Tag Archives: JA・ハップ

2019 ALCS Review:NYY vs HOU

Carlos Correa, Jose Altuve

 

 

 

 

 

 

 

 2019年のALCSは、ミネソタ・ツインズをスウィープで下したニューヨーク・ヤンキースと、第5戦でタンパベイ・レイズを下したヒューストン・アストロズの組み合わせとなった。

 シーズンを通しての両球団のポイントとWSへの展望を述べている。

 ・シリーズの概要及びWSの展望

 ここからは各試合終了後に振り返っている。

 ・Game 1 「田中将大」,「グレイバー・トーレス」,「ブルペン運用」

 ・Game 2 「物量戦」,「ファウルチップ」,「カルロス・コレア」

 ・Game 3 「ルイス・セベリーノ」,「ゲリット・コール」,「ハードヒット」

 ・Game 4 「本塁打」,「CC サバシア」,「リリーバー」

 ・Game 5 「DJ ラメイヒュー」,「ホームで消耗させられなかったヤンキース」,「ブルペンデーに繋げたアストロズ」

 ・Game 6 「ブルペンデー」,「低打率を出塁率でカバーしたアストロズ打線」,「窮地を救ったジョシュ・レディック」

 

 シリーズの概要及びWSの展望

 

 両球団共に、DSからCSに進出して打線の打撃成績が低下する中で、ヤンキースよりも少ない三振数で、ヤンキースよりも多く四球数を稼いだアストロズ打線が印象的だった。ルーク・ボイト(1B)やマイク・フォード(1B)、クリント・フレイジャー(OF)、(CSに出場は果たしたが)ジャンカルロ・スタントン(OF)等を欠いているにも拘わらず、ヤンキースが長打力でアピールせざるを得なかったのは痛い。一方、アレックス・ブレグマン(3B)やユリ・グリエル(1B)等に思ったようにヒットが出ない中で、出塁率を高めつつ要所要所で本塁打を打てたアストロズ打線は驚異的だった。下位打線にマーティン・マルドナード(C)やジョシュ・レディック(OF)を起用出来たのも上位打線が得点を重ねやすいようになっていたからだろう。とはいえ、CSのチーム本塁打と打点はヤンキースが上回っており、ヤンキースにも勝算はあったが、ホーム3連戦で2敗を喫したのは痛かった。第6戦、7戦を連勝するのは難しく、第5戦で王手をかけておきたかったが、ハードヒットは出るが安打や得点の伸び悩む打線が苦しむに終わった。

 

 投手陣を見た時、アストロズはバーランダーとコールで3、4勝を見込めるのに対し、ヤンキースはイニングイーターを欠いており、ブルペンの物量戦で乗り切るしかなかった。NLCSを目覚ましい躍進で突破したナショナルズにも言えることだが、やはり長いイニングを投げられる投手がいないとPOは難しい。シーズン中の疲労が蓄積しているブルペンが、POで100%のベストコンディションを発揮するのは難しいからだ。アダム・オッタビーノ(RHP)は、その最たる例だろう。ただ、ヤンキースはDSでスウィープしたアドバンテージがあり、ALCSが始まった段階ではイーブンだったはずだ。アドバンテージが失われたのはヤンキースタジアムに移動してからの3連戦だろう。第6戦のブルペンデーに入るまでにブルペンはかなり疲弊していた筈である。一方のアストロズは、バーランダーとコールのおかげである程度ブルペンの温存が出来ていた。9回裏にアルトゥーベが本塁打を打たなかったとしても、延長戦に入れば分があるのはアストロズに思えたし、第7戦セベリーノの後を継いだブルペンがどこまで粘れたのかは分からない。個人的に、第4戦落としてしまったのがターニングポイントに思える。

 

 守備では外野陣のファインプレーの多いシリーズだった。特に、レディックが第6戦の6回に見せたファインプレーはシリーズ1のプレーだと思う。レディックは本塁打もマークしており、WSで伏兵として貢献しそうだ。そのままWSの展望に入ると、アストロズとナショナルズは共に先発がチームの勝敗を左右するチームだ。バーランダーとコール、シャーザーとストラスバーグという絶対的な二枚看板を有している。ナショナルズは、パトリック・コービン(LHP)アニバル・サンチェス(RHP)も頼もしく、ザック・グレインキー(RHP)がナショナルズ打線に捕まれば分があるのはナショナルズか。ただ、POでのナショナルズの投手起用法は命を削るようなものであり、バーランダーとコールでブルペンを休ませつつ、ブルペンデーをする余裕があるアストロズに分があるとも言える。打線は、明らかにナショナルズ打線の方が好調であり勢いがある。だが、2017年にWSを制したアストロズも負けておらず、クリーンアップに長打が出れば、1番から6番まで恐ろしい打線になる。

 アストロズが4勝3敗で制すると思っている。初戦、シャーザー対コールをアストロズが制し、第2戦、ストラスバーグ対バーランダーもアストロズが制し、拮抗して迎えた第7戦で制覇するというものである。ナショナルズ打線よりもアストロズ打線の方が本塁打が出ており、初戦はシャーザーから大量得点をマークしたい。第2戦は何とも言いがたいが、WSのプレッシャーになれているバーランダーとストラスバーグでバーランダーに分があるという見立て。ナショナルズ投手陣は強力だが、CSやシーズン中のように走者を増やして本塁打で効率よく得点していけば倒せるだろう。また、第7戦までもつれる長期戦になれば、おそらく先にほころぶのはナショナルズだろう。逆に、ナショナルズ打線の勢いに押されて第5戦くらいでナショナルズが制する可能性も想像出来る。何はともあれ、アストロズはWS全7試合を使って4勝する意識で挑んでいけば勝てるだろう。また、そのための場数を踏んでいるチームである。

 

Written by Tsubasa Komiyama

Photo link https://flic.kr/p/2btZKuh

 

2018 Team Preview:トロント・ブルージェイズ

tor

 

 

 

 

 

 

 

 

*40人ロースターはリンクより参照

*SP横*マークはローテーション候補の意を示す

 

  • 本拠地:ロジャース・センター

他の球場と大きさを比較する→http://yakyujo.com/ml19/

 

広さ
レフト 100.0m
センター 121.9m
ライト 100.0m
フェンス高さ 3.0m
パークファクター平均*100
安打 97.4
ツーベース 107.5
スリーベース 93.7
HR 92.3
得点 94.6

 

  • 予想オーダー

1.デボン・トラビス:2B

デビューイヤーから2年連続打率.300を記録するも、17年はキャリアワーストの185打数、打率.259。2B通算DRS=6、UZR=5.4と守備は良いが、GMはそもそも守備指標に懐疑的。18年も離脱が長ければ、新加入のヤンガービス・ソラーテに2Bの座を奪われるかもしれない。

2.ジョシュ・ドナルドソン:3B

4年連続となるAS選出は逃したものの、3年連続30本塁打、OPS+=140を記録した。通算BB/K=0.63とアプローチに定評があり、3B通算DRS=52、UZR=43.2と守備も良い。ただし17年はUZR=-0.9を記録。年俸23MでFA間近のドナルドソンの去就は気になるところだ。

3.ジャスティン・スモーク:1B

17年は打率.270/OPS.883/38(対左7本)本塁打のキャリアハイでAS初出場を果たした。左投手を苦手としていたが、17年は左投手からも打つことが出来た。プルヒッターでありフライボールヒッター。積極的アプローチだが、通算打率.232/.出塁率.317と四球は平均以上に選べている。スティーブ・ピアースと1Bの座を争う。

4.カーティス・グランダーソン:LF

予想オーダー唯一の左打者。37歳とピークは過ぎているものの、17年はメッツで19本、ドジャースで7本の本塁打を放ち、4年連続20本塁打を継続させると共に、通算300本塁打を達成した。極端に慎重なアプローチでハードコンタクトの多いバッター。左打者が不足していることもあって、一定の出場機会が得られるため5年連続20本塁打に期待したい。

5.ケンドリス・モラレス:DH

スモークと同じくスイッチヒッターで、左投手を苦手としていない。17年はOPS+=94だった一方で28本塁打を記録。しかし、エドウィン・エンカーナシオンの穴を埋めたとは言えず、再び30本塁打の大台に乗せたい。BB%が低下する一方でK%が増加しているのは気がかり。

6.トロイ・トゥロウィツキ:SS

故障が多いSSで、18年は既に4月末まで離脱することが決まっている。17年はSS守備でDRS=0、UZR/150=-2.4と、移籍後振るわない打撃成績だけでなく、守備成績でも陰りが見えた。故障さえしなければ好成績を収められる選手だっただけに、復帰後は好成績を収めたい。契約は最短でも35歳となる20年(20→20→14→15*)まで続くことになっている。

7.ランダル・グリチック:RF

17年のオフにカージナルスからトレードで加入した。パワーはメジャー平均を上回るものの、アプローチに難があり、通算BB/K=0.20。プルヒッターであり打球の約半数が左方向(右打者)。パワーポテンシャルを活かしきれていないだけに、新天地でグレードアップを狙いたい。OFでは3ポジション共にDRSとUZRは+を記録している。

8.ラッセル・マーティン:C

通算BB/K=0.66のアプローチと強肩、フレーミングに定評のあるキャッチャー。近年は盗塁阻止率やフレーミングが低下して評価を落としている。13年には、当時まだメジャーリーグで脚光を浴びていなかったフレーミング技術をパイレーツに高く評価された。

9.ケビン・ピラー:CF

球界を代表するディフェンダーの1人であり、15年にはウィルソン Def PlayerのCFに選出。通算DRS=52、UZR=41.8を記録。一方で通算BB/K=0.28、OPS+=85とバッティングは下位打線向きの成績。通算55盗塁19盗塁死とスピードは攻守で活かされている。18年はヤンキース戦にて二盗、三盗、本盗を連続で決めてみせた。