Tag Archives: ルーキー・デービス

2017 Top 20 Prospects:シンシナティ・レッズ

20815532492_ff1db26d82_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. ニック・センゼル:3B
16年ドラフト全体2位指名。バットスピードの速さとバットコントロールのよさを兼ね備えており、ハイアベレージを残しつつ、長打をコンスタントに打つことができる。アプローチも卓越しており、三振数を抑えつつ四球を多く選んでいる。問題は守備で、大学時代はポジションを転々としていた。現在は3Bで落ち着いており、平均レベルにまで上達するのではないかと見られている。

2. アミーア・ギャレット:LHP
12-13年は大学のバスケットボールとマイナーでの野球を兼任していた身体能力の高いタレント。野球に専念しはじめたのは14年からだがわずか2年でAAAにまで昇格を果たし能力の高さを見せている。最速96マイルの速球はコマンドよく投げることができる。スライダー、チェンジアップ、カーブといったブレーキングボールの評価はあまり高くないが、最低でも平均レベルにはなる見込み。

3. アリスティーディス・アキーノ:OF
大柄な体格から生み出されるパワーが魅力。パワーポテンシャルはCINのマイナーの中でもトップクラスで、将来はメジャーで30HRをマークすることもできるだろう。 足を上げるスタンスのためタイミングが合わない時がしばしばあり、三振が多い原因となっている。早打ちのため四球が少ない点も気になるところ。肩は強いが、スピードは平凡なためRFを守っている。

4. ロバート・スティーブンソン:RHP
ノビのある速球とストレートチェンジで三振を大量に奪うピッチングスタイル。時折投げるカーブは甘く入ることが多く、クオリティは高くない。コントロールが悪く、現在の状態だと先発として投げ続けられるかは微妙なところ。ブルペンに回ったとしてもセットアッパー/クローザーレベルの投手になれるだろう。

5. ジェシー・ウィンカー:OF
コンタクトすることを重点に置いたスイングでヒットを量産する。ストライクゾーンの見極め、ボールに対する反応、バットコントロール、タイミングの取り方などは非常に優秀で将来首位打者争いに加わる可能性もあるだろう。パワーは平均以下でシーズン2桁HRをマークすればいい方だろう。スピードや守備に置いては平均以下で打席での結果が重要となる。

6. シェドリック・ロング:2B
平均以上のパワーポテンシャルが魅力のハイシーリングなタレント。バットスピードが非常に速く、極端なアッパースイングのため小柄な体格ながら打球を軽々とスタンドへと打ち込むことができる。その分三振が多く、上のクラスでは高打率を残すのは難しいかもしれない。2Bには2年前にCからコンバートされたばかりだが、持前の身体能力の高さから既に適応しつつある。スピードも平均以上で将来は20-20もマークできるだろう。

7. サル・ロマノ:RHP
90マイル中盤の速球とスライダーのコンビネーション。一昨年までコントロールに問題があったが、昨シーズンは改善され四球を大幅に減らすことに成功した。アグレッシブなデリバリーで、先発として長い回を投げれるかは微妙なところ。また、スライダーに続く変化球であるチェンジアップも心許ないため、ブルペン転向を勧める声もある。

8. イス・カスティーヨ:RHP
ダン・ストレイリー(MIA)のトレードで加入。最速100マイルを計測する速球が最大の武器。この速球にスライダー、チェンジアップを組み合わせる。プロ入り後3年間はリリーフだったが、昨シーズンから先発に転向。奪三振は減ったが、コントロールを意識したため四球が減った。

9. ルーキー・デービス:RHP
90マイル前半の速球は状況に応じて95-96マイルまで球速を上げることができる。カーブの評価も高いが、一昨年あたりから速球と同じアームスピードで投げられなくなったため奪三振が減ってしまった。それでもコントロールのよさで何とか成績を維持している。長い回を投げられる点と、故障が少ない点は先発として投げるうえでは大きなアドバンテージ。

10. タイラー・マーレ:RHP
90マイル前半の速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。カーブ、チェンジアップの評価は高いが、速球の球威がないためAAでは打ち込まれてしまった。現時点でコントロールは悪くなく、むしろいい方だが、速球の球速上昇が望めない分よりピンポイントのコマンドを意識して投げる必要があるだろう。ここまで大きな故障なく投げられている点は評価に値する。

11. T.J.フリードル:OF
小柄な体格ながらもしっかりと振りぬくスイングをするためラインドライブの打球を量産する。ストライクゾーンの見極めにも長けており、高打率、高出塁率を期待できる。パワーは平均程度でHRよりもギャップを抜いた二塁打や三塁打が長打のメインになりそう。スピードはずば抜けておりシーズン30盗塁も可能。このスピードを生かしたCF守備も上手い。昨年がドラフトイヤーだったが、本人が今年がドラフトイヤーだと勘違いし、スカウトもそれを信じたためドラフトにはかからずドラフト外からの入団となった。

12. クリス・オーキー:C
16年ドラフト2巡目指名。何かに突出しているわけではないが、その分何かに欠けているわけでもない。打撃ではCとしては平均以上のパワーが魅力。シーズン15HRをマークすることもできるだろう。三振が多いため高打率は残せないが、四球を選べるためそこそこの出塁率を期待できる。守備は盗塁阻止、キャッチングなどをそつなくこなすことができる。スピードは皆無。

13. テイラー・トラメル:OF
アメフトの選手としても鳴らしていた身体能力の高いハイシーリングなタレント。バットスピードが速く、パワーは平均かそれ以上。コンタクトスキルに難があり、多すぎる三振を減らすことが今後の課題。ストライクゾーンの見極めは悪くなく、出塁率は高い。素晴らしいスピードツールの持ち主で昨シーズンは61試合で24盗塁をマーク。守備はもう少し洗練されればCFとしてプレーできるようになるだろう。

14. タイラー・スティーブンソン:C
脳震盪や手首の故障もあって昨シーズンは出番が少なかった。20歳にして既に6-4/225たる体格の持ち主でパワーポテンシャルは十分にあるが、ボールがバットに当たらず満足に生かし切れていない。守備では鉄砲肩だけが現在の取り柄で、その他の面では未熟さが隠しきれていない。まだ、Cとしての経験が浅く、今後のアップサイドは大きいため上手くいけば盗塁阻止に秀でたレギュラーCになれる可能性はある。

15. ケウリー・メラ:RHP
最速98マイルの速球が武器。これにカーブとチェンジアップを交えて緩急をつけるピッチングスタイル。デリバリーは無駄な動きが多く、試合中によく崩れるためコントロールが不安定になる原因となっている。昨シーズン、奪三振が減った点が気がかりなところ。

16. アントニオ・サンティラン:RHP
常時90マイル後半の速球を投げ込む剛腕。この速球を高めに投げて空振りを奪うことができる。アウトピッチのスライダーの評価も悪くなく、速球と緩急をつけピッチングが単調にならないようにしている。デリバリーはスムーズだが、コントロールは非常に悪く四球で自滅する場面が目立つ。コントロールを少しでも改善できれば今後も先発として投げ続けることができるだろう。

17. ブラディミール・グティエレス:RHP
昨年インターナショナルFAで加入。90マイル中盤の速球と大きく曲がるカーブのコンビネーション。チェンジアップも投げるが、あまり試合で使わずクオリティもイマイチ。デリバリーが安定せず、アームアクションが定まらないこともしばしば。この点を修正することができるかがカギ。 

18. イアン・カハロア:RHP
素材は一級品のハワイアン。最速96マイルのノビのある速球とカーブ、チェンジアップのコンビネーション。ブレーキングボールは徐々によくなっており、三振を奪うのには苦労していない。細かいコマンドという点ではまだまだだが、四球を出すことは少ない。最大の問題は精神面での未熟さで、味方のエラーにイライラしたりとプロ意識が低い。

19. フィル・アービン:OF
大きなフォロースルーが特徴的なスイングで打球を遠くまで飛ばすことができる。ブレーキングボールに対する脆さが仇となって打率は常に低空飛行となっている。四球を多く選んでいるため出塁率は悪くない。マイナーで3年連続30盗塁をマークしているスピードがあるためCFを守ることもあるが、上手いとは言えずRF/LFが定位置となるだろう。

20. ブランドン・ディクソン:2B
パワーツールだけが取り柄の全体的に粗っぽいタレント。スイングが大きく、三振が非常に多い。また、何でも打ちに行くアプローチのため四球が少ない。スピードは平均以上だが、IF守備ではどこを守らせてもお粗末なためポジションを転々としている。

 

Text by Ookaya Ryota
写真: https://flic.kr/p/xHp3Bf

2016 Top 20 Prospects:ニューヨーク・ヤンキース

11684358005_68db4e57d2_z

 

 

 

 

 

 

 

本ランキングのベースは、現在の活躍と今後のアップサイドによる総合的な評価である。傘下トップ20の素材を簡易のレポートと共に示している。選手名のリンクで表示されるマイナーでのスタッツと併せて参考にして頂ければ幸いだ。

 

1. ゲリー・サンチェス:C
強肩強打のキャッチングプロスペクト。特にオフェンス面での評価が高く、2A&3Aで18ホーマー&OPS.815をマーク。パワー&強肩は魅力も、攻守に粗さが目立つ。捕手に止まるにはブロッキング&レシービングを磨く必要がある。 

2. アーロン・ジャッジ:OF
『ジャンカルロ・スタントン(MIA)2世』の呼び声高い大型スラッガー。 6-7/230の体格から力強いスイングを生み出し傑出したパワーポテンシャルを示す。2A&3Aでは20ホーマー、OPS.777と存在感を示した。トレード候補に挙がるもチームは保持の意向。

3. ホルヘ・マテオ:SS
ホゼ・レイエス(COL)と比較されるスピード&ディフェンス型のSS。20-80スケールで文句なしの80評価を受けるスピードを武器にメジャー&マイナー全体トップの82盗塁をマークした。 守備面でも飛躍的な向上を辿る。20歳と若く、アップサイドは傘下No.1。

4. ロブ・レフスナイダー:2B
生まれは韓国も生後3ヶ月でレフスナイダー家の養子に入った。広角に打ち分けるラインドライブヒッターで3AではOPS.761&9本塁打をマーク。メジャーでも16試合に出場し打率.302&2ホーマーと目立った活躍。守備はソリッドもフットワークに乏しく101試合で18個の失策を喫した。

5. ジェームズ・キャプリリアン:RHP
15年ドラフト全体16位。エース級の素材ではないも、近い将来にローテーションの1角として働きが期待できる即戦力型。 ドラフト直前にはノーヒッターを達成するなどして評価を上げた。ピッチングセンスに長け、カーブ&チェンジアップでタイミングを崩す。

6. イアン・クラーキン:LHP
90マイル前半のストレート&上質なアウトピッチに成り得るカーブ&チェンジアップを操る。今季は肘の故障によりシーズン全休。AFLでリハビリ登板を行った。耐久性に不安も、チェンジアップ&コマンドはプロ入り後に向上を辿っている。

7. ダスティン・ファウラー:OF
ファイブツール候補が開花寸前。1A&A+で123試合出場して打率.298、本塁打5、盗塁30。スピード&肩&CF守備はすでにプラス評価で、選球眼は磨く必要アリも、パワーは15ホーマー級まで向上が見込まれている。

8. ウィルカーマン・ガルシア:SS 
一部スカウトではチーム2位のプロスペクトであるホルヘ・マテオ級の素材との評価も。手元までボールを引き付け、フィールド全体に打ち分ける打撃技術と出塁能力はスカウトたちも絶賛。17歳ながらRで39試合プレーして打率.299をマーク。 

9. ドミンゴ・アセべド:RHP
6-7/242の恵まれた体格から100マイルにも達するストレートを投げ込む才能の塊。セカンダリーピッチのチェンジアップも磨かれており、ストレートとのコンビネーションも抜群。R&A-では12先発して防御率1.81。まだまだ発展途上も、アップサイドに期待が高まる。

10. タイラー・ウェイド:SS
ドラフト時から滑らかかつアスレッチクな守備で定評を得ていた素材。スピード&ディフェンスはいずれもプラス評価。プロ3年目の今季は三振率を20%→16%に減らした。A+ではOPS.702も2A昇格後は.490。33盗塁/16失敗と盗塁技術を磨く必要アリ。

11. ブレイディ・レイル:RHP
プラスのコマンドを武器にA+&2A&3Aで防御率2.91&BB/9=2.4をマーク。90-94マイルのストレート&プラスのカーブ&発達したチェンジアップをコーナーに投げ込む。メカニクスでの評価も高く、21歳と若いことからもアップサイドを期待する声も多い。

12. ジェイコブ・リングレン:LHP
リリーフプロスペクト。大きく曲がるプラスプラスのスライダー&90マイル前半のストレートのコンビネーション。3Aでは15登板して防御率1.23&K/9=11.9をマークし、メジャーでも7登板。制球が安定すれば未来のクローザー候補。

13. ドリュー・フィンリー:RHP
15年ドラフト3巡目。『15年ドラフトクラスで最も洗練された高校生投手』たる評価を受ける。ベストピッチのカーブはプラス評価を受けるボール。速球は90マイル前半も、ストライクゾーンを自在に出し入れできるコマンドでカバー。Rでは12先発して防御率3.94、K/9=11.5。

14. ルイス・トーレンス:C
16歳の時に$1.3Mでヤンキース入り。今季は肩の手術を受けシーズン全休。健康であればプロ2年間で盗塁成功率41%をマークした強肩が武器。ブロッキングやレシービングは磨く必要があるも、捕手に止まることはできるだろう。

15. ルイス・セッサ:RHP
メキシコ出身。ジャスティン・ウィルソンとのトレードパッケージとしてDET→NYY。契約時はSSだったが、その後投手へと転向した。その身体能力はマウンドでも十分に発揮されており、マイナー通算BB/9=1.9と抜群のコマンドを持っている。 

16. ブライアン・ミッチェル:RHP
いずれもプラス評価を得るストレート&カーブのコンビネーション。3Aでは15先発して防御率3.12。メジャーでも20試合に登板した。コマンドが平凡で、メジャーではリリーフとしての出番が多くなりそうだ。来季はスイングマンとしてロースター入り?

17. ジョーダン・モンゴメリー:LHP
1A&A+で25登板(24先発)して防御率2.95、K/BB=3.67と充実のシーズン。球威は平凡も、ツーシーム&カッター&チェンジアップを自在にコマンドし打者のタイミングを惑わす。6-4/225と大柄な体格を有効に扱うことができ、メカニックもクリーン。 

18. メイソン・ウィリアムズ:OF
12年には『BA』リスト全体32位にランクインした元トッププロスペクト。13-14年の不振により評価を落としたが、今年は2A&3Aで打率.318、OPS.795と復活した。6月には、ジャコビー・エルズベリーのDLに伴いメジャーデビューも経験。 ベストツールはスピード。

19. アビアタル・アベリーノ:SS/2B
粗削りながらプラスプラスの強肩&プラスの守備範囲を生かしたSS守備は魅力。コンタクトに徹した打撃で1A&A+では打率.260、本塁打4、二塁打20とまずまずの成績。スピードツールは平均レベルも54盗塁をマーク。

20. カイル・ホルダー:SS
ブレンダン・ライアン(元NYY)と比較される守備職人タイプ。バッティングはライアン同様期待できないが、バスケットボールでも活躍したアスリート性に支えられたSS守備はゴールドグラブ級とも言われている。打撃は大学3年時に開花の兆しを見せたが、A-ではOPS.527と結果を出せなかった。 

Plus One Prospect
タイロ・エストラーダ:2B 
ベネズエラ出身。16歳で契約後、傘下有数のディフェンダーへと成長した。優れた打球反応から広大な守備範囲を示し、肩も強い。コンタクト&見極めに優れ、A-では打率.267、本塁打2、OPS.698、30K/23BB。スピードツールは平均以上も、走塁技術面はまだまだ発達段階。 

 

 Text by Haruki SAKURAI
写真:https://flic.kr/p/iNvoyn