Tag Archives: ライン・スタネック

トレード・デッドラインを振り返って

26856749837_a05b6f503c_z

 

 

 

 

 

 

 トレード期限が終わった。今年から8月中のトレードは禁止されており、ウェーバーを通過した選手をトレードすることは出来ない。

 前回の記事を執筆してから、クリーブランド・インディアンスがヤシエル・プイグ(OF)とフランミル・レイエス(OF)等を獲得する三角トレードを実施した。こちらに関する記事は近日公開予定だ。

 

  1. 同地区AL中地区ミネソタ・ツインズの動き
  2. AL東地区タンパベイ・レイズの動き
  3. AL西地区ヒューストン・アストロズの動き
  4. NL東地区ニューヨーク・メッツの動き
  5. NL中地区地区優勝争い
  6. NL西地区サンフランシスコ・ジャイアンツの動き

 

 この6点が大雑把に気になる点だった。

 

 ミネソタ・ツインズ

 サンフランシスコ・ジャイアンツからサム・ダイソン(RHP)を獲得。見返りとして40人枠外の選手を3人放出した。ジャイアンツはリリーバーを放出し、二遊間を守れる野手を重点的に補強した。

 

 野手陣を補強し、投手陣の復帰を待つインディアンス。投手陣を補強し、強力打線の好調を保ちたいツインズ。AL中地区はここ数年で1番の盛り上がりを見せているはずだ。デトロイト・タイガースはメジャークラスの選手を放出し、見返りを多数獲得。カンザスシティ・ロイヤルズとシカゴ・ホワイトソックスは動きが少なかった印象だ。

 

 タンパベイ・レイズ

 先日、エリック・ソガード(2B)を獲得した。今季打撃好調であり、3B、SS、OFを守ることが出来るため、重宝されるだろう。

 ミルウォーキー・ブリュワーズからヘスス・アギラー(1B)を獲得。故障者が続出しているため、内野のデプスを強化しつつ、プラトーン起用により柔軟な対応が出来るようになった。見返りとして放出したのはジェイク・ファリア(RHP)。スターターとして起用可能なリリーバーであり、悪くない選手だ。ブリュワーズからしてみれば、今季不調の一塁専を放出し、ブルペンを補充することが出来た。

 

 マイアミ・マーリンズからニック・アンダーソン(RHP)とトレバー・リチャーズ(RHP)を獲得。見返りとしてライン・スタネック(RHP)とヘスス・サンチェス(OF)を放出。40人枠内の投手を多数放出する一方で、補充も欠かさず、マーリンズにしてみれば若い外野手のプロスペクトを獲得することが出来た。

 ロサンゼルス・ドジャースからニコ・ハルサイザー(OF)を獲得。見返りとしてアダム・コラレック(LHP)を放出。余剰な投手を放出しつつサンチェスの代わりとなる外野手のプロスペクトを獲得。ドジャースにしてみれば、外野手のプロスペクトは足りているため層を厚くしてWSに備えた。

 

 同地区のニューヨーク・ヤンキースとボストン・レッドソックスは十分な補強を行えないまま期限を終えた。トロント・ブルージェイズが大量に主力を放出した今、AL東地区の地区優勝にもっとも近いのはレイズかもしれない。

 

Weekly Report : Week-5

47716328772_eb399c61c1_z

 

 

 

 

 

 

Photo link https://flic.kr/p/2fGwE8E

 

好評発売中のプロスペクトハンドブック2019ですが、5月7日から書籍版を35%オフの1300円(送料別)で販売致します。Kindle版も約35%オフの1100円で販売しております。詳細は記事の最後に記載しています。

 

 

前年より盤石なタンパベイ・レイズ投手陣

Written by Tsubasa Komiyama

 レイズは、現地時間5月3日現在、21勝11敗でアメリカン・リーグ東地区の首位に着けている。チーム打点は、ヤンキース、レッドソックスに次ぐ地区3位であるが、チーム失点は、122失点で2位のブルージェイズを突き放す100失点で1位である。

 本拠地のPFや対戦相手にもよるものの、基盤の安定した投手力が地区首位を堅守していると捉えて問題ないだろう。

 ところで、興味深いスタッツがある。チームの先発イニング数の合計だ。2018年レイズの先発イニング数合計は624回(1試合平均3.2回)でメジャー全体30位である。29位は805.1回(1試合平均4.2回)のエンゼルス、1位は993.2回(1試合平均6.1回)のインディアンスだ。2019年レイズの先発イニング数合計は145.1回(1試合平均4.1回)でメジャー全体29位である。30位は141.2回(1試合平均4.1回)のエンゼルスだ。順位としては30位から29位であるが、約アウト2つ分増えたと考えると大きな変化である。

年度 先発イニング数 試合平均
2018年 624回 3.2回
2019年 145.1回 4.1回

 

 

 理由は、昨年クリス・アーチャー(RHP)の見返りの1人として獲得したタイラー・グラスノー(RHP)と、昨年オフにFA補強したチャーリー・モートン(RHP)がオープナーを用いない先発として起用されているからであろう。

 昨年、レイズで20先発以上したのはブレイク・スネル(LHP)とライン・スタネック(RHP)の2人だが、スタネックはオープナー起用であるため、実質フルシーズン稼働した先発はスネルのみであった。

 しかし、2019年はスネル、グラスノー、モートンの3人が20先発を超える見込みである。つまり、ブルペンの負担が軽減されることにより、オープナーの柔軟性や7回以降の粘り強さが得られるのではないだろうかと推測した。

 

 さて、昨年、レイズがシーズン後半戦において目覚ましい戦績を挙げ、WC争いが白熱したことは記憶に新しい。

 下の表は2018年タンパベイ・レイズの月間投手成績と、2018年メジャー平均の月間投手成績である。

 

 メジャー平均は、シーズン終盤にK/9とBB/9が共に上昇している。K/BBは下がっているため、K/9の上昇よりBB/9の上昇の方が多いことが伺える。一方、レイズはもう少し早い段階、6月から7月にかけてK/9を上昇させ始め、7月から8月にかけてBB/9を下降させることにより、K/BBを上昇させている。

 要因はオープナーの採用であると考えられる。オープナーの利点は大まかに2点である。

  •  初回防御率の悪い先発投手の代わりに、リリーバーが先発することで初回防御率を改善出来る。
  • 後続の本来の先発投手とオープナーであるリリーバーの利き手やピッチングスタイルを変えることで、後続の先発投手のポテンシャルを最大限発揮出来るようアシスト出来る。

 

 今回は、具体的にオープナーに向いているピッチングスタイルには触れないが、昨年、レイズがオープナーを(現状において)最大限活かす術を見つけたと言える。それは夏場のメジャー平均とレイズの月間投手成績の差から考えられるだろう。

 

2017 Top 20 Prospects:タンパベイ・レイズ

19283130970_96ba58a38d_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. ブレント・ハニーウェル:RHP
曲がり幅が大きいスクリューボールが最大の武器。始めてハニーウェルのスクリューボールを見た打者はコンタクトすることさえ難しいだろう。このスクリューボールの他に90マイル前半の速球とチェンジアップ、カーブを投げる。力感のないデリバリーで、容易にボールをストライクゾーンに集めることができる。ブライス・ハーパー(WSH)の「野球は退屈なスポーツ」という発言に反論する大物ぶりも見せている。

2. ホセ・デレオン:RHP
ローガン・フォーサイス(LAD)とのトレードで加入。90マイル前半の動く速球とスライダー、チェンジアップのコンビネーション。チェンジアップの評価は非常に高く、速球と緩急をつけて空振りを奪うこtができる。スライダーはどのコースにでも投げられるわけではないが、右打者の外角に落として空振りを奪うことができる。グラウンドの傾斜を上手く使ったデリバリーはスムーズで力感がない。コマンドにも優れており、今シーズンはメジャーでローテーション入りするだろう。

3. ウィリー・アダムス:SS
17歳でプロ入り後順調にメジャーリーガーへの階段を駆け上がっている。 打撃の評価が高く、アベレージを残しつつ、15HR以上をマークすることも不可能ではない。慎重なアプローチのためマイナー通算のBB%=13.1%だが、三振数も多い。守備では肩の強さとハンドリングの上手さが光るが、レンジが平均以下のため将来は3Bに移る可能性が高い。

4. ジョシュ・ロウ:3B
16年ドラフト全体13位。粗削りながらもプレーの随所に身体能力の高さがうかがえる。 打席ではタイミングの取り方が上手く、平均以上のパワーを発揮することができている。スイングが大きくコンタクトスキルに難があり、三振が多いが、四球を多く選ぶことでカバーできるだろう。高校時代は3Bだったが、プロ入り後エラーを連発したためCFに転向する予定。肩の強さとスピードはCFを守ることができるレベルにある。兄も今年のドラフトでTBに指名された。

5. ケイシー・ギレスピー:1B
昨シーズンは手の故障で少ない試合数の出場となったが、今シーズンは1年間健康に過ごすことができた。武器は6-4/240たる体格から生み出されるパワー。課題とされてきた打率の低さも今シーズンは克服しており、懸念されてた三振数もそれほど多くはない。しかし、三振を恐れるあまりか自慢のパワーがそれほど発揮できていないのも事実。このままでもバランスのいいレギュラークラスの選手になれる。スピード、守備ともに平均以下。 

6. チーウェイ・フー:RHP
プロ入り後順調に好成績を収め続けている台湾人投手。速球は90マイル前半程度だが、クオリティの高いチェンジアップとパームボールを交え打者のタイミングを外すピッチングができている。コントロールもよくマイナー通算のBB/9=2.3。がっしりとした体格からアップサイドは乏しいが、1年間通して投げられるスタミナはあるだろう。

7. ジェイク・バウアーズ:1B
滑らかなスイングでヒットを量産するアベレージヒッター。ストライクゾーンの見極めも上手く、今シーズンはBB/K=73/89というハイレベルな数字を残している。 しかし、1Bとしてはパワー不足な点は否めず、レギュラーに据えるには若干物足りない。今後パワーがつくという声もあるが、ここ3年間特にそういった傾向は見られない。1Bとしてはパワー不足という欠点を克服するため、今シーズンからRF/LFを守るようになった。

8. ジェイコブ・ファリア:RHP 
6-4たる体格から投げ下ろすノビのある90マイル中盤の速球が武器。この速球を 高めに投げて空振りを奪ったり、凡フライに打ち取るピッチングスタイル。タイミングを外すチェンジアップも速球と同じアームスピードで投げられるクオリティの高いボールで打者の左右を問わずに投げる。今シーズンは四球を出す場面が多かったが、コントロールはそれほど悪くない。

9. ギャレット・ウィットリー:OF
身体能力の高さは誰もが認めるハイシーリングなタレント。今シーズンは盗塁数を増やし、65試合で21盗塁をマーク。成功率も80%と高水準だった。打撃では四球数の多さ以外目立った成績は残せなかったが、バットスピードの速さは平均以上で将来は20HRをマークすることも不可能ではない。今、ウィットリーに必要なのは経験だろう。

10. ハイメ・シュルツ:RHP
シンプルなデリバリーから投げられる最速99マイルの速球が魅力。この速球にチェンジアップを交えてタイミングを外すピッチングスタイル。プロ入り後、先発として投げているがマイナー通算のBB/9=5.3をマークするほどコントロールが悪く、ブルペン転向も考えられている。K/9の高さと小柄な体格もブルペン向き。ブルペンに入ればセットアッパー/クローザーになれるだろう。

11. ジャスティン・ウィリアムズ:OF
ヒッティングセンスの高さは見せるが、早打ちが仇となって満足に活かすことができていない。大柄な体格は平均以上のパワーポテンシャルを秘めているが、ボールの見極めができていないのでコンスタントに長打が打てない。今後、対戦する投手のレベルが上がった時に壁にぶつかる可能性は高いが、まだ21歳と若いので洗練されていく時間はたっぷりある。

12. ハンター・ウッド:RHP
90マイル前半の速球と、速球と同じアームスピードで投げられる縦に割れるカーブのコンビネーション。スライダー、チェンジアップも投げるが両方とも見せ球程度にしか使わない。シンプルなデリバリーで、コントロールも悪くない。6-1/170たる細身の体格から耐久性には疑問符がつく。 

13. ジェネシス・カブレラ:LHP
最速95マイルの速球と80マイル後半のスライダーのコンビネーション。まだ、筋肉をつける余地があり、今後より球速が上昇する可能性はある。デリバリーに力感はなく、コントロールも20歳という年齢の割には悪くない。今シーズン初めてのフルシーズンで成績を落としたが、年上の多いAで2完投は上出来だろう。先発として投げるにはチェンジアップの向上が必要になるだろう。

14. ケビン・パドロ:3B
ノーラン・アレナド(COL)とも比較されるパワーを持つスラッガー。スイングは動きが大きく、空振りが多くなる原因となっている。何でも引っ張りにいく姿勢も低打率につながっている。アプローチは悪くなく、今シーズンのBB%=15.6%。肩が強く、将来も3Bに残ることができるだろう。 

15. ジョニー・フィールド:OF
どこか突出したツールがあるわけではないが、劣っているツールもない。小柄な体格だが、非力ではなくシーズン10HR以上マークできるパワーはある。スピードも平均程度だが、一歩目の早さなどでカバーし、OF3ポジション全てをこなす。三振数の割りには四球数が少ないのが欠点。 父親はTBと同じくタンパベイに本拠地を置くNFLのバッカニアーズでプレーしていた。

16. エイドリアン・ロンドン:SS
打撃で潜在能力の高さを見せるドミニカ人。 逆方向にHRを打てるパワーが最大の魅力。3歳ほど年上の選手が多くプレーするリーグで52試合に出場し7HRを放った。粗さが目立つがまだ18歳なので経験を経る上で徐々に洗練されていくだろう。スピードは平均以下のためSSに残るのは難しいだろう。

17. ブレット・サリバン:C
15年ドラフト全体508位という低い指名順位ながらも2年連続で好成績を残している。コンパクトなスイングでしっかりとボールを捉えることができるため、シーズン15HRを打つこともできるだろう。コンスタントにヒットを打てるが、早打ちのため四球が極端に少ない。昨シーズンまで守っていた3BからCへと転向。まだ、キャッチングなどは拙ないが、肩の強さとメークアップの良さはC向き。

18. テイラー・グリエリ:RHP
ゆったりとしたデリバリーで90マイル前半の沈む速球とスピンの利いたカーブのコンビネーション。本人はコントロールを重視しており、ゴロを打ち取ることもできているが、昨シーズンからK/9の数字が大幅に落ちたところは懸念材料。14年に禁止薬物使用で50試合の出場停止処分を科されていた。 

19. ライアン・ヤーブロウ:LHP
90マイル前半の速球とチェンジアップをコントロールよく投げ分けるハイフロアーなタレント。チェンジアップのクオリティは高く、右打者を苦にしない理由となっている。独特のアングルで投げるため速球は球速以上に打ちづらいボール。上半身だけを使って投げるようなデリバリーはでスカウトからの評価がよくない。

20. ダニエル・ロバートソン:SS
打撃、守備、走塁全てそつなくこなすが、それ以上のことはできない。打撃では非力ながらも、それをカバーするヒッティング能力とアプローチのよさがあるが、今シーズンは打率が低下。スピードも平均を大きく下回り、広いレンジをカバーできないのでSSに留まり続けるのは難しいだろう。将来像はアルベルト・カヤスポ(現FA)のようなユーティリティプレイヤー。

 

Text by Ookata Ryota
写真: https://flic.kr/p/vnZ62m

2016 Futures Game Preview:アメリカ代表

25185956351_95a6fd9903_z

 

 

 

 

 

 

 

 アメリカでは現地時間10日にプロスペクトの祭典『フューチャーズゲーム』が開催される。今回はそれに先立ってロースター及び予想オーダーを紹介する。これを読んでおけば『フューチャーズゲーム』がより楽しめるはずだ。さらに観戦時に選手名鑑の代わりに使ってもらえれば幸いだ。

  • 予想オーダー

 

1.クリント・フレーザー(CLE):LF
随所に高いポテンシャルを見せる外野手。 昨シーズンはA+のリーグで最多安打と最多二塁打をマーク。16本塁打も2番目に多い数字だった。素晴らしいバットスピードにより長打を量産することが可能でまだまだパワーは伸びる余地を残している。ストライクゾーンをコントロールする能力が高く、高出塁率を残せるが、ブレーキングボールを空振りする場面が多く三振数は非常に多い。スピードツールも平均以上で年間20盗塁を狙えるレベル。CFを守れる能力を有しているがチームメートのブラッドリー・ジマーにCFを譲っているためRFとしての出場が多い。

2.デビッド・ダール(COL):CF
 将来の5ツールプレイヤー。内角も上手くさばけるヒッティングスキルは卓越しており、広角にラインドライブの打球を打つことができる。パワーもプラス評価を得ておりメジャーで20~25本塁打をマークすることが可能とも。積極的すぎて四球が少なく低出塁率なのがもったいない。スピードも平均以上で広いレンジをカバーすることができ、肩も強く、送球も正確なCF守備はゴールドグラブを狙えるレベル。如何に健康を保つかがカギ。

3.アレックス・ブレグマン(HOU):2B
昨ドラフト全体2位指名の攻撃型内野手。小柄ながらも力強いスイングでスタンドインの打球を量産する姿はダスティン・ペドロイア(BOS)を彷彿とさせる。かといって打撃は荒くなくBB/K=44/33をマークしアプローチにも優れている。 高校時代からアメリカ代表に選ばれ続けていることもあってメークアップの評価も高い。あえて不安を述べるとするなら守備位置をどうするかだけだが、それでも2B/SS/3Bいずれも平均程度に守れる能力を有している。

4.ハンター・レンフロー(SD):RF
不振から立ち直ったスラッガー。AA昇格以降不振が続いていたが左足を上げる動作を小さくすることでボールを最短距離で捉えられるようになり、打率を上げることに成功した。その犠牲としてパワーを全力で発揮することは難しくなったがそれでも平均以上のパワーを有しており今シーズンもここまで84試合で21本塁打をマークしている。昨シーズン16個、今シーズンもここまで13個アシストをマークしている肩にも注目したい。

5.ハンター・ドージャー(KC):3B
どん底から這い上がった2013年全体8位指名選手。2014年のAA昇格後 さっぱりと打てなくなり昨シーズンはAAで.213/.281/.349、12本塁打と周囲をがっかりさせる成績に終わり、かつてのトッププロスペクトもここまでと思われていた。しかし、今シーズン難所だったAAで.305/.400/.642と打ちまくり1ヶ月程度でAAAに昇格。AAAでも打棒は止まらずこれまでにないほどの好調を見せている。

6.ライオン・ヒーリー(OAK):1B
今シーズン絶好調のヒッティングプロスペクト。以前からヒッティングの評価は高かったが、昨シーズンまで長打の少なさと粗いアプローチによる低出塁率がネックとなっていた。しかし、今シーズンは長打が増え相手から怖がられるようになったため、それに伴い四球も微増し出塁率も若干改善された。225ポンド(102kg)の大男であるためスピードツールは皆無だが毎年三塁打を記録している。

7.ディラン・カズンズ(PHI):DH
高校時にアメリカン・フットボールでディフェンシブエンドを務めていたパワーモンスター。今シーズンAAで84試合に出場し23本塁打を放っており今回のアメリカ代表の中でトップのパワーポテンシャルを持っていると言ってもいいだろう。昨シーズンからアプローチを変更し四球が増えたがそれに伴い三振も激増した。235ポンド(106kg)の体格と肩の弱さから守備位置はLFに限られている。

8.チャンス・シスコ(BAL):C
守備での成長が著しい攻撃型捕手。2桁本塁打を打つパワーはないが野手のいない場所へと打球を落とすヒッティングスキルは本物。 選球眼もよく四球を数多く選べるためマイナー通算での出塁率は.400を超える。ドラフト時は評価の低かった守備だが年々改善してきており、送球は平均レベルにこなせるようになっている。平均以上は望めないが捕手を諦めなければいけないほど下手ではない。

9.ダンスビー・スワンソン(ATL):SS
昨年のドラフトで全体1位指名を受けた走攻守そろった将来のオールスター常連選手。パワーは平均以下だが無駄のないスイングと投球に対する理解の深さからヒットを量産する。将来は高打率、高出塁率が望めるだろう。スピードも20盗塁を狙えるレベル。SS守備ではレンジ、ハンドリング共にハイレベルで、肩も強いため長くSSに留まることができる。

P.ジェフ・ホフマン(COL):RHP
ドラフトイヤーにトミー・ジョン手術を受け長くリハビリを行っていたが昨シーズン途中に復帰。手術前に比べると3マイルほど球速が落ちたがそれでも90マイル中盤を出すことができる。バットを粉砕する威力を持つツーシームが最大の武器で、このボールを使ってゴロを打たせるピッチングスタイル。 カーブ、チェンジアップもクオリティが高くタイミングを外し空振りを奪うことができる。細かいコマンドには欠けるがストライクを取ることに苦労はしない。昨シーズン奪三振の少なさが不安視されていたが今シーズンはここまでイニング以上の奪三振数をマークしている。

 

2016 Top 20 Prospects:タンパベイ・レイズ

19283130970_96ba58a38d_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。 

 

 1. ブレーク・スネル:LHP
開幕から46イニング連続無失点のマイナー記録を樹立すると15勝4敗、防御率1.41、K/9=10.9の活躍で、『BA』のマイナー最優秀選手に選出された。90マイル中盤の沈む速球&スライダー&チェンジアップでゴロ&Kの山を築く。

2. ブレント・ハニーウェル:RHP
プロに入ってから進化し続けるエースポテンシャル。球速は97マイルに達し、自慢のスクリューボールも精度が増した。無駄のないメカニックからコマンドも安定しており、打者を恐れずにゾーンで勝負できるタイプ。1A&A+で24先発して防御率3.18&K/BB=4.8。

3. ウィリー・アダムス:SS
14年夏にデビット・プライスとのトレードでDET→TB。20歳ながら高い潜在能力を示しており、深いカウントまで持っていくアプローチや手首の強さから平均以上のバッターになり得る。SSの守備では強肩を披露する。A+で106試合プレーしてOPS.721は高水準も、三振率27%は懸念材料。

4. ギャレット・ウィットリー:OF
15年ドラフトクラス最高のアスリート。ドラフト前には全体1位候補にも挙がったが、13位指名でTB入り。 R&A-では打率.174、OPS.604と低調なプロスタートも、まだ野球歴が浅く、加えて持ち前の身体能力の高さからあまり問題にされていない。

5. テイラー・グリエリ:RHP
トミージョン手術から見事カムバック。20登板(18先発)して防御率1.85、K/BB=3.8。90マイル前半のシンカー&ハイクオリティなカーブ&平均レベルのチェンジアップを低めにコマンドよく投げ込む。GO/AO=2.72&HR/9=0.2とゴロアウトの多さも魅力。 

6. マイキー・マトック:OF
3Aでは98試合/OPS.670も、メジャー昇格後は41試合/OPS.970/本塁打9と期待以上の素晴らしい活躍。走攻守とツールを備え、特にスピードは平均以上。CF守備では広大なカバー範囲を披露し、LF&RFをこなすバータリティも見せる。

7. ジェーコブ・ファリア:RHP
A+&2Aで25登板(23先発)して17勝4敗、防御率1.89、K/9=9.6と大ブレーク。ハイレベルなコマンドを土台にピッチングを組み立てるグラウンドボーラー。90マイル前半のよく沈む速球&スライダー&チェンジアップを丹念に低めに集める。

8. ジェーク・バウアーズ:1B
ウィル・マイヤーズとのトレードでSD→TB。19歳にしてA+&2Aでは打率.272、11本塁打、OPS.760。コンパクトなスイングにパワーを兼ね備える。アプローチにも長け74K/50BB。1Bのディフェンスはアスレチックで高い評価を得る。ダリック・バートン(元OAK)やヨンダー・アロンゾ(OAK)t比較される。

9. ダニエル・ロバートソン:SS/2B
オフェンシブなSSになり得る。2Aで78試合出場して.274/.363/.415/.778の好成績。シャープなストロークでアプローチにも優れ58K/36BB。4ホーマーも、鋭いスイングからパワー向上が見込まれる。SSとしてはスピードに欠け、2Bや3Bに移ることになる可能性も。 

10. ケーシー・ギレスピー:1B
マーク・ティシェラ(NYY)やランス・バークマン(元TEX)と比較される強打のスイッチヒッター。 2014年ドラフトクラスではカレッジナンバーワン打者と呼ばれ、ヒッティングツールとパワーポテンシャルを兼ね備える。R&A&A+では打率.253、OPS.815、本塁打17。

11. リッチー・シェーファー:3B
12年ドラフト全体25位指名の大型三塁手。期待に反し、ここ2年は平凡なパフォーマンスも、今季は2A&3Aで26ホーマー&OPS.897をマーク。フューチャーズゲームにも選出された。3B守備は平均レベルも、看板選手のエバン・ロンゴリアがいることから1BかOFに回ることになりそうだ。

12. エイドリアン・ロンドン:SS
昨夏、自身16歳の誕生日に$2.95MでTBと契約。スターリン・カストロ(CHC)やハンリー・ラミレス(BOS)と比較される大型SS。バッティングではコンパクトかつパワフルなスイングを披露。ゲームに臨む姿勢でも高い評価を得る。守備では強肩の持ち主も、フットワークを学ぶ必要がある。 

13. チーウェイ・フー:RHP
台湾出身の21歳。ケビン・ジャプセンとのトレードでMIN→TB。90マイル前半のストレートに多彩な変化球を織り交ぜる。コマンドに優れ、ベストピッチのパームは打者を欺くのに有効だ。A+&3Aで21登板(20先発)して防御率3.22、K/BB=3.19。 

14. クリス・ベッツ:C
ブライアン・マキャン(NYY)とも比較される攻撃型捕手。 魅力的なパワー&強肩の持ち主で1巡目指名が予想されていたが、捕手としての守備力の不安&肩の故障から52位までスリップ。肩の治療のため、プロ1年目は試合出場なし。

15. ベントン・モス:RHP
身体能力や体格、球種の類似性からジェイク・オドリッジ(TB)と比較される。95マイルに達するストレート&鋭いカーブ&スプリッター&スライダーの4球種をレパートリーとして扱うことができる。A-では14登板(10先発)して防御率3.24、K/BB=6.60。

16. ライアン・ブレット:2B
5-9/180と小柄な体格ながらコンパクトなスイングでコンタクトを生み出す。今季は開幕から調子が上がらず打率.251、本塁打5、OPS.653と物足りない成績。 ベストツールであるスピードを武器にマイナー通算138盗塁。守備でも目立った守備範囲を披露。

17.  ジャスティン・オコナー:C
マイナー屈指のキャノンアームの持ち主でキャリアでの盗塁阻止率は46%。 まだまだ磨くべき点も多いがエリートなCになり得る。打撃では相応のパワーの持ち主も、フリースインガー。K%=29%、BB%=2.9%とアプローチが脆い。

18. ジョー・マッカーシー:OF
昨年のカレッジ・ワールドシリーズでは2014年ドラフト1巡目選手のデレク・フィッシャー(HOU)&マイク・パピ(CLE)らと共にバージニア大を準優勝に導いた。故障により5巡までスリップも打率.277、出塁率.362、盗塁18とまずまずのプロデビュー。 

19. ハイメ・シュルツ:RHP
5-10/200と小柄な体格も、90マイル中盤のキレのあるストレートを武器にK/9=11.2をマーク。セカンドピッチのカーブも平均以上のクオリティ。一方でBB/9=6.0とコマンドに乏しく、小柄な体格と併せてリリーフ向きとの見方が強い。

20. ライン・スタネック:RHP
プラスのアームスピードから繰り出される97マイルのストレート&プラスのスライダーのコンビネーション。 コマンドが平凡で、より高いレベルを目指すためにメカニクスを改善していく必要がある。 

Plus One Prospect
ジャスティン・ウィリアムズ:OF
6-2/210の大柄な体格を備える20歳。粗削りながら豪快なパワーヒッティングが武器。一方で90K/14BBと打席のアプローチを学んでいる段階で、コンタクトの粗さが目立つ。オフにはオーストラリアリーグでリーグトップのOPSを叩き出しチームの優勝に貢献。 

Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/vnZ62m