Tag Archives: ローガン・フォーサイス

後半戦展望:ミネソタ・ツインズ

34847823941_082eed814e_z

 

 

 

 

 

 

 

 AL中地区の前半戦は予想を裏切るものであった。クリーブランド・インディアンスが勝率.500を下回り、ミネソタ・ツインズが地区首位に立つこともあった。しかし、気付けばツインズとのゲーム差は11.0に広がっている。
 さて、ツインズのトレードは計6件行われた。したがって、今回は時系列順に振り返りたい。

 7月19日にタンパベイ・レイズから、金銭を見返りにジェレミー・ヘイゼルベイカー(OF)を獲得。現在30歳であり18年はメジャーでプレーしていない。また、ツインズのOFは層が薄いというわけではないため、戦力アップ(PO進出は絶望的であるが)や再建のためのトレードとして評価することは出来ない。

 7月27日にヒューストン・アストロズから、ライアン・プレスリー(RHP)を見返りに2人のプロスペクトを獲得。3年連続55登板を達成した優秀なリリーバーだが、年俸高騰のリスクは小さいとは言え2020年にはFAとなる予定だった。

1. ホルヘ・アルカラ(RHP)
  MLB公式チーム内10位のプロスペクト。コントロールは改善の余地があるが、三振を奪う投球が魅力的な23歳。
2. ギルバート・セレスティーノ(CF)
  MLB公式チーム内15位のプロスペクト。国際大会の経験が豊富であり、守備の評価が特に高い19歳。
 プレスリーを無理に放出する必要はなかったと言えるが、15位以内のプロスペクトを2人獲得出来たのは上出来だろう。

 同日、アリゾナ・ダイヤモンドバックスにエデュアルド・エスコバー(SS/3B)を放出し、見返りに3人の選手を獲得。今季、2年連続となる20本塁打の達成が見込まれるもののオフにはFAとなる予定であった。

1. ガブリエル・マシエル(CF)
  MLB公式チーム内11位のプロスペクト。パワーレスながらスピードとコンタクトスキルは高い。現在19歳であり、Aでプレー。
2. ホアン・デュラン(RHP)
  MLB公式チーム内19位のプロスペクト。速球は94-96マイルながら今の所成績は今一つ。
3. アーニー・デラトリニダード(OF)
  17年に19巡目でダイヤモンドバックスに入団。コンタクト・パワー・アプローチが良く、今季はAでOPS.845。現在22歳。
 SSはロイス・ルイス(MIN1位)を筆頭にプロスペクトがひしめいている為、OFを重点的に補強する方針であることが窺い知れる。先の通りOFの層は薄くないものの、後でトレード要員にすることも出来るため多くて困ることはないだろう。

2017 NLDS:LAD vs ARI

9889526946_562d3e737c_z

 

 

 

 

 

 

NLDS :  LAD3-0ARI

 

 *Game部のリンクでゲームのRecapをチェック可。

Game1 ARI5-9@LAD

勝:クレイトン・カーショウ(1-0) 負:タイワン・ウォーカー(0-1)

 

Game2 ARI5-8@LAD

勝:前田健太(1-0) 負:ロビー・レイ(0-1) S:ケンリー・ジャンセン

 

Game3 LAD3-1@ARI

勝:ダルビッシュ有(1-0) 負:ザック・グレインキー(0-1)  S:ケンリー・ジャンセン(2)

 

レギュラーシーズンで103勝をあげて勝率MLB1位になったドジャースとワイルドカードゲームでロッキーズを退けたダイヤモンドバックスの同地区対決となったNLDS。シーズンでの対戦ではダイヤモンドバックスが11勝8敗と勝ち越していたが、プレーオフではドジャースがダイヤモンドバックスを3連勝で破って次のステージに駒を進めた。このシリーズの注目点と活躍した選手を見ていこう。

 

注目点1 選手層の厚さの違い

このシリーズを見て感じたことは、ドジャースの選手層の厚さが凄まじいということだ。まず投手陣では、ドジャースではペドロ・バイエズがシーズンの途中までクローザーのケンリー・ジャンセンにつなぐまでのセットアッパーの役割を担っていた。しかしバイエズが9月に調子を大きく落としたため、クローザーのジャンセンに繋ぐまでどのような投手起用をするのか注目された。そこで抜擢されたのが、シーズンのほとんどを先発投手として過ごした前田健太だ。この配置転換が見事にハマり、4シームの球速はシーズン中には92マイルだったのが94.9マイルまで上昇。前田は2戦目に登板してダイヤモンドバックスの中軸を見事に抑え、続く第3戦も好投してチームを勝利に導いた。一方野手陣でドジャースの選手層の厚さを支えていたのはルーキーのオースティン・バーンズだろう。バーンズは怪物ベリンジャーに隠れた存在だったが、新人王資格を有する選手の今シーズンのWARランキングではナ・リーグ3位の実力者である。バーンズの最大のストロングポイントはキャッチャーとセカンドのポジションをこなせることだろう。これにより昨年までは控え捕手がカルロス・ルイーズだったキャッチャーとベテランのチェイス・アトリーとローガン・フォーサイスを併用していたセカンドの底上げができた。バーンズはBaseball Prospectus集計のフレーミングランキングでも6位につけるなど控えに置いておくには勿体無い選手で彼の登場で質の高いターンオーバーが実現できるようになった。

一方ダイヤモンドバックスはロングリリーフをこなすはずのランドール・デルガドが60日DLに入った影響もあり、投手陣のやりくりに苦戦していた。初戦に先発したタイワン・ウォーカーがドジャース打線につかまり1回を持たずに降板したのも痛かった。全体的にブルペンの質で負けていたダイヤモンドバックスが、先発投手が早い回で降板した際に長いイニングを消化できるデルガドを欠いたのはボディーブローのように効いていった。第3戦で調子が悪かったグレインキーを交代させず続投させたが、バーンズにHRを打たれたのはダイヤモンドバックス投手陣の運用が難しかったことをよく表していただろう。

Weekly Report:Week-11

9299301610_6a3dab252c_z

 

 

 

 

つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-11のキーワードは「オールスター」「アーロン・ジャッジ」「ドジャース」だ。

 

・オールスター

ァン待望のオールスターゲームの開催が近づいている。現地時間の11日に開催が予定される今年のオールスターはマイアミ・マーリンズのホーム球場であるマーリンズパークで行われる。今回で88回目となる今年のオールスターの気になる出場選手だが今回はアリーグとナリーグで対照的な選出となった。本記事ではスタメンに対象を絞って紹介していく。まずはアリーグからだが、アリーグのスタメンは4度目の選出となる2塁手のホセ・アルトゥーベと捕手のサルバドール・ペレス、昨年に続いての選出となった外野手のムーキー・ベッツ以外はすべての選手が初選出とフレッシュな印象を受ける。現在アリーグ最高勝率を誇り西部地区首位を独走するアストロズからはアルトゥーベの他にショートのカルロス・コレア、外野手のジョージ・スプリンガーがスターターに選出された。他にも現在メジャートップの本塁打数を誇るヤンキース期待の若手アーロン・ジャッジや今シーズンついにブレイクを果たしたブルージェイズのジャスティン・スモークなど初選出ではあるが今シーズンの活躍ぶりを考えると妥当な選出と言えるだろう。先発はレッドソックスのクリス・セールか。

 

続いてナリーグ。ナリーグはアリーグとは対照的に初選出はショートを守るレッズのザック・コザートだけ。バスター・ポージーやブライス・ハーパーなどオールスター常連の選手達が顔を合わせた。開催地であるマーリンズパークを本拠地とするマーリンズからは外野手のマーセル・オスーナが選出された。マーリンズの選手はベンチに入るジャンカルロ・スタントンと彼だけのため彼の活躍には大いに期待したい。先発投手はナショナルズのマックス・シャーザーが努めることが予想される。ここまでスタメンに関して記述したがベンチにもそうそうたる選手達が選出されており今年もハイレベルな戦いになるだろう。ここ4年間はアリーグが勝利しているが今年はどうなるのか予想して見てみるのも面白いだろう。