Tag Archives: CCサバシア

2019 ALCS Review:NYY vs HOU

Carlos Correa, Jose Altuve

 

 

 

 

 

 

 

 2019年のALCSは、ミネソタ・ツインズをスウィープで下したニューヨーク・ヤンキースと、第5戦でタンパベイ・レイズを下したヒューストン・アストロズの組み合わせとなった。

 シーズンを通しての両球団のポイントとWSへの展望を述べている。

 ・シリーズの概要及びWSの展望

 ここからは各試合終了後に振り返っている。

 ・Game 1 「田中将大」,「グレイバー・トーレス」,「ブルペン運用」

 ・Game 2 「物量戦」,「ファウルチップ」,「カルロス・コレア」

 ・Game 3 「ルイス・セベリーノ」,「ゲリット・コール」,「ハードヒット」

 ・Game 4 「本塁打」,「CC サバシア」,「リリーバー」

 ・Game 5 「DJ ラメイヒュー」,「ホームで消耗させられなかったヤンキース」,「ブルペンデーに繋げたアストロズ」

 ・Game 6 「ブルペンデー」,「低打率を出塁率でカバーしたアストロズ打線」,「窮地を救ったジョシュ・レディック」

 

 シリーズの概要及びWSの展望

 

 両球団共に、DSからCSに進出して打線の打撃成績が低下する中で、ヤンキースよりも少ない三振数で、ヤンキースよりも多く四球数を稼いだアストロズ打線が印象的だった。ルーク・ボイト(1B)やマイク・フォード(1B)、クリント・フレイジャー(OF)、(CSに出場は果たしたが)ジャンカルロ・スタントン(OF)等を欠いているにも拘わらず、ヤンキースが長打力でアピールせざるを得なかったのは痛い。一方、アレックス・ブレグマン(3B)やユリ・グリエル(1B)等に思ったようにヒットが出ない中で、出塁率を高めつつ要所要所で本塁打を打てたアストロズ打線は驚異的だった。下位打線にマーティン・マルドナード(C)やジョシュ・レディック(OF)を起用出来たのも上位打線が得点を重ねやすいようになっていたからだろう。とはいえ、CSのチーム本塁打と打点はヤンキースが上回っており、ヤンキースにも勝算はあったが、ホーム3連戦で2敗を喫したのは痛かった。第6戦、7戦を連勝するのは難しく、第5戦で王手をかけておきたかったが、ハードヒットは出るが安打や得点の伸び悩む打線が苦しむに終わった。

 

 投手陣を見た時、アストロズはバーランダーとコールで3、4勝を見込めるのに対し、ヤンキースはイニングイーターを欠いており、ブルペンの物量戦で乗り切るしかなかった。NLCSを目覚ましい躍進で突破したナショナルズにも言えることだが、やはり長いイニングを投げられる投手がいないとPOは難しい。シーズン中の疲労が蓄積しているブルペンが、POで100%のベストコンディションを発揮するのは難しいからだ。アダム・オッタビーノ(RHP)は、その最たる例だろう。ただ、ヤンキースはDSでスウィープしたアドバンテージがあり、ALCSが始まった段階ではイーブンだったはずだ。アドバンテージが失われたのはヤンキースタジアムに移動してからの3連戦だろう。第6戦のブルペンデーに入るまでにブルペンはかなり疲弊していた筈である。一方のアストロズは、バーランダーとコールのおかげである程度ブルペンの温存が出来ていた。9回裏にアルトゥーベが本塁打を打たなかったとしても、延長戦に入れば分があるのはアストロズに思えたし、第7戦セベリーノの後を継いだブルペンがどこまで粘れたのかは分からない。個人的に、第4戦落としてしまったのがターニングポイントに思える。

 

 守備では外野陣のファインプレーの多いシリーズだった。特に、レディックが第6戦の6回に見せたファインプレーはシリーズ1のプレーだと思う。レディックは本塁打もマークしており、WSで伏兵として貢献しそうだ。そのままWSの展望に入ると、アストロズとナショナルズは共に先発がチームの勝敗を左右するチームだ。バーランダーとコール、シャーザーとストラスバーグという絶対的な二枚看板を有している。ナショナルズは、パトリック・コービン(LHP)アニバル・サンチェス(RHP)も頼もしく、ザック・グレインキー(RHP)がナショナルズ打線に捕まれば分があるのはナショナルズか。ただ、POでのナショナルズの投手起用法は命を削るようなものであり、バーランダーとコールでブルペンを休ませつつ、ブルペンデーをする余裕があるアストロズに分があるとも言える。打線は、明らかにナショナルズ打線の方が好調であり勢いがある。だが、2017年にWSを制したアストロズも負けておらず、クリーンアップに長打が出れば、1番から6番まで恐ろしい打線になる。

 アストロズが4勝3敗で制すると思っている。初戦、シャーザー対コールをアストロズが制し、第2戦、ストラスバーグ対バーランダーもアストロズが制し、拮抗して迎えた第7戦で制覇するというものである。ナショナルズ打線よりもアストロズ打線の方が本塁打が出ており、初戦はシャーザーから大量得点をマークしたい。第2戦は何とも言いがたいが、WSのプレッシャーになれているバーランダーとストラスバーグでバーランダーに分があるという見立て。ナショナルズ投手陣は強力だが、CSやシーズン中のように走者を増やして本塁打で効率よく得点していけば倒せるだろう。また、第7戦までもつれる長期戦になれば、おそらく先にほころぶのはナショナルズだろう。逆に、ナショナルズ打線の勢いに押されて第5戦くらいでナショナルズが制する可能性も想像出来る。何はともあれ、アストロズはWS全7試合を使って4勝する意識で挑んでいけば勝てるだろう。また、そのための場数を踏んでいるチームである。

 

Written by Tsubasa Komiyama

Photo link https://flic.kr/p/2btZKuh

 

2017 Team Preview:ニューヨーク・ヤンキース

3853048458_2e0fe5e4e1_z

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

  •  本拠地:ヤンキー・スタジアム

 

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml05/

 

広さ
レフト 100.3m
センター 122.2m
ライト 100.6m
フェンス高さ

1.8~4.3m 

パークファクター *平均100
安打 92.4
ツーベース 82.1
スリーベース 66.7
HR 114.0
得点 103.8

 

 

・予想オーダー

1. ブレット・ガードナー:LF

NYY一筋MLB10年目を迎える33歳。14、15年と2桁本塁打を記録していたが、16年は7HR。OPS.713、16盗塁と打力不足感は否めない。一方でLF守備ではDRS+12、UZR+3.5と好成績で自身初のゴールドグラブ賞を獲得した。

2. ゲイリー・サンチェス:C

昨年開幕から低調なチームに現れたニューヨークの新たなスター候補。8月にOPS.1.290&11HRと大爆発を見せ月間MVPに。最終的には.299/.376/.657&20HRを記録した。守備でもリーグ4位となる盗塁阻止率40.6%をマーク。同年代のアーロン・ジャッジ、タイラー・オースティンらと共に「ベイビーボンバーズ」という愛称で呼ばれる。開幕から主砲、守備の要として期待される今年は、昨年を上回る活躍を期待したい。

 3.  グレッグ・バード:1B

NYY期待の若き長距離砲。15年にデビューすると46試合で11本塁打を放ち期待が高まるも、16年は怪我により全休。スプリングトレーニングは絶好調で、ジラルディ監督は一塁のレギュラーと明言。ベイビーボンバーズと共に新生ヤンキース打線の核としてファンの期待に応えたい。

4.  マット・ホリデー:DH

1年1300万ドルで新加入のベテラン強打者。37歳となり衰えが不安視されるが、昨季も110試合で20HRはクリアしまだまだパワーは健在。DH中心の起用となる方針で、打撃に専念することができることから成績向上の可能性も十分にある。 

5. ジャコビー・エルズベリー:CF

14年に7年$153Mの大型契約でライバルのBOSから加入したかつての盗塁王も、もはやピークは過ぎ、高すぎる契約は不良債権と化している。OPS.703&9HR&20盗塁は20億円を超える年俸に見合う成績とはとても言えない。DRS+8だった守備は唯一合格点か。4年が残るこの大型契約は再建を進めるチームにとって重い足かせとなりそうだ。

6. スターリン・カストロ:2B

CHCからトレード移籍し新天地で臨んだ1年目は21HRを放ち、自身初となる20HR越えを達成。積極的に振っていく打撃スタイルのため四球が少なく、出塁率は低め。2Bの守備はDRS-8、UZR-6.6。DRSはMLB全体でワースト3位と上手くはない。

7. チェイス・ヘッドリー:3B

12年に31HR&115打点で打点王に輝いて以来イマイチ存在感の薄いスイッチヒッター。昨季もOPS.716&14HRとここ4年間同じような成績を残している。打撃は決して満足できる成績ではないが最低限といった感じで、3B守備はDRS+7、UZR+6.6と上々。物足りなさは残るが、彼以上の成績を残せそうな3Bも特に見当たらず、今季も3Bのレギュラーとして開幕を迎える。

8. アーロン・ジャッジ:RF

昨季デビューしたNYY期待の大砲候補。201cm、125kgの恵まれた体格を生かしたパワーでボールをスタンドまで飛ばす。走塁も守備も大きな不安ではないが、なんといっても一番の不安は三振の多さ。昨季は95打席で42三振、三振率は驚異の44.2%と三振を量産した。いくら秘めたるパワーがあろうと、半分近くの打席で三振するようではレギュラーは難しい。成長に期待したい。

9. ロナルド・トレイエス:SS

正遊撃手のディディ・グレゴリウスがWBC中に肩を怪我し、復帰は5月になる模様。そのため開幕ショートはトレイエスになりそうだ。昨季は主に2B/3B/SSのバックアップ要員として72試合に出場した。打撃にパワーはないが、グレゴリウスの離脱をチャンスと捉えてアピールしたいところ。

2016 Team Preview:ニューヨーク・ヤンキース

17127188926_aab589a48f_z

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照 
*SP横*マークはローテーション候補の意味を示す

  •  本拠地:ヤンキー・スタジアム

他の野球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml05/

  

広さ
レフト 96.9M
センター 124.4M
ライト 95.7M
フェンス高さ 2.57M
パークファクター*平均100
安打 97.5
ツーベース 88.7
スリーベース 63.0
HR 125.1 
得点  102.2

 

  • 予想オーダー

1.ジャコビー・エルズベリー:CF
 昨シーズンはケガに悩まされ111試合の出場に留まった俊足外野手。成績も悪化し.257/.318/.345、7本塁打という有様だった。故障で離脱するまではア・リーグの首位打者だったが、復帰後、バットが湿りがちになった。理由としてはブレーキングボールに手を出すことが多くなったことが挙げられる。レギュラー獲得以降40%台で推移していたブレーキングボールに対するスイング率が昨シーズンは50%台に跳ね上がっていた。今シーズンはアプローチを見直す必要がある。

2.ブレット・ガードナー:LF
数少ないチーム生え抜きの野手。打撃では.256/.343/.399と例年と変わらない成績を残したが、守備では年々レンジが狭くなっている。かつてはメジャーでも有数の外野手の1人だったが、今ではぎりぎり平均レベルとなった。また、開幕には間に合うもののHOUとの1ゲームプレーオフで手首を痛めており、幸先が悪い。スターリン・カストロとのトレードで放出されかけるも、相手のニーズに合わず断られたため残留となった。

3.アレックス・ロドリゲス:DH
 薬物疑惑で定着した胡散臭いイメージを払拭することに成功したベテランスラッガー。40歳で迎えた昨シーズンは2010年以来となる30本塁打以上をクリアし打棒はまだ衰えていないことを見せつけた。しかし、かつてゴールドグラブを受賞した守備はもう見る陰がなく昨シーズン守備についたのは30イニング未満。

4.マーク・テシェイラ:1B
毎シーズン故障に悩まされるベテランスラッガー。昨シーズンは珍しく開幕から健康で過ごしていたが、大事な8月の中盤に故障しそれ以降はシャットアウトとなった。それでもハイペースで本塁打を打っていたため2011年以来の30本塁打以上をマークした。ロドリゲスとは違い、守備は相変わらず上手い。今シーズンが終了した時点でFAとなるためモチベーションは十分。

5.ブライアン・マッキャン: C
チームを引っ張る熱血漢。昨シーズンは.232/.320/.437、26本塁打をマーク。FA移籍初年度は1Bを守ることも多かったが、昨シーズンは1000イニング以上でCを務めチームを支えた。昨シーズン控えとして優秀だったJ.R.マーフィーが抜け、トッププロスペクトのゲイリー・サンチェスがベンチ入りする可能性があるが、その時はよきお手本となるだろう。

6.カルロス・ベルトラン:RF
10年前は5ツールプレイヤーとして鳴らしたベテラン。昨シーズンは全てにおいてひどかった2014年から幾分か持ち直し最低限の成績を残した。とはいえ守備と走塁では全く貢献できず、メジャーデビュー以降初めての盗塁0でシーズンを終えており、守備でも動きがかなり悪くなっているが、ロドリゲスがDHに居座っているためRFを守らざるを得なくなっている。開幕スタメンの座を新加入のアーロン・ヒックスに譲る可能性も高い。今シーズンの終了時点で契約が切れるため、引退も示唆している。

7.スターリン・カストロ:2B
今シーズンからヤンキースの一員として戦うことになった弱小時代のCHCの顔。コンタクトに優れ、毎シーズン2桁本塁打を打つパワーも兼ね備えているが、 非常に早打ちで出塁意識に欠けていることが大きなマイナスとなっている。守備ではメジャーデビュー以来ずっとSSを守っていたが、集中力不足やルーティンプレーの拙さから昨シーズンはアディソン・ラッセルにポジションをゆずり2Bに移っていた。チーム事情によって3Bに回る可能性もあり、その時の心得をロドリゲスから伝授されている。

8.チェイス・ヘッドリー:3B
 打者有利のヤンキー・スタジアムを本拠地としているのに一向に打撃成績が向上しない元打点王。SDに所属していた2012年には非常に打者不利なペトコ・パークを本拠地としながらも31本塁打をマークしたこともあり、昨シーズンは打棒が復活するのではとにわかに期待されたが、.259/.324/.369、11本塁打たる成績に終わった。それでも得意の守備で貢献してくれればよかったのだがそれも昨シーズンはできなかった。この体たらくが続くようならレギュラー剥奪も十分ありうる。

9.ディディ・グレゴリウス:SS
チームでベストとなるfwarをたたき出したオランダ人内野手。ポジションが同じというだけでよく「ジーター2世」と言われるが 選手のタイプとして似ている点は少ない。昨シーズンは前半戦OPS.619と苦しんだが、後半戦はOPS.764と盛り返した。守備ではDRS、UZR共にプラスの数値をマーク。打者有利のホームで打撃成績が悪いのはホームランを狙うあまりポップフライを打ち上げることが多いため。アウェイでは2.9%の内野フライ率がホームでは14.6%と激増している。