Tag Archives: C.J・エイブラムス

2019 Mock Draft

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


 

 

 

 

 

 

 6月3日〜6月5日にMLBドラフト会議が開催される。正式名称は”The Major League First-Year Player Draft“という。日本のプロ野球とは異なり完全ウェーバー制である。

 そこで、今回はmock draftを元にドラフト指名予想とプロフィールを紹介していこう。

 *データはシーズン途中であり、また一部欠けているものもある。

Mock Draft 一覧

Draft Pick Team Player POS
1 BAL アドリー・ラッチマン (C)
2 KC ボビー・ウィット Jr. (SS)
3 CWS C.J. エイブラムス (SS)
4 MIA アンドリュー・ヴォーン (1B)
5 DET ライリー・グリーン (OF)
6 SD JJ ブレディ (OF)
7 CIN ニック・ロドロ (LHP)
8 TEX ハンター・ビショップ (OF)
9 ATL ジャクソン・ラトリッジ (RHP)
10 SF ブライソン・ストット (SS)
11 TOR コービン・キャロル (OF)
12 NYM ザック・トンプソン (LHP)
13 MIN シェイ・ラングリアーズ (C)
14 PHI アレック・マノア (RHP)
15 LAA キオニ・カバコ (3B)
16 ARI マシュー・アラン (RHP)
17 WSH ジョシュ・ユング (3B)
18 PIT ブレット・バティー (3B)
19 STL クイン・ブリースター (RHP)
20 SEA ジョージ・カービー (RHP)
21 ATL ローガン・デビッドソン (SS)
22 TB ガナー・ヘンダーソン (SS)
23 COL ウィル・ウィルソン (SS)
24 CLE マイケル・ブッシュ (1B/OF)
25 LAD ダニエル・エスピーノ (RHP)
26 ARI ブレナン・ロマン (RHP)
27 CHC コディ・ハウス (3B)
28 MIL タイラー・カリファン (3B)
29 OAK セス・ジョンソン (RHP)
30 NYY キャメロン・ミズナー (OF)
31 LAD ブレディ・マクニール (SS)
32 HOU JJ ゴス (RHP)

 

1.Orioles: アドリー・ラッチマン(C)

 21歳:R/S:オレゴン大学

  2016年の高校時代に40巡目でSEAに指名されるも入団拒否。オレゴン大学に進学すると18年にはカレッジ・ワールドシリーズに出場し、30打数17安打と大活躍しMVPを受賞。コンタクト、パワー、選球眼に優れ、さらに肩、守備の評価も高い。ドラフト指名後はMLBプロスペクトランキングで15位に入ると言われる全体1位間違いなしの逸材。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB FLD%
2017 .234 209 38 49 2 .306 .322 5 .988
2018 .408 250 56 102 9 .628 .505 1 .987
2019 .419 179 56 75 17 .765 .580 0 .991
Total .354 638 150 226 28 .561 .473 6 .988

 

2.Royals:ボビー・ウィットJr.(SS)

 19歳:R/R:コリービール・ヘリテイジ高

 全高校生でNo.1の評価のショート。父はTEXなどで活躍したボビー・ウィット(RHP)。身体能力が高く投手としても最速93マイルの強肩。パワー、スピードがあり、プロ入り後もSSを守るものと思われる。ただバットコントロール+選球眼には疑問符が残る。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB FLD%
16-17 .500 34 14 17 2 .911 .513 7 .958
17-18 .750 4 5 3 0 1.000 .800 0 .000
18-19 .519 106 55 55 14 1.160 .598 16 .989
Total .521 144 74 75 16 1.097 .585 23 .982


3.Whitesox:C.J・エイブラムス(SS)

 18歳:R/L:ブレセッド・トリニティ・カトリック高

 ダウンスイングからライナーを量産するアベレージヒッター。まだ体が細く、パワーはイマイチ。足は大きな武器で60ヤード走で6.29秒を計測。守備の評価も高いが、俊足を生かす為にもセンターにコンバートという声もある。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB FLD%
15-16 .464 97 42 45 1 .587 0.545 15 .889
16-17 .402 117 34 47 1 .572 .471 15 .957
17-18 .404 114 37 46 3 .570 .462 37 .952
18-19 .410 134 45 55 3 .679 .459 33 .914
Total .418 462 158 193 8 .606 .482 100 .939

 

4.Marlins:アンドリュー・ヴォーン(1B)

 21歳:R/R:カリフォルニア大学

 ラッチマン(C)を抑え大学No.1バッターとの呼び声が高い選手。18年にはOPS1.350を記録し、ゴールデンスパイク賞を受賞。高校時代はショートを守っていたが鈍足で1年秋にファーストにコンバート。ファーストしかポジションの選択肢がないのがネック。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB
2017 .349 218 36 76 12 .555 .414 1
2018 .402 199 59 80 23 .819 .531 4
2019 .387 173 49 67 15 .728 .549 2

 

5.Tigers:ライリー・グリーン( OF)

 18歳:L/L:ハガティ高

 高校生の中でバッティングを最も評価されている選手。だが、バッティングしか長所が無く、スピード、外野守備は平均未満で将来はレフトを中心にプレーすることが予想される。最悪の場合はファーストにコンバートも。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB FLD%
17-18 .346 52 23 18 2 .673 .534 7 .962
18-19 .250 12 3 3 0 .416 .438 0 1.000
Total .328 64 26 21 2 .625 .517 7 .971


6.Padres:JJ・ブレデイ(OF)

 21歳:R/L:ヴァンダービルト大学

 優れたバッティングスピートとコントロールを併せ持つ好打者。今シーズンに入ると長打力に目覚め26本塁打を放っている。高校時代には投手をやっており、将来はライトで起用が予想される。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB
2017 .256 164 23 42 2 .341 .384 0
2018 .368 133 26 49 4 .511 .494 2
2019 .357 230 72 82 26 .752 .467 1


7.Reds:ニック・ロドロ(LHP)

 21歳:L/L:テキサス・クリスチャン大学

 今回のドラフトで最も評価の高い投手。高校時代の16年にはパイレーツに全体41位で指名されるも進学。大学1~2年目こそ伸び悩むも、今シーズン大きく開花。長身から投げ下ろす速球は最速96マイル。平均92~93マイル。変化球はカーブ、スライダー、チェンジアップの3種類を投げる。投手が大不作の今ドラフトにおいて数少ない投手の一人。場合によっては順位が上がる可能性も。

  W L ERA G IP H BB SO OBA
2017 5 1 4.35 17 78.2 76 28 72 .257
2018 7 4 4.33 16 77.0 80 28 93 .278
2019 6 5 2.48 15 98.0 72 21 125 .202


8.
Rangers:ハンター・ビショップ(OF)

 21歳:R/L:アリゾナ州立大学

 マリナーズのブレンダン・ビッショプ(OF)の弟。高校時代から注目されていたが、大学に入ってからはからっきし。しかし、今年になって全米トップクラス打撃成績を収めて、評価がここにきてうなぎのぼり。

  AVG AB R H HR SLG% OB% SB
2017 .301 153 27 46 5 .484 .363 4
2018 .250 140 22 35 5 .407 .352 4
2019 .347 213 64 74 22 .765 .473 11