Tag Archives: ランダル・グリチック

2018 Team Preview:トロント・ブルージェイズ

tor

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

  • 本拠地:ロジャース・センター

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml19/

 

広さ
レフト 100.0m
センター 121.9m
ライト 100.0m
フェンス高さ 3.0m
パークファクター平均*100
安打 97.4
ツーベース 107.5
スリーベース 93.7
HR 92.3
得点 94.6

 

  • 予想オーダー

1.デボン・トラビス:2B

デビューイヤーから2年連続打率.300を記録するも、17年はキャリアワーストの185打数、打率.259。2B通算DRS=6、UZR=5.4と守備は良いが、GMはそもそも守備指標に懐疑的。18年も離脱が長ければ、新加入のヤンガービス・ソラーテに2Bの座を奪われるかもしれない。

2.ジョシュ・ドナルドソン:3B

4年連続となるAS選出は逃したものの、3年連続30本塁打、OPS+=140を記録した。通算BB/K=0.63とアプローチに定評があり、3B通算DRS=52、UZR=43.2と守備も良い。ただし17年はUZR=-0.9を記録。年俸23MでFA間近のドナルドソンの去就は気になるところだ。

3.ジャスティン・スモーク:1B

17年は打率.270/OPS.883/38(対左7本)本塁打のキャリアハイでAS初出場を果たした。左投手を苦手としていたが、17年は左投手からも打つことが出来た。プルヒッターでありフライボールヒッター。積極的アプローチだが、通算打率.232/.出塁率.317と四球は平均以上に選べている。スティーブ・ピアースと1Bの座を争う。

4.カーティス・グランダーソン:LF

予想オーダー唯一の左打者。37歳とピークは過ぎているものの、17年はメッツで19本、ドジャースで7本の本塁打を放ち、4年連続20本塁打を継続させると共に、通算300本塁打を達成した。極端に慎重なアプローチでハードコンタクトの多いバッター。左打者が不足していることもあって、一定の出場機会が得られるため5年連続20本塁打に期待したい。

5.ケンドリス・モラレス:DH

スモークと同じくスイッチヒッターで、左投手を苦手としていない。17年はOPS+=94だった一方で28本塁打を記録。しかし、エドウィン・エンカーナシオンの穴を埋めたとは言えず、再び30本塁打の大台に乗せたい。BB%が低下する一方でK%が増加しているのは気がかり。

6.トロイ・トゥロウィツキ:SS

故障が多いSSで、18年は既に4月末まで離脱することが決まっている。17年はSS守備でDRS=0、UZR/150=-2.4と、移籍後振るわない打撃成績だけでなく、守備成績でも陰りが見えた。故障さえしなければ好成績を収められる選手だっただけに、復帰後は好成績を収めたい。契約は最短でも35歳となる20年(20→20→14→15*)まで続くことになっている。

7.ランダル・グリチック:RF

17年のオフにカージナルスからトレードで加入した。パワーはメジャー平均を上回るものの、アプローチに難があり、通算BB/K=0.20。プルヒッターであり打球の約半数が左方向(右打者)。パワーポテンシャルを活かしきれていないだけに、新天地でグレードアップを狙いたい。OFでは3ポジション共にDRSとUZRは+を記録している。

8.ラッセル・マーティン:C

通算BB/K=0.66のアプローチと強肩、フレーミングに定評のあるキャッチャー。近年は盗塁阻止率やフレーミングが低下して評価を落としている。13年には、当時まだメジャーリーグで脚光を浴びていなかったフレーミング技術をパイレーツに高く評価された。

9.ケビン・ピラー:CF

球界を代表するディフェンダーの1人であり、15年にはウィルソン Def PlayerのCFに選出。通算DRS=52、UZR=41.8を記録。一方で通算BB/K=0.28、OPS+=85とバッティングは下位打線向きの成績。通算55盗塁19盗塁死とスピードは攻守で活かされている。18年はヤンキース戦にて二盗、三盗、本盗を連続で決めてみせた。

 

2017 Team Preview:セントルイス・カージナルス

DSC06449

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  • 本拠地: ブッシュスタジアム
他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml10/

 

広さ
レフト 102.4M
センター 121.9M
ライト 102.1M
フェンス高さ 2.7M
パークファクター平均*100
安打 97.2
ツーベース 91.4
スリーベース 54.3
HR 90.1
得点 92.1
  • 予想オーダー

1. デクスター・ファウラー:CF

同地区のライバルであるシカゴ・カブスから5年82.5M$の大型契約で加入。リードオフマンとしては素晴らしい打席でのアプローチで、昨年のBB%は14.3、出塁率は自己ベストの.393であった。守備に関しては不安が多いが、昨年のUZRは自己初めて+の数値、1.0を残した。昨年カブスに移籍したジェイソン・ヘーワードのように長期契約を結んだ外野手は初年度はあまり活躍しないイメージが強いが、そのジンクスを跳ね返せるか。

2.アレドミー・ディアズ:SS

昨年メジャーデビューし、ショートのレギュラーの座をつかんだキューバ出身の26歳。2014年にキューバから亡命し、カージナルスと契約した。2014、2015年のマイナー時代でもソリッドな成績しか残せていなかったので、開幕当初はあまり期待されていなかったが、蓋を開けてみるとほぼどのスタッツでもマイナー時代を含めても自己ベストをマークした。二年目のジンクスを跳ね返してリーグを代表するショートストップになれるか。

3.マット・カーペンター:1B

昨年はサード、セカンド、ファーストのポジションを守ったが、今年はファーストでの先発が予想される。2012~2014年シーズンでは外野を守った経験もあり、どこでも守れる器用さを持つ。バッティングに関しては一昨年に長打力が開花。昨年の打撃に注目が集まったが、一昨年とほぼ同じ成績を残し、一昨年の成績がまぐれではないことを証明した。

4.スティーブン・ピスコッティ:RF

2012年ドラフト1巡目指名の26歳。昨年はメジャー2年目で153試合に出場し、22本塁打、OPS.800と将来のカージナルスの中軸を担っていく候補の一人に名乗りをあげた。しかし、昨年の前半は打率.295とと調子が良かったが、後半戦は.247と低迷。とくにK%は17%から24%へと悪化した。昨年の悪いながれを断ち切ることができるか。

5.ヤディア・モリーナ:C

モリーナ三兄弟の末っ子。ちなみに兄二人ともメジャーリーグで捕手を務めた経験がある。昨年は守備面での成績では盗塁阻止率など悪化したものも、リード面や投手陣の精神的支柱的な存在などに関してはいまだ高い評価を受けている。守備面では成績悪化したものも、打撃面では3年ぶりに打率三割越えをマーク。34歳と若干衰えが見えてくるころだが、まだまだこれからの活躍を期待したい。

6.ジェッド・ジョーコ:3B

昨年主にサードを守ったジョニー・ペラルタが怪我で出遅れているため、開幕サードを務めると思われている28歳。2013年にサンディエゴ・パドレスで23本塁打を放ちブレークしたが、それ以降は2年連続で20本塁打以下にとどまり、昨年からカージナルスへ移籍した。カージナルスに移籍してからは、非常に調子はよく、OPSは自己ベストをマーク。サードのレギュラー奪取なるか。

7.ランダル・グリチック:LF

昨年は自己最多の132試合に出場。超積極的打法で、四球数28に対して三振数はなんと141、出塁率も三割を切る.289であった。魅力は豪快な打撃、長打力にあり、昨年は24本塁打を放った。昨シーズン序盤に打席でのアプローチを変え、四球を選ぶように試みたが、結果的に長打力が落ち、今の形に戻すこととなった。今シーズンはほぼフルシーズンでの出場が見込まれており、どこまで本塁打数を伸ばせるか注目である。

8.コルテン・ウォン:2B

ハワイ出身の26歳二塁手。2015年シーズンに自己ベストとなる146安打を放ち、長期契約を勝ち取った。しかし、昨年は大スランプに陥り、安打数は75本と2015年シーズンのほぼ半分以下、マイナー降格を味わった。守備を強化したいという監督の方針から今年はまた二塁手のレギュラーのポジションに戻ると思われる。契約の価値に見合った成績を残せるか。

9.投手