Weekly Report: Week11

            3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。weekly-11のキーワードは「ブレイク選手」「マックス・シャーザー」「アンドリュー・ More »

Weekly Report : Week9,10

              2つのハイライトで2週間のメジャーリーグを辿る。weekly-9,10のキーワードは「ポール・ゴールドシュミット」「グレイ More »

2018 Draft TOP21~40 Prospects

              21.ナンダー・デ・セダス:SS 背が高く(185cm)、運動能力が高いショートとしてフランシスコ・リンドーア(現CLE) More »

2018 Draft TOP1~20 Prospects

              1.ケーシー・マイズ:RHP アラバマ出身で高校時代はドラフトで指名されなかった。しかしソフモアの年に大きく飛躍して一躍ト More »

Weekly Report : Week8

            3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-8のキーワードは「フレディー・ペラルタ」「アストロズ投手陣」「ロビンソン・カノ More »

 

2018 Draft TOP1~20 Prospects

460704464_38e958e5e2_z

 

 

 

 

 

 

 

1.ケーシー・マイズ:RHP

アラバマ出身で高校時代はドラフトで指名されなかった。しかしソフモアの年に大きく飛躍して一躍トップクラスのプロスペクトと見なされるようになった。球種は主に4つである。速球は最速96マイル常時92-96マイル。変化球ではカッター、カーブ(スライダー)も投げるが、最も評価されているのはスプリッターだ。またコントロール及びコマンドが素晴らしく、2017年から2年連続でBB/9が1を割っている。昨年は肩の故障で早めにシーズンを切り上げたが、今季は大きな故障には苦しんでいない。速球、スプリッター、スライダーの上質な3球種を持っているので、MLBでもエースとして長く活躍できる可能性を秘めている。

 

2.ブレイディ・シンガー:RHP

2月のシーズン開幕前は全体1位の可能性も噂されたプロスペクト。しかし支配的な投球を続けるケーシー・マイズに立場を逆転されている。投球は速球及びスライダー、チェンジアップの3球種から構成される。速球は最速95-96マイルを記録しているが、この春は球速低下を指摘している媒体もある。スライダーの評価も高いが、チェンジアップは現在向上中だ。また投球のデリバリーが安定していないことを問題視されていることもある。チェンジアップが成長しなければ、リリーバーに収まる可能性も高くそこも評価を難しくさせている。4月末の対戦ではマイズに投げ勝った。

 

3.ニック・マドリガル:2B

今年のドラフトの野手No1候補の選手だ。小柄でスピードと打撃センスに定評があり、ホセ・アルテューべ(現HOU)と比較できる。盗塁数が傑出して多いわけではないが、ベースランニングのセンスがいい。また打撃でもコンタクト能力とアプローチに優れていて2017年シーズンは三振を四球が上回っていた。今季は手首の故障で開幕から数週間欠場したが、復帰後はしっかりと打てていて大きな問題は見つからない。また現在は2Bと目されているが、ショートでもプレイ可能と見られることもあり、実際にショートに転向すればさらに価値が向上するだろう。

 

4.ジャレッド・ケレニック:OF

美しい打撃フォームから強烈な打球を飛ばすヒッター。昨年のU18W杯でも活躍した。現在最も評価されているツールはヒッティングだが、体格がさらに成長すればパワー面も期待できそうである。スピードでもチームに貢献できる選手である。守備に関してはセンターに残ることができるかを疑問視する声もある。ただし肩の強さは高く評価されていて、ライトを十分務めることができるはずだ。打撃フォームの美しさは2015年フィリーズ1巡目のミッキー・モニアクを想起させるが、ケレニックが全体何位で指名されるかは大いに注目である。

 

Weekly Report : Week8

14841660603_de3ec651d1_z

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-8のキーワードは「フレディー・ペラルタ」「アストロズ投手陣」「ロビンソン・カノー」だ。

 

・フレディー・ペラルタ

地時間の14日1人のルーキーが衝撃のデビューを飾った。彼の名はフレディー・ペラルタ。彼は14日のロッキーズ戦でメジャー初登板となる先発登板を果たすと、5.2イニングを投げ、被安打わずかに1本、13奪三振を奪う快投を見せたのである。ここでは彼の選手としての特徴とメジャー昇格までについて書いていく。ペラルタはドミニカ共和国出身の21歳で、13年にマリナーズと契約を結びプロとしてのキャリアをスタートさせた。その後アダム・リンド(現ヤンキース)のトレードで現在所属するブルワーズに加入した。とはいえ期待が高かった訳ではなく、プロスペクトランキングではMLB公式でチーム内9位、Far East Divisionのランキングでもチーム内10位となっている。

そのような事情も今回の衝撃デビューのインパクトを強めている。ペラルタは5-11(約180cm)、175lb(約79kg)とメジャーリーガーとしては小柄な体格で、その小柄な体格をめいっぱいに使ったダイナミックな投球フォームが特徴。球種は90マイル台前半の速球を中心にスライダー、チェンジアップのコンビネーションで多くの三振を奪う。実際に14日の登板でも90マイル台前半の速球を中心に13個の三振の内、実に12個の三振の決め球に速球を使っている。小柄な体格もあり速球が通用するか心配されていたが、初登板で通用することを証明して見せた。一方でコマンドに大きな課題を抱えており、マイナーでは四球率4点台を記録するなど制球に苦しんだ。初登板では大きな制球の乱れはなかったが、3回にストレートの四球を2つ記録するなど兆候も見受けられる。今後メジャーに残るにはコマンドの改善は必要であり、今後の最優先課題となるだろう。

ブルワーズではペラルタの他にもブランドン・ウッドルフ、ジョシュ・ヘイダーといった若い選手が多く在籍している。彼らの活躍があればチームも勢いづき、混戦のナリーグ中部地区で抜け出せるのではないだろうか。

Weekly Report :Week7

8006479788_386c4cc717_z

 

 

 

 

 

 

 

3つのハイライトで1週間のメジャーリーグを辿る。Week-7のキーワードは「ジェームズ・パクストン」「スティーブン・ピスコッティ」「マット・ハービー」だ。

 

・ジェームズ・パクストン

地時間5月8日に今季3度目のノーヒットノーランがありました。達成したのはマリナーズの左のエースであるジェームズ・パクストンです。ノーヒッターは既にショーン・マナエアとドジャース投手陣によって達成されています。今回はパクストンのノーヒッターに関連する様々な記録を紹介したいと思います。

 

・マリナーズの投手によるノーヒッターは2015年にオリオールズ戦で達成した岩隈久志以来で6例目です。アウェイゲームでマリナーズの投手がノーヒッターを達成したのは、パクストンが初めてとなりました。過去に達成しているのは、ランディ・ジョンソンや”キング”フェリックス・ヘルナンデスらチームの伝説が並びます。

 

・今回のノーヒッターで、今年達成されたノーヒッターはアメリカ、メキシコ、カナダと3国で達成されたことになります。もちろんこれは史上初の出来事です。野球のグローバル市場での人気獲得を狙っているMLB機構としては、話題を呼ぶノーヒッターが様々な国で達成されるのは喜ばしいことだと言えるでしょう。また来年はシーズンの試合をロンドンで開催することが正式に決まりました。

 

・パクストンはカナダ出身ですが、カナダ出身選手によるノーヒッターはディック・ファウラー以来2人目となります。またパクストンは2010年にマリナーズに入団していますが、実はその前年2009年には今回の対戦相手であるブルージェイズにドラフトで指名されています。

 

・ノーヒッターを達成されたブルージェイズは今回で5回ノーヒッターを達成されたことになります。今回の前は7年前に当時タイガースのジャスティン・バーランダーが達成しています。

 

・実は今回の試合と同じ日に完全試合の可能性があった試合がありました。ナショナルズvsパドレス戦でナショナルズ先発ジェレミー・ヘリクソンが6回まで完全試合を続けていました。ナショナルズはヘリクソンの好調もあって5月に入って絶好調。さらに開幕から欠場が続いているダニエル・マーフィーが戻れば勢いは加速するでしょう。