
フェンス高さ 2.4~7M
パークファクター平均*100
安打 106.4
ツーベース 108.1
スリーベース 103.1
HR 101.4
得点 104.4
  • 予想オーダー

1.ブライアン・ドージャー:2B

昨年大ブレークした二塁手。ア・リーグの二塁手としてはシーズン最多本塁打の42本をマークした。本塁打以外のスタッツもOPS.886、18盗塁をマークし、チームの中心的な役割を担った。2018年までの4年20M$の格安の契約から、トレードの噂も絶えず、オフシーズンにはドジャースとのトレードが成立間近との報道もあったが、条件面で合意出来ず破談となった。

2.ホルヘ・ポランコ:SS

2009年にインターナショナルFAでツインズに入団。着々とマイナーの階段を上っていき、2014年にメジャーデビュー。2014年、2015年はそれぞれ5試合、4試合の出場にとどまったが、昨シーズンは8月からショートのレギュラーに定着、69試合に出場し打率.282、OPS.757という成績を残した。最大の魅力は攻撃面で将来的には20盗塁&20ホーマーも可能との評価もある。

3.ジョー・マウアー:1B

MVP1回、シルバースラッガー5回受賞、オールスター6回選出と輝かしい成績を残したが、ここ数年は怪我の影響もあり不調に陥っている地元出身のスター。2013年までのポジションは主にキャッチャーであったが、やはりこれも怪我に影響もあり、2015年からはファーストに専念している。33歳と老け込むにはまだ早く、完全復活に期待がかかる。

4.ミゲル・サノー:3B

2015年にメジャーデビューしたチーム期待の有望株。デビューした年は、18本塁打、OPS.916と好成績を残した。昨年は本塁打数こと25本と増えたものも、打率は.269から.236へ、三振数は119から178と大幅に悪化してしまった。クリス・カーターのような大型扇風機のようになるか、リーグ屈指のパワーヒッターになるか、分かれ目の年になりそうだ。

5.マックス・ケプラー:RF

数少ないドイツ出身のメジャーリーガー。2014年まではAクラスで打率.264となかなか芽が出なかったが、2015年シーズンにAAクラスで打率.322とブレーク、メジャーの切符をつかんだ。2013年からマイナー通算本塁打数が24本であったが、昨年は113試合の出場にとどまりながら17本塁打とパワーが開花。左投手が極端に苦手で、対右投手のOPSが.792に対し、対左投手は.595。左投手の攻略が今後の躍進のカギになる。

6.ケニース・バルガス:1B

昨年の開幕時はマイナースタートだったものも、マイナーで打席でのアプローチに取り組んだことからメジャー昇格の切符をつかんだ。50試合前後の少ないサンプルではあるが、出塁率は.277から.333へと改善。スイッチヒッターではあるが、対左投手はなんとOPS1.262をマークした。初めてメジャーでフルシーズンを過ごすと思われる今シーズンどこまで成績を残せるか注目である。

7.ジェイソン・カストロ:C

FAでヒューストン・アストロズから3年24.5M$で加入。2013年に打率.276、OPS.835をマークしオールスターに選出されたがそれ以降は打撃は低迷、3年連続で打率.230を切っている。打撃では貢献できなくても守備には定評があり、新天地で元ドラフト1巡目指名の価値を発揮できるか。

8.エディー・ロサリオ:LF

2015年にメジャーデビューし、122試合に出場、打率.267、OPS.748という成績を残して昨シーズンはブレークの年かと思われたが、不調に陥り、2015年シーズンよりも30試合少ない92試合の出場にとどまった。超積極的打法で、2年間214試合に出場し、なんと四球数はわずか27。アプローチの改善ができればもう少し成績が伸びるかもしれない。

9.バイロン・バクストン:CF

2012年ドラフト全体2位指名の期待の有望株。5ツールが揃っているプレーヤーで、将来の球界を担っていく逸材との評価もある。298打席で118三振と打撃の粗さは気になるが、昨年から出場試合数は46試合から92試合へと倍増し、今年は飛躍の年になるかもしれない。