Tag Archives: ラファエル・ディバース

スタントンがヤンキースへトレード、ジャッジと本塁打王コンビを結成へ

28624960726_680b5f74a9_z

 

 

 

 

 

 

日本時間の9日、遂にマイアミ・マーリンズのジャンカルロ・スタントンがトレードされた。移籍先はニューヨーク・ヤンキース。これによりアーロン・ジャッジとのホームラン王コンビが誕生した。

流れを振り返ると次のようになる。当初、スタントンの獲得レースはセントルイス・カージナルス、サンフランシスコ・ジャイアンツの2チームが一歩リードと見られており、大筋で合意の段階にまで達していた。しかし、スタントンは自身の持つトレード拒否権を行使し、ヒューストン・アストロズ、シカゴ・カブス、ロサンゼルス・ドジャース、そしてヤンキースの4チーム以外のチームへのトレードは認めない方針を固めた。振り出しに戻ったかに見えたスタントンのトレードだったが、事態は急速に進展する。ヤンキースが本腰を入れてスタントンにアプローチしたのだ。去年からコンタクトを取っていたという噂もあり、一気に現実味を帯びた。ドジャースもアプローチしていたが、エイドリアン・ゴンザレス、スコット・カズミア、ブランドン・マッカーシーのうちいずれかの選手を含めようとしていたため、破談となった。結果としてマーリンズは最優先事項であるサラリーダンプをしつつ、質の高いプロスペクトが得られるヤンキースをトレード相手として選んだ。

トレードの内容は次の通りになる。

ヤンキース獲得

・ジャンカルロ・スタントン(20年オフオプトアウト可)

・3000万ドル(スタントンがオプトアウトしなかった場合マーリンズから支払われる)

マーリンズ獲得

・スターリン・カストロ(19年オフFA)

・ホルヘ・グズマン(RHP/21)

・ホゼ・ディバース(SS/18)

グズマンはチーム内プロスペクトランキング9位のパワーピッチャー。ディバースはレッドソックスのラファエル・ディバースの従兄弟にあたる遊撃手。

 

 

これまでスタントンのトレード成立までの過程、内容を振り返ってきた。その年のMVPがトレードされたのはアレックス・ロドリゲス以来で、またしてもヤンキースが獲得した。賛否両論あるが、このトレードはチャンス・アダムス、クリント・フレイジャーらのトッププロスペクトを保護しつつ、スタントン程の選手を獲得出来たヤンキースの勝ちと言って良いだろう。一方マーリンズは負債を少しでも減らすため、またしても自チームの看板をトレードする形となってしまった。クリスチャン・イェリッチ、マーセル・オスーナもトレードする可能性もあり、今後の動きに注目する必要があるだろう。

 

Text by Ryoto Nobe

 

写真:https://www.flickr.com/photos/cornfarmer/28624960726/

2017 ALDS Review : HOU vs BOS

3956931605_7a0d9469ca_z

 

 

 

 

ALDS : HOU 3-1 BOS

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 HOU 8-2 BOS

勝;ジャスティン・バーランダー(1-0) 負;クリス・セール(0-1)

Game2 HOU 8-2 BOS

勝;ダラス・カイケル(1-0) 負;ドリュー・ポメランツ(0-1)

Game3 BOS 10-3 HOU

勝;ジョー・ケリー(1-0) 負;フランシスコ・リリアーノ(0-1)

Game4 BOS 4-5 HOU

勝;ジャスティン・バーランダー(2-0) 負;クリス・セール(0-2) S;ケン・ジャイルズ(1)

 

ギュラーシーズンで101勝をあげ、アリーグ移転後初めての地区優勝を飾ったヒューストン・アストロズとデビッド・オルティズの引退など打線の戦力ダウンに苦しみながらもなんとかニューヨーク・ヤンキースを振り切り2年連続で地区優勝を果たしたボストン・レッドソックスの対戦。シーズン序盤から圧倒的な強さを誇り、オールスター明けにはデトロイト・タイガースからバーランダーを獲得するなど更に戦力を上げたアストロズ有利とみられたこのシリーズは大方の予想通りアストロズの3勝1敗で幕を閉じた。

 

このシリーズの注目点とシリーズを通して活躍した選手をピックアップしていく。

 

注目点1→打力の差

この点に関してはシリーズの開幕前からスタッツから推測できた事だが、やはりここの差が大きく出たように感じる。アストロズは全4試合で二桁安打を記録するなど終始レッドソックス投手陣を攻め続けた。その中でも上位打線に大きな差が出ているので、ここでは上位打線に絞って分析する。アストロズの上位打線は1番と3番は全試合でジョージ・スプリンガーとホセ・アルトゥーベがつとめ、2番は右投手にはジョシュ・レディック、左投手にはアレックス・ブレグマンという布陣。いずれの選手もこのシリーズでは好調が続き、1~3番の合計打率は.440という驚異的な数字。彼らの活躍によりアストロズはこのシリーズすべての試合で初回に得点を奪っている。対するレッドソックスは打順の入れ替えはあったが主にダスティン・ペドロイア、ザンダー・ボガーツ、アンドリュー・ベニンテンディの3人が上位打線をつとめた(第1戦はエデュアルド・ヌネスが2番で出場し、ハンリー・ラミレスに交代している)。そして1~3番の合計打率は.180という数字でわずか3打点しかあげることができなかった。4番に座るムーキー・ベッツ、その後ろを打つミッチ・モアランドやラファエル・ディバースは当たっており、彼らがより出塁していれば得点も増えたことが推測されるだけに非常に悔やまれる結果となった。アストロズ唯一の弱点と言われるリリーフ陣を早めに登板させるためにも上位打線を中心にアストロズ先発陣を攻略したかったため上位打線の不調は大きな痛手であった。

注目点2→先発投手

注目点1でも記述したようにレッドソックスがアストロズに勝つにはアストロズ唯一の弱点であるリリーフ陣を引っ張り出す必要があったように思える。アストロズのリリーフ陣はレギュラーシーズンでリーグ10位の防御率4.27と良くなく、対するレッドソックスのリリーフ陣はリーグ2位の防御率3.15と競った展開に持って行ければレッドソックスは有利に試合を進められたはずだ。しかしレッドソックスは先発投手が軒並み序盤に崩れ、試合の主導権を握ることが出来なかった。リーグ4位の17勝を挙げたセール、ポメランツの左腕2人がどちらも打ち込まれたのは首脳陣としても想定外であっただろう。一方でアストロズはバーランダーとカイケルの両エースがどちらも勝利投手となるなどゲームを作る働きを見せ、弱点であるリリーフ陣を早い回から出す展開に持ち込ませなかった。今後のシリーズでも先発が試合を作れるかどうかがアストロズの勝敗の鍵を握るだろう。

2017 Top 100 Prospects

30199602215_0cc0241fbc_z

 

 

 

 

 

 

 

*レポートはチーム別リストを参照。

 

2017 Top 100 Prospects
ランク 選手名 チーム名 ポジション
1 ジェイソン・グルーム BOS LHP
2 アンドリュー・ベニンテンディ BOS OF
3 ブレンダン・ロジャース COL SS
4 ヨアン・モンカダ CHW 2B
5 ルーカス・ジオリト CHW RHP
6 ブレント・ハニーウェル TB RHP
7 イアン・ハップ  CHC OF
8 コディ・ベリンジャー LAD 1B
9 ジョシュ・ヘイダー MIL LHP
10 エロイ・ヒメネス  CHC OF
11 フランクリン・バレット OAK SS
12 ニック・センゼル CIN  3B
13 フランシス・マーテス HOU RHP
14 ラファエル・ディバース BOS 3B
15  アレックス・レイエス STL  RHP

16

ダンズビー・スワンソン ATL SS
17 ルイス・ブリンソン MIL  OF
18 ホセ・デレオン TB RHP
19 クリント・フレイジャー NYY OF
20 エリック・フェッディ WSH RHP
21 コルビー・アラード ATL LHP
22 ビクター・ロブレス WSH OF
23 ウィリー・アダムス TB SS
24 ハンター・レンフロー SD OF
25 アレックス・バードューゴ LAD  OF
26 オースティン・メドウズ PIT OF
27 タイラー・グラスノー PIT RHP
28 ハンター・ドージャー KC 3B
29 ジョシュ・ベル PIT 1B
30 レイナルド・ロペス CHW RHP
31 カイル・ルイス SEA OF
32 ジェフ・ホフマン COL RHP
33 マット・チャップマン OAK 3B
34 ドミニク・スミス NYM 1B
35 アーロン・ジャッジ NYY OF
36 ブラッドリー・ジマー  CLE OF
37 ヤディアー・アルバレス LAD RHP
38 ショーン・リードフォーリー TOR RHP
39 フランシスコ・メヒア CLE C
40 デビッド・ポリーノ HOU RHP
41 タイラー・オニール SEA OF
42 A.J.パク OAK LHP 
43 ブレイク・ラザフォード NYY OF
44 ウォーカー・ビューラー LAD RHP
45 ザック・コリンズ CHW C/1B
46 ヨハンダー・メンデス TEX LHP
47 スティーブン・ゴンザルベス MIN LHP
48 カイル・タッカー HOU OF 
49 ホルヘ・アルファロ PHI C
50 ヘルマン・マーキス COL RHP
51 アンダーソン・エスピノーザ SD RHP
52 アミーア・ギャレット CIN LHP 
53  アリスティーディス・アキーノ CIN OF
54 デズモンド・リンジー NYM OF
55  ショーン・ニューカム ATL LHP
56  オースティン・ライリー ATL 3B
57 カル・クオントリル SD RHP
58 ライリー・パイント COL RHP
59 アメド・ロサリオ NYM SS
60 グレイバー・トーレス NYY SS
61 シクスト・サンチェス PHI RHP
62 イーサン・ディアズ MIL SS
63 コリー・レイ MIL OF
64

ロバート・スティーブンソン

CIN RHP
65 ウィリー・カルフーン LAD 2B
66 リース・ホスキンズ PHI 1B
67 ハリソン・ベイダー STL OF
68 オジー・アルビース ATL 2B 
69 ラウディ・テレズ TOR 1B
70 トレバー・クリフトン CHC RHP
71 ルーク・ウィーバー STL RHP
72 ボビー・ブラッドリー CLE 1B 
73 マイク・ソローカ ATL RHP
74 トリスタン・マッケンジー CLE RHP
75  レイメル・タピア COL OF
76 フランクリン・キロメ PHI RHP
77 カーソン・フルマー CHW RHP
78 アルバート・アルモラ CHC OF
79 ジャレル・コットン OAK RHP
80 マニュエル・マーゴット SD OF
81 ケビン・マイタン ATL SS
82 ブライアン・レイノルズ SF OF
83 フォレスト・ウィットリー HOU RHP
84 T.J.ゾイク TOR RHP
85 ディラン・カズンズ PHI OF
86 ジェシー・ウィンカー CIN OF
87 タイラー・ビーディ SF RHP 
88 シェド・ロング CIN 2B
89 ドミンゴ・アセベド NYY RHP
90 トラビス・デメリ ATL 2B
91 ダニエル・ゴセット OAK RHP
92 ディラン・シーズ CHC RHP
93 ジョン・ハリス TOR RHP
94 クリスチャン・スチュワート DET OF
95 ブラディミール・ゲレーロJr TOR 3B
96 J.P.クロフォード PHI SS
97 コディ・セドロック BAL RHP
98 ジェイマー・キャンデラリオ CHC 3B
99 マイケル・コペック CHW RHP 
100 フランクリン・ペレス HOU  RHP

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/N1CRAP

2017 Top 10 Prospects by Position

25995922604_a556eb2499_z

 

 

 

 

 

 

 

 

*ポジションはC・1B・2B・3B・SS・OF・RHP・LHP
*レポートはチーム別トップ20リストを参照

 

  • C
ランク 選手名 チーム名
1 フランシスコ・メヒア CLE
2 ザック・コリンズ CHW
3 ホルヘ・アルファロ  PHI
4 カーソン・ケリー STL
5 チャンス・シスコ BAL
6 トム・マーフィー COL
7 ギャレット・スタッブス HOU
8 クリス・オーキー CIN
9 ベン・ローベット MIN
10 ブルース・マックスウェル OAK

 

  • 1B
ランク 選手名 チーム名
1 コディ・ベリンジャー LAD
2 ジョシュ・ベル PIT
3 ドミニク・スミス NYM
4 リース・ホスキンズ PHI
5 ラウディ・テレズ TOR
6 ボビー・ブラッドリー CLE
7 ケイシー・ギレスピー TB
8 ライアン・オハーン KC
9 マット・タイス LAA
10 ダン・ボーゲルバック SEA

 

  • 2B
ランク 選手名 チーム名
1 ヨアン・モンカダ CHW
2 ウィリー・カルフーン LAD
3 オジー・アルビース ATL
4 シェド・ロング CIN
5 トラビス・デメリ ATL
6 アンディ・イバニェス TEX
7 ルイス・ウリアス  SD
8  アレン・ハンソン  PIT
9  マックス・シュロック  OAK
10  ホルヘ・マテオ  NYY

 

  • 3B
ランク 選手名 チーム名
1 ニック・センゼル CIN
2 ラファエル・ディバース BOS
3 ハンター・ドージャー KC
4 マット・チャップマン OAK
5 オースティン・ライリー ATL
6 ブラディミール・ゲレーロJr TOR
7 ジェイマー・キャンデラリオ CHC
8 ボビー・ダルベック BOS
9 ケブライアン・ヘイズ PIT
10 ジョシュ・ロウ TB

 

  • SS
ランク 選手名 チーム名
1 ブレンダン・ロジャース COL
2 フランクリン・バレット OAK
3 ダンズビー・スワンソン ATL
4 ウィリー・アダムス TB
5 アメド・ロサリオ NYM
6 グレイバー・トーレス NYY
7 イーサン・ディアズ MIL
8 ケビン・マイタン ATL
9 J.P.クロフォード PHI
10 フェルナンド・タティスJr SD

 

  • OF
ランク 選手名 チーム名
1 アンドリュー・ベニンテンディ BOS
2 イアン・ハップ CHC
3 エロイ・ヒメネス CHC
4 ルイス・ブリンソン MIL
5 クリント・フレイジャー NYY
6 ビクター・ロブレス WSH
7 ハンター・レンフロー SD
8 アレックス・バードューゴ LAD
9 オースティン・メドウズ PIT
10 カイル・ルイス SEA

 

  • RHP
ランク 選手名 チーム名
1 ルーカス・ジオリト RHP
2 ブレント・ハニーウェル TB
3 フランシス・マーテス HOU
4 アレックス・レイエス STL
5 ホセ・デレオン TB
6 エリック・フェッディ WSH
7 タイラー・グラスノー PIT
8 レイナルド・ロペス CHW
9 ジェフ・ホフマン COL
10 ヤディアー・アルバレス LAD

 

  • LHP
ランク 選手名 チーム名
1 ジェイソン・グルーム BOS
2 ジョシュ・ヘイダー MIL
3 コルビー・アラード ATL
4 A.J.パク OAK
5 ヨハンダー・メンデス TEX
6 スティーブン・ゴンザルベス MIN
7 アミーア・ギャレット CIN
8 ショーン・ニューカム ATL
9 マット・ストラム KC
10 トーマス・サプーキ NYM

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/FBaU79

2017 Top 20 Prospects:ボストン・レッドソックス

27359146042_6c0bc9ac5d_z

 

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。 

 

1. ジェイソン・グルーム:LHP
16年ドラフト全体12位指名。ホームシックにかかるメンタルや契約について取りざたされたが、実力は18歳のものとは思えない域に達している。90マイル中盤の速球とクオリティの高いカーブ、チェンジアップの3球種をコントロールよく投げ分ける。デリバリーもシンプルでスタミナも先発として十分。これからさらに成長していけば行く末は、BOSのエースに留まらずアメリカのエースとなれる逸材。 

2. アンドリュー・ベニンテンディ:OF
15年ドラフト全体7位指名。大学の最終シーズンにHRが急増し一気に評価を上げ、 そのHR増がフロックではなかったことをたった2年間のプロ生活で証明した。打撃では隙がなく、高打率、高出塁率で三振は少なく、パワーも申し分ない。平均以上のスピードを生かした守備と走塁でも存在感を放っている。

3. ラファエル・ディバース:3B
柔らかさと力強さを兼ね備えたスイングでハイレベルな打撃を見せるヒッティングプロスペクト。現時点では平均を多少上回る程度のパワーしか試合で発揮できていないが、将来は30本塁打をマークすることも不可能ではないだろう。 守備では好プレーを見せるほど上手くはないが、肩が強く、堅実な守備を見せているため3Bには残れるとの見方が強い。

4. ボビー・ダルベック:3B
16年ドラフト4巡目指名。今年のドラフトクラスの大学生の中では1、2を争うほどのパワーツールに持ち主。大学最終シーズンで不調に陥り評価を落としたが、カレッジワールドシリーズの予選から復調傾向にあり、プロ入り後もA-で34試合に出場し7HRをマークした。変化球に対して脆さを見せており、空振りも多い。大学時代クローザーを務めていたため肩は強いが守備/走塁は平均以下。

5. ジョシュ・オッキミー:1B
流し打ちでスタンドを越す打球が打てるスラッガー。下半身を上手く使い強くボールを弾き返すことができている。昨シーズンまで30%を超えていたK%を低くし、四球を増やすことには成功したが、打率が急激に落ちてしまったため自分に合ったアプローチを見つける必要があるだろう。守備では打球反応が悪いがルーティンプレーならそつなくこなせる。鈍足。

6. ロニエル・ロウズ:RHP
18歳ながらも卓越したピッチングを見せる。速球の最速は90マイル前半だが、今後より速くなっていくだろう。縦に割れるカーブとチェンジアップの評価も高く、空振りを奪えるためアウトピッチとして使える。コントロールがよくマイナー通算のK/BB=5.7。投球前に体をかがめグローブを頭の上に掲げるルーティンがある。 

7. サム・トラビス:1B
ラインドライブの打球を量産するアベレージヒッター。フィールド全体に打ち分ける技術を持っており、アプローチも悪くなく常に平均以上の打率を残せる。内角の速球に弱さを見せている。パワーツールは平均かそれ以下。ポジションが1Bに限られているため、打率が少しでも低くなるとバリューが大幅に落ちる。 

8. マイケル・チャビス:3B
今シーズンは親指の故障で限られた出場試合数となったが、課題だった三振の多さを減らすことに成功。打率も若干上がったが、それでもまだ.237と低水準。パワーポテンシャルは高いと言われているが、まだ試合では満足に発揮できていない。守備では肩の強さが光るが、2B/OFへの転向も考えれている。

9. マイク・シャワリン:RHP
16年ドラフト5巡目指名。メリーランド大学の通算勝利数と通算奪三振数の記録を持っており、アップサイドには欠けるが、現時点での実力は非常に高い。サイド気味のアングルから90マイル前半の沈む速球と、変化量の大きいスライダー、チェンジアップを投じる。コントロールがよく、スタミナもあるため長いイニングを投げることが可能。

10. ジェイク・コザート:RHP
今シーズンからブルペンに専念し、速球の最速が99マイルに跳ね上がった。アームスピードの速さに頼ったメカニクスは余計な力が入っており、コントロールを乱す原因となっている。カーブでタイミングを外し三振を奪うピッチングスタイル。コントロールの悪さをどれだけ抑えることができるかが今後のカギ。兄はジャレッド・コザート(SD)。

11. ブライアン・ジョンソン:LHP
落差の大きいカーブと90マイル前半の速球で緩急をつけて空振りを奪うピッチングスタイル。スリークォーター気味のデリバリーは非常にスムーズで、コマンドのよさにつながっている。今シーズンは不安障害を患い6週間戦列を離れ、成績も落としてしまった。現在は完治しているとのことだが、遅れをとってしまった感は否めない。

12. C.J.チャッサム:SS
どこをとっても可もなく不可もなくといったタイプの選手。スイングは若干遠回りしがちだが、その分パワーを上手く伝えられるようになっており、シーズン2桁本塁打も不可能ではない。コンタクトスキルも悪くなく、極端に低い打率を残すことはないだろう。守備ではスピードが平凡ということもあってレンジが限られているが、反応の速さや肩の強さでカバーしている。 

13. トラビス・レーキンズ:RHP
90マイル中盤の速球と2つのブレーキングボールのコンビネーション。デリバリーは安定しているが、肩に負担がかかるような投げ方なのでリリーフ転向を勧める声もある。速球のムーブメントが少ない点も先発として不安視される一因になっている。

14. カイル・マーティン:RHP
速球の最速は95マイルと平凡だが、マウンドの傾斜を上手く使い6-7たる体格を生かして角度をうけて打ちづらくしている。この速球とサークルチェンジをで緩急をつけるピッチングスタイル。ストライクゾーンに投げこむコントロールを持ち合わせているが、コマンドに欠けるため打者からすると打ちやすくなってしまっている。リリーフだが回跨ぎもこなすタフネスさが魅力。

15. ニック・ロンギ:1B
コンパクトなスイングで広角に打ち分けるヒットメーカー。 アプローチも悪くないが、パワーは平均以下。肩は強いが動きが悪く、1Bしか守れないため現状はサム・トラビスの下位互換でしかない。また、トラビス同様速球に弱さを見せているため、今後クラスが上がるにつれ成績が悪くなる可能性が高い。

16. タイラー・ヒル:OF
小柄な体格だが、筋肉はしっかりとついておりボールを遠くへと飛ばすことができる。20歳と若いが、ただスイングするだけではなく しっかりとボールを見極められている点は評価に値する。スピードもあり2桁盗塁をマークすることも可能。肩が弱くLFしか守れないところがバリューを下げている。

17. キリ・ワシントン:OF
粗さが目立つが、平均以上のパワーポテンシャルが魅力。今シーズンは16HR、9三塁打をマーク。コンタクトスキルに難があり、ブレーキングボールに対応できず空振りを喫する場面が多い。アプローチもそれほどよくなく、パワーツールだけが目立っている。スピードと守備は平凡。

18. トレント・ケンプ:OF
身体能力の高さがウリ。現在は粗さが前に出ているが、それでも今シーズン13HRをマークするなど才能の片鱗は見せた。アプローチは悪くないが三振が非常に多い。スピードは平均以上だが盗塁を積極的に仕掛けるタイプではない。

19. マーク・ブレイクマン:RHP
低いアングルから投げる90マイル前半の速球とチェンジアップのコンビネーション。球速はないが、デセプションに優れたデリバリーでカバーしている。チェンジアップは速球と同じアームスピードで投げられるため打者のタイミングを外すことができる。スライダーも投げるがクオリティはイマイチ。コントロールがよく、先発としても問題なく投げられる。 

20. ショーン・アンダーソン:RHP
90マイル中盤の沈む速球とスライダー、カーブのブレーキングボールのコンビネーション。大学時代はクローザーだったが、大柄な体格とコントロールのよさは先発向き。しかし、昨夏のケープコードリーグでは先発としていい成績を残すことができなかった。リリーフとしてなら早期昇格が望めるが、先発としてなら長い時間が必要となるだろう。 

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/HFCLWw