Tag Archives: ロナルド・アクーニャ

2019年MLBオールスター

Hyun-Jin Ryu

 

 

 

 

 

 

 

 今年のオールスターは節目となる90回目だ。7月9日にクリーブランド・インディアンスの本拠地であるプログレッシブ・フィールドで行われる。クリーブランドでオールスターが開催されるのは史上最多の6回目であり、プログレッシブ・フィールドでは1997年以来2度目、球場開設25周年とこちらも節目である。

  All-Stars Starters
  American League National League
C ゲイリー・サンチェス(NYY) ウィルソン・コントレラス(CHC)
1B カルロス・サンタナ(CLE) フレディー・フリーマン(ATL)
2B DJ ルメイヒュー(NYY) ケーテル・マルテ(ARI)
3B アレックス・ブレグマン(HOU) ノーラン・アレナド(COL)
SS ホルヘ・ポランコ(MIN) ハビアー・バイエス(CHC)
OF マイク・トラウト(LAA) クリスチャン・イエリッチ(MIL)
OF ジョージ・スプリンガー(HOU) コディ・ベリンジャー(LAD)
OF マイケル・ブラントリー(HOU) ロナルド・アクーニャ Jr.(ATL)
DH J.D. マルティネス(BOS)  

 

 本コラムでは、「アメリカン・リーグ」、「ナショナル・リーグ」、「ホームランダービー」、「SiriusXM All-Star Futures Game 要注目選手」について触れている。

Written by Tsubasa Komiyama and Yu Ohkura

Photo link https://flic.kr/p/ecTugh

 

遊撃手が注目を集める2019 International Amateur FAについて

46601102335_f7e7810daa_z

 

 

 

 

 

 

 MLB公式による2019~20年度の国際アマチュアフリーエージェント選手トップ30が発表された。

 

 今年度の国際アマチュアフリーエージェント選手トップ30をMLB公式が発表した。

 これは海外の優秀なアマチュア選手をMLB各球団が獲得する手段の一つである。近年は中南米系のメジャーリーガーの存在感が高まりつつあり、その手段の重要性は増してきている。最近ではトッププロスペクトとして颯爽とデビューを果たしたブラディミール・ゲレーロjr(TOR)、フェルナンド・タティースjr(SD)、ロナルド・アクーニャjr(ATL)、フアン・ソト(WSH)、イーロイ・ヒメネス(CWS)そして大谷翔平(LAA)といった面々がこのルートを通じて球団に獲得されていることからも、球団の戦力アップにおける重大さが伺えると思う。

 

 

 さて、今回発表されたランキングだが、上記の円グラフの通り、最多がSSで13人、その次がOFの9人と続いている。過去3年の平均と比較したら分かるように、全体的には今年も似たようなポジション比率となっている。野手の比率が高くなるのは、タレントが野手に固まる中南米選手が多いことから当然といえる。SSが不自然に多いのは、他のポジションと比較した場合のSSの難度の高さから、SSを守れることをアピールすることで、球団からの評価を上積みしようという選手側の考えが読み取れる。

 

 例年と異なる点は、今年度は投手の質が全体的に低いということだ。上記の過去3年の平均を見れば分かる通り、トップ10には平均して2~3人投手が入るのが通年である。だが、今年は初登場すら16位となっている。逆に考えれば、野手の質が高いと言い換えることもできるかもしれないが、2年前は大谷、3年前にはエイドリアン・モレホン(SD)といった選手がそれぞれ1位、3位にランクインしていたことを考えると、少々寂しいかもしれない。

 

 これらの選手のほとんどには既にどの球団が関心を持っているかが記載されており、最多はSDの4人となっている。マイナー、MLBレベル共に若き才能の宝庫であるSDだが、今後も人材集めを怠る気は毛頭ないようだ。その4人の中で個人的に注目しているのが、22位のレギナルド・プレシアド(SS)。パナマ出身の彼は、6フィート4インチという遊撃手には珍しいほどの大柄ながら走攻守兼ね備えており、ロマンを感じさせる。

 また、2人いる捕手のどちらもCHCがフロントランナーとなっていることも興味深い。スター捕手ウィルソン・コントレラスの後釜としては、トッププロスペクトである20歳のミゲル・アマヤが控えているが、さらにその後釜となる選手の獲得を模索しているのかもしれない。

 

 そして、関心を持つ球団の記載がない選手の1人である、7位ランクインのイディ・カッペだが、彼のインスタグラムの自己紹介文にはマイアミ・マーリンズ所属の一文があり(現在は変更済)、すでにMIAが接触している可能性がある(ちなみにサイト記載の写真でもMIA帽を被っている。ただファンなだけかもしれないが)。キューバ出身16歳の彼は、同年代だったころのデレク・ジーター(元NYY)、カルロス・コレア(HOU)と比較される右投右打の大型遊撃手。MIAが他にコンタクトを取っているとみられる2選手も共に遊撃手であり、もし3選手の獲得に成功したならば、内野手プロスペクトに欠けるMIAにとっては、再建の大きな一歩となるかもしれない。

 ただ、彼はまだ各球団と契約を結べる許可が下りておらず、契約可能になるのは2020~21年度からかもしれないということをここに付け加えておく。

 

 これらのランキングはあくまで現時点のもので、将来の成功を約束するものでは決してないことは過去のランキングを見れば明らかである。エイドリアン・ロンドンや、成功間違いなしだったはずのケビン・マイタン(LAA)の意外な苦戦を想起して頂ければすぐに理解できる。しかし、先ほど挙げたメジャーで華やぐ若手スターのうち、アクーニャ以外はトップ30に入っており、当初から評価の高かった選手である。期待値の高さを示すには十分であろう(ちなみに、ランキングの成功例を示すと、2015~16年度などは中々壮観である。逆に2012~13、2014~15などは失敗例といえる)。

 彼らの内何人がメジャーの舞台で活躍するかが、今から楽しみである。契約可能となる期間は、7月2日がスタートとなっている。

 

Written by Yoshihiro Ueda

Photo link https://flic.kr/p/2dZYQaD

2018 NLDS Review : LAD vs ATL

14514519521_3e420673b4_z (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

NLDS : LAD 3-1 ATL

*Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 LAD 6-0 ATL

勝;柳賢振(1-0) 負;マイク・フォルティネビッチ(0-1)

Game2 LAD 3-0 ATL

勝;クレイトン・カーショー(1-0) 負;アニバル・サンチェス(0-1) S;ケンリー・ジャンセン(1)

Game3 ATL 6-5 LAD

勝;トゥキ・トゥサント(1-0) 負;アレックス・ウッド(0-1) S;アロルディス・ビスカイーノ(1)

Game4 ATL 2-6 LAD

勝;ライアン・マドソン(1-0) 負;ジョニー・ベンタース(0-1)

 

163試合目までもつれた混戦の西部地区を制し、地区6連覇を果たしたロサンゼルス・ドジャースと、若い戦力の活躍もあり、シーズン前の予想を大きく上回る90勝をあげ、13年以来となるポストシーズン進出を果たしたアトランタ・ブレーブスの組み合わせとなったNLDS。このシリーズは昨年のナ・リーグの王者であるドジャースが3勝1敗でブレーブスを退け、NLCS進出を決めた。

 

ここからはこのシリーズの注目点とシリーズを通して活躍した選手をピックアップしていく。

 

注目点1→選手層の差

このシリーズではドジャースの野手陣の層の厚さが目立った。1番から8番まで一発があり、ボールをよく見る事の出来る打者が並ぶドジャース打線。そしてベンチからはオールスター選手であるマット・ケンプやプレーオフ男のデビッド・フリースが出てくるその層の厚さはブレーブスを終始苦しめた。特にリーグトップの235本の本塁打を放った長打力はこのシリーズでも発揮され、4試合で実に8本の本塁打、シリーズで奪った20得点の内14得点は本塁打から生まれたものだった。

一方のブレーブス打線には先発選手に替わる選手はおらず、終始不振だった打線の復調を願うことしか出来なかった。特に中軸に座るニック・マーケイキスとヨハン・カマーゴが大不振で二人で1本しかヒットが出なかったのはブレーブスとしては大きな誤算だった。短期決戦では不調の選手が調子を取り戻すことは簡単でなく、ドジャースのように変わりとなる選手がいる層の厚さは大きな強みと言えるだろう。

 

注目点2→先発投手

投手に関しては特に先発投手の活躍で大きな差がでた。ブレーブスはGame1と4ではエースのフォルティネヴィッチ、Game2はベテランのサンチェス、Game3ではショーン・ニューカムがそれぞれ先発したが、いづれも5イニング未満でマウンドを降りるなど、試合を有利に進める事は出来ず、ダン・ウィンクラーやシェーン・カールといったレギュラーシーズンを支えたリリーバーがロスターを漏れたブレーブスにとっては苦しい状況が続いた。一方のドジャースは4試合のうち3試合で先発投手が5イングを投げきるなど先発防御率リーグトップの実力に違わぬ活躍。リリーバーの重要度が年々高まっているポストシーズンにおいて、先発が長いイニングを投げることで、リリーバーを温存できたことは今後のシリーズを考えても大きいだろう。

Weekly Report : Week-1,2

8643168590_9b5b8caa88_z

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-1,2のキーワードは「開幕」「大谷翔平」「二刀流」だ。

開幕

よいよメジャーリーグが開幕した。昨シーズンはヒューストン・アストロズがワールドチャンピョンに輝いたが、今シーズンはどこが頂点に輝くのか今から楽しみが募るばかりだ。ここでは今シーズンの注目ポイントを紹介していく。まずは「補強」だ。ボストン・レッドソックス、ロサンゼルス・エンゼルスなどオフには多くのチームが大補強を行い、今シーズンは勝負をかけるチームと再建を進めるチームがはっきりしている印象を受ける。中でもニューヨーク・ヤンキースは昨シーズンのポストシーズンでアストロズを追い込んだ戦力を保有するチームだが、そこにナリーグ本塁打王のジャンカルロ・スタントン、ナリーグ7位となる37二塁打を記録したブランドン・ドルーリー、14年にはシルバースラッガー賞に輝いたニール・ウォーカーを加え、超強力打線を作り上げた。投手陣もエースのルイス・セベリーノを中心に先発は数が揃っており、リリーフもメジャーNo.1クラスと今シーズンのワールドチャンピョン候補No.1といっても過言ではないだろう。ニューヨークと言えばメッツも忘れてはいけない。オフにはジェイ・ブルース、トッド・フレイジャー、エイドリアン・ゴンザレスなどを加える補強を敢行。マイケル・コンフォートやヨエニス・セスペデスら実力者も多く、アメッド・ロサリオ、ブランドン・ニモといった若手選手もいるなどバランスが良く、更に毎年誰かが故障に苦しみ揃うことのない先発陣が今シーズンは無事に開幕を迎えるなど今シーズンに掛かる期待は大きい。実際に開幕は好スタートを切っており、ワイルドカード、さらには地区優勝の可能性も0とは言えない。

次に「プロスペクト」にも注目して欲しい。次のキーワードでも取り上げる大谷翔平を中心にアトランタ・ブレーブスのロナルド・アクーニャ、ヤンキースのグレイバー・トーレス、ワシントン・ナショナルズのビクター・ロブレスなどトッププロスペクトが今シーズン中のメジャー定着が予想されており、彼らの活躍次第ではチームのシーズン成績にも影響してくるだろう。Far East Divisionでは彼らのようなプロスペクトを各チーム15人ずつ掲載した「Far East Division Prospect Handbook 2018」を発売している。今シーズン以降のメジャーリーグを楽しむための一冊となっているため是非とも手に取って見てみてください。

リンク→https://fedbook2018.thebase.in/items/10563612